中期THE BEATLESを再現するユニットが誕生!

世界を変えた伝説のロック・バンドと1文字違い(英字では2文字違い)の名を持つ彼らは、中期THE BEATLESを再現すべく結成されたユニット。結成の発端となる出来事が起こったのは2011年11月。巨大掲示板ウェブ・サイト「2ちゃんねる」で流れた「THE BEATLESの未発表アルバム『RED』がリリースされるらしい」というデマに踊らされ、末に落胆したミュージシャン3人が「ないのであれば作ってしまえ」と集まり完成させたのが本作『RED』。今作を聴いてTHE BEATLESを懐古するもよし、THE BEATLESの現代的な解釈として受け取るもよし。オリジナルへの深い愛に裏打ちされた完成度の高いオマージュ作をお楽しみください。

the Bootles / RED

【価格】
MP3 : 150円 / 1000円
WAV : 200円 / 1200円

【Track List】
1. Heroin Baby / 2. Bloody Mary / 3. Kick in,Court / 4. Surfin United Kingdom / 5. Queen Of Night / 6. At All In The John / 7. Always / 8. King's Lover Mikkel


THE BEATLESもまた、彼らを真似することはできないだろう

妙な話だが、このthe Bootles『RED』は発表される前から、いや、もっと正確に言えば楽曲が制作される前から某ウェブ・サイトに解説が掲載されていた。『RED』“公式”ウェブ・サイトを先に見てみてほしい。(http://vipper.lv9.org/jp/)

そこには2012年1月11日に発表される予定だったTHE BEATLESの未発表アルバム『RED』のリリース情報が掲載されている。無論、そんなものが本当に発売されていたらもっと大騒ぎになっているはずだ。そう、このウェブ・サイトはよくできたただのフェイク。そしてTHE BEATLES『RED』も大型掲示板サイト「2ちゃんねる」で流されたまったくのガセネタだ。それが起こったのが2011年11月、多くの音楽ファンがこのニュースに胸を熱くした。それだけが真実。だってもしもこれが本当だったなら、もはや世界で共通認識となった既成概念“ロック”が、また覆されたのかもしれないのだから。

しかしこの多くの人を落胆させた愉快犯、どうも嫌いになれそうもない。この嘘にはファン同等、もしくはそれ以上の愛を感じるからだ。偽ウェブ・サイトで、偽ポールは『RED』のタイトルの由来についてこう語る。「ある日スタジオのキッチンで蛇口をひねったら、赤く染まった水が出てきた。真っ赤な水だ! びっくりして皆を呼びつけた。するとジョンが天を仰いだ。『恵みのワインだ!』手の込んだイカれた遊びさ」「でもあの『色』がずっと頭に残っていたんだ。みんなも同じだった。結局これがアルバムのタイトルになった。当時の僕らを主張するにはピッタリな色だ。他にも何か理由があったかな。思い出せない」冷静に考えれば、本物のTHE BEATLESのウェブ・サイトにしてはあまりにもチープな出来だ。でも、こんな嘘なら騙されてもいい。そう思った人が多かったから、Yahoo!ニュースで取り上げられるほどにこのデマが拡散していってしまったのではないだろうか。

さて、そろそろthe Bootlesの話をしよう。このデマに踊らされた末に落胆した3人のミュージシャンが「ないのであれば作ってしまえ」と言って完成させたのが本作『RED』。曲名も偽サイトに記された収録曲と同じだ(「Penny Lane」と「Strawberry Fields Forever」は除く)。各曲解説“シタールとギターが絶妙に絡むジョージの『Heroin Baby』”“バロック風のハープシコードと美しいストリングスが奏でるポールの『Bloody Mary』”にも忠実に作られている。仕様も偽サイトの情報のまま。録音も当時の機材を使用。しかしこの音源で驚くべき点は何よりそのクオリティーだ。しかし中の人間のことを知れば、そこにも深く納得がいく。

