多彩な"名場面"の結晶――Alfred Beach Sandal、新境地を開拓したアルバムをリリース!

ロックやブラック・ミュージックの他にさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の音楽センスでこれまでに唯一無二な作品を世の中へ送り出してきた北里彰久(Vo, Gt)によるソロ・ユニット、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)。『Dead Montano』以降のお馴染みの岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)はもちろん、ビートメイカーのSTUTS、さらに、フルートの池田若菜(吉田ヨウヘイgroup)、トランペットの高橋三太(1983など)が参加したアルバム『Unknown Monument』をこのたびリリースした。これまでのABSにさらなるエッセンスが加わった今作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。

Alfred Beach Sandal / Unknown Monument

【配信形態】
16bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)

【アルバム購入特典】
歌詞ブックレット(PDF)

【Track List】
01. 名場面
02. Supper Club
03. Cool Rununings
04. Dynamo Cycle
05. 祭りの季節
06. おもかげ
07. Fugue State (feat. 5lack)
08. Town Meeting (prod. by STUTS)
09. Honeymoon
10. Swallow

REVIEW : Alfred Beach Sandal

「歳をとるほどに自由になっていく」という言葉を漫画で読んだのは、まだ高校生の時だったか。しかしいざ30の歳になってみれば、なんと制約の多いこと。そんな制約らに追われているうちに感覚は着実に年老いていく。自由で在り続けるのは難しいし、自由になっていくのはもっと難しく、冒頭の言葉なんて漫画ごと忘れていた。思い出したのは、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)の新作『Unknown Monument』を聴いたから。

2010年に発表された自主制作CDR『Alfred Beach Sandal』は弾き語りのみで構成され、「エイブラハムの髭占い」「中国のシャンプー」など曲名だけで異国情緒が匂い立つ作品になっていた。2011年に発表された『One Day Calypso』はそれらの楽曲を軸に、多彩なゲスト・ミュージシャンを迎え、変拍子ドラムやスティール・パン、ホーンが踊り回る、即興セッションの一夜を切り取ったような作品だった。その後、2013年に発表された『DEAD MONTANO』ではそれまで彼の楽曲の中心を流れていた「異国情緒」というモチーフが薄まり、その代わりか、夏の景色が歌詞に度々映り込んでいたように思う。即興的なアレンジも減り、バンドの音になったという印象。この変化を経て次はどう来るのかと思っていたら、本作ではモチーフとなるものは見当たらず、今までになくジャンルに富んだ内容に仕上がっていた。

最初期から持ち味としてきた胸ににじむような弾き語りもあれば、混沌と爽やかさが駆け抜ける独特のポップ・ソングも健在。目新しき点は、先行シングル『Honeymoon』が予告していた通り、ファンクやR&B、HIP HOPなどブラック・ミュージックの要素が濃い楽曲が多々あること。以前ABSこと北里彰久にインタヴューした際、それまでは飄々としていた彼が、ブラック・ミュージックの話題になると熱くなって語ってくれたことを覚えている。しかし、それだけ好きなのになぜようやく今になって、その憧れを前面に出した曲を作ろうと思ったのだろう。やはり、メンバーとの出会いが大きかったのではないだろうか。

「その都度編成のことなるフリーフォームなソロ・ユニット」を名乗っていたABSだが、前作『DEAD MONTANO』からは岩見継吾(Ba)と光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸に活動し始め、本作もこのメンバーを中心に制作されている。岩見はロック・バンド、ミドリのイメージが強いが、学生時代からジャズ・クラブで演奏するほどの根っからのジャズ・ミュージシャン。光永はファンクやジャズ、ソウルに乗せたラップが印象的なバンド、チムニィのドラマーであり、ブラック・ミュージックをシティ・ポップに昇華させたceroの名盤『Obscure Ride』にもサポートで参加している。つまり、ABSは今ブラック・ミュージックをやるに最良のメンバーを得ているという事。3人用のリズムが成熟したところで、満を持してかつてからの憧れに正面きって挑戦したのが本作なのではないだろうか。それはゲストにラッパーの5lack、ビート・メーカーのSTUTSを迎えていることからも窺える。それらの音を、熱を、包括して作品に落とし込んだのは、これまでFISHMANSやUAなど数多くの名盤を世に送り出してきたレコーディング・エンジニア、zAk。豪華、かつ意外すぎる面々を率い、北里は憧れを自らの音楽に取り込む。

