いま、ceroをハイレゾで聴かずになにを聴く?——新作両A面シングルを初のハイレゾ、OTOTOY独占配信!!

お待たせしました!! ceroの両A面シングル『Orphans / 夜去』を、ハイレゾにて配信スタートです!! "東京インディーズ・シーン"で括るには頭ひとつ飛び抜けて広がりを大きくしたceroがハイレゾで配信することは、また少し時代の変化を感じさせるできごとです。本作には、メンバーの橋本翼(Gt.)が初めてceroに書き下ろした楽曲「Orphans」、バンドの成熟を感じさせる新機軸のメロウ・ナンバー「夜去(ようさり)」に加え、すでにライヴでも披露され話題となっている小沢健二のカヴァー「1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)」を収録。様々な感情や情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップ・ミュージックへと昇華させてきた彼らの現在が感じられる3曲が、ここにあります。豊かな音楽を、豊かな音質でじっくりとお楽しみください。

捨て曲なしの強力な3曲をハイレゾで!!

cero
Orphans / 夜去

【左】WAV / ALAC / FLAC(24bit/88.2kHz)
【右】WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) 、mp3

【配信価格】(各税込)
【左】単曲 300円 / アルバム 771円
【右】単曲 257円 / アルバム 771円

【Track List】
01. Orphans
02. 夜去
03. 1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)


cero『Orphans / 夜去』予告編


いつまでたっても掴めきれないceroの"いま"

聴けばひとたび、圧倒的な「いいもの」であることがわかった。しかしそれが「いい」理由を探すと、途端に途方に暮れてしまう。様々な音楽の要素が入り混じり、それでいて確立されたオリジナリティーがある。はずなのに、そのオリジナリティーを言葉で説明しようとすれば「そんな難しい音楽じゃないんだよなあ」と途中で諦めてしまう。なんか良い。すごい良いんだけど、何だろう。ceroにはずっとそんな印象を持っていた。ただ、そんな印象を持ってしまう理由は知っている。

ファースト・アルバム『WORLD RECORD』では架空の街を作り、セカンド・アルバムの『My Lost City』では雨の曲が多い前作に描かれる街をさらに水浸しにし、海に沈めて航海を始める(「大洪水時代」)。しかしそこで作った船は次作『Yellow Magus』で壊される(「Ship Scrapper」)。「ceroの音楽制作というのはわかりやすいスクラップ&ビルドなのかもしれないですね。(音楽ナタリー cero『Yellow Magus』特集記事より引用)」ああ、世界観だけではなく音楽性もスクラップ&ビルドで更新され続けているから、都度リリースされる新作を聴いてようやく掴めたと思った印象も次の作品を聴く頃には残像になっていて、いつまでたっても掴めきれないでいるのかもしれない。

その『Yello Magus』より1年ぶりの新作となる本作『Orphans/夜去』もまたスクラップ&ビルドして作ったのだろう。前作にあったブラック・ミュージックからの濃い影響は身を潜め(しっぽぐらいは見えている)、メロウで儚げなシティ・ポップに仕上がっている。最初に聴いた時の印象は「ceroらしいけど、ceroっぽくない」。なるほど、1曲目の「Orphans」は橋本翼(Gt)が初めてceroに書き下ろした楽曲らしい。ceroを結成時より知っていて、かつ途中から加入した彼は、結成当初から中にいる高城と荒内よりもバンドの「らしさ」を客観的に捉えられ、だからこそそれを保ったまま違う風を入れられるのだろう。

この曲は歌詞も今までになく描写的で、まるで一編の青春小説を読んでいるよう。舞台は教室、海、移動はオートバイで。主人公はクラスメイトと家出する。歌詞の中で繰り返される「別の世界で」という言葉はパラレル・ワールドにいる二人を思わせ、SF的ほろ苦さと切なさも含んでいる。ちなみにこの歌詞は高城がエッセイ「夫のちんぽが入らない」(こだま著 / 同人誌『なし水』に寄稿)の一文にインスパイアされて歌となったもので、それを読んだ後に聴けば、この思いつきの逃避行がとんでもなく美しい物語に思えたりするので、気になる人は探して読んでみてください。


cero「Orphans」MV

続く「夜去」は一転、歌詞も曲も少し不穏でファンタジックな夜の世界。音と言葉のムードの中で、夢と現の間を彷徨うような浮遊感が気持ちいい。さらに小沢健二「1つの魔法(終わりのない愛を与え)」のカヴァーも収録。ceroがceroを始める前からのメンバー間のキーワードとしてあったフリッパーズ・ギター。その小沢健二の楽曲をカヴァーし作品に収録するということは、振り返り考えたいことでもあったのだろうか。リリースされる今は、その答えが出たということだろうか。

「Orphans」は霧雨の朝、「夜去」は雪の夜から始まる。家や学校、会社を出た時にこの天候に遭遇すると、見慣れた建物や横断歩道、信号、人々がいつもと違って見えて、妙にロマンチックになったりセンチメンタルに浸ったりする。ceroの音楽にも全く同じ効果があって、聴きながら街を歩くと、ふと懐かしい級友や教室の場面を思い出したり、明日も丁寧に生きようと意気込んだり、かつての日常や今ある日常が妙に美しく愛しく感じられる。歌詞に誘導はないのに、なぜceroを聴くとそんな気持ちになるのか。

