多彩な"名場面"の結晶――Alfred Beach Sandal、新境地を開拓したアルバムをリリース!

ロックやブラック・ミュージックの他にさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の音楽センスでこれまでに唯一無二な作品を世の中へ送り出してきた北里彰久(Vo, Gt)によるソロ・ユニット、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)。『Dead Montano』以降のお馴染みの岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)はもちろん、ビートメイカーのSTUTS、さらに、フルートの池田若菜(吉田ヨウヘイgroup)、トランペットの高橋三太(1983など)が参加したアルバム『Unknown Monument』をこのたびリリースした。これまでのABSにさらなるエッセンスが加わった今作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。

Alfred Beach Sandal / Unknown Monument

【配信形態】
16bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)

【アルバム購入特典】
歌詞ブックレット(PDF)

【Track List】
01. 名場面
02. Supper Club
03. Cool Rununings
04. Dynamo Cycle
05. 祭りの季節
06. おもかげ
07. Fugue State (feat. 5lack)
08. Town Meeting (prod. by STUTS)
09. Honeymoon
10. Swallow

REVIEW : Alfred Beach Sandal

「歳をとるほどに自由になっていく」という言葉を漫画で読んだのは、まだ高校生の時だったか。しかしいざ30の歳になってみれば、なんと制約の多いこと。そんな制約らに追われているうちに感覚は着実に年老いていく。自由で在り続けるのは難しいし、自由になっていくのはもっと難しく、冒頭の言葉なんて漫画ごと忘れていた。思い出したのは、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)の新作『Unknown Monument』を聴いたから。

2010年に発表された自主制作CDR『Alfred Beach Sandal』は弾き語りのみで構成され、「エイブラハムの髭占い」「中国のシャンプー」など曲名だけで異国情緒が匂い立つ作品になっていた。2011年に発表された『One Day Calypso』はそれらの楽曲を軸に、多彩なゲスト・ミュージシャンを迎え、変拍子ドラムやスティール・パン、ホーンが踊り回る、即興セッションの一夜を切り取ったような作品だった。その後、2013年に発表された『DEAD MONTANO』ではそれまで彼の楽曲の中心を流れていた「異国情緒」というモチーフが薄まり、その代わりか、夏の景色が歌詞に度々映り込んでいたように思う。即興的なアレンジも減り、バンドの音になったという印象。この変化を経て次はどう来るのかと思っていたら、本作ではモチーフとなるものは見当たらず、今までになくジャンルに富んだ内容に仕上がっていた。

最初期から持ち味としてきた胸ににじむような弾き語りもあれば、混沌と爽やかさが駆け抜ける独特のポップ・ソングも健在。目新しき点は、先行シングル『Honeymoon』が予告していた通り、ファンクやR&B、HIP HOPなどブラック・ミュージックの要素が濃い楽曲が多々あること。以前ABSこと北里彰久にインタヴューした際、それまでは飄々としていた彼が、ブラック・ミュージックの話題になると熱くなって語ってくれたことを覚えている。しかし、それだけ好きなのになぜようやく今になって、その憧れを前面に出した曲を作ろうと思ったのだろう。やはり、メンバーとの出会いが大きかったのではないだろうか。

「その都度編成のことなるフリーフォームなソロ・ユニット」を名乗っていたABSだが、前作『DEAD MONTANO』からは岩見継吾(Ba)と光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸に活動し始め、本作もこのメンバーを中心に制作されている。岩見はロック・バンド、ミドリのイメージが強いが、学生時代からジャズ・クラブで演奏するほどの根っからのジャズ・ミュージシャン。光永はファンクやジャズ、ソウルに乗せたラップが印象的なバンド、チムニィのドラマーであり、ブラック・ミュージックをシティ・ポップに昇華させたceroの名盤『Obscure Ride』にもサポートで参加している。つまり、ABSは今ブラック・ミュージックをやるに最良のメンバーを得ているという事。3人用のリズムが成熟したところで、満を持してかつてからの憧れに正面きって挑戦したのが本作なのではないだろうか。それはゲストにラッパーの5lack、ビート・メーカーのSTUTSを迎えていることからも窺える。それらの音を、熱を、包括して作品に落とし込んだのは、これまでFISHMANSやUAなど数多くの名盤を世に送り出してきたレコーディング・エンジニア、zAk。豪華、かつ意外すぎる面々を率い、北里は憧れを自らの音楽に取り込む。

なんて、聴けばそんな肩肘張った作品でもないのだけれど。冒頭の言葉にあるように、彼は音楽家として歳をとるほどにテーマを手放し自由になっていくので、次どこに向かうかは読めない。でも私が勝手にこの作品にひとつテーマを見つけるならば、1曲目の名前そのまま「名場面」。彼の書く詞は映画的な面があるので、この一言で多彩なジャンルも一作品としてまとまりだす。そんな風にABSを好きに解釈して楽しんでいるうちは、実は私もうまく歳をとって自由な大人で居られているような気がしなくもない。(text by 水嶋美和)

過去作はこちら

【過去特集】
『Alfred Beach Sandal』配信&レヴュー
『One Day Calypso』配信&インタヴュー
『DEAD MONTANO』配信&レヴュー

LIVE INFORMATION

Alfred Beach Sandal『Unknown Moments』発売記念 ミニライヴ&サイン会
2015年9月3日(木)@タワーレコード難波店 5Fイベントスペース

Unknown Tour
2015年9月4日(金)@岡山 YEBISU YA PRO
w/ トクマルシューゴ

2015年9月5日(土)@福岡UTERO
w/ NONCHELEEE

2015年9月6日(日)@京都磔磔
w/ 白い汽笛セクステット

2015年9月12日(土)@札幌Duce Sapporo
w/ 柴田聡子

2015年9月13日(日)@仙台FLYING SON
w/ ミツメ

2015年9月26日(土)@名古屋TOKUZO(※ワンマン)
2015年9月27日(日)@大阪Shangri-La(※ワンマン)
2015年10月4日(日)@東京代官山UNIT(※ワンマン)

PROFILE

Alfred Beach Sandal

2009年に北里彰久(Vo, Gt)のフリー・フォームなソロ・ユニットとして活動開始。ロックやラテン、ブラック・ミュージックなど、雑多なジャンルをデタラメにコラージュした上に無理矢理ABS印のシールを貼りつけたような唯一無二の音楽性で、真面目に暮らしている。2013年のアルバム『Dead Montano』以降は、岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸として、美学をつきつめ中。

>>Alfred Beach Sandal Official HP

o

 
 

インタヴュー

松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!!
[CLOSEUP]・2017年08月19日・松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!! 埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉で運営されているkilk reocordsによるライヴハウス「ヒソミネ」。その両者がタッグを組み、8月26日におふろcafé utatane、翌27日におふろcafé bivouacにて音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉を開催する。「地域コミュニティでハブ機能を担う温浴施設・ライヴハウスをもっと知ってもらい、地域をもりあげたい」という気持ちから、埼玉出身アーティストをはじめ、ヒソミネが厳選した6組以上のアーティストが出演。料金は各店舗の入館料のみ!! お風呂に入って、マンガを読んで、ライヴを見て、と複合的な楽しみ方も可能だ!! イベント開催を前に、出演者でもある松本誠治(the telephones、FINAL FRASH、Migimimi sleep tight)とともにおふろcafé utataneを体験。その様子を写真とともにお届けする! 8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろca
by 西澤 裕郎
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事