あなたの食欲を刺激する36曲、「孤独のグルメ Season 3」O.S.T.

主人公、井之頭五郎がふと立ち寄った店で大衆料理に舌鼓を打つ。そんな光景を淡々と描くスタイルで人気のTVドラマ「孤独のグルメ」。このドラマにおいて、その内容とともに話題を呼んだのが、視聴者の食欲を掻き立てる劇中音楽の数々だ。OTOTOYでは、昨年7月から9月にかけて放送された最新シリーズ「孤独のグルメ Season 3」のサウンドトラックを、CD発売に先駆けて5日間先行配信。原作マンガの作者である久住昌之が率いるバンド、THE SCREENTONES(スクリーントーンズ)によって奏でられたこのアルバム、ただのサントラと侮ることなかれ。ロシアン、フレンチ、アラビアンまで、世界中のあらゆる音楽をつまみ食いし、どこかエキゾチックな雰囲気を醸し出す全36曲は、あなたの食欲を刺激してくれること間違いなし。レヴューとともにお楽しみください。

どこよりも早い、OTOTOYだけの先行配信!!
THE SCREENTONES / 「孤独のグルメ Season 3」O.S.T.

【配信形態 / 価格】
MP3 / WAV まとめ購入(36曲) : 1,500円 (単曲購入は各150円)

【Track List】
01. Still Alone
02. 孤独のツンドラ
03. 小腹が空いた
04. 買い食い
05. 甘い誘惑
06. 野毛のジャズパパ
07. ペコちゃんブルース
08. 街の裏回廊
09. レガートワルツ
10. 食欲全開ドラム
11. 異国のグルメ 2
12. エスニック日和
13. 火事鍋
14. 中野区アフガニスタン
15. 空腹匍匐前進
16. 午後三時のフルーツサンド
17. Rumba de Goro
18. ツンドラの男達
19. 夕日のツンドラ
20. 極寒のボサ
21. Slap Alone
22. 伊豆Qのテーマ
23. レゲエ season 3
24. BMW
25. Shinano River
26. ニイガタナダ
27. 十日町の空
28. 収穫祭
29. 鰯の渦
30. 七輪車
31. エレキのツンドラ
32. Grand Cabaret
33. ディキシーツンドラランド
34. ツンドラは未だ遠く
35. GooGoo
36. Season3 ClubMix [Bonus Track]

久住昌之(THE SCREENTONES)からアルバム購入者へメッセージ

このたびは、THE SCREENTONESのアルバムをご購入くださって、ありがとうございます。
ボクはJASRACによる著作権管理に関して疑問をもち、自分たちの曲を自由に演奏・再録音したい(JASRACに加盟すると自分の曲でも使用料が発生します)、そしてボクらの楽曲を気に入って下さった人に広く無料で使っていただきたい、という意味で、「孤独のグルメO.S.T. 1,2」に関して、「著作権フリー」という言葉を使ってしまいましたが、当然ながら作曲者の権利、出版したレコード会社が守られるべき権利はあります。お手数ですが、「孤独のグルメO.S.T. 1,2,3」の楽曲の使用を希望する方は、地底レコードまでご連絡ください。
特定の政治宗教などの団体の宣伝や、大きな営利目的でないかぎり、基本的に無料で許諾しています。なお、ライヴなどで我々の楽曲をコピー・演奏することに関しては連絡の必要はありません。音楽そのものは、基本的には誰もが自由に無料で楽しめるべきだと、ボクは思っています。

THE SCREENTONESを代表して 久住昌之

気に入った曲を聴くと腹が減るというパブロフの犬的効果も起こった

「孤独のグルメ」は2012年に始まったテレビ東京系列の深夜番組である。一応全国放送ではあるものの、地域によって放送時期に一年以上のズレがあったりして、もしかしたらご存じない方も結構いらっしゃるかもしれない。内容は、“酒を嗜まない松重豊扮する井之頭五郎が仕事を終えて独り食事をする”という、テキストで書くと身も蓋もないものだが、既にシーズンを3つ重ねて、シーズン4の要望も極めて高い人気番組である。原作は同名の漫画であり、シーズン1では比較的忠実に原作をなぞる内容で制作された。しかし原作は一巻完結のため、シーズン2からはひたすら独りで食事をするというアウトラインは同じまま、テレビ番組オリジナルと言ってよい内容になっている。シーズン1から原作者の久住昌之氏が番組に深く関わっているため、ある意味、原作の続きがテレビ番組として作られているともいえる(原稿執筆後、一年に一〜二回は週刊SPA!にて新作が発表されているということを確認したので補っておきたい)。

