今まで色々な音楽を聴いてきたけれど、音を聴いた瞬間に頭の中で完璧に映像が思い浮かんだのは初めてだ。目を閉じて聴けば、誰もが同じ情景を思い浮かべるのではないだろうか。血まみれのオペラと、降り注ぐ無数のガラスの破片、この声は歌なのか? 叫びなのか? しかし、この華麗さと優美さはどこから来るのだろう。そして、なぜ切ないのだろう。そう、これは耳で聴くカルト・ホラー・ムービーだ。精神の内側をまさぐる、恐ろしく悲しい映画だ。

海外にて、彼らの音楽は『悪魔のジューク・ボックスから聴こえるトラウマ音楽』と評された。トラウマというのは一生つきまとう恐怖体験の事。ならば、確かに彼らはトラウマを音で紡ぎ続けているのだろう。3年前、初めて彼らのステージを見た瞬間から、その映像が私の脳裏にべったりとへばりついて離れてくれないのだ。しかし、その完璧さについつい見とれてしまう。中毒性のある恐怖。彼らの音楽だけが持つ奇妙な魅力の秘密について、探ってみたいと思う。

インタビュー & 文 : 水嶋美和

→「heyoah」のフリー・ダウンロードはこちら (期間 : 11/26〜12/03)

INTERVIEW

—初めてVampilliaのライヴを見た時、ゴシックで破壊的なステージにあっという間に飲み込まれてしまいました。今の様なスタイルは結成当初からでしょうか?

やりたい事は最初から全くブレてないです。その点はものすごくストイック。でも、ほとんどの人はバンド未経験者だったので、色々と上手くなったと思います。

—この完成された世界観のコンセプトについて教えて下さい。

嫌がらせです。本当にひどい嫌がらせ(笑)。理想としているイメージは、ものすごく綺麗な物がドッカーンて爆発してるんだけど、少しずつずれていく連続性の映像です。

—曲を作る上できっかけになるものはありますか?

しいて言うなら、感動的なものとか、言葉にならないすごいものを体験した時のテンション。Vampilliaの曲はこう見えて、すごく複雑な工程を経て作られているので、具体的にコレと言ったものはありません。

—今回リリースする『Sppears』が初の正式音源だという事が意外でした。2005年の結成から4年目にして初の音源を出す事になった経緯教えて下さい。

自分達でも意外です。4年かかったのは、Animal Collectiveをプロデュースしているラスティ・サントスからプロデュースをさせて欲しいという話を頂いたものの、なかなか完成しなかったという事が一番の原因になったかな。ただ現在、三作品ほど一気に進行しているので、スロー・スターターなんだと思います。

—今作に収録されている「heyoah」のPVに、顔面白塗りの田代まさしさんが出演している事が話題になっていますが、Vampilliaにとって田代まさしさんはどういう存在なのか、どのような意味付けとして作品に起用したのかを教えて下さい。

もちろん悪意です(笑) 。嘘です。ちょっと本当だけど。罪は犯せどちゃんと償って出てきてるんだし、ああいった一件がなければこのシーンにマーシーが登場する事はなかったと思うんで。一言で言うなら、存在の振れ幅の象徴です。そして凄くお洒落。かっこいいおじさんが大好きなんです。

ツジコノリコさんをボーカルに迎えた「Mersum」のように、今まであぶらだこやMERZBOWなど多くのアーティストと共演されていますね。共演が多いのはなぜですか?

単純に大好きですって感じです。共演して、この人のライヴ最高だなーと思った人は、人間的にも最高な人が多いんです。二度おいしいです。お得ですよね。

—これからの活動予定を教えて下さい。

Jarboeと東名阪をツアーします。同時進行で、作品も作っている途中です。あと年末年始にオーストラリア・ツアーに行きます。フェスにも出ます。本当に自分達が満足できる事をやり遂げたい。途中でやめずに出来たらすごいな、と思います。

