SONG X JAZZのタイトルが配信開始!

新進気鋭のジャズ・レーベル、SONG X JAZZの音源を、OTOTOYから配信開始致します! まず第一弾アーティストとしてベルギーのピアニスト、エリック・レニーニの新作『THE VOX』を配信。その中から「I NEED YOU」をフリー・ダウンロード配信致します! 自身のバンドTHE AFRO JAZZ BEATを従え、ハーモニー(声)とビートに焦点をあてた傑作である。ピアニストとしてのみならず、編曲家、作曲家、プロデューサーとして変幻自在な活動でしられる才人のターニング・ポイントとなっているだけにじっくりと聞き込んでほしい。そしてさらに、SONG X JAZZが 今までにリリースしてきたタイトルを配信開始。その中から、松田美緒 + 沢田穣治 with ストリングスの『Canta Jobim』をDSD音源で配信! 「音楽はもっと自由になれる」がSONG X JAZZのテーマ。今後もその動向に目が離せない!

>>>THE VOXから「I NEED YOU」のフリー・ダウンロードはこちらから

SONG X JAZZがオトトイで始動!

ERIC LEGNINI & THE AFRO JAZZ BEAT / THE VOX

「Vox」の語にはふたつの意味がある。プロデューサーとして、つねに独特な声に魅せられてきたエリック・レニーニは、同時に、多彩なコネクションをもつピアニストでもある。20年以上におよぶ彼のキャリアは、音楽の世界の多面体の魅力を旅するものだった。


KURT ROSENWINKEL & OJM / OUR SECRET WORLD

ローゼンウィンケルは言う。このアルバムを聴きかえすたびに、一音一音のなかに共有された意図と旺盛な冒険心が漲っているのを感じることができる、と。「通常のビッグ・バンドは、必ずしもみんなが同じ気持ちで参加しているわけではない。

Mio Matsuda + Jyoji Sawada with Strings / Canta Jobim

「イパネマの娘」「波」「コルコヴァード」など、誰しもがどこかでそのメロディを耳にしたことがあるはずだ。さすらいの天才ボーカリスト・松田美緒と、ショーロ・クラブの活動でお馴染みのベーシスト・作曲家・編曲家、沢田穣治がふたりで「ジョビン」のアルバムをつくろうと考えたとき、彼らの頭にあったのは、「ジョビン=ボサノバ」という定式を大胆に踏み外すことだった。


CHOCOLATE GENIUS INCORPORATED / SWANSONGS

マンハッタンを遠く離れ、これまでのパートナーであったマーク・リボーでさえわずか1曲(Enough For / Of You)にしか参加していない本作で、トンプソンは、近年気脈を通じてきたパートナーたちと共演をしている。彼らのさながら重力から解放されたかのような演奏は、本作の意図を理想的なかたちで具現化している。


ジャズに残された可能性とは

現代を生きる音楽家が“雑食”な志向やルーツを持つのはごく自然なことだ。2011年の現在、例えば日本のミュージシャンがブラジル音楽やインド音楽を巧みに操縦して新たなサウンドを構築するのと同じように、ベルギー出身のイタリア系ピアニストが、アフロ・ビートともジャズともつかない「アフロ・ジャズ・ビート」を生み出したとしても、何ら不思議はないだろう。

エリック・レニーニは、1970年生まれのジャズ・ピアニストだ。(ブラッド・メルドーやブライアン・ブレイドと同年である。)デビュー当時はキース・ジャレットの系譜にカテゴライズされていたが、2005年のアルバム『Miss Soul』以降、「ファンキーなプレイ・スタイルに転向した」と評された。おそらく彼自身には“転向”したつもりなど一切ないだろう。彼が敬愛するフィニアス・ニューボーンJr.もビル・エヴァンスも、あるいはビョークさえも(レニーニは『Miss Soul』で「Joga」をカバーしている)、一様に彼の音楽的意欲を刺激するものであったというそれだけのことではないだろうか。
THE VOX』は、そんなレニーニの雑食性が象徴的に顕われたアルバムと言える。本作は、バンド名の「アフロ・ジャズ・ビート」が示す通り、アフロ・ビートが採り入れられたアルバムだ。メンバーはレギュラーのピアノ・トリオに加え、パーカッション、2本のギター、3人のブラス・セクションが参加した大編成だ。ギターの1人はアフロ・ビートの祖フェラ・クティを支えた盟友、キアラ・ンザヴォトゥンガその人である。レニーニ自身が「ハーモニーの部分ではジャズにとどまりながら、機能はアフロ・ビートなんだ」と語っているように、本作は単にリズムや所縁のメンバーを採用しただけではなく、アフロ・ビートの方法論そのものに着目したものと言える。聴き手を高揚させる“仕掛け”に用いられるのは、ジャズ的なインター・プレイというより、ループや対位法的なリフの重なりなどのアフロ・ビート的な手法だ。

