多彩な"名場面"の結晶――Alfred Beach Sandal、新境地を開拓したアルバムをリリース!

ロックやブラック・ミュージックの他にさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の音楽センスでこれまでに唯一無二な作品を世の中へ送り出してきた北里彰久(Vo, Gt)によるソロ・ユニット、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)。『Dead Montano』以降のお馴染みの岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)はもちろん、ビートメイカーのSTUTS、さらに、フルートの池田若菜(吉田ヨウヘイgroup)、トランペットの高橋三太(1983など)が参加したアルバム『Unknown Monument』をこのたびリリースした。これまでのABSにさらなるエッセンスが加わった今作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。

Alfred Beach Sandal / Unknown Monument

【配信形態】
16bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)

【アルバム購入特典】
歌詞ブックレット(PDF)

【Track List】
01. 名場面
02. Supper Club
03. Cool Rununings
04. Dynamo Cycle
05. 祭りの季節
06. おもかげ
07. Fugue State (feat. 5lack)
08. Town Meeting (prod. by STUTS)
09. Honeymoon
10. Swallow

REVIEW : Alfred Beach Sandal

「歳をとるほどに自由になっていく」という言葉を漫画で読んだのは、まだ高校生の時だったか。しかしいざ30の歳になってみれば、なんと制約の多いこと。そんな制約らに追われているうちに感覚は着実に年老いていく。自由で在り続けるのは難しいし、自由になっていくのはもっと難しく、冒頭の言葉なんて漫画ごと忘れていた。思い出したのは、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)の新作『Unknown Monument』を聴いたから。

2010年に発表された自主制作CDR『Alfred Beach Sandal』は弾き語りのみで構成され、「エイブラハムの髭占い」「中国のシャンプー」など曲名だけで異国情緒が匂い立つ作品になっていた。2011年に発表された『One Day Calypso』はそれらの楽曲を軸に、多彩なゲスト・ミュージシャンを迎え、変拍子ドラムやスティール・パン、ホーンが踊り回る、即興セッションの一夜を切り取ったような作品だった。その後、2013年に発表された『DEAD MONTANO』ではそれまで彼の楽曲の中心を流れていた「異国情緒」というモチーフが薄まり、その代わりか、夏の景色が歌詞に度々映り込んでいたように思う。即興的なアレンジも減り、バンドの音になったという印象。この変化を経て次はどう来るのかと思っていたら、本作ではモチーフとなるものは見当たらず、今までになくジャンルに富んだ内容に仕上がっていた。

最初期から持ち味としてきた胸ににじむような弾き語りもあれば、混沌と爽やかさが駆け抜ける独特のポップ・ソングも健在。目新しき点は、先行シングル『Honeymoon』が予告していた通り、ファンクやR&B、HIP HOPなどブラック・ミュージックの要素が濃い楽曲が多々あること。以前ABSこと北里彰久にインタヴューした際、それまでは飄々としていた彼が、ブラック・ミュージックの話題になると熱くなって語ってくれたことを覚えている。しかし、それだけ好きなのになぜようやく今になって、その憧れを前面に出した曲を作ろうと思ったのだろう。やはり、メンバーとの出会いが大きかったのではないだろうか。

「その都度編成のことなるフリーフォームなソロ・ユニット」を名乗っていたABSだが、前作『DEAD MONTANO』からは岩見継吾(Ba)と光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸に活動し始め、本作もこのメンバーを中心に制作されている。岩見はロック・バンド、ミドリのイメージが強いが、学生時代からジャズ・クラブで演奏するほどの根っからのジャズ・ミュージシャン。光永はファンクやジャズ、ソウルに乗せたラップが印象的なバンド、チムニィのドラマーであり、ブラック・ミュージックをシティ・ポップに昇華させたceroの名盤『Obscure Ride』にもサポートで参加している。つまり、ABSは今ブラック・ミュージックをやるに最良のメンバーを得ているという事。3人用のリズムが成熟したところで、満を持してかつてからの憧れに正面きって挑戦したのが本作なのではないだろうか。それはゲストにラッパーの5lack、ビート・メーカーのSTUTSを迎えていることからも窺える。それらの音を、熱を、包括して作品に落とし込んだのは、これまでFISHMANSやUAなど数多くの名盤を世に送り出してきたレコーディング・エンジニア、zAk。豪華、かつ意外すぎる面々を率い、北里は憧れを自らの音楽に取り込む。

なんて、聴けばそんな肩肘張った作品でもないのだけれど。冒頭の言葉にあるように、彼は音楽家として歳をとるほどにテーマを手放し自由になっていくので、次どこに向かうかは読めない。でも私が勝手にこの作品にひとつテーマを見つけるならば、1曲目の名前そのまま「名場面」。彼の書く詞は映画的な面があるので、この一言で多彩なジャンルも一作品としてまとまりだす。そんな風にABSを好きに解釈して楽しんでいるうちは、実は私もうまく歳をとって自由な大人で居られているような気がしなくもない。(text by 水嶋美和)

過去作はこちら

【過去特集】
『Alfred Beach Sandal』配信&レヴュー
『One Day Calypso』配信&インタヴュー
『DEAD MONTANO』配信&レヴュー

LIVE INFORMATION

Alfred Beach Sandal『Unknown Moments』発売記念 ミニライヴ&サイン会
2015年9月3日(木)@タワーレコード難波店 5Fイベントスペース

Unknown Tour
2015年9月4日(金)@岡山 YEBISU YA PRO
w/ トクマルシューゴ

2015年9月5日(土)@福岡UTERO
w/ NONCHELEEE

2015年9月6日(日)@京都磔磔
w/ 白い汽笛セクステット

2015年9月12日(土)@札幌Duce Sapporo
w/ 柴田聡子

2015年9月13日(日)@仙台FLYING SON
w/ ミツメ

2015年9月26日(土)@名古屋TOKUZO(※ワンマン)
2015年9月27日(日)@大阪Shangri-La(※ワンマン)
2015年10月4日(日)@東京代官山UNIT(※ワンマン)

PROFILE

Alfred Beach Sandal

2009年に北里彰久(Vo, Gt)のフリー・フォームなソロ・ユニットとして活動開始。ロックやラテン、ブラック・ミュージックなど、雑多なジャンルをデタラメにコラージュした上に無理矢理ABS印のシールを貼りつけたような唯一無二の音楽性で、真面目に暮らしている。2013年のアルバム『Dead Montano』以降は、岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸として、美学をつきつめ中。

>>Alfred Beach Sandal Official HP

o

 
 

インタヴュー

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事