—「トラウマ音楽」と評されることについて、作品を作る上で源となるトラウマがございましたら教えて下さい。

私たちにはありません。本当にドロドロなんで。

PROFILE

今、日本の音楽シーンで最も毀誉褒貶が激しいバンドVampillia。 2005年関西で結成された彼らはデス、ゲス、オペラ声による3ボーカル、ツイン・ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ、ツイン・ギター、ベース、DJからなる「ブルータル・オーケストラ」 。
ドラムにはWorld's End Girlfriendのチカダ・カズヒサ氏、元Boredomsのボーカル、吉川豊人氏もメンバー。
2005年にAnimal Collectiveのプロデューサーで知られるラスティ・サントスの熱烈なラブ・コールによりファースト・アルバムの制作に入るが2009年の現在まだ完成には至っていない。2008年には音源未リリースのまま、ツジコノリコと共にNYツアーを敢行、観客にmum、Animal Collective、Gang Gang Dance、Ringsらが見られる中怒濤のライブを繰り広げる。
2009年にはオーストラリア・ツアーに招聘され口コミで広がり最終日には200人以上の観客を集める。プロモに持っていった音源が何故かライターの手に渡り、リリース物ではないにも関わらず現地の雑誌にケイテイ・ペリーらに並んで「悪魔のジューク・ボックスから流れるトラウマ音楽」とレビューされる。
2009年から2010年鬱憤を晴らすように様々な音源を制作中。元SWANSのJARBOE、CURRRENT93のデビット・チベット、元ARABSTRAPのエイダン・モファット、DAKOTA SUITEのクリス・フーソン、あぶらだこの長谷川らがボーカルで参加する「appeares」、ツジコノリコが全編でボーカルを務め、メルツバウも参加する超大作「Romance」、そして、ゲストなしの極美極速アルバム「rule the world」の海外リリースが予定されている。

LIVE SCHEDULE

『いいにおいのする JAPAN TOUR 2009』

  • 12/4 @名古屋 kd japon
前売り2,500yen 当日3,000yen
open18:00 start19:00
w/ Jarboe(ex SWANS) / emulsion / and more
  • 12/5 @大阪 心斎橋 unagidani sunsui
前売り3,500yen 当日4,000yen
open17:00 start18:00
w/ Jarboe(ex SWANS)/ Boris / SWARRRM / zeroreality / and more
  • 12/6 @東京 shibuya o‐nest
前売り3,500yen 当日4,000yen
open 17:00 start18:00
w/ Jarboe(ex SWANS)/ MERZBOW / kito‐mizukumi rouber(aka あぶらだこ)/ 黒色すみれ / apsu / and more
全公演前売り予約→info@iinioi.com

一度聞いたら忘れられない、インパクト抜群のアーティスト

ドの道ドッドド / DODDODO
大阪在住の女性単独ユニット。ローファイなサンプラー二台から繰り出される摩訶不思議な音楽と、時に凶暴性すら感じさせられる鮮烈なビートは、今も中毒者を増やし続けています。DODDODOという一見風変わりな名義そのものが、すでにドッ・ド・ドというリズムを刻んでおり、まるで心臓のビートのよう。3度に渡るヨーロッパ・ツアーでは各国のオーディエンスに絶賛され、恐るべき速度で進化を続けています。

A HAPPY NEW ANARCHY / BOGULTA
ノイジー/変則的にJ-POPの断片を極端にデフォルメ/圧縮させたハードコア・サウンドとエレクトロ・ディスコやブレイク・コアの要素がゴリ押しで融合!!
コーラージュ/カット・アップ手法とナンセンスな初期衝動が交差する、唯一無二、POPでエクストリームな新次元のアナーキー・エレクトロ・パンク・バンド!!

BOGULTA インタビュー : http://ototoy.jp/feature/index.php/20090127

HUMAN INTERFACE / DOKAKA
あの"Bjork"の衝撃作「Medulla」を作るなど、世界中で話題を呼んでいるヒューマン・ビート・ボクサーが遂に日本デビュー! 非常にユニークなメロディやサウンドが耳に残ります。

BLAST / キリコ
実名飛び交うLYRICで全てのヘッズに問いかけ、解答し続けるキリコ。ただのDISじゃない ! 攻撃の衝動は全てHIPHOPに対する愛から生まれている。発売されるアナログは全て即完売 ! ネット・オークションでは未発表音源が高値で取引をされ、2ちゃんねるではたたかれる。さらには坂本龍一がラジオ番組でヘビー・ローテーションするなど様々な場所で賛否両論を巻き起こす、革新的ラッパー待望の2ndアルバム ! !

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事