小さな奇跡のような日常を綴るROSE RECORDS 2作品――曽我部恵一&Hi,how are you?、フル・アルバムを同時リリース!

クリスマス・イヴに曽我部恵一が主宰するインディ・レーベルROSE RECORDSから2作品、届きました。一作は曽我部自身のフル・アルバム。2014年冬のある一夜で曽我部がつくりあげた弾き語り作品『My Friend Keiichi』。何とも幻想的で、どこか懐かしく、どうにもメロウで、不思議な魅力に満ちあふれた11の楽曲。真夜中の息づかい、温かく包み込むギターの音色、そして、どこかに感情を置いてきてしまったかのような曽我部の透明な歌声。今回もOTOTOYはハイレゾ音源で配信しています。その生々しさ、ぜひともハイレゾで。

そしてもう一作は京都の2人組、Hi,how are you? が前作からたった4ヶ月のスパンでリリースするフル・アルバム『にこいち白書』。全編を通してウロウロと漂う一末の切なさをアクセントにしながら、シンプルな暖かいサウンドで甘酸っぱい恋の物語ばかりを描いた11曲。あなたの日常を色付けるポップ・ミュージック2作品をぜひともプレゼントとして受け取ってください。

曽我部恵一『My Friend Keiichi』

曽我部恵一の歌声は、繊細に音を再現するハイレゾで

曽我部恵一 / My Friend Keiichi

【配信形態 / 価格】(各税込)
ALAC / FLAC / WAV(24bit/48kHz) : 単曲 249円 / アルバム 2000円

【Track List】
01. 海までの道をきみと歩いてる / 02. 12号車 / 03. 釣りをしてる女の子 / 04. 蜘蛛の旅 / 05. ハッピーフラワーソング / 06. 今夜、大きな船で / 07. 想像のベッドから / 08. 生活 / 09. 椿 / 10. 明かりを消したら / 11. うたうんじゃないかな

現実は小さな奇跡の連続で起きている

東京での或る夜の出来事について想像する。11月15日、電車を降りた瞬間に冷気で鼻がつんとしたり、朝日の暖かさについ手を合わせて「ありがたや」と思う、冬のはじまり。そんな季節のある一夜に制作された作品が曽我部恵一の新作『My Friend Keiichi』。制作から1ヶ月と少し経った12月24日にリリースされる。このスピード感もあってか、タイトルもあってか、録音現場であったであろう温度がまだ残っているような温もりある作品に仕上がっている。言葉と言葉のあいだに流れる親密な間は、神秘的なほどに優しい。

ソロの時は特にだが、彼の書く詞はいつも小説のごとく描写的で、誇張はなく、聴く人を別世界に連れて行く的冒険もない。例えば、1曲目「海までの道をきみと歩いてる」では「自転車が濡れてる 雨が降ったのかな?」とあり、そりゃそうだ、そりゃそう思う。なんだけど、なぜこの人が言うことで、現実はそのままでこんなにきらめくのだろう。この声の成せる魔法だろうか。また「12号車」では新幹線の1〜14号車について、それぞれの思いやそれぞれ隣り合った車両同士の穏やかな関係を描き、少しの想像で日常はこんなに愉快になるんだよと教えてくれる。それは蜘蛛の視点から街を見た「蜘蛛の旅」でもそう。

しかし、それら自体は彼が今までやってきたアプローチと別段変わったことではない。重要なのは、うん、やはり奇跡は真夜中に起きるということだ。今までの作品と同様、本作も一つの作品集として位置づけることが出来る。しかし本作が特別なのは、或る夜のドキュメントであるということ。もちろん派手な出来事は何も起こらないけれど、この夜に、この音、この声、息づかい、そしてこの11篇の物語が一晩のうちに重なったことは、聴いてしまえばそれは奇跡だったとしか思えない。

ハリウッド映画的観点で言えば、今日はクリスマス・イヴ、一年の中で最も奇跡が起こる夜である。もしも望む奇跡が起こらなさそうなら、家に帰ってこの作品を。年末気分を味わいながら、現実は小さな奇跡の連続で起きていると、今年も起きていたと、来年も起きるんだと、しみじみ感じることが出来るだろう。(text by 水嶋美和)

Hi,how are you?『にこいち白書』

Hi,how are you? / にこいち白書

【配信形態 / 価格】(各税込)
ALAC / FLAC / WAV(16bit/44.1kHz) : 単曲 150円 / アルバム 1200円
mp3 : 単曲 150円 / アルバム 1200円

