京都ロック・シーンの超新星! スーパーノア『リリーと穴』をリリース!

  発売日 2011/12/02

01. リリー 02.

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


全曲フル試聴は終了致しました。
※Twitterのつぶやきの反映には時間がかかることがございます。その場合は少々お待ちください。

爽快感溢れる直球のポップ・ロック

村八分、BO GUMBOS、くるり、キセル、などなど。京都で始まり全国に広まった音楽は無数にある。ロック、ポップ、フォーク、ヒップ・ホップ、ハードコア、パンク… ジャンルだけでは説明できない。その音楽の数だけその種類も無数にあった。ただひとつ、京都の音楽の共通点として挙げられるのは、「一筋縄ではいかない/ひねくれている」というところ。どれも人を食ったようなユーモアがあり、それによって音楽の中にある感情を隠すのではなく、むしろ晒す。何かで自分を取り繕うのは下手な方だと思う。その証拠に、京都のバンド・マンたちは何年も同じ服を着ている。03年に結成してからずっと京都に拠点を置き活動を続けて来たスーパーノアも、取り繕うのは得意ではないように思える。いや、彼らのファッション事情までは定かではないが。こんなに爽快感溢れる直球のポップ・ロックなのに、どことなく変。かつ、音の枠からはみ出そうなぐらいに感情的なのだ。

彼らを初めて見たのは2005年、京都のインディー・フェスティバル「ボロフェスタ」のオープニング・アクトを務めていた。その年の出演陣の最高年齢は当時66歳のムッシュかまやつ。まだ学生だったスーパーノアのメンバーは相当幼く見えたし、実際若かった。あり余る若さを楽器にぶつけ、ひねりを加えて出来るロック。それが彼らの音楽の第一印象だ。ちなみに余談ではあるが、05年のボロフェスタにはSHEENA & THE ROKKETS、ギターウルフ、曽我部恵一BAND、当時大阪のアンダーグラウンド・シーンで絶大の人気を誇っていたアヴァンギャルド変拍子トリオ、ZUINOSINが出演していた。改めてこんなジャンクなフェス、他にないなと思う。

その後、京都のライヴ・ハウスに頻繁に出向くようになり、その中で何度もスーパーノアのライヴを見て来た。いいステージもあれば、正直、そうでない日もあった。そのブレがなくなってきたのは07年頃。ボロフェスタ最後の西部講堂の年に、スーパーノアは4年経った今も鮮明に思い出せるほどの最高のライヴをした。それ以降、もちろん全てのライヴを見て来た訳ではないが、彼らのライヴはいつも最高だ。泣けるし笑えるし、逸る気持ちにも穏やかな気持ちにもさせてくれる。帰り道には必ず何かしらの感情をお土産に持たせてくれるバンドになった。

それから私は上京し、彼らのライヴを見る機会は必然的に減った。そして先日の11月23日、久しぶりに彼らのライヴを見るべく下北沢ERAへ行った。そしてライヴ会場限定で販売されていた本作『リリーと穴』を聴いた。変わらないことは、変わることより何倍も難しい。けれど彼らは未だに05年に見た頃のままの若々しい音を鳴らしている。もちろんひねくれた偏屈さも健在だ。これはきっと彼らの人間からにじみでているものなのだろう。彼らのポップスから垣間見れる歪み。それが計算された歪みではなく出てきてしまった歪みだから、スーパーノアの音楽はどんなに感情的でも空々しくなく、人間臭く、愛されるのだと思う。

しかしどんなに爽やかで若々しい音を鳴らそうとも、当然彼らも歳をとる。それに伴い、渋みが感じられるようになったのも本作を聴いて嬉しい点だ。結成8年を迎えもう若手バンドではなくなったスーパーノアがこれからどう変わらずに、変わっていくのか。そしてどのような受け入れられ方をしていくのか。これからもこのバンドを見守っていきたい。(text by 水嶋美和)

LIVE INFORMATION

スーパーノア・ワンマン・ライヴ 「スロウステーション vol.9」
2011年12月11日@Live House 京都二条nano

PROFILE

スーパーノア

井戸健人(vo.gt)、赤井裕(gt)、岩橋真平(bass)、田中俊輔(drums)の4人編成により京都にて結成。地元名物イベント「ボロフェスタ」にレギュラー的に出演する若手有望株。NATSUMEN、曽我部恵一バンド、ギターウルフ、カーネーション、FLUID… など著名なバンドとの共演に真っ向勝負! 過去音源としてBoom Boom Satelites co.producer/oak三浦薫氏がエンジニアリングを手掛けた『吹田セッション』『Turn Off Your Television』等のdemo音源を発表。2009年3月Victor Entertainmentのrookiestar labelより『音圧とテンション』を配信。2009年7月8日(水)、demo音源に収録されていた現在の代表曲ともいえる『ギフト』から始まりタイトル曲『雨の惑星、ステレオの向こう』のクールな感触ながらジワジワと盛り上がるエモーショナルな楽曲、アルバム〆となる『最後の車窓から』のサイケデリックな質感まで、スーパーノアの引き出しが多様に表現されながら(時に転調、変拍子などのギミックも満載)スッキリとしたポップ・ソング・アルバム『雨の惑星、ステレオの向こう』をリリース。

スーパーノア『リリーと穴』についてつぶやこう!

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事