あなたの食欲を刺激する36曲、「孤独のグルメ Season 3」O.S.T.

主人公、井之頭五郎がふと立ち寄った店で大衆料理に舌鼓を打つ。そんな光景を淡々と描くスタイルで人気のTVドラマ「孤独のグルメ」。このドラマにおいて、その内容とともに話題を呼んだのが、視聴者の食欲を掻き立てる劇中音楽の数々だ。OTOTOYでは、昨年7月から9月にかけて放送された最新シリーズ「孤独のグルメ Season 3」のサウンドトラックを、CD発売に先駆けて5日間先行配信。原作マンガの作者である久住昌之が率いるバンド、THE SCREENTONES(スクリーントーンズ)によって奏でられたこのアルバム、ただのサントラと侮ることなかれ。ロシアン、フレンチ、アラビアンまで、世界中のあらゆる音楽をつまみ食いし、どこかエキゾチックな雰囲気を醸し出す全36曲は、あなたの食欲を刺激してくれること間違いなし。レヴューとともにお楽しみください。

どこよりも早い、OTOTOYだけの先行配信!!
THE SCREENTONES / 「孤独のグルメ Season 3」O.S.T.

【配信形態 / 価格】
MP3 / WAV まとめ購入(36曲) : 1,500円 (単曲購入は各150円)

【Track List】
01. Still Alone
02. 孤独のツンドラ
03. 小腹が空いた
04. 買い食い
05. 甘い誘惑
06. 野毛のジャズパパ
07. ペコちゃんブルース
08. 街の裏回廊
09. レガートワルツ
10. 食欲全開ドラム
11. 異国のグルメ 2
12. エスニック日和
13. 火事鍋
14. 中野区アフガニスタン
15. 空腹匍匐前進
16. 午後三時のフルーツサンド
17. Rumba de Goro
18. ツンドラの男達
19. 夕日のツンドラ
20. 極寒のボサ
21. Slap Alone
22. 伊豆Qのテーマ
23. レゲエ season 3
24. BMW
25. Shinano River
26. ニイガタナダ
27. 十日町の空
28. 収穫祭
29. 鰯の渦
30. 七輪車
31. エレキのツンドラ
32. Grand Cabaret
33. ディキシーツンドラランド
34. ツンドラは未だ遠く
35. GooGoo
36. Season3 ClubMix [Bonus Track]

久住昌之(THE SCREENTONES)からアルバム購入者へメッセージ

このたびは、THE SCREENTONESのアルバムをご購入くださって、ありがとうございます。
ボクはJASRACによる著作権管理に関して疑問をもち、自分たちの曲を自由に演奏・再録音したい(JASRACに加盟すると自分の曲でも使用料が発生します)、そしてボクらの楽曲を気に入って下さった人に広く無料で使っていただきたい、という意味で、「孤独のグルメO.S.T. 1,2」に関して、「著作権フリー」という言葉を使ってしまいましたが、当然ながら作曲者の権利、出版したレコード会社が守られるべき権利はあります。お手数ですが、「孤独のグルメO.S.T. 1,2,3」の楽曲の使用を希望する方は、地底レコードまでご連絡ください。
特定の政治宗教などの団体の宣伝や、大きな営利目的でないかぎり、基本的に無料で許諾しています。なお、ライヴなどで我々の楽曲をコピー・演奏することに関しては連絡の必要はありません。音楽そのものは、基本的には誰もが自由に無料で楽しめるべきだと、ボクは思っています。

THE SCREENTONESを代表して 久住昌之

気に入った曲を聴くと腹が減るというパブロフの犬的効果も起こった

「孤独のグルメ」は2012年に始まったテレビ東京系列の深夜番組である。一応全国放送ではあるものの、地域によって放送時期に一年以上のズレがあったりして、もしかしたらご存じない方も結構いらっしゃるかもしれない。内容は、“酒を嗜まない松重豊扮する井之頭五郎が仕事を終えて独り食事をする”という、テキストで書くと身も蓋もないものだが、既にシーズンを3つ重ねて、シーズン4の要望も極めて高い人気番組である。原作は同名の漫画であり、シーズン1では比較的忠実に原作をなぞる内容で制作された。しかし原作は一巻完結のため、シーズン2からはひたすら独りで食事をするというアウトラインは同じまま、テレビ番組オリジナルと言ってよい内容になっている。シーズン1から原作者の久住昌之氏が番組に深く関わっているため、ある意味、原作の続きがテレビ番組として作られているともいえる(原稿執筆後、一年に一〜二回は週刊SPA!にて新作が発表されているということを確認したので補っておきたい)。