また本作では、彼のリーダー・アルバムでははじめてVOX(=声)がフィーチャーされている。6曲で歌声を聴かせるのは、アフロ・アメリカンのシンガー、クリストル・ウォーレンだ。彼女の存在がサウンドにフォークやソウルの色彩を付加し、また楽曲の持つセンチメンタルさをいっそう加速させる。力強くも乾いた歌声は実に魅力的だ。ジャンルを横断した音楽が“フュージョン”や“クロスオーバー”と呼ばれていた時代、それらの音楽は言葉が持つ意味からも明らかなように、「異なるものを組み合わせること」に主眼が置かれていた。本作でレニーニの90年代以降のコンテンポラリー・ジャズを踏襲した知的で都会的なフレージングと、アフロ・ビートの土着的なリズム、ウォーレンの歌声は、なんの矛盾もなく混在している。「わざわざ何かを取り入れたり組み合わせなくとも、最初からいろいろなものが共存していて当然」と言わんばかりに堂々とだ。この無作為のマリアージュを包み込むのが、全体を通じて流れる “切なさ”だ。アップ・テンポなインストゥルメンタル曲のアグレッシブな演奏であっても、サウンドの節々からメランコリーが漂ってくる。このことは、どこかサウンドやプレイ・スタイルは全く異なるオマール・ソーサを想起させる。

ジャズにはいったいどのような可能性が残されているのか、あるいは今日に於いてジャズとはいったい何なのか? 2011年のいま、ジャズに携わる人間はおそらく誰もが日々この命題と対峙しているのではないだろうか。エリック・レニーニも、この思索を繰り返しながら音楽の旅と冒険を続ける1人であるはずだ。本作はその旅の途中で産み落とされたひとつの確かな回答である。そして本作を我々に届けてくれたSONG X JAZZというレーベルもまた、この飽くなき旅に一歩を踏み出した冒険者と言える。本作をはじめ、ビッグ・バンドの概念を再構築したカート・ローゼンウィンケルの『Our Secret World』や、松田美緒と沢田穣治によるあえてボサノヴァを完全に排したジョビン曲集『Canta Jobim』など、強い意思を持ったタイトルを次々とリリースするSONG X JAZZから、今後も目が離せない。

(Text by 酒井 匠)

RECOMMEND

菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール / LIVE at Liquid Room 2010.06.09 (HQD Ver.)

2010年6月9日、恵比寿Liquid Roomでおこわれた菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールのLIVEを完全収録し、24bit/48kHzの高音質音源(HQD)で独占配信! 菊地成孔曰く「完璧なバンド」と表現したこのバンドは今年で結成5周年を迎えた。その演奏は、繊細にしてドラマチック。弦楽器、ハープを要したオーケストラのコンダクトをとりながら、菊地成孔自らが奏でるむせび泣くようなSAXの音色は鳥肌もの。2時間以上にわたって繰り広げられ、高揚感に包まれたLIVEを丸ごと収録し、アンコール2曲も含め全14曲を余すことなくお届け! さらにアルバム・ダウンロードされた方には、菊地成孔のMCをプレゼント!! このアルバムを手にすれば、あの日、あの会場に居合わせた人も、そうでない人も、歴史的な公演がいつでも甦る超貴重音源です!!

UMEZU KAZUTOKI KIKI BAND / A Chrysalis' Dream~さなぎの夢

2009年春、北海道から北日本、関東を巡るジャパン・ツアーの締めくくりにスタジオ入りしたKIKI BANDが、そのハイ・テンションのまま、一気に録り上げた奇跡のレコーディング。どの音色を選び、どんなフレーズで、どんなグルーヴが必要とされているか、まるで自らがそれを知っているかのように、音楽が舞い降りるミラクル。異常なまでの演奏クオリティの高さと、それでいて無条件に踊れる、肉感的な魅力にあふれるアルバム。

NICK PRIDE & THE PIMPTONES / Midnight Feast Of Jazz

イギリス版ソイル&ピンプ・セッションズ?! な超イキのいいスパイ・ジャズ・セクステットが登場。ジャズ・ファンク、クラブ・ジャズの既成概念を吹き飛ばす新世代のジャズ・ヒーローがカッコつけて日本上陸。

エリック・レニーニとピアノ・トリオが来日する!

ERIC LEGNINI TRIO "THE VOX" LIVE 2011 at PIT INN SHINJUKU
2011/06/06、07@新宿ピットイン
出演 : エリック・レニーニ (ピアノ)、トマ・ブラメリー (ベース)、フランク・アギュロン (ドラムス)
チケット : 前売 3,500円+1drink / 当日 4,000円+1drink
詳しくはこちら

What's are SONG X JAZZ

新しいジャズ・レーベル「SONG X JAZZ」が始動しました。「ソングエクス・ジャズ」と読みます。「ジャズ」を謳ってはいますが、扱う音楽は通常「ジャズ」と呼ばれている音楽からは大きくはみ出しています。「未知の歌、未知のジャズ」をテーマに、国内外から厳選した音楽を、ジャンルにとらわれることなく届けたいと考えています。レーベルとして目指すべきお手本があるとすれば、アメリカのNONESUCH、フランスのNØ FØRMAT! 、あるいはドイツのECMといった、世界中の音楽ファンに愛されているレーベルでしょうか。自由で創意に富んだ音楽を長年にわたってサポートし続ける彼らの感性と勇気への敬意が、「SONG X JAZZ」を生んだといっても過言ではありません。今後、国内外のユニークなアーティストがリリースを控えています。音楽不況といわれるご時世ですが、音楽そのものが停滞しているわけでは決してありません。音楽はもっと面白く、もっと自由になれることを、「SONG X JAZZ」はレーベルというかたちで表現していきたいと考えています。
Song x jazz official HP

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