いま、ceroをハイレゾで聴かずになにを聴く?——新作両A面シングルを初のハイレゾ、OTOTOY独占配信!!

お待たせしました!! ceroの両A面シングル『Orphans / 夜去』を、ハイレゾにて配信スタートです!! "東京インディーズ・シーン"で括るには頭ひとつ飛び抜けて広がりを大きくしたceroがハイレゾで配信することは、また少し時代の変化を感じさせるできごとです。本作には、メンバーの橋本翼(Gt.)が初めてceroに書き下ろした楽曲「Orphans」、バンドの成熟を感じさせる新機軸のメロウ・ナンバー「夜去(ようさり)」に加え、すでにライヴでも披露され話題となっている小沢健二のカヴァー「1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)」を収録。様々な感情や情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップ・ミュージックへと昇華させてきた彼らの現在が感じられる3曲が、ここにあります。豊かな音楽を、豊かな音質でじっくりとお楽しみください。

捨て曲なしの強力な3曲をハイレゾで!!

cero
Orphans / 夜去

【左】WAV / ALAC / FLAC(24bit/88.2kHz)
【右】WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) 、mp3

【配信価格】(各税込)
【左】単曲 300円 / アルバム 771円
【右】単曲 257円 / アルバム 771円

【Track List】
01. Orphans
02. 夜去
03. 1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)


cero『Orphans / 夜去』予告編


いつまでたっても掴めきれないceroの"いま"

聴けばひとたび、圧倒的な「いいもの」であることがわかった。しかしそれが「いい」理由を探すと、途端に途方に暮れてしまう。様々な音楽の要素が入り混じり、それでいて確立されたオリジナリティーがある。はずなのに、そのオリジナリティーを言葉で説明しようとすれば「そんな難しい音楽じゃないんだよなあ」と途中で諦めてしまう。なんか良い。すごい良いんだけど、何だろう。ceroにはずっとそんな印象を持っていた。ただ、そんな印象を持ってしまう理由は知っている。

ファースト・アルバム『WORLD RECORD』では架空の街を作り、セカンド・アルバムの『My Lost City』では雨の曲が多い前作に描かれる街をさらに水浸しにし、海に沈めて航海を始める(「大洪水時代」)。しかしそこで作った船は次作『Yellow Magus』で壊される(「Ship Scrapper」)。「ceroの音楽制作というのはわかりやすいスクラップ&ビルドなのかもしれないですね。(音楽ナタリー cero『Yellow Magus』特集記事より引用)」ああ、世界観だけではなく音楽性もスクラップ&ビルドで更新され続けているから、都度リリースされる新作を聴いてようやく掴めたと思った印象も次の作品を聴く頃には残像になっていて、いつまでたっても掴めきれないでいるのかもしれない。

その『Yello Magus』より1年ぶりの新作となる本作『Orphans/夜去』もまたスクラップ&ビルドして作ったのだろう。前作にあったブラック・ミュージックからの濃い影響は身を潜め(しっぽぐらいは見えている)、メロウで儚げなシティ・ポップに仕上がっている。最初に聴いた時の印象は「ceroらしいけど、ceroっぽくない」。なるほど、1曲目の「Orphans」は橋本翼(Gt)が初めてceroに書き下ろした楽曲らしい。ceroを結成時より知っていて、かつ途中から加入した彼は、結成当初から中にいる高城と荒内よりもバンドの「らしさ」を客観的に捉えられ、だからこそそれを保ったまま違う風を入れられるのだろう。

この曲は歌詞も今までになく描写的で、まるで一編の青春小説を読んでいるよう。舞台は教室、海、移動はオートバイで。主人公はクラスメイトと家出する。歌詞の中で繰り返される「別の世界で」という言葉はパラレル・ワールドにいる二人を思わせ、SF的ほろ苦さと切なさも含んでいる。ちなみにこの歌詞は高城がエッセイ「夫のちんぽが入らない」(こだま著 / 同人誌『なし水』に寄稿)の一文にインスパイアされて歌となったもので、それを読んだ後に聴けば、この思いつきの逃避行がとんでもなく美しい物語に思えたりするので、気になる人は探して読んでみてください。


cero「Orphans」MV

続く「夜去」は一転、歌詞も曲も少し不穏でファンタジックな夜の世界。音と言葉のムードの中で、夢と現の間を彷徨うような浮遊感が気持ちいい。さらに小沢健二「1つの魔法(終わりのない愛を与え)」のカヴァーも収録。ceroがceroを始める前からのメンバー間のキーワードとしてあったフリッパーズ・ギター。その小沢健二の楽曲をカヴァーし作品に収録するということは、振り返り考えたいことでもあったのだろうか。リリースされる今は、その答えが出たということだろうか。

