絢爛華麗にストリングスを操る乙女のドラマチック・ポップス——J-POP初のチェロ・ヴォーカリスト、分島花音の新作をハイレゾで

『ヴァンパイア騎士』や『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』など、多くのアニメ主題歌を担当し、日本国内はもちろん、海外でもスポットを浴びているシンガー・ソングライター、分島花音。彼女による、初のセルフ・プロデュースで作り上げたサード・アルバム『ツキナミ』(24bit/48kHz)の予約受付を開始! 3歳の頃からチェロを始め、クラシック音楽に触れ続けてきた彼女だけにしか描けない楽曲の魅力は、主題曲である「ツキナミ」を聴けば一目瞭然。また、『フェイト/エクストラ CCC』、『ストライク・ザ・ブラッド』といった話題のTVアニメやゲームのタイアップ曲が5曲も収録されており、聴き応えは抜群だ。2014年からリリースされてきたシングル曲たちは、圧倒的な人気を博し、これから先、日本の代表的なシンガー・ソングライターとして成長していくであろう彼女のニュー・アルバムは、アニメ・ファンでなくとも聴き逃せない。そんな分島花音の、伸び伸びと遠くまで届く歌声と弦楽器の迫力ある旋律を、ぜひハイレゾで体感あれ。

分島花音 / ツキナミ(24bit/48kHz) 予約受付中(3月11日発売)

【配信価格】(各税込)
WAV / ALAC / FLAC / AAC(24bit/48kHz) : 単曲 500円 まとめ購入 3,599円

>>ハイレゾとは?

【Track List】
01. killy killy JOKER / 02. ツキナミ / 03. さんすくみ / 04. チョコレート / 05. signal / 06. ファールプレーにくらり / 07. サクラメイキュウ / 08. 芸術家のかわいい想像たち / 09. ナイチンゲール / 10. world's end,girl's rondo / 11. モンスター・スター

INTERVIEW : 分島花音

生きることは戦うことによく例えられる。そして、チェロを弾くシンガー・ソングライター・分島花音は「selector infected WIXOSS」のオープニング・テーマ「killy killy JOKER」をはじめとして、いくつもの少女が戦うTVアニメやゲームの楽曲を手がけている。そのサウンドはクラシックをベースにした細やかなメロディやアレンジと激しいリズムで作品を彩っていた。しかし、彼女のサード・アルバム『ツキナミ』は戦いだけではない。生きる上での様々な場面をより広い音楽性で描いたアルバムだった。本作には戦うような曲と同時に、恋愛や仕事といった等身大の喜びや悩みを思い切り表現した曲もある。そして、それらはすべて生きる上で月並みでありつつ、ドラマチックでもあるということを強く感じさせてくれる。そんな曲たちが詰まった『ツキナミ』はどういう思いや考えで作られたものなのか。メール・インタヴューから知って欲しい。

インタヴュー&文 : 滝沢時朗

自分の中から生まれた楽曲、というのを表すために、身体の一部をアイコンにしています

——『ツキナミ』はサード・アルバムにして初のセルフ・プロデュース作品ですね。セルフ・プロデュースするにあたって、まずどういうことをしたいと思いましたか?

分島花音(以下、分島) : 作られた物語の世界を表現するような歌とともに、もっとリアルな、等身大に近い目線や気持ちを歌った曲も表現したいと思い、今回のアルバムではそういった自分の気持ちを歌った曲も多く収録しています。

——『ツキナミ』はとても印象的なアルバム・タイトルですね。タイトル曲の「ツキナミ」は、「月並みな幸せ」のために全力で生きることを歌っていると感じましたが、「ツキナミ」で表現していることがアルバム全体のテーマでもあるのでしょうか?

分島 : ツキナミは、ありきたりな、とか平凡な、という意味で使用されていますが、本来は「月毎に決められた事」という意味で使われたことを知って、毎月、毎日音楽と向き合って作っていって、表現して、切っても切り離せなくなっている自分と音楽の関係性を表すのにピッタリな言葉だな、と思って付けました。このアルバムには大きく分けて2種類の方法で生まれた音楽を収録していて、1つはアニメのテーマ・ソングなど、イメージや物語が先行している作品の楽曲を作る上で、調べたり、考えたりして、脳で作った楽曲。もう1つは日々の気持ちや衝動的、突発的に生まれた心で作った楽曲です。どちらも自分の中から生まれた楽曲、というのを表すために脳と心臓、身体の一部をアイコンにしています。脳にも心臓にも、漢字の一部に月がついているので『ツキナミ』のタイトルにぴったりだと思いました。表題曲の「ツキナミ」は、そんな中で自分と音楽との関係性をストレートに唄っている楽曲です。

