8人での新たな挑戦――アイドルネッサンス、新体制後初シングルをハイレゾ配信&南端まいなが熱く語る!

左から、宮本茉凜、原田珠々華、百岡古宵、石野理子、南端まいな、比嘉奈菜子、野本ゆめか、新井乃亜

アイドルネッサンスの進化がとまらない。新メンバー2名が追加されてから初のシングル『君の知らない物語』ハイレゾ配信を記念して、メンバーの南端まいなが昔から大好きだったという表題曲「君の知らない物語」への思いを熱く語ってもらった。

新メンバー追加後初シングル!

アイドルネッサンス / 君の知らない物語

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
アルバム価格 : 1,944円(税込) 単曲価格 : 324円(税込)
ファイル形式について
ハイレゾの再生方法
【収録曲】
01. 君の知らない物語/ 02.夏が来た! / 03.トラベラーズ・ハイ / 04. 君の知らない物語(Instrumental) / 05. 夏が来た!(Instrumental) / 06.トラベラーズ・ハイ(Instrumental)


南端まいな、「君の知らない物語」を熱く語る

2014年にデビューした「1950年代から2010年代までの名曲を、歌とダンスでパフォーマンスする“名曲ルネッサンス”にチャレンジする」アイドルグループ、アイドルネッサンス。今年の6月に新メンバー2名を加えた新体制で、7月26日に6thシングルをリリースする。そこでカヴァーするのは、「君の知らない物語」(supercell)、「トラベラーズ・ハイ」(スキマスイッチ)、「夏が来た!」(渡辺美里)という、それぞれ夏の時期にマッチした90's、00's、10'sの名曲たちだ。

そのリードトラックに選ばれた「君の知らない物語」は、2009年に放送されたアニメ『化物語』エンディングテーマとしても知られている。原曲は、2000年代終盤に巻き起こったヴォーカロイド・ブームのなかで、脚光を浴びていたネット発のクリエイターチーム・supercellのメジャー1stシングル。アニメとの相乗効果も受けて、10万枚以上のヒットを記録した00年代を代表するアニソンのひとつでもある。

それまで初音ミクを使った楽曲を発表してきたsupercellがボーカルにnagiを迎えてリリースしたこの楽曲は、ピアノを交えたバンド・サウンドに乗せて10代の少女が経験した恋の切なさや儚さをドラマチックに描き出している。感情をぶつけ、絞りだすような演奏やボーカルは、supercellの魅力がヴォーカロイドの人気だけによるものではないという証明でもあった。そして、力強く繊細な感情表現が求められるこの楽曲を、同世代のアイドルネッサンスとしてどのように受けとめ、どのように消化していったのか。「以前からこの曲が好きだった」という南端まいなに、思う存分に語ってもらった。

インタヴュー&文 : 高木伸秀

「シングルのメイン曲になります」と聞いたときは、泣くほど嬉しかったです

――アイドルネッサンスとしてカヴァーする前から「君の知らない物語」が好きだったそうですね。アニメ「化物語」を観て知ったんですか?

南端 : もともとお姉ちゃんが「化物語」のアニメを観ていて、一緒にカラオケに行ったとき「君の知らない物語」を歌っていたのが最初ですね。それで、まずメロディを好きになって、それから歌詞を調べて素敵だなあと思ってから何度も聴いていました。

――西尾維新の青春小説「化物語」から着想を得て作られた楽曲ということもあって、思春期の女の子の視点で歌詞が書かれています。とくに好きなフレーズなどはありますか?

南端 : たとえば「ああそうか 好きになるって こういう事なんだね」とか、歌詞のひとつひとつに感動していました。歌詞も歌いかたも、感情があふれてくるような曲で、それこそ泣きながら聴いていたこともありました(笑)。

――この曲を歌うと知ったときは、どんな気持ちでした?

南端 : 「次にカヴァーさせていただくかもしれない曲たちです」と連絡がきて、候補の曲名がたくさんあがっていたなかに「君の知らない物語」を発見して、「おおおー!!!」って(笑)。そのときは家にいたんですけど、ひとりで飛び跳ねてました。

――「この曲が歌いたい!」というアピールをしたりも…?

南端 : 「この曲知ってます! 本当に大好きなんです!」ってそのときすぐ伝えました(笑)。それからしばらくして、「君の知らない物語が次のシングルのメイン曲になります」と聞いたときは、泣くほど嬉しかったです。同時に、本家のsupercellさんやたくさんのカヴァーされているかたたちのなかに自分たちが歌ったものが入るということで、頑張らなければいけないなと思いました。

南端まいな

――自分が歌ったものがリリースされるとなるとプレッシャーも大きそうですよね。

南端 : すごくすごく練習したんですけど、なかなかうまくいかなくて。全員で集まったときに、ひとりずつ歌っていったんですね。そのとき、自分がsupercellさんの曲を聴いて「こう歌いたい」と思っていたようにできなかったり、キーが高くて声が出なかったりして、本当に悔しかったです。私は歌い出しを任せてもらっているのに、最初にお披露目したときはうまくできなくて落ち込みました。またいっぱいいっぱい練習して、次に披露したときはうまく歌えてすごく嬉しかったですね。

――キーも高いですし、しっかり気持ちをこめて歌いこなすのは難しい曲ですよね。

南端 : はい。この曲を知っていたスタッフさんと話していたときに「「君の知らない物語」って、知らない人にはとくに難しい曲だよね」という話題になって。実際、私がハモで一緒に歌う子も「音が急にあがったりさがったり、すごく微妙なラインを歌っていたりしていて難しい」と言っていました。自分のパートでも、どういうところで強く歌ったら良いのか、ここは感情を込めるけどこっちは感情を抑えて歌うとか、そういうことも考えないといけなくて。サビのハモりも、最後に向かって徐々に大きくなって最後は明るめにするというように気をつけています。自分がこの曲を聴いて思った気持ちを伝えていきたいので、聴いているかたがグッとくるような歌いかたができるようにいまも頑張って練習しています。

――なるほど。アイドルネッサンスの「君の知らない物語」でここを聴いてほしいというポイントはありますか?

南端 : 途中(Dメロ)の「どうしたい? 言ってごらん」から「真実は残酷だ」までのところで、急に世界が変わるような感じになるのがすごく素敵ですし、優しく語りかけるような歌いかたになっているのでそこを聴いてほしいですね。あと、いちばん最後のサビも8人全員のユニゾンでこれまでのアイドルネッサンスにはなかった歌になっていると思います。最初から最後まで全部とおして、自分たちで「ここはこういう気持ちで歌っていこう」と話し合って考えています。

――そういった表現の仕方は、ハイレゾの高音質だとわかりやすく聴けそうですね。「自分たちで話し合う」というのは、南端さんがアイデアを出したりしているんですか?

南端 : そうですね。もともと自分が好きで聴いていた曲なので、こだわってやっています。レコーディングや練習のときに教えてもらったこともあるんですけど、自分たちでも「ここはこうしたらいいんじゃない… かな?」とか、さりげなく言っていたりします(笑)。私がハモで歌うところは、主旋で歌う子に「私はこう歌うから、こんなふうにしていこうね」とか話したりもしますね。

――南端さんがリードしながら、スタッフの指示以上のものを表現しようとしているんですね。ライヴやイベントでは、歌いかたに気を配りながらダンスのパフォーマンスもしています。振りつけにはどういった印象を持ちましたか?

南端 : (Cメロの)「強がる私は臆病で」からのところの振り付けが、それまでやったことのないようなダンスで感情をすごく出すものになっているんですね。全身を使って気持ちを表現するのが初めてで、振りいれをしていただいているときにも「すごいね、この振り」ってみんなで話していました。表情だけで気持ちを出したりとか、歌いながら頑張らなきゃいけないので大変です。6月11日に8人になったばっかりなので、これまで6人で歌ってきた曲も新メンバーが入ってきたのでしっかり8人で揃えていかないといけないときですし。

――メンバーが2人増えた新体制で既存の曲も覚えなおさないといけないタイミングですもんね。よりによって難しい曲がきちゃったな、というような気持ちも…?

南端 : あります(笑)。でも、これまでの6人が持っていなかったものを持って入ってきてくれた2人なので。はじめて私たちが歌った新曲の音源を聴いたときも「やっぱりなにかこれまでと違うね」「パワーアップしたね」とみんなで話したりしていますし、8人になったことはすごく嬉しいです。

――変化を前向きに受け止めているんですね。

南端 : ダンスも歌も、これまでよりパワー・アップしたと思っていただけるように、しっかり揃えるところは揃えて、迫力も増していきたいと思っています。新曲の「君の知らない物語」と「トラベラーズ・ハイ」「夏が来た!」も8人で練習しながら、どんどんレベル・アップしていきたいです。

――最後に、まいなさんおなじみの例の言葉をつけて、メッセージをお願いします!

南端 : 私たちがこの曲を聴いて感じた気持ちをこめた、アイドルネッサンス流の「君の知らない物語」になっていると思います。ぜひ、ライヴにも足を運んでいただいて聴いていただきたいです。 …待ってるにゃあ♪

2016年3月掲載 ハイレゾ試聴会レポート

アルバムのリリース記念にファンクラブ会員限定でおこなわれたハイレゾ試聴会の模様をレポート。

特集ページはこちら

2015年5月掲載 メンバー×制作陣インタヴュー

オトトイでのハイレゾ配信を記念して、メンバー2人と制作陣2人の計4人を迎えインタヴューを実施。

特集ページはこちら

DISCOGRAPHY

アイドルネッサンス / 17才(24bit/48kHz)

「名曲ルネッサンス」の第1弾シングル。表題曲はBase Ball Bearの「17才」。カップリングに真心ブラザーズの「どかーん」。「17才」はアイドル楽曲大賞2014 インディーズ/地方アイドル部門で1位を獲得!

アイドルネッサンス / 太陽と心臓(24bit/48kHz)

「名曲ルネッサンス」の第2弾シングル。東京スカパラダイスオーケストラ「太陽と心臓」、村下孝蔵「初恋」のカヴァーの両A面。各所で話題を巻き起こした「17才」とは違った世界観の2曲をカップリング。

アイドルネッサンス / YOU(24bit/48kHz)

T-PaletteRecords第1弾シングル。1987年に発売された大江千里の「YOU」に加え、「恋する感覚」(Base Ball Bear)、「Good day Sunshine」(SAWA)、「ドカン行進曲(己編)」(THEイナズマ戦隊)を収録。

アイドルネッサンス / 夏の決心(32bit float/88.2kHz)

T-PaletteRecords第2弾シングル。『夏』がテーマのシングル発売決定表題曲はライブで人気の「夏の決心」。他、大滝詠一・真心ブラザーズのカヴァー曲収録。

アイドルネッサンス / アワー・ソングス(24bit/96kHz)

これまでのシングル曲に加え、ライヴで定番の曲などが収録されたファースト・アルバム。

LIVE INFORMATION

リリースイベント「新しい物語を一緒に始めるネッサンス!!」

2016年7月27日(水)@渋谷マルイ 屋上
2016年7月28日(木)@タワーレコード錦糸町店

徳井アイドルフェスティバル~其の参~

2016年7月29日(金)@TOKYO FM HALL

1stツアー「君の街まで訪ねるネッサンス!!」

2016年7月30日(土)@新宿BLAZE
2016年8月13日(土)@仙台darwin
2016年8月26日(金)@NAGOYA LIVE HALL M.I.D
2016年8月27日(土)@梅田シャングリラ

TBC夏まつり2016

2016年7月31日(日)@仙台市 勾当台公演市民広場 仙台WESTステージ

callme ✕ アイドルネッサンス スペシャルリリースイベント「君の知らないconfession」

2016年7月31日(日)@タワーレコード仙台パルコ店

TOKYO IDOL FESTIVAL 2016

2016年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)@お台場・青海周辺エリア

TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2016

2016年08月11日(木)@茨城県 国営ひたち海浜公園

ハイパーあいどるフェス

2016年08月14日(日)@大阪城野外音楽堂

さんみゅ~LIVE 2016 Monthly Series -LIVE PARADE- 純白歌合戦#3

2016年08月19日(金)@渋谷WWW

NEGi FES 2016

2016年08月20日(土)@所沢航空記念公園野外ステージ

SUMMER SONIC 2016

2016年08月21日(日)@QVCマリンフィールド&幕張メッセ

@JAM×ナタリー EXPO 2016

2016年09月24日(土)@幕張メッセ国際展示場9-11ホール

PROFILE

アイドルネッサンス

多くのアーティスト、俳優、お笑いタレントが所属するプロダクション、(株)ソニー・ミュージックアーティスツが2014年1月、40年目にして初めて立ち上げたアイドル・プロジェクト。2014年5月4日の「アイドルネッサンス候補生初ライヴ」を経て、正式メンバーが決定。プロジェクトネーム「アイドルネッサンス」を正式にグループ名として活動を開始。

アイドルネッサンス official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In