ボーカル、ギター、ベース、シタールを担当した大島輝之は大谷能生や植村昌弘が参加するトリオ・バンド、simのリーダー。2011年、相対性理論のやくしまるえつこの声を極限まで分解したソロ作をリリースし話題を呼んだ。そしてボーカル、ギター、ベースを務める中村公輔はNeinaや繭といったエレクトロニカ・ユニットでデビュー後、Kangaroo Paw名義でソロ作を発表し、レコーディング・エンジニア、アレンジャーとして多くの作品に携わっているミュージシャン。また、ボーカルと全曲の作詞を務めたTamuraryoは昨年デビュー作『17th reprise』をリリースしたシンガー・ソングライター。ノイズを敷き詰めたトラックに乗る甘い声が印象的な作品だ。そんな日本の音楽シーンを牽引するミュージシャン3人が、「あの4人がこの時期に音楽を作っていたらどんな風になっていたのか」を研究・想像し、自分達なりに噛み砕き、吐き出した音が本作『RED』。「THE BEATLES完全再現ユニット」と銘打たれているが、相手はロック/ポップスの概念をデビューから解散までの7年間で何度も覆し、世界で最も成功したグループ・アーティストとしてギネス・ブックに記録されているほどのスーパー・スター。彼らだけが持ち得た才能、感覚、4人合わさった時に出るグルーヴとサウンドまでもを真似することは到底できまい。しかし本作で特筆すべきは、THE BEATLESもまた、the Bootlesを真似することは出来ないであろうことだ。1960年代にリヴァプールで起こり世界に拡散した音楽を、2010年代の日本人が解釈する。海を渡り、時代を渡り、発信される本人たちには届かないかもしれないアンサー・ソングたち。オリジナルへの深い愛と敬意がなければ成立しえない作品、そして物語だ。

奇跡的な出会いを経て結成されたTHE BEATLESだが、『Abby Road(1969)』制作時にはバンドの解散を意識していたという。様々な音楽性を網羅したこの名盤はそれだけに各々の方向性の決別を示唆していたのかもしれない。一方、the Bootlesは3人のソロ・ミュージシャンが集まって結成されたユニットだ。気になるのは、the Bootlesがこの先続くのか否かである。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

Howler / America Give Up

米ミネソタ州、ミネアポリス出身の5ピース・ティーンエイジ・ロックバンド、Howler。60年代アメリカンロックと80年代パンクの影響を受けるロック・サウンドにポテンシャルを感じたジェフ・トラヴィス(The StrokesやThe Libertinesなど、良質なロック・バンドを輩出してきた老舗レーベル、ラフ・トレードのレーベル・オーナー)が即契約。満を持してデビュー・アルバムをリリース!

Thurston Moore / Demolished Thoughts

ソニック・ユースのフロントマンとしてUSロック・シーンを牽引し続けるサーストン・ムーアが、盟友ベックをプロデューサーに迎えスタジオ・アルバムとしては約4年振りとなる3rdアルバム『Demolished Thoughts』をリリース。サーストン版『シー・チェンジ』とも言えるロック史に残る大傑作アルバムが誕生!

Apartment / Apartopology

トクマルシューゴ、ケヴィン・バーンズ(オブモントリオール)らが唖然とした珠玉の才能、オーファイ王子アパートメント待望のニュー・アルバム。主に60年代後半を中心としながら、様々な時代の音が次々とカット・アップされて飛び出してくる様はまるでパラレル・ワールド。