——クラシック、ジャズ、ロック、テクノなど多彩なアレンジが聴けるアルバムですね。曲ごとにどのようにアレンジを決めていくのでしょうか? 千葉"naotyu-"直樹さんやsugarbeansさんとのやり取りなども含めて教えていただけますか。

分島 : もともと自分の中で小さいころからクラシックの地盤があって、ジャズやロック・テイストの楽曲も自分の好きな曲調だったので、この3つをアレンジの基盤にライヴをやってきました。今回のアルバムではそれが1度に収められています。ライヴ・アレンジはずっとシュガーさん(sugarbeans)にお願いしていたので、音源になる際には是非シュガーさんにアレンジをお願いしたいと思っていました。千葉さんは自分で作曲した楽曲をリリースしはじめた頃からアレンジに関わってくださっているので、期待以上に素敵に仕上げてくれるという意味で安心して依頼できる方です。


分島花音 - ツキナミ

アルバム「ツキナミ」全曲試聴

——また、そうしたアレンジのなかでも、やはり、チェロや他のストリングスは耳を惹きます。どの曲でも馴染むようにストリングスを入れていくことは難しいことのように思うのですが、工夫した点や苦労した点などありますでしょうか?

分島 : 私の場合、ストリングスはすごくロックやポップス向きな楽器だと思っています。クラシック楽器という印象が強いので難しいイメージをもたれるのかもしれませんが、繊細さも大胆さも、優雅さも儚さも、すごく様々な音色を表現できる万能な楽器なので、楽曲との兼ね合いに悩むことは特にありませんでした。

——今作では「チョコレート」のあたたかみのある感じから「芸術家のかわいい想像たち」のちょっと尖った感じまで幅広い歌い方をされていると思いました。歌うときに心がけていることなどありますか?

分島 : その曲になじむような歌い方は常に心がけています。

——アルバムでは「killy killy JOKER」、「ツキナミ」などの迫力のあるバンド・サウンドも聴き所のひとつになっていると思います。ライヴも重視していこうとされていますが、その影響なのでしょうか?

分島 : アルバムはアルバム、ライヴはライヴで考えています。アルバムはアルバムのよさが、ライヴはライヴならではの良さがあると思っているので、ライヴではあえてアレンジを変えたりなど、楽曲をいろんな角度から聞いてもらって楽しんでもらえるようにしています。

——『ツキナミ』に収録されている曲は、大きく分けて「killy killy JOKER」のように大きな運命の中で戦っているような曲と「さんすくみ」のように小さい日常を全身で感じるような曲があり、全体としてバランスを保っているように思いました。アルバムの収録曲や曲順はどのように決めていきましたか?

分島 : 1曲目はインパクトを持たせるために「killy killy JOKER」を、その次は表題の「ツキナミ」でこのアルバムのオープニングを固めて、以降小さな波を作るように配置していきました。

「自分のなりたかった、なれなかった全て」を音楽などで表現する

——「芸術家のかわいい想像たち」や「モンスター・スター」は分島さんと音楽の関係、もしくは分島さんと聴き手の方々の関係について歌っているのかなと想像してしまう歌詞だと思います。実際に個人的な心情を反映した歌詞なのでしょうか?

分島 : 「芸術家~」は自分の父がきっかけで作った楽曲です。父は芸術関係の仕事をしていたのですが、一度スランプというか、自分に納得のいかない時期を経験していて、私の周りにもそうやって芸術を生業にしている人や芸術を趣味にしている人が多いのですが、そうやってすごく尊敬できる才能や能力のある人が、苦悩してたり、やる気をなくしていたり、落ち込んでいたりするとき、はたから見てると、「才能あるのにもったいないな」って思ってしまって。今思えばすごく図々しい曲だなって思うんですが、これはつまずいた時の自分に喝を入れるような意味の歌でもあるんです。自分の表現や才能をちゃんと愛して信じてあげないと、生み出したものにも、それを届けた相手にも失礼なことなんだなって。「モンスタースター」は、ちょうど進路で悩んでいた時、シンガー・ソングライターになりたくて、音楽に片思いをして、でもやみくもに追い求めるだけでどうしたら夢がかなうのか分からなくて、そうやって暗中模索している中で、音楽は私の見た強大な光で、憧れのすべてだったんです。でも実際今こうして音楽を届けられる立場にいて、私のスターは音楽だけじゃなかったんだって気づいて、音楽を表現することで私を見つけてくれた、私の曲を愛してくれている全ての人が私の真っ暗だった世界を照らしてくれる“スター”なんだ、という感謝の気持ちを歌った曲です。

——分島さんはTwitterで「本日のBGM」として聞いている音楽をつぶやいていますが、アルバム制作時に聴いていた音楽に影響されたところはありますか?