【Track List】
01. ガム / 02. ナポ / 03. アド / 04. GHOST WORLD / 05. GOSSIP GIRL / 06. デートごっこ / 07. あせらなきゃ! 恋 / 08. コーヒーゼリー / 09. メロンパン / 10. にこいち白書 / 11. 1992

Hi, how are you? の季節

夏休みこどもアニメ劇場、スーファミ、ガリガリ君、学生時代のモラトリアム、昔の友達の話。あいつ今何やってんのかなあ、みたいな感じ。

Hi, how are you? ことハイハワの原田(ギター、歌)のブログには、作品をリリースする度に友人のアーティストや、アーティストでない友人からのコメントを多数掲載している。それを読みながら、ハイハワを聴いて感じることはみんなやっぱり似てるんだな。というより、みんな同じような夏休みを過ごしてたんだな! と、嬉しくなった。そのコメントに出てくるのは、先に挙げたようなバッキン・小学生・ザ・デイな夏休み的単語だったり、昔の恋だったり、大学時代のつれづれなる日々だったり。かくいう私もハイハワを聴きながら自転車をこいでいると、ふと「明日の授業サボろうかなー」なんて思っていた。明日行かなくてはいけないのは大学ではなく会社である。原田のブログを見る限り、彼は授業中にもこっそり記事を更新しているようだ。何と羨ましい。


『にこいち白書』CM

さっきまで噛んでたガム、時計がゾロ目だったから嬉しくなってハーゲンダッツ、あなたの好きな甘いやつ、あなたの瞳に映る私の寝顔(新作『にこいち同盟』より)。と、歌詞は何かを説明するというよりも、キーワード的に単語が散りばめられている。明確なテーマがあるでもなく、一定の温度で場面場面を描く。曲の短さも併せて、何だかパラパラ漫画みたいだ。断片的なような、永続的なような。

人の記憶は文章みたいに上から下に綴られていくものではなく、膨大な単語が四方八方に散らばっていて、それらの組み合わせや結びつき方で成るものだと、NHKで見たことがある(多分)(確か)。ハイハワの曲に夏休みこどもアニメ劇場、ましてや誰かの友達の名前なんて登場しない。それでもみんながそれぞれの「あの季節」を思い出すことが出来るのは、ハイハワの歌詞、ふたりの声、楽器の音色がヒントになっていて、聴く人がそれらを好きに組み合わせ結び付けられるような仕組みになっているからではないだろうか。全ての元・ボンクラ小中高生、大学生には一度聴いてこの仮説を検証して欲しい。刺さるほどではないが何か気になる存在になるのでは?(text by 水嶋美和)

曽我部恵一

PROFILE

曽我部恵一

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。

>>曽我部恵一 Official HP

LIVE INFORMATION

曽我部恵一ワンマンライヴ "LOVE SONG"
2014年12月28日(日)@下北沢CLUB Que

TOKYO No.1 SOUL SET PRESENTS「SOUL SET BENTO」
2014年12月29日(月)@恵比寿LIQUIDROOM

ミクナハ2015『ロックンロールお年玉』
2015年1月9日(金)@下北沢440 (four forty)

New Moon, New Moon〜bluesとblues〜
2015年1月14日(水)@新代田 FEVER

シャイガンティがROSE RECORDSから発売される記念ライヴ
2015年1月28日 (水)@東高円寺 U.F.O. CLUB

サニーデイ・サービス 渋谷公会堂コンサート 2015(サニーデイ・サービス)
2015年3月27日(金)@渋谷公会堂

過去作品

【特集ページ】
>>『氷穴EP』ハイレゾ配信&レコーディング・レポート
>>『超越的漫画』配信&インタヴュー
>>『6月の歌』配信&レヴュー
>>『Night Concert』配信&レヴュー
>>『PINK』配信&レヴュー
>>【けいちゃん』配信&レヴュー

Hi,how are you?

PROFILE

Hi,how are you?

原田(ギター、歌) / 馬渕(鍵盤、歌)

女1、男1の二人組。
借りパクした漫画や延滞した映画、おわっちゃった夏のハーゲンダッツやイーニドがバスから見た景色をうたいます。

>>Hi,how are you? Official BLOG

過去作品

【特集ページ】
>>『さまぁ〜ぎふと』配信&インタヴュー
>>『?LDK』配信&インタヴュー

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事