日本のテクノ・レーベルはここから始まった

「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージックが大盛り上がりを見せた2008年。テレビ、ラジオやカラオケからはあたりまえのように四つ打ちのエレクトロ・ミュージックが流れ、お茶の間レベルで“テクノ”という音楽が聴かれるようになった。WIREやTAICO CLUBなど多くのレイブが行われ、石野卓球や田中フミヤ、ケンイシイなどに代表されるような世界的に活躍する日本人ミュージシャンも珍しくはない。

そんな状況が想像すらできなかった90年代初頭から日本のテクノ/クラブ・シーンを支えてきた老舗のレーベルがある。FROGMAN RECORDSだ。日本人テクノ・アーティストが海外レーベルからリリースする中、日本のレーベルから海外へとテクノを発信し続けたFROGMAN RECORDSの努力がなければ、現在のエレクトロ・ミュージックへと繋がっていく盛り上がりはなかっただろう。90年代、日本のテクノを一つのカルチャーへと押し上げたFROGMAN RECORDS。このレーベルを主宰していたKEN=GO→氏にレーベル設立のきっかけから、当時のエピソード、今後のテクノ・シーンについてインタビューすることができた。

→ FROGMAN RECORDS主宰KEN=GO→氏のインタビューはこちら!

質問文作成&文:池田義文

■CD catalogue from frogman records (frog-001CD〜frog-006CD)

■CD catalogue from frogman records (frog-007CD〜frog-011CD)

■CD catalogue from frogman records (frog-012CD〜frog-016CD)

■CD catalogue from frogman records (frog-017CD〜frog-021CD)


■CD catalogue from frogman records (frog-021CD〜frog-026CD)





■VINYL catalogue from frogman records (frog-001r〜frog-008r)

■VINYL catalogue from frogman records (frog-009r〜frog-015r)

■VINYL catalogue from frogman records (frog-016r〜frog-026-6)

■VINYL catalogue from frogman records (frog-027-6r〜frog-032-6)

■VINYL catalogue from frogman records (frog-033-6〜frog-037-6)



■CD catalogue from U. S. B. (usb-001CD〜usb-004CD)




■VINYL catalogue from U. S. B. (usb-001r〜usb-004r)



レーベル特集 onpa)))))へ

o

 
 