「Orphans」は霧雨の朝、「夜去」は雪の夜から始まる。家や学校、会社を出た時にこの天候に遭遇すると、見慣れた建物や横断歩道、信号、人々がいつもと違って見えて、妙にロマンチックになったりセンチメンタルに浸ったりする。ceroの音楽にも全く同じ効果があって、聴きながら街を歩くと、ふと懐かしい級友や教室の場面を思い出したり、明日も丁寧に生きようと意気込んだり、かつての日常や今ある日常が妙に美しく愛しく感じられる。歌詞に誘導はないのに、なぜceroを聴くとそんな気持ちになるのか。

その理由はまだわかっていない。理由なんてないかもしれないし、ならば聴き続けてもわからないかもしれない。のらりくらりと、朝から夜をクルーズし、様々な音楽性をクルーズし、人の心象風景をクルーズしていく彼ら。この作品で彼らのことをつかまえたつもりになっても、多分またすぐ次の作品で逃げられてしまうんだろうな。それがどれだけ楽しみなことか、とも思う。(text by 水嶋美和)

ceroの過去作品はこちらから

【特集ページ】
>>『Yellow Magus』配信&レヴュー
>>『My Lost City』配信&レヴュー
>>『world record』配信&レヴュー

RECOMMEND

森は生きている / グッド・ナイト

鳴り物入りのデビューとなった処女作から1年、森は生きているが待望の2ndアルバムを発表した。彼らの深い音楽的見識を反映するように、今作はサイケデリック・ロック〜プログレッシヴ・ロック的な要素すらも取り込み、17分におよぶ壮大な組曲「煙夜の夢」をはじめ9曲を収録。各方面から絶賛されたデビュー作をさらに進化させたような内容となった。OTOTOYでは、そんな本作を24bit/48kHzのハイレゾで配信。

>>特集ページはこちら

Yogee New Waves / PARAISO

2014年4月にリリースした『CLIMAX NIGHT e.p.』が大きな話題を呼んだYogee New Wavesが、待望の1stフル・アルバム『PARAISO』をリリース。EPに収録された名曲「Climax Night」「Good Bye」の新録に加え、すでにライヴで人気の楽曲「Hello Ethiopia」「Summer」「Listen」など全9曲を収録。2014年、いま、シーンの最前線でどんな音が鳴らされているのか、それを知るためには、このアルバムを聴くしかない。

>>特集ページはこちら

Jappers / Imaginary Friend

東京は高幡不動にて結成された6人組オルタナ・フォーク・バンド、Jappers。結成から5年、待望の1stフル・アルバムが完成。2013年より現在の6人編成となると、サウンドはより実験的に。リバーブがかったスチール・ギター、幾十に重なるコーラスが織りなすハーモニーは、国境を感じさせない。オール・セルフ・プロデュースによって制作され、細部までこだわり抜かれた今作は、USのオルタナ・カントリーを基調に、ジャンルを越えたサウンド・ワークを展開。マスタリングにはAkiyoshi Tanakaを起用。バンドとして大きな変化を遂げ、生み出された今作を24bit/44.1kHzのハイレゾで配信。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

cero ワンマン・ライヴ "Wayang Paradise"
2014年12月21日(日)@EX THEATER ROPPONGI

cero ワンマン・ライヴ "Wayang Paradise" SOLD OUT!
2014年12月22日(月)@EX THEATER ROPPONGI

COUNTDOWN JAPAN 14/15
2014年12月28日(日)@幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

PROFILE

cero

Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero(セロ)。

2004年に高城、荒内、柳で結成。2006年ごろからジオラマシーンとして活動する橋本が加入。様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップ・ミュージックへと昇華させる。2007年、鈴木慶一氏(moonriders)の耳にとまりプロデュースしてもらう。その後、坂本龍一氏のレーベルcommmonsより発売された『細野晴臣 strange song book -tribute to haromi hosono 2-』収録の鈴木慶一『東京シャイネスボーイ』に参加。同レーベル・コンピ『にほんのうた 第二集』に唱歌「青い眼の人形」のカヴァーを担当するなど、精力的に活動している。

2011年、初の流通音源『WORLD RECORD』をカクバリズムより発売。本秀康氏による印象的なジャケットのイラストも相まって好評を得る。発売から少しして、柳が絵描きとしての活動に専念するため脱退。現在、サポート・メンバーを加えた編成でライヴを行っている。2012年10月、2ndアルバム『My Lost City』を発表。 2013年12月、ファースト・シングル『Yellow Magus』を発表。

>>cero Official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事