色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信スタート!!

Yuji Ohno & Lupintic Six

「犬神家の一族」や「人間の証明」などの映画音楽やTV音楽、そしてみなさまご存知「ルパン3世」の音楽を手掛けてきた大野雄二が昨年始動させた新バンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixがデビュー作から1年という短いスパンで最新作をリリース。「ルパン三世のテーマ」、「愛のテーマ」をはじめとしたルパン・シリースの中でも人気の高い楽曲もニュー・アレンジにて収録。OTOTOYではもちろんハードボイルドでアッパーな今作をハイレゾにて配信中です。そして、アルバム購入者抽選で3名に大野雄二サイン入りステッカーをプレゼント! 詳細は記事内にて!



Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER

【Track List】
01. TORNADO 2017
02. RED ROSES FOR THE KILLER 2017
03. CRAZY IN LOVE feat.詩織
04. MIDNIGHT WHOOPIE
05. GOLDEN TIME feat.TIGER
06. BLUES FOR RED
07. BUONO!! BUONO!! (BUONISSIMO)
08. SUPER HERO 〜peace ver. feat.TIGER
09. 愛のテーマ 2017
10. ルパン三世のテーマ 〜peace ver. feat.詩織

【配信形態 / 価格】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
単曲購入 540円(税込) まとめ購入 3,000円(税込)


アルバムを購入した方3名に、大野雄二・サイン入りステッカーをプレゼント!!


応募方法は、こちらからプレゼントの応募を選択し、
・購入した際のOTOTOYに登録してあるメールアドレス、もしくはOTOTOYに登録のTwitterアカウント名
・お名前
をご記入の上お申し込みください。
※締切 : 2017年7月14日(金)23時59分まで
※OTOTOYへの登録はこちらから
※プレゼントの当選者さまにはメールにてご連絡させていただきます。

【REVIEW】サービス精神とミュージシャンシップが詰め込まれた大人の娯楽作


【Music Video】BUONO!! BUONO!! (BUONISSIMO)〜Short ver.〜/Yuji Ohno & Lupintic Six

“ルパン・イヤー”ともいえる2017年。モンキー・パンチの漫画「ルパン三世」の生誕50周年、そしてTVアニメ・シリーズ2で初登場した「ルパン三世のテーマ」の誕生40周年でもある。「テーマ」に限らず、大野雄二が生み出した「ルパン三世」音楽と作品との関係は、一種独特のものがあるといえるだろう。聴けば誰もがルパンや銭形警部らアニメ・キャラクターの姿を思い浮かべる所謂「アニソン」であると同時に、作品とは関係なく音楽として独立した楽しまれ方もしているからだ。2016年にYuji Ohno & Lupintic Sixが結成されて以降、精力的にライヴ活動と作品作りを行っていることで、ますますその世界は広がり続けている。

Yuji Ohno & Lupintic Sixのニュー・アルバム『RED ROSES FOR THE KILLER』はユーモアたっぷりなアートワークも含めファンキーだった前作『YEAH!! YEAH!! 』とはジャケットからして全くイメージの異なる作品だ。なにしろタイトルが『RED ROSES FOR THE KILLER』、日本語タイトルは「殺し屋に紅薔薇を」である。これがそのへんのロック・バンドのアルバム・タイトルだったらちょっと笑ってしまうくらいキメまくりな気がするが、名うてのプレイヤーが揃うYuji Ohno & Lupintic Sixが“バンド史上最強にハードボイルドな作品”と謳う今作にはピッタリ。大人も子どもも楽しませてくれるYuji Ohno & Lupintic Sixのアダルトな一面がクローズアップされた作品となっている。

大野雄二

そのタイトル曲「RED ROSES FOR THE KILLER 2017」は1978年の『ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック』に収められていたナンバーのリバイバル。市原康とミッチー長岡が作る柔らかくもタイトなリズムに思わず腰が疼く。中盤で切り込んでくる大野のエレクトリック・ピアノでの流麗なソロは、原曲との違いもあるので聴き比べてみるのも良いだろう。それにしても単純に思う。なんてカッコイイ曲なんだろう、と。セルフカバー曲のみならず、書き下ろし曲も収録されている。宮川純のオルガン、和泉聡志のワウ・ギターがクールでファンキーなバッキングを聴かせ、松島啓之のトランペット、鈴木央紹のテナー・サックスがクールなリードを取る「MIDNIGHT WHOOPIE」もその1つ。この曲は、随所で聴こえるセクシーな吐息もたまらない。子どもは聴いちゃダメ! というくらいの大人なナンバーだ。