なんて、聴けばそんな肩肘張った作品でもないのだけれど。冒頭の言葉にあるように、彼は音楽家として歳をとるほどにテーマを手放し自由になっていくので、次どこに向かうかは読めない。でも私が勝手にこの作品にひとつテーマを見つけるならば、1曲目の名前そのまま「名場面」。彼の書く詞は映画的な面があるので、この一言で多彩なジャンルも一作品としてまとまりだす。そんな風にABSを好きに解釈して楽しんでいるうちは、実は私もうまく歳をとって自由な大人で居られているような気がしなくもない。(text by 水嶋美和)

過去作はこちら

【過去特集】
『Alfred Beach Sandal』配信&レヴュー
『One Day Calypso』配信&インタヴュー
『DEAD MONTANO』配信&レヴュー

LIVE INFORMATION

Alfred Beach Sandal『Unknown Moments』発売記念 ミニライヴ&サイン会
2015年9月3日(木)@タワーレコード難波店 5Fイベントスペース

Unknown Tour
2015年9月4日(金)@岡山 YEBISU YA PRO
w/ トクマルシューゴ

2015年9月5日(土)@福岡UTERO
w/ NONCHELEEE

2015年9月6日(日)@京都磔磔
w/ 白い汽笛セクステット

2015年9月12日(土)@札幌Duce Sapporo
w/ 柴田聡子

2015年9月13日(日)@仙台FLYING SON
w/ ミツメ

2015年9月26日(土)@名古屋TOKUZO(※ワンマン)
2015年9月27日(日)@大阪Shangri-La(※ワンマン)
2015年10月4日(日)@東京代官山UNIT(※ワンマン)

PROFILE

Alfred Beach Sandal

2009年に北里彰久(Vo, Gt)のフリー・フォームなソロ・ユニットとして活動開始。ロックやラテン、ブラック・ミュージックなど、雑多なジャンルをデタラメにコラージュした上に無理矢理ABS印のシールを貼りつけたような唯一無二の音楽性で、真面目に暮らしている。2013年のアルバム『Dead Montano』以降は、岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸として、美学をつきつめ中。

>>Alfred Beach Sandal Official HP

o

 
 

インタヴュー

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオ、ショローCLUBの音源をハイレゾ独占配信!!
[POWERPUSH]・2017年06月15日・絡み合うショローの日常──芳垣安洋、大友良英、不破大輔による超強力トリオの音源をハイレゾ独占配信!! 日本が誇る超巨大ジャズ・バンド、渋さ知らズを率いる不破大輔、ROVOやオルケスタ・リブレなどで活躍するドラマー・芳垣安洋、フリー・ジャズ / 即興音楽界の鬼才としてはもちろん、近年では朝ドラ『あまちゃん』の音楽も担当した大友良英の3人がバンド・ショローCLUBを結成!! 数え切れないほどのセッションを現在も続けている3人ですが、この3人”だけ”で音を出すのは意外にも初めてだったとのこと。今回リリースされる音源『from 1959』はそんな3人のスリリングな演奏を収めたライヴ盤となっており、盟友・山本精一氏もゲスト参加した超強力な作品に仕上がっています。今作の配信はOTOTOYのみ、しかもハイレゾ、CDよりも安い!! そ・し・て!! ショローCLUBのお三方のインタヴューも掲載!! 音源と共にぜひともチェックを!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!ショローCLUB / from 1959'【Track List】01. Lonely Woman02. ラジオのように (原題:Comme à la radio
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち
[POWERPUSH]・2017年06月09日・すべての音楽家に希望を与える新作リリース──8ottoが提示する音楽活動のかたち 8otto is back!! 2004年の結成から各種フェス出演や海外アーティストとの共演、ドラム・ヴォーカル、4ピースという個性的な編成から鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド・8otto(オットー)。この度2011年リリースの『Ashes To Ashes』以来、約6年ぶりとなるアルバムのリリースが控えている彼らがアルバムに先駆け、先行シングル「Ganges-Fox」を配信開始。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がプロデュースを担当した今作は、彼らの新章を感じさせるエモーショナルなロック・ナンバー。リリースから1ヶ月間はハイレゾ版配信はOTOTOYのみ!! 記事の公開と同タイミングでPVも公開されたのでそちらもマスト・チェック!! 1ヶ月ハイレゾ独占配信!!8otto / Ganges-Fox'【Track List】01. Ganges-Fox【配信形態 / 価格】''WAV,ALAC,FLAC(24bit/48kHz) / AAC 単曲 250円(税込) 8ottoの
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事