the Bootles PROFILE

<member>
中村公輔
大島輝之
Tamuraryo

2011年11月半ば、Beatlesの未発表音源が発売されるという噂が、Twitterを中心に駆け巡った。アルバム・タイトルは『red』。67年初頭、サージェントペパーズ制作直前に作られたが、歌詞の内容が不適切の為マスター・テープの没収となり、数十年の月日を経てこのたび陽の目を見ることになったというものだ。発売を告知するサイトが立ち上げられ、ポールやリンゴ、ジョージマーティンのインタビューや曲の雰囲気、使用楽器なども詳細に書き記されていた。ファンは期待に胸踊り、発売を心待ちにする書き込みがタイムラインを埋め尽くした頃、それはやってきた。釣りでした… 。これは2ch発信のデマで、THE BEATLESが未発表音源を出すことなど無いのだった。このやり場のない気持を一体どこへ持っていけばいいのか? そして、ここに期待に振り上げた拳を、下ろすすべを知らない3人の男たちがいた。Beatlesが未発表音源を出さないなら、自分たちで作ってしまえ! 彼らは偽サイトに記されている通りの仕様で、Beatlesを再現することを思い立ったのだった。

the Bootles official website
2ちゃんねる「THE BEATLESの未発表アルバムが発売か」

>>the Bootles『RED』についてつぶやこう!<<

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】思い出野郎Aチームがカクバリズムより2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年08月23日・フロアで踊って朝を迎える、『夜のすべて』の物語が誕生──思い出野郎Aチーム2ndアルバム配信開始! 2009年に結成された7人組ソウル・バンド、思い出野郎Aチームが2017年8月23日、〈カクバリズム〉移籍後、初となる2ndアルバム『夜のすべて』をリリース。世界各国の音楽から影響を受けたポップでメロウなリズムと、耳に残る個性的な歌声、それから音楽を愛する人すべてが心奪われてしまう歌詞の融合は、今作で最高潮を迎えた。先行7インチで発売された「ダンスに間に合う」や、“思い出野郎らしい”音楽愛が溢れた大名曲「Magic Number」も収録された今作。あなたの『夜のすべて』を歌った物語を、レヴューと共にお楽しみください。 カクバリズム移籍後初アルバム配信開始思い出野郎Aチーム / 夜のすべて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,057円(税込)【収録曲】''1. ダンスに間に合う2. アホな友達3. 夜のすべて4. 生活リズム5. 早退6. フラットなフロア7. Magic Number 8. 彼女のダンス9.
by ai
今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート
[CLOSEUP]・2017年08月18日・今年のフジロック、どうでした?ーー岡村詩野と渡辺裕也がふり返る〈フジロック 2017〉対談レポート 今年も新潟県の苗場スキー場にて多くの感動を生み、21回目の開催となった〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉。今年は久しぶりに天候も安定しないなかでの開催となった(2日目の雨は特にひどかった!)にもかかわらず、20年ぶりにエイフェックス・ツインが参加したり、小沢健二が初めてのフェスとして参加したり…… 国内外問わず豪華なメンツが揃い、素晴らしい空間をつくり上げた今年のフジロック。OTOTOYでは渡辺裕也と、岡村詩野による対談レポートで現地の状況をお届け。アツいステージをみせたあのアーティストたちの話はもちろん、“フジロック”の雰囲気やフェス自体の変化まで語ってくれています。あの7月の4日間に戻りたい…… と、まだフジロックの余韻にどっぷり使っている方から、今回は参加できなかったけど雰囲気だけでも感じたい! という方まで、ぜひこの対談をお楽しみください! レポート対談 : 岡村詩野 × 渡辺裕也写真 : 大橋祐希 FUJI ROCK FESTIVAL '17 2017年7月28日(金)、29日(土)
by 渡辺 裕也
《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入
[CLOSEUP]・2017年08月16日・《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第6弾音源「不満」を配信、そして今回は彼らのライヴに潜入。彼らのライヴ・レポートを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第6弾goodtimes / 不満 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 不満 LIVE REPORT : 人生の一部を彩るもので得られる感覚に似ていた 今まで楽曲配信を毎月行い、ついに今作で第6弾となったgoodtimes。今回はその新曲「不満」のリリースとともに、彼らの楽曲の振り幅の大きさを肌で体感すべく、ライヴ会場へ潜入した。体感0距離のライヴで、人間同士の心がぶつかり合う様子が伺えた。 goodtimes
by 宮尾茉実
愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事