"label"の最新アーカイヴ

ノイズ対談vol.2! T.美川(非常階段、INCAPACITANTS) × Kazuma Kubota
[LABEL]・2013年04月25日・ 対談 : T.美川(非常階段、INCAPACITANTS) × Kazuma Kubota 前回の対談では、ノイズ・シーンの今について、平野Y([…]dotsmark)と吉田恭淑(GOVERNMENT ALPHA)に話を聞いた。今回は、日本ノイズ界の創成期からシーンの中核に身を置いているT.美川(非常階段、INCAPACITANTS)と、今後シーンの中核を担っていくであろうKazuma Kubotaの2人を招いて、ノイズの世界をさらに掘り下げた。彼らが思う今のノイズ・シーン、そして今後の展望とは。 また、Kubotaがリリースする『Two of a Kind』に寄せるかたちで、美川は「年寄りが跳梁跋扈する日本のノイズを、この男はいずれ背負って立つことになる」とコメントしている。その発言の真意や、Kubotaがこの音源に込めた思いなども、たっぷりと語ってもらった。前回の対談と合わせて、ディープなノイズの世界が垣間見える内容となっている。ノイズ・シーンは、30年の歴史を経て、今もなお進化を続けている。 インタビュー&文 : 前田将博 国内ノイズ・レーベル[…]dotsmarkからKazuma Kubotaがリ
by 純三
レーベル特集 onpa)))))
[LABEL]・2008年12月17日・ 日本から、ベルリンへ。ベルリンから、世界へ。良質な音楽は、海を越えて。 クラフトワークから、ジャン・ミシェルへ。YMOからkyokaへ。時代が移り変わろうとも、ドイツと日本のエレクトロニック・ミュージックは、どこか同じ匂いを漂わせながら、常に時代の先端を駆けている。そんな両国のシーンを繋げているonpa)))))というレーベルが、ベルリンにあるのをご存知だろうか? 両国の新進気鋭のエレクトロニック・ミュージック・アーティストのリリース&バック・アップだけでなく、ポッドキャストでベルリンの音楽事情を放送する等、伝わりくいエレクトロニック・シーンの風通しを良くしている。 インターネットの普及で、音楽産業のグローバル化より、ベルリン派(ベルリンに在中しなから制作する日本人アーティスト)等にみられるアーティストのグローバル化の方がよっぽど進んでしまった現在。特に中堅のレコード会社やインディーズ系の商品を扱う会社は、ビジネスとして対世界に発信出来るかどうかが、今後の重要な課題となっていくだろう。そんな状況にいち早く反応し、数年前から果敢に挑戦しているonpa)))))主催の羽生和仁氏に、メール・インタビューを行う事
by tripxtrip
PENGUINMARKET RECORDS5周年記念特集
[LABEL]・2010年10月06日・ PENGUINMARKET RECORDS 5th Anniversary 90年代後半のCDバブル期から下降を続けるレコード業界。反対に、ライヴ・ハウスには少しずつだが人が集まり、mixi(ミクシィ)やMySpace等の繋がるサービスが人気となり、アーティストとリスナーの距離は縮まりつづけている。そんな時代に、その間で奮闘するレーベルって、果たしているの? ってか、食えるの? そんな率直な質問を、インストゥルメンタル・バンドを中心に運営するインディーズ・レーベルPENGUINMARKET RECORDSに成り立ちも含めて聞いてみた。まだ5周年のこのレーベル。CDが売れないと言われているこの時代に、最も厳しいだろうコンピレーション・アルバムまで出してしまう挑戦的なレーベルだ。ただただ、真っすぐ自分達の思いにしたがって。このインタビューを読んだ後、こんな時代にこそこんなレーベルが必要だ! って思うだろう。 インタビュー&文 : JJ(Limited Express (has gone?)) 祝5周年!インストゥルメンタル・バンドを中心に運営する国内屈指のインディー・レーベルPENGUINMARKET REC
by JJ
知られざる韓国アンダーグラウンド・インディ・ミュージックの世界
[LABEL]・2013年06月20日・ INTERVIEW : 奥藤知子(utakata records) 日本の音楽シーンにアンダーグラウンドな世界があるように、韓国の音楽シーンにだってアンダーグラウンドでインディペンデントな世界はある。ただ、ディープな世界だったり、現地にいる耳の早いリスナーたちが支持している音楽をリアルタイムで知ることは難しい。知りたいけど、その核心をつくことができない。そんなもどかしい状況に一歩踏み込む糸口になるであろう3組の韓国人アーティストが6月末に一挙来日する。それにあわせ、「非英語圏のオルタナティヴなサウンドを専門に扱うレーベル」utakata recordsから、同3組のアーティストたちの作品を配信で同時リリース。この3組のサウンドを聴かせてもらい、斜め下から価値観を壊されていくような感覚に、僕は衝撃をうけてしまった。 ガレージ・ロックを基軸にしながら打ち込みなどの要素を取り込み、ライヴでは激しく軽やかなステップで肉体的躍動感をみせる2人組ユニット、Wedance。実際には行ったことがないのにアーティスト名に「山形」を冠する、ユニークさを武器にハウスで歌うソロ・アーティスト、Yamagata Tweakster
by 西澤 裕郎
NAXOSレーベルのクラシック作品を一挙配信開始! 〜OTOTOY CLASSICS〜
[LABEL]・2012年10月12日・ NAXOSレーベルのクラシック作品を一挙配信開始! HQD / スタンダードセレクション for OTOTOY / 話題沸騰「交響戦艦」シリーズ! OTOTOYに集まるような音楽好きなら、なにかのタイミングでクラシックに興味を持つことはあったりしますよね。「ま、聴いてみるか」くらいの。そんな感じ、大歓迎です。ギタリストの視点でパガニーニの超絶技巧ヴァイオリンが気になるとか、ミニマル好きがバッハにヤバさを感じるとか。そういえば、さかいゆうさんが以前ラジオ番組で「グル―ヴミュージックとしてのクラシック」なんて企画で冴えた視点を披露してくれたこともありました。最高でした。もちろん、たくさんの人がぐいぐいハマって詳しくなってくれたら、ウチのようなクラシック系レーベルとしてはありがたいんですが、そうじゃなくても全然。「この曲だけは好き」みたいな感じでオケーなんで、良かったらお友達にも教えてあげてください。 今回は、なかなか音源化されないレア曲満載のカタログで人気のNAXOSレーベルがOTOTOYに参入!ということで、教科書に出てくる有名作品から「これ、クラシックじゃなくね?」みたいな曲まで幅広くセレクトしてみました
【月狼レコード特集】レーベル・コンピ『黄昏讃歌』1〜3 & 全5タイトルの配信をスタート
[LABEL]・2012年06月11日・ オムニバス・シリーズ『黄昏讃歌』を含む全作品をOTOTOY独占で配信スタート!! 2006年に設立され、ライヴ・ハウスで活動している日本語パンクを中心としたバンドを取り上げてきたレーベル、月狼RECORDの全作品を、OTOTOY独占で配信開始!! すでに廃盤になっている『黄昏讃歌』シリーズの1、2に加え、2011年3月にリリースされた最新作『黄昏讃歌3』、レーベル・オーナー柳沢英則のバンドWHITE LOSER、HIBIKIのアルバムも配信しちゃいます。しかも、なんと全アルバムから1曲ずつフリー・ダウンロード可能(WHITE LOSERのみE.Pをフリー・ダウンロード)!! さらに柳沢英則による福島への熱い文章、ライヴ・ハウスの店長たちからのコメントもあります。ライヴ・ハウスに近い場所から、周りにいるかっこいいバンドたちを紹介する、熱い志しを持ったレーベル、月狼RECORDを大特集いたします。 月狼RECORDのオムニバス・アルバムV.A. /黄昏賛歌【配信形態 / 価格】WAV / mp3 共にアルバム販売のみ 500円【収録アーティスト】WHITE LOSER、Ruffian、epoxy、SIGH、f
レーベル特集 POPGROUP Recordings
[LABEL]・2009年05月01日・ 夏フェスが始まる。どのラインナップも素晴らしいと思うんだけど、なぜか行く気がしない。音楽フェスティバルが氾濫し、独立したカルチャーとして動き出したために、毎日の現場=ライブ・ハウスやクラブで興っているリアリティとはほど遠く、退屈に感じてしまうから。 2008年4月26日、27日にKAIKOO meets REVOLUTIONというイベントが横浜のZAIMで行われた。レーベルPOPGROUPと横浜/湘南地区で活動するMEETS★REVOLUTIONの共同主催。アンダーグラウンドからオーバーグラウンド、ビートものから歌もの、EYE(from BOREDOMS)からNICE VIEWまで、TVでは決して目撃できない最新のミュージック・シーンのリアルが映し出しされた。チケットはソールド・アウト。6000人も集客したのだから、いかにリスナーがこのようなイベントを求めていたのかがわかる。またPOPGROUPを固める布陣は、DJ BAKU、BLACK GANION、RUMIやoak等の超個性派ぞろい。KAIKOO meets REVOLUTIONにどんなビッグ・アーティストが名を連ねようと、このイベントが彼ら主催である
by JJ
高橋健太郎×阿部淳一が魅力を語る East Worksの高音質音源
[LABEL]・2010年06月29日・ 菊地成孔や南博等、ジャズを中心に音質にこだわったリリースを続けるEast Worksの12タイトルもの音源が、なんとHQD(24bit 48kの高音質音源)で発売する。HQDの配信は、クラムボンの『2010』やTOEの『For Long Tomorrow』等のリリースで大きく盛り上がり、明らかに通常のCDよりも音が良いことが認識され始めた。また多くのアーティストが、HQDの配信に挑戦したいと名乗りを上げている。e-onkyo music等の他社サイトも、HQDよりもさらに音質の良い24bit 96kの高音質音源の配信に挑戦し続け、成果をあげているようだ。とは言え、まだまだ一般層にまで届いていないのが現状であろう。配信音源が携帯電話でダウンロードされるのではなく、もっと良い環境で聞かれるためには、高音質音源の広まりが、大きな鍵を握っているのは間違いない。そこで、OTOTOYでHQDを提唱する高橋健太郎と、高音質音源にこだわり続けるEast Worksからオーディオにも精通している阿部淳一に、高音質の魅力とその行く末を語ってもらった。(text by 飯田仁一郎) East WorksのHQD作品を一挙配信
by JJ
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事