今年3月に「introducing Fujikochans with Yuji Ohno & Friends」をリリースしたコーラス・グループFujikochansのメンバーTIGERと佐々木詩織も参加しており、オリジナルではゴダイゴのトミー・スナイダーが歌う「SUPER HERO」をTIGERが圧倒的な歌唱力で歌い上げたり、Fujikochansのアルバムで3声のハーモニーを披露した「ルパン三世のテーマ」を佐々木詩織がセクシーかつキュートな歌声で聴かせているのも聴きどころだ(それぞれ曲名の後ろに「〜peace ver.」と付けられている)。

ハードボイルドを謳っているとはいえ、決して突き放したりしないのがYuji Ohno & Lupintic Sixの良いところ。ライヴには欠かせない楽曲「BUONO!! BUONO!!」では各メンバーのソロが次々と飛び出して、ライヴさながらの熱気が伝わってくる。クールにハードボイルドにキメようと思っても、結局熱くなっちゃうんですね〜、みなさん! そんなリスナーへのサービス精神と、歴史ある人気曲に新たな息吹を吹き込もうという演奏者たちのミュージシャンシップが詰め込まれた大人の娯楽作『RED ROSES FOR THE KILLER』を夜更けにお酒でも飲みながらじっくり楽しんでほしい。(Text by 岡本貴之)

大野雄二 過去の特集記事

日本語ジャズって楽しい!
ルパン生みの親、大野雄二がコーラス・グループFujikochansをプロデュース
http://ototoy.jp/feature/20170315555

ルパンこそ大野雄二の歴史である
——Yuji Ohno & Lupintic Five初ベスト配信&ロング・インタヴュー
http://ototoy.jp/feature/201512160

須永辰緒に訊く、大野雄二によるルパン音楽の魅力
——『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』初ベスト&シリーズ初ハイレゾ配信
http://ototoy.jp/feature/20150826

ルパンがハイレゾでスウィングする!
大野雄二率いるLupintic Fiveによるルパン・ ジャズ最新作はまるでライヴ盤!
http://ototoy.jp/feature/2014121101

大野雄二 関連作品

Fujikochans / introducing Fujikochans with Yuji Ohno & Friends

Lupintic Sixではおなじみの女性コーラス・グループによる初のヴォーカル・アルバム。ルパン音楽はもちろん、オリジナル・ナンバーも多数収録。

Yuji Ohno & Lupintic Six / iYEAH!! YEAH!!(24bit/48kHz)

Yuji Ohno & Lupintic Six名義でのファースト・アルバム。新旧ルパンナンバーをファンキーに仕上げた全11曲を収録。

LIVE SCHEDULE

Yuji Ohno & Lupintic Six

2017年6月24日(土)@東京 八王子市芸術文化会館 いちょうホール
2017年7月6日(木)@北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
2017年7月7日(金)北海道 旭川市民文化会館
2017年7月8日(土)@北海道 北見市民会館
2017年8月3日(木)@大阪 ビルボード大阪
2017年8月27日(日)@福島 棚倉町文化センター(倉美館)
2017年8月30日(水)@東京 ビルボード東京
2017年8月31日(木)@愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
2017年9月9日(土)@埼玉 飯能市市民会館 大ホール
2017年10月22日(日)@東京 なかのZERO 大ホール

大野雄二トリオ【大野雄二(pf)、上村 信(Ba)、市原 康(Dr)】

2017年6月25日(日)東京 調布さくらんぼ
2017年6月30日(金)@東京 新宿J
2017年7月16日(日)神奈川 鎌倉ダフネ
2017年7月20日(木)@東京 御茶ノ水NARU
2017年7月27日(木)@東京 新宿J
2017年8月11日(金)@栃木 足利市民プラザ 文化ホール
2017年8月12日(土)@埼玉 響の森 桶川市民ホール
2017年9月30日(土)@群馬 前橋市民文化会館 小ホール

PROFILE

Yuji Ohno & Lupintic Six

「ルパン三世」音楽の生みの親・大野雄二が、新バンド「Yuji Ohno & Lupitnic Six」を2016年3月23日に結成した。
メンバーには、初代YOU & THE EXPLOSION BANDのメンバーであったDr : 市原康、Eb : ミッチー長岡が、前バンドからはTp : 松島啓之、Sax : 鈴木央紹、Gt : 和泉聡志が参加。
更に若手のH.Org : 宮川純が加わり、新たな編成でルパンサウンドをお届け!!

大野雄二 Official HP : http://www.vap.co.jp/ohno/index.html

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人