その理由はまだわかっていない。理由なんてないかもしれないし、ならば聴き続けてもわからないかもしれない。のらりくらりと、朝から夜をクルーズし、様々な音楽性をクルーズし、人の心象風景をクルーズしていく彼ら。この作品で彼らのことをつかまえたつもりになっても、多分またすぐ次の作品で逃げられてしまうんだろうな。それがどれだけ楽しみなことか、とも思う。(text by 水嶋美和)

ceroの過去作品はこちらから

【特集ページ】
>>『Yellow Magus』配信&レヴュー
>>『My Lost City』配信&レヴュー
>>『world record』配信&レヴュー

RECOMMEND

森は生きている / グッド・ナイト

鳴り物入りのデビューとなった処女作から1年、森は生きているが待望の2ndアルバムを発表した。彼らの深い音楽的見識を反映するように、今作はサイケデリック・ロック〜プログレッシヴ・ロック的な要素すらも取り込み、17分におよぶ壮大な組曲「煙夜の夢」をはじめ9曲を収録。各方面から絶賛されたデビュー作をさらに進化させたような内容となった。OTOTOYでは、そんな本作を24bit/48kHzのハイレゾで配信。

>>特集ページはこちら

Yogee New Waves / PARAISO

2014年4月にリリースした『CLIMAX NIGHT e.p.』が大きな話題を呼んだYogee New Wavesが、待望の1stフル・アルバム『PARAISO』をリリース。EPに収録された名曲「Climax Night」「Good Bye」の新録に加え、すでにライヴで人気の楽曲「Hello Ethiopia」「Summer」「Listen」など全9曲を収録。2014年、いま、シーンの最前線でどんな音が鳴らされているのか、それを知るためには、このアルバムを聴くしかない。

>>特集ページはこちら

Jappers / Imaginary Friend

東京は高幡不動にて結成された6人組オルタナ・フォーク・バンド、Jappers。結成から5年、待望の1stフル・アルバムが完成。2013年より現在の6人編成となると、サウンドはより実験的に。リバーブがかったスチール・ギター、幾十に重なるコーラスが織りなすハーモニーは、国境を感じさせない。オール・セルフ・プロデュースによって制作され、細部までこだわり抜かれた今作は、USのオルタナ・カントリーを基調に、ジャンルを越えたサウンド・ワークを展開。マスタリングにはAkiyoshi Tanakaを起用。バンドとして大きな変化を遂げ、生み出された今作を24bit/44.1kHzのハイレゾで配信。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

cero ワンマン・ライヴ "Wayang Paradise"
2014年12月21日(日)@EX THEATER ROPPONGI

cero ワンマン・ライヴ "Wayang Paradise" SOLD OUT!
2014年12月22日(月)@EX THEATER ROPPONGI

COUNTDOWN JAPAN 14/15
2014年12月28日(日)@幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

PROFILE

cero

Contemporary Exotica Rock Orchestra 略してcero(セロ)。

2004年に高城、荒内、柳で結成。2006年ごろからジオラマシーンとして活動する橋本が加入。様々な感情、情景を広く『エキゾチカ』と捉え、ポップ・ミュージックへと昇華させる。2007年、鈴木慶一氏(moonriders)の耳にとまりプロデュースしてもらう。その後、坂本龍一氏のレーベルcommmonsより発売された『細野晴臣 strange song book -tribute to haromi hosono 2-』収録の鈴木慶一『東京シャイネスボーイ』に参加。同レーベル・コンピ『にほんのうた 第二集』に唱歌「青い眼の人形」のカヴァーを担当するなど、精力的に活動している。

2011年、初の流通音源『WORLD RECORD』をカクバリズムより発売。本秀康氏による印象的なジャケットのイラストも相まって好評を得る。発売から少しして、柳が絵描きとしての活動に専念するため脱退。現在、サポート・メンバーを加えた編成でライヴを行っている。2012年10月、2ndアルバム『My Lost City』を発表。 2013年12月、ファースト・シングル『Yellow Magus』を発表。

>>cero Official HP

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入
[CLOSEUP]・2017年08月16日・《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第6弾音源「不満」を配信、そして今回は彼らのライヴに潜入。彼らのライヴ・レポートを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第6弾goodtimes / 不満 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 不満 LIVE REPORT : 人生の一部を彩るもので得られる感覚に似ていた 今まで楽曲配信を毎月行い、ついに今作で第6弾となったgoodtimes。今回はその新曲「不満」のリリースとともに、彼らの楽曲の振り幅の大きさを肌で体感すべく、ライヴ会場へ潜入した。体感0距離のライヴで、人間同士の心がぶつかり合う様子が伺えた。 goodtimes
by 宮尾茉実
愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
“ミスターシティポップス”から2017年、オニギリ・ユニバーシティ開校のお知らせ
・2017年08月03日・かせきさいだぁの新作──“ミスターシティポップ”からオニギリ・ユニバーシティ開校のお知らせ 1995年にアルバム『かせきさいだぁ』でデビューして以来、日本語ラップを援用しつつ、独自のサウンドを展開してきた、かせきさいだぁ。オリジナルとしては『ミスターシティポップ』以来、5年ぶりにリリースする5枚目のオリジナル・アルバム『ONIGIRI UNIVERSITY』。デビュー当時から、ヒップホップに影響を受けながら、いわゆるハードコアなヒップホップ・シーンともまた違った独自のポップなスタンスで作品をリリースし続けてきた彼らしい、本作もまたその名が示す通り、どこかユーモラスでポップな、そしてこの国のカルチャーのなかでしか生まれえないような“かせぎさいだぁ”ワールドを示している。さて、本作をレヴューと共にお届けしよう。 かせきさいだぁ / ONIGIRI UNIVERSITY'【Track List】01. Yes02. カンフーダンス03. CANDY POP04. BABY × 405. 常夏ココナッツ06. Chocco that I know girl07. さよならファンタスティカ08. ちょうどいい 〜Fee
by marvinkei
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事