サニーデイ・サービス、2年ぶりのシングルは極上のサマー・チューン!!

再結成から6年、独自のペースで活動を続けるサニーデイ・サービスが、2年ぶりの新作『アビーロードごっこ』を発表した。2012年夏に2作連続でリリースされた『夏は行ってしまった』『One Day』に続く、再結成後3作目のシングルとなる本作。ロウなガレージ・サウンドで颯爽と駆けていくタイトル曲、そして暑さがもたらす目眩をゆったりとしたリズムで表現したようなカップリングは、どちらも夏の情景や心象を見事に切り取ったナンバーだ。サニーデイ・サービスが贈るこの夏必聴の2曲、ぜひレヴューとともに耳を傾けてほしい。

サニーデイ・サービス / アビーロードごっこ

【配信形態 / 価格】
ALAC / FLAC / WAV : 450円(単曲は各249円)
mp3 : 400円(単曲は各199円)

【収録曲】
01. アビーロードごっこ
02. サンバ

熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」

「痛ましくも輝かしい、我が少年時代に捧ぐ」

というのは、映画監督の大林宣彦が自身の故郷、尾道を舞台に撮影した青春映画「さびしんぼう」の冒頭で流れる言葉。再結成後にサニーデイ・サービスを聴くとき、私はこの言葉を思い出す。ただし、少し単語をもじって。

「痛ましくも輝かしい、彼、彼女らの青年時代に捧ぐ」

2000年代後半から最近に至るまで、バンド再結成ブームが続いている。再び集まった彼らの演奏は、安定感が増していたり、得も言えぬ渋みが出ていたり、はたまた「長い間、楽器触ってなかったのかな…」と思うこともたまにあったり、いずれにせよ「離れていた時間」を感じさせる。実際離れていたのだから当然のことのように思えるが、不思議と6年前のサニーデイ・サービスの再結成にはそれを感じなかった。止めていた時計の針をまた動かし出した。ただそれだけのことという風に、かつての曲は懐メロにもなっていなければ、新曲に劇的な変化も冒険もない。それは今回リリースされた新譜『アビーロードごっこ』にも同じことが言える。

表題曲「アビーロードごっこ」は、駆け抜け去っていく夏の背中を追うような、爽やかな疾走感が印象的。一方カップリングの「サンバ」はもっとまどろみの中にある、夏の暑さに目眩を起こしたようなサイケデリアを感じさせる曲だ。曲調は違えど、両曲ともに季節の中に描かれたラヴ・ソング。相変わらず彼らの曲の中にいる男女は歳を取ることなく、いつまでも何度でも恋に落ちる。その熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」であり、解散後の10年のブランクを感じさせなかった理由なのだろう。


2年前に発表されたシングル「夏は行ってしまった」

解散後のソロ活動では、生活の変化も、新たに受けた影響も、次々と作品に昇華してきた曽我部恵一だが、サニーデイの再結成後のインタヴューではこう語っている。「もう1回青春をやんなきゃいけない。サニーデイはそういうバンドだったんだ」。彼らはこのバンドの中では、再結成後の新曲であろうと「若者たち」に戻る。それは本作を聴くことでも感じられる。その作品の中にいる男も、女も、「若者たち」のまま。となると、もう1人の登場人物、リスナーは?

90年代にリアルタイムで彼らを追っていた人はすんなり当時の「若者たち」に戻れるかもしれないし、いつまでも相変わらずな彼らの音楽を聴くことで自分の変化に気づくかもしれない。では今まさに10代後半〜20代前半の青年期にある若者にとっては、やはり新鮮に響くのだろうか。それだけではないんじゃないだろうかと、私は期待も込めて思う。彼らは90年代のリスナーとは、時代も違えばとりまく環境も大きく違う。それでも、季節は同じように巡るし、青年期に感じる心の揺れやその因果なんてものは、時代は変われど20年前も今も概ねそんなに変わりはしないだろう。そういった不変のものを、ともに心を揺らしながら、微妙に変わったり戻ったりしながら、描き続けるサニーデイ・サービス。この音楽を世代を超えて共有することで、私も経験してきたあの「痛ましくも輝かしい時代」が今も存在していることを、確認しつづけていきたい。

(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

曽我部恵一 / まぶしい

前作『超越的漫画』から4ヶ月でリリースされた曽我部恵一の2014年作。バンド、弾き語り、アカペラ、ラップ、そしてポエトリー…。かつてないほど幅広いアプローチにより、「歌うこととは何か」、「表現することととは何か」に向き合った意欲作。これまでになくダークな楽曲が並ぶが、その中にも滲み出る優しさや寂しさは、曽我部恵一にしか表現できない感情に違いない。全23曲、計67分という超大作。

Hi,how are you? / さまぁ〜ぎふと

ギターと鍵盤だけの、どこまでもシンプルでひたすらにポップなサウンド、そして絶妙な抜け感と秀逸なサンプリング・センス。そんなスタイルで人気を博す京都の2人組、Hi,how are you?の2ndアルバム。VIDEOTAPEMUSICとの7inch限定スプリット・シングル『熱海へ行くつもりじゃなかった』で話題を呼んだ「熱海」をはじめ、夏を彩る全11曲を収録する。OTOTOY限定のボーナストラックとして、クレイジーケンバンド「せぷてんばぁ」のカヴァーが付属。

森は生きている / 森は生きている

まさしく10年に1度の逸材と言える若き純音楽楽団、森は生きている。デモCD-Rが軒並みソールド・アウトするなど、デビュー前から異例の注目を集めていた彼らの1stアルバム。これからの邦楽インディ・シーンを牽引する、処女作にして堂々の"マスターピース"が誕生。

>>特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

〈コヤブソニック 2014〉
2014年9月15日(土) @インテックス大阪 5号館
詳細 : http://www.koyabusonic.com/

PROFILE

サニーデイ・サービス
曽我部恵一(Vo, Gt)、田中貴(Ba)、丸山晴茂(Dr)からなるロック・バンド。1995年、『若者たち』でアルバム・デビュー。以来、「街」という地平を舞台に、そこに佇む恋人たちや若者たちの物語を透明なメロディで鮮やかに描き出してきた。その唯一無二の存在感で多くのリスナーを魅了し、90年代を代表するバンドの1つとして、今なお、リスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、2000年に惜しまれつつも解散。2008年7月、奇跡の再結成を遂げ、以来、〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に出演するなど、ライヴを中心に活動を再開。そして、10年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム『本日は晴天なり』を、2010年4月21日にリリース。その後おこなわれた再結成後初のワンマン・ツアーは大盛況で幕を閉じた。2012年8月8日に2年ぶりのワンマン・ライヴを開催し、同タイミングでシングル作品を2ヶ月連続でリリース。かつてのようにマイペースながらも精力的な活動を展開している。2014年8月、2年ぶりとなるシングル『アビーロードごっこ』をリリース。

>>サニーデイ・サービス OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事