テレビ化にあたって必要な劇判をTHE SCREENTONESという久住氏を中心とするバンドが制作、演奏している。このレヴューはシーズン3に関するものだが、シーズン1(開始当初には継続するかどうか分からなかったことからシーズン1とは表記されていないが)にもシーズン2にもオリジナル・サウンドトラックという形式でアルバムが発売されている。放送時は前半5/6が井之頭五郎パートで、後半1/6では久住氏が同じ店舗に行ってほぼ毎回酒を飲みつつ店のメニューから別の料理を頼んだりするという構成になっていて、"映画本編とコメンタリー付きトラックをフルに観た時の満足感" を一つの番組の流れの中で感じられるようになっている。サウンドトラックの提供、アルコール要素の補完など、原作者による番組の「私物化」がこれほどうまくいっていて、心地よく感じる番組も珍しい。

THE SCREENTONES

前置きが長くなったが、サウンドトラック側から眺めてみると各シーズンにはテーマが設定されている。このシーズン3は「ツンドラ」である。なぜツンドラなのか。作品内を通底する「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ」という井之頭五郎の矜持があるのだが、この矜持に代表されるように、この作品の食事行為には大仰でストイックな求道精神が根底にあるように思われる。この気持ちはシェアする類いの気持ちではなく、わざと隣に座る人に精神的壁を作るような、この作品における「孤独」の本質だと思われる。勢い、そのような前提を持った人にとって外的世界は厳しくあるべきなので、荒野やツンドラといった厳しい環境がテーマになるのだろうなと勝手に想像をたくましくしているが、本当のところはどうなんだろうか。

サウンド面ではツンドラ=ロシア風サウンドがあると思えば、ペルシャやフレンチ、ワルツ、ジャズ、サーフロックなどなんでもありなのは、シーズン1、2と同様である。番組視聴中にはほとんど意識していない音楽との結びつきは、サウンドトラックだけを聴くと自然と意識に上ってくる。一般的にこの手のサウンドトラックは脚本にあわせて場面毎に個別に作られるため、順に聴くとどうしてもバラバラ感があるが、この作品の場合、自宅での食事中に再生したりすると、上で書いたような孤独な求道者モードのスイッチが入り、結果として食事が異常に進んだりする。そのうち、気に入った曲を聴くと腹が減るというパブロフの犬的効果も実際に起こった。また、外食しようと思ったとき、たまたまサントラの曲が脳内再生されると「独りで酒を飲まずに大量に」食べたくなるから要注意である。

なお放送時、2ちゃんねるのテレ東実況スレでは毎週番組のテーマ・ソングである「孤独のツンドラ」が流れるタイミングにあわせて(テキストではあるが)「ローロロロー」の大合唱が起こっていたことは記しておきたい。そもそも筆者が番組の存在に気付いたのも「夜食テロキター」などの書き込みで実況スレが一気に盛り上がったため、テレ東を観てみたのがきっかけである。ネット時代に於けるテレビ番組の理想的な一形態を「孤独のグルメ」に見ることができる。個別の孤独を皆で共有するという極めて高度な楽しみ方が確かに成立し、このサントラを持ち出すことで、外食時なんかに番組を自分の体験として重ねることが出来てしまうのだ。

続編はフォーマットを何も変えず、淡々と続けていただきたいものである。まずはシーズン4を今年中にお願いしますテレ東さん。そしてシーズン2の最終回みたいにTHE SCREENTONESメンバーの本編へのカメオ出演をお願いしますw (text by 竹中直純)

「孤独のグルメ」過去のサウンドトラックも配信中

孤独のグルメ

ふと食べたいと思ったものをただただ美味しそうに食べる主人公、井之頭五郎の姿が人気を呼び、「癒し番組」とも「夜食テロ」とも呼ばれたテレビ・シリーズ。井之頭五郎は、日々の仕事のちょっとした合間に空腹を満たしては、つかの間の「自由」を感じていた。そんな井之頭の食事シーンと心理をひたすら描き、ドキュメンタリーのように淡々と映し出していく演出が話題に。「Season 3」は、2013年7月から9月にかけて放送された。現在、特典映像満載のDVDおよびBlu-rayボックスが発売中。

>>OFFICIAL HP
>>DVD / Blu-rayの詳細

THE SCREENTONES

「孤独のグルメ」の原作マンガを手掛けた久住昌之によって結成されたバンド。「孤独のグルメ Season 1~3」すべての劇中音楽を担当し、それぞれのオリジナル・サウンドトラックを発表している。

Member
久住昌之 (acoustic guitar / vocal)
フクムラサトシ (soprano sax / tenor sax / recorder / vocal / programming)
河野文彦 (acoustic guitar / electric guitar / recorder / vocal / programming)
Shake (keyboards / kazoo / vocal / programming)
栗木健 (drums / percussions / sampling / vocal / programming)
戸田高弘 (vocal / mix / mastering)

Special guest
吉田のりお (electric bass)
えりんぬ (piano)
cossami (vocal)

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