サニーデイ・サービス、2年ぶりのシングルは極上のサマー・チューン!!

再結成から6年、独自のペースで活動を続けるサニーデイ・サービスが、2年ぶりの新作『アビーロードごっこ』を発表した。2012年夏に2作連続でリリースされた『夏は行ってしまった』『One Day』に続く、再結成後3作目のシングルとなる本作。ロウなガレージ・サウンドで颯爽と駆けていくタイトル曲、そして暑さがもたらす目眩をゆったりとしたリズムで表現したようなカップリングは、どちらも夏の情景や心象を見事に切り取ったナンバーだ。サニーデイ・サービスが贈るこの夏必聴の2曲、ぜひレヴューとともに耳を傾けてほしい。

サニーデイ・サービス / アビーロードごっこ

【配信形態 / 価格】
ALAC / FLAC / WAV : 450円(単曲は各249円)
mp3 : 400円(単曲は各199円)

【収録曲】
01. アビーロードごっこ
02. サンバ

熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」

「痛ましくも輝かしい、我が少年時代に捧ぐ」

というのは、映画監督の大林宣彦が自身の故郷、尾道を舞台に撮影した青春映画「さびしんぼう」の冒頭で流れる言葉。再結成後にサニーデイ・サービスを聴くとき、私はこの言葉を思い出す。ただし、少し単語をもじって。

「痛ましくも輝かしい、彼、彼女らの青年時代に捧ぐ」

2000年代後半から最近に至るまで、バンド再結成ブームが続いている。再び集まった彼らの演奏は、安定感が増していたり、得も言えぬ渋みが出ていたり、はたまた「長い間、楽器触ってなかったのかな…」と思うこともたまにあったり、いずれにせよ「離れていた時間」を感じさせる。実際離れていたのだから当然のことのように思えるが、不思議と6年前のサニーデイ・サービスの再結成にはそれを感じなかった。止めていた時計の針をまた動かし出した。ただそれだけのことという風に、かつての曲は懐メロにもなっていなければ、新曲に劇的な変化も冒険もない。それは今回リリースされた新譜『アビーロードごっこ』にも同じことが言える。

表題曲「アビーロードごっこ」は、駆け抜け去っていく夏の背中を追うような、爽やかな疾走感が印象的。一方カップリングの「サンバ」はもっとまどろみの中にある、夏の暑さに目眩を起こしたようなサイケデリアを感じさせる曲だ。曲調は違えど、両曲ともに季節の中に描かれたラヴ・ソング。相変わらず彼らの曲の中にいる男女は歳を取ることなく、いつまでも何度でも恋に落ちる。その熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」であり、解散後の10年のブランクを感じさせなかった理由なのだろう。


2年前に発表されたシングル「夏は行ってしまった」

解散後のソロ活動では、生活の変化も、新たに受けた影響も、次々と作品に昇華してきた曽我部恵一だが、サニーデイの再結成後のインタヴューではこう語っている。「もう1回青春をやんなきゃいけない。サニーデイはそういうバンドだったんだ」。彼らはこのバンドの中では、再結成後の新曲であろうと「若者たち」に戻る。それは本作を聴くことでも感じられる。その作品の中にいる男も、女も、「若者たち」のまま。となると、もう1人の登場人物、リスナーは?

90年代にリアルタイムで彼らを追っていた人はすんなり当時の「若者たち」に戻れるかもしれないし、いつまでも相変わらずな彼らの音楽を聴くことで自分の変化に気づくかもしれない。では今まさに10代後半〜20代前半の青年期にある若者にとっては、やはり新鮮に響くのだろうか。それだけではないんじゃないだろうかと、私は期待も込めて思う。彼らは90年代のリスナーとは、時代も違えばとりまく環境も大きく違う。それでも、季節は同じように巡るし、青年期に感じる心の揺れやその因果なんてものは、時代は変われど20年前も今も概ねそんなに変わりはしないだろう。そういった不変のものを、ともに心を揺らしながら、微妙に変わったり戻ったりしながら、描き続けるサニーデイ・サービス。この音楽を世代を超えて共有することで、私も経験してきたあの「痛ましくも輝かしい時代」が今も存在していることを、確認しつづけていきたい。

(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

曽我部恵一 / まぶしい

前作『超越的漫画』から4ヶ月でリリースされた曽我部恵一の2014年作。バンド、弾き語り、アカペラ、ラップ、そしてポエトリー…。かつてないほど幅広いアプローチにより、「歌うこととは何か」、「表現することととは何か」に向き合った意欲作。これまでになくダークな楽曲が並ぶが、その中にも滲み出る優しさや寂しさは、曽我部恵一にしか表現できない感情に違いない。全23曲、計67分という超大作。

Hi,how are you? / さまぁ〜ぎふと

ギターと鍵盤だけの、どこまでもシンプルでひたすらにポップなサウンド、そして絶妙な抜け感と秀逸なサンプリング・センス。そんなスタイルで人気を博す京都の2人組、Hi,how are you?の2ndアルバム。VIDEOTAPEMUSICとの7inch限定スプリット・シングル『熱海へ行くつもりじゃなかった』で話題を呼んだ「熱海」をはじめ、夏を彩る全11曲を収録する。OTOTOY限定のボーナストラックとして、クレイジーケンバンド「せぷてんばぁ」のカヴァーが付属。

森は生きている / 森は生きている

まさしく10年に1度の逸材と言える若き純音楽楽団、森は生きている。デモCD-Rが軒並みソールド・アウトするなど、デビュー前から異例の注目を集めていた彼らの1stアルバム。これからの邦楽インディ・シーンを牽引する、処女作にして堂々の"マスターピース"が誕生。

>>特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

〈コヤブソニック 2014〉
2014年9月15日(土) @インテックス大阪 5号館
詳細 : http://www.koyabusonic.com/

PROFILE

サニーデイ・サービス
曽我部恵一(Vo, Gt)、田中貴(Ba)、丸山晴茂(Dr)からなるロック・バンド。1995年、『若者たち』でアルバム・デビュー。以来、「街」という地平を舞台に、そこに佇む恋人たちや若者たちの物語を透明なメロディで鮮やかに描き出してきた。その唯一無二の存在感で多くのリスナーを魅了し、90年代を代表するバンドの1つとして、今なお、リスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、2000年に惜しまれつつも解散。2008年7月、奇跡の再結成を遂げ、以来、〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に出演するなど、ライヴを中心に活動を再開。そして、10年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム『本日は晴天なり』を、2010年4月21日にリリース。その後おこなわれた再結成後初のワンマン・ツアーは大盛況で幕を閉じた。2012年8月8日に2年ぶりのワンマン・ライヴを開催し、同タイミングでシングル作品を2ヶ月連続でリリース。かつてのようにマイペースながらも精力的な活動を展開している。2014年8月、2年ぶりとなるシングル『アビーロードごっこ』をリリース。

>>サニーデイ・サービス OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースした。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイの新シングル! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事