テレビ化にあたって必要な劇判をTHE SCREENTONESという久住氏を中心とするバンドが制作、演奏している。このレヴューはシーズン3に関するものだが、シーズン1(開始当初には継続するかどうか分からなかったことからシーズン1とは表記されていないが)にもシーズン2にもオリジナル・サウンドトラックという形式でアルバムが発売されている。放送時は前半5/6が井之頭五郎パートで、後半1/6では久住氏が同じ店舗に行ってほぼ毎回酒を飲みつつ店のメニューから別の料理を頼んだりするという構成になっていて、"映画本編とコメンタリー付きトラックをフルに観た時の満足感" を一つの番組の流れの中で感じられるようになっている。サウンドトラックの提供、アルコール要素の補完など、原作者による番組の「私物化」がこれほどうまくいっていて、心地よく感じる番組も珍しい。

THE SCREENTONES

前置きが長くなったが、サウンドトラック側から眺めてみると各シーズンにはテーマが設定されている。このシーズン3は「ツンドラ」である。なぜツンドラなのか。作品内を通底する「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ」という井之頭五郎の矜持があるのだが、この矜持に代表されるように、この作品の食事行為には大仰でストイックな求道精神が根底にあるように思われる。この気持ちはシェアする類いの気持ちではなく、わざと隣に座る人に精神的壁を作るような、この作品における「孤独」の本質だと思われる。勢い、そのような前提を持った人にとって外的世界は厳しくあるべきなので、荒野やツンドラといった厳しい環境がテーマになるのだろうなと勝手に想像をたくましくしているが、本当のところはどうなんだろうか。

サウンド面ではツンドラ=ロシア風サウンドがあると思えば、ペルシャやフレンチ、ワルツ、ジャズ、サーフロックなどなんでもありなのは、シーズン1、2と同様である。番組視聴中にはほとんど意識していない音楽との結びつきは、サウンドトラックだけを聴くと自然と意識に上ってくる。一般的にこの手のサウンドトラックは脚本にあわせて場面毎に個別に作られるため、順に聴くとどうしてもバラバラ感があるが、この作品の場合、自宅での食事中に再生したりすると、上で書いたような孤独な求道者モードのスイッチが入り、結果として食事が異常に進んだりする。そのうち、気に入った曲を聴くと腹が減るというパブロフの犬的効果も実際に起こった。また、外食しようと思ったとき、たまたまサントラの曲が脳内再生されると「独りで酒を飲まずに大量に」食べたくなるから要注意である。

なお放送時、2ちゃんねるのテレ東実況スレでは毎週番組のテーマ・ソングである「孤独のツンドラ」が流れるタイミングにあわせて(テキストではあるが)「ローロロロー」の大合唱が起こっていたことは記しておきたい。そもそも筆者が番組の存在に気付いたのも「夜食テロキター」などの書き込みで実況スレが一気に盛り上がったため、テレ東を観てみたのがきっかけである。ネット時代に於けるテレビ番組の理想的な一形態を「孤独のグルメ」に見ることができる。個別の孤独を皆で共有するという極めて高度な楽しみ方が確かに成立し、このサントラを持ち出すことで、外食時なんかに番組を自分の体験として重ねることが出来てしまうのだ。

続編はフォーマットを何も変えず、淡々と続けていただきたいものである。まずはシーズン4を今年中にお願いしますテレ東さん。そしてシーズン2の最終回みたいにTHE SCREENTONESメンバーの本編へのカメオ出演をお願いしますw (text by 竹中直純)

「孤独のグルメ」過去のサウンドトラックも配信中

孤独のグルメ

ふと食べたいと思ったものをただただ美味しそうに食べる主人公、井之頭五郎の姿が人気を呼び、「癒し番組」とも「夜食テロ」とも呼ばれたテレビ・シリーズ。井之頭五郎は、日々の仕事のちょっとした合間に空腹を満たしては、つかの間の「自由」を感じていた。そんな井之頭の食事シーンと心理をひたすら描き、ドキュメンタリーのように淡々と映し出していく演出が話題に。「Season 3」は、2013年7月から9月にかけて放送された。現在、特典映像満載のDVDおよびBlu-rayボックスが発売中。

>>OFFICIAL HP
>>DVD / Blu-rayの詳細

THE SCREENTONES

「孤独のグルメ」の原作マンガを手掛けた久住昌之によって結成されたバンド。「孤独のグルメ Season 1~3」すべての劇中音楽を担当し、それぞれのオリジナル・サウンドトラックを発表している。

Member
久住昌之 (acoustic guitar / vocal)
フクムラサトシ (soprano sax / tenor sax / recorder / vocal / programming)
河野文彦 (acoustic guitar / electric guitar / recorder / vocal / programming)
Shake (keyboards / kazoo / vocal / programming)
栗木健 (drums / percussions / sampling / vocal / programming)
戸田高弘 (vocal / mix / mastering)

Special guest
吉田のりお (electric bass)
えりんぬ (piano)
cossami (vocal)

o

 
 

レヴュー

祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実