分島 : 常にインプットするように意識しています。音楽だけじゃなくてファッションや、文化や、歴史や、トレンド、興味のあるものは芸術のラインを越えてもインプットしておくとひょんなところで繋がってアウトプットの際自分の表現の糧になってくれます。

——分島さんはMVの衣装やイラストなど、ビジュアル面にも重きを置いた表現をされていますね。ヴィジュアルのイメージは曲ができると同時に浮かんでくるのでしょうか?

分島 : 曲が上がってからイメージしていくことが多いです。

——また、衣装は色々な職業の制服をベースにしたものが多いですが、なぜでしょうか?

分島 : 「自分のなりたかった、なれなかった全て」を音楽などで表現することが好きなので職業に関係なく、物語の登場人物や、どこかの誰かになる、という変身願望です。

——『ツキナミ』は、収録曲中5曲がアニメ番組のオープニングかエンディング曲、ゲームの主題歌ですね。アニメという表現と分島さんの表現は、どういうところで相性がいいと思いますか?

分島 : なにかの物語を受けて歌詞を書いたり、物語を作ったりするのが好きなのでそういった創造世界の一部に携わることは面白いです。

——海外の日本を紹介するイベントによく出演されていますね。ご自身の表現はなぜ海外でも受け入れられていると思いますか?

分島 : デビュー・タイミングではゴシック・ロリータ・テイストのファッションや楽曲の世界観からクールジャパンに興味のある海外の方たちに注目していただき、また、デビュー・シングルもアニメのテーマ曲(アニメ「ヴァンパイヤ騎士」のEDテーマ曲)を担当していたということもあります。

※ヴァンパイア騎士は欧米で人気。

——音楽、ファッション、イラスト、国内、海外など全部含めて、今後はどのように活動していく予定ですか?

分島 : 表現したいことはまだまだ尽きないので、いろんなものに挑戦していきたいです。

RECOMMEND

やなぎなぎ / ポリオミノ(24bit/96kHz)

supercellのゲスト・ボーカルとして注目されていたnagiによる、ソロ・プロジェクト、やなぎなぎ。メジャー・ソロ・デビュー以来、数々のアニメ主題歌を担当し、ライヴやイベント出演も精力的にこなす彼女による、待望のセカンド・アルバム『ポリオミノ』をハイレゾで配信中。数多くのタイアップ曲も収録。

fripSide / infinite synthesis 2(24bit/96kHz)

TVアニメやゲームなど、数々の主題歌、劇中歌を担当しているflipsideの役2年ぶりのアルバム。八木沼悟志によるアグレッシブな電子音と、キレと伸びを併せ持った南條愛乃の歌声で、一度聴いたら忘れられないトランス / ユーロ・ビートを展開している。

>>特集ページはこちら

井口裕香 / Hafa Adai(24bit/48kHz)

声優としての確固たる実力と、魅力あふれるパーソナルで老若男女問わず絶大な支持を得ている井口裕香。歌手として、さまざまな方向性にアプローチをし、表現の幅広さを提示したなかリリースされた、待望のファースト・アルバム。収録曲「ポニーテール」、「キミのチカラ」では井口本人が作詞作曲に挑戦している。

>>特集ページはこちら

LIVE INFO

『ツキナミ』発売イベント
2015年2月25日(水)@アニメイト池袋店
OPEN 19:00 / START 19:30

2015年3月1日(日)@アニメイト大阪日本橋店
OPEN 12:30 / START 13:00

PROFILE

分島花音

3才からチェロを始めクラシックとともに育ち、作詞作曲も始める。2008年にデビューすると、その世界観から海外で注目を浴びる。アメリカやヨーロッパなど海外JAPANカルチャーコンベンションにも多数参加する。さらには、2011年にヨーロッパ10都市でのツアーを果たす。

2012年TVアニメ「アクセル・ワールド」第2期EDテーマ「ユナイト」作詞、ゆず「with you」、天野月「天の樹」、VAMPS「HALLOWEEN PARTY 2012」HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAとして参加するなど、様々なアーティストとコラボレーションする。また、自身の活動として、アニメ『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』EDテーマ、PSPゲーム『Fate/EXTRA CCC』主題歌を担当、「ファールプレーにくらり/サクラメイキュウ」を2012年11月リリース。

今後の活動が期待されるアーティストの一人である。

>> 分島花音 Official HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz