今まで色々な音楽を聴いてきたけれど、音を聴いた瞬間に頭の中で完璧に映像が思い浮かんだのは初めてだ。目を閉じて聴けば、誰もが同じ情景を思い浮かべるのではないだろうか。血まみれのオペラと、降り注ぐ無数のガラスの破片、この声は歌なのか? 叫びなのか? しかし、この華麗さと優美さはどこから来るのだろう。そして、なぜ切ないのだろう。そう、これは耳で聴くカルト・ホラー・ムービーだ。精神の内側をまさぐる、恐ろしく悲しい映画だ。

海外にて、彼らの音楽は『悪魔のジューク・ボックスから聴こえるトラウマ音楽』と評された。トラウマというのは一生つきまとう恐怖体験の事。ならば、確かに彼らはトラウマを音で紡ぎ続けているのだろう。3年前、初めて彼らのステージを見た瞬間から、その映像が私の脳裏にべったりとへばりついて離れてくれないのだ。しかし、その完璧さについつい見とれてしまう。中毒性のある恐怖。彼らの音楽だけが持つ奇妙な魅力の秘密について、探ってみたいと思う。

インタビュー & 文 : 水嶋美和

→「heyoah」のフリー・ダウンロードはこちら (期間 : 11/26〜12/03)

INTERVIEW

—初めてVampilliaのライヴを見た時、ゴシックで破壊的なステージにあっという間に飲み込まれてしまいました。今の様なスタイルは結成当初からでしょうか?

やりたい事は最初から全くブレてないです。その点はものすごくストイック。でも、ほとんどの人はバンド未経験者だったので、色々と上手くなったと思います。

—この完成された世界観のコンセプトについて教えて下さい。

嫌がらせです。本当にひどい嫌がらせ(笑)。理想としているイメージは、ものすごく綺麗な物がドッカーンて爆発してるんだけど、少しずつずれていく連続性の映像です。

—曲を作る上できっかけになるものはありますか?

しいて言うなら、感動的なものとか、言葉にならないすごいものを体験した時のテンション。Vampilliaの曲はこう見えて、すごく複雑な工程を経て作られているので、具体的にコレと言ったものはありません。

—今回リリースする『Sppears』が初の正式音源だという事が意外でした。2005年の結成から4年目にして初の音源を出す事になった経緯教えて下さい。

自分達でも意外です。4年かかったのは、Animal Collectiveをプロデュースしているラスティ・サントスからプロデュースをさせて欲しいという話を頂いたものの、なかなか完成しなかったという事が一番の原因になったかな。ただ現在、三作品ほど一気に進行しているので、スロー・スターターなんだと思います。

—今作に収録されている「heyoah」のPVに、顔面白塗りの田代まさしさんが出演している事が話題になっていますが、Vampilliaにとって田代まさしさんはどういう存在なのか、どのような意味付けとして作品に起用したのかを教えて下さい。

もちろん悪意です(笑) 。嘘です。ちょっと本当だけど。罪は犯せどちゃんと償って出てきてるんだし、ああいった一件がなければこのシーンにマーシーが登場する事はなかったと思うんで。一言で言うなら、存在の振れ幅の象徴です。そして凄くお洒落。かっこいいおじさんが大好きなんです。

ツジコノリコさんをボーカルに迎えた「Mersum」のように、今まであぶらだこやMERZBOWなど多くのアーティストと共演されていますね。共演が多いのはなぜですか?

単純に大好きですって感じです。共演して、この人のライヴ最高だなーと思った人は、人間的にも最高な人が多いんです。二度おいしいです。お得ですよね。

—これからの活動予定を教えて下さい。

Jarboeと東名阪をツアーします。同時進行で、作品も作っている途中です。あと年末年始にオーストラリア・ツアーに行きます。フェスにも出ます。本当に自分達が満足できる事をやり遂げたい。途中でやめずに出来たらすごいな、と思います。

—「トラウマ音楽」と評されることについて、作品を作る上で源となるトラウマがございましたら教えて下さい。

私たちにはありません。本当にドロドロなんで。

PROFILE

今、日本の音楽シーンで最も毀誉褒貶が激しいバンドVampillia。 2005年関西で結成された彼らはデス、ゲス、オペラ声による3ボーカル、ツイン・ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ、ツイン・ギター、ベース、DJからなる「ブルータル・オーケストラ」 。
ドラムにはWorld's End Girlfriendのチカダ・カズヒサ氏、元Boredomsのボーカル、吉川豊人氏もメンバー。
2005年にAnimal Collectiveのプロデューサーで知られるラスティ・サントスの熱烈なラブ・コールによりファースト・アルバムの制作に入るが2009年の現在まだ完成には至っていない。2008年には音源未リリースのまま、ツジコノリコと共にNYツアーを敢行、観客にmum、Animal Collective、Gang Gang Dance、Ringsらが見られる中怒濤のライブを繰り広げる。
2009年にはオーストラリア・ツアーに招聘され口コミで広がり最終日には200人以上の観客を集める。プロモに持っていった音源が何故かライターの手に渡り、リリース物ではないにも関わらず現地の雑誌にケイテイ・ペリーらに並んで「悪魔のジューク・ボックスから流れるトラウマ音楽」とレビューされる。
2009年から2010年鬱憤を晴らすように様々な音源を制作中。元SWANSのJARBOE、CURRRENT93のデビット・チベット、元ARABSTRAPのエイダン・モファット、DAKOTA SUITEのクリス・フーソン、あぶらだこの長谷川らがボーカルで参加する「appeares」、ツジコノリコが全編でボーカルを務め、メルツバウも参加する超大作「Romance」、そして、ゲストなしの極美極速アルバム「rule the world」の海外リリースが予定されている。

LIVE SCHEDULE

『いいにおいのする JAPAN TOUR 2009』

  • 12/4 @名古屋 kd japon
前売り2,500yen 当日3,000yen
open18:00 start19:00
w/ Jarboe(ex SWANS) / emulsion / and more
  • 12/5 @大阪 心斎橋 unagidani sunsui
前売り3,500yen 当日4,000yen
open17:00 start18:00
w/ Jarboe(ex SWANS)/ Boris / SWARRRM / zeroreality / and more
  • 12/6 @東京 shibuya o‐nest
前売り3,500yen 当日4,000yen
open 17:00 start18:00
w/ Jarboe(ex SWANS)/ MERZBOW / kito‐mizukumi rouber(aka あぶらだこ)/ 黒色すみれ / apsu / and more
全公演前売り予約→info@iinioi.com

一度聞いたら忘れられない、インパクト抜群のアーティスト

ドの道ドッドド / DODDODO
大阪在住の女性単独ユニット。ローファイなサンプラー二台から繰り出される摩訶不思議な音楽と、時に凶暴性すら感じさせられる鮮烈なビートは、今も中毒者を増やし続けています。DODDODOという一見風変わりな名義そのものが、すでにドッ・ド・ドというリズムを刻んでおり、まるで心臓のビートのよう。3度に渡るヨーロッパ・ツアーでは各国のオーディエンスに絶賛され、恐るべき速度で進化を続けています。

A HAPPY NEW ANARCHY / BOGULTA
ノイジー/変則的にJ-POPの断片を極端にデフォルメ/圧縮させたハードコア・サウンドとエレクトロ・ディスコやブレイク・コアの要素がゴリ押しで融合!!
コーラージュ/カット・アップ手法とナンセンスな初期衝動が交差する、唯一無二、POPでエクストリームな新次元のアナーキー・エレクトロ・パンク・バンド!!

BOGULTA インタビュー : http://ototoy.jp/feature/index.php/20090127

HUMAN INTERFACE / DOKAKA
あの"Bjork"の衝撃作「Medulla」を作るなど、世界中で話題を呼んでいるヒューマン・ビート・ボクサーが遂に日本デビュー! 非常にユニークなメロディやサウンドが耳に残ります。

BLAST / キリコ
実名飛び交うLYRICで全てのヘッズに問いかけ、解答し続けるキリコ。ただのDISじゃない ! 攻撃の衝動は全てHIPHOPに対する愛から生まれている。発売されるアナログは全て即完売 ! ネット・オークションでは未発表音源が高値で取引をされ、2ちゃんねるではたたかれる。さらには坂本龍一がラジオ番組でヘビー・ローテーションするなど様々な場所で賛否両論を巻き起こす、革新的ラッパー待望の2ndアルバム ! !

o

 
 

インタヴュー

ベイビーレイズJAPAN、初のミニ・アルバム『THE BRJ』をリリース
[INTERVIEW]・2017年09月20日・『THE BRJ』は、5人の新たな始まりーーベイビーレイズJAPAN、初のミニ・アルバムをリリース 5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPANがグループ初となるミニ・アルバム『THE BRJ』をリリースした。結成から5周年を迎えてもなお、期待値と加速度を上げ続けるメンバー全員にメール・インタビューを敢行。まっすぐで素敵な言葉の数々、心してお読みください。ベイビーレイズJAPAN / THE BRJ'【収録曲】1. 何度でも2. くびったけエンジョイサマー! 3. スパイラル 4. アンチヒーロー 5. 僕らはここにいる【配信形態】WAV / FLAC / ALAC 【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,234円(税込)アルバム購入者から抽選で3名にメンバー全員サイン入り色紙プレゼント!【応募方法】こちら''からプレゼントの応募を選択し、・購入した際のOTOTOYに登録してあるメールアドレス、もしくはOTOTOYに登録のTwitterアカウント名・購入時のキュー番号・お名前・ご住所・連絡先・ご意見、ご感想をご記入の上お申し込みください。※締切 : 2017年9月30日(土)23時5
すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信
[CLOSEUP]・2017年09月20日・すべてにフラットに向き合った1stアルバム──オルタナ界の新星、CHIIO『toc toc』を先行配信 男女混成4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、CHIIOが、初の全国流通盤として〈3P3B〉より1stアルバム『toc toc』をリリースした。曲にひろがりと深みをもたせるメンバー全員でのコーラスと、オルタナ、シューゲイザー、そしてUSインディ・シーンをも取り入れる幅広い音楽性を独自のポップ・センスで昇華した楽曲が魅力の彼ら。このたびOTOTOYでは新作『toc toc』の1週間配信の開始とともに、フロントマンである中村太勇(Tao Nakamura)へのインタヴューを掲載。バンドの成り立ちや楽曲へのこだわりを訊いた。 1stアルバムを1週間先行配信開始! CHIIO / toc toc'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,994円(税込)【収録曲】''1. 077342. who3. safari4. march5. chapter 26. pupils7. hibi8. child9. blue10
by ?
“スロウタッチ”と標榜された音楽──STEPHENSMITHの1stアルバムをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月20日・“スロウタッチ”と標榜された音楽──STEPHENSMITHのメロウ&グルーヴィーな佇まい 2014、15年〈りんご音楽祭〉への出演や、2016年の福岡県開催〈CIRCLE〉にニューカマー枠として初の出演を果たすなど、いまじわじわと人気を博しつつある3ピース・バンド、STEPHENSMITH(スティーヴン・スミス)。インディR&Bやファンク、ソウルなどの要素からヒップホップなど、さまざまな音楽を吸収しつくりあげられた、スロウでメロウな雰囲気を醸し出す。昨年10月19日にリリースした1stアルバム『sexperiment』をこのたびOTOTOYでハイレゾ配信が開始。こちらの配信開始を記念してメンバー3人にインタヴューを行った。 1stアルバムのハイレゾ配信が開始! STEPHENSMITH / sexperiment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 350円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】1. D.S.D.2. 微温湯の雨3. イエロータウン4. 夜釣5. 無題6. スロウタッチ7. 皺寄せ INTE
【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」
[EMPIRE]・2017年09月19日・【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! 2017年4月2日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催された〈WACK EXHiBiTiON〉にて、エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクトとして突如発表された「Project aW」。3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されたWACK合宿オーディションに参加した2名が合格、追加オーディションを経て3名が合格を果たした。驚いたことに、BiSHを手がけているチームがEMPiREも手がけるという。 そんな万全の体制が整った状態でお披露目のステージに立ったものの、顔を覆った衣装に身を包み、発信方法は未だTwitterのみ、まだまだベールに包まれている彼女たち。果たしてどのようなグループになるのか? 楽曲は? なんでその衣装なの? そんな最初の疑問に対するヒントを探るべく、WACK代表の渡辺淳之介と、avexより篠崎純也、
by 西澤 裕郎
FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!
・2017年09月15日・バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信 オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか? FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)'【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲:25
by 渡辺 裕也
ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月14日・ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始 フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』が待望の配信スタート。さらに、OTOTOYではアルバム購入でボーナス・トラック「レガエ」がダウンロード可能!! 同作の配信を記念し、ヴォーカルのキイチビールにインタヴューを敢行。バンドの結成から楽曲制作の裏側についてまで、メディア初となるロング・インタヴューを掲載する。 現在絶版中の1st EPがボーナストラック付きで配信スタートキイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 900円(税込) 【収録曲】1. キイチビールのテーマ2. ホーリーティッツ
by 西澤 裕郎
暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月13日・暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信 透明な歌声と、ループステーションを巧みに用いたコーラス・ワーク、そして様々な情景が浮かぶ楽曲が魅力のシンガー・ソングライター、Nozomi Nobody。昨年アレンジ、演奏、録音、ミックスまでを自身で手がけ、細部までこだわり抜いたセルフ・プロデュース作品『We Are Always a Bit Lonely』をつくりだした。全国流通盤としては第2弾のリリースとなる今作は、レコーディング、ミックスにGEZANや柴田聡子を手がける君島結が、そしてマスタリングにU2やザ・ローリングストーンズなどを手がけるピート・マーハーが参加。前作よりもアレンジ面での幅が広がり、彼女の歌声がより際立って耳に入ってくるように思う。OTOTOYでは本作『Everything Goes Back to You』のハイレゾ配信をスタートするとともに1ヶ月の期間限定で全曲フル視聴を実施。ぜひ楽曲を聴きながらテキストをおたのしみください。 新作をハイレゾ配信&期間限定全曲フル視聴 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44
by 鈴木 雄希
JYOCHO、2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』配信開始&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年09月13日・今作がJYOCHOとしての始まりーーテクニックと情緒が共存する、日本初世界レベルの2ndミニALに迫る ”だいじろー”こと中川大二朗によるプロジェクト、JYOCHO(読み : じょうちょ)が、2ndミニ・アルバム『碧い家で僕ら暮らす』をリリース。プログレッシヴ~マスロック~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した充実作。メンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、フルートにはち(JWE)、そして新たなボーカルとして猫田ねたこを迎えて完成させた本作について、だいじろーにロング・インタヴューで迫った。 世界へ飛び出す2ndミニ・アルバムを配信開始JYOCHO / 碧い家で僕ら暮らす'【Track List】1. Lucky Mother2. 碧い家3. hills4. tree,stone5. ほんとうのかたち6. 三つに分けること7. グラスの底は、夜 【配信形態 / 価格】''WAV / ALAC / FLAC /
by 西澤 裕郎
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事