ビイドロと初めて対バンした時の事を今でもはっきりと覚えている。青柳崇の温和で飄々としたルックスからは、想像もつかない圧力を持った演奏。ありがちな聴きやすさは全然なかった。ライブが終了後には、今まで考えていたボップ・バンドに対するイメージが壊されて、完全にやられてしまったのだ…。

彼らの意味深な歌詞と曲名は、ナンセンスなようで奥が深い。“史上最大の計画は無駄だから最高なのさ”というフレーズなんて、作家伊坂幸太郎のそれと肩を並べる程印象的。しかも今作のタイトルは『冗談の王様』…。その言語感を解き明かすために“史上最大の無駄で最高な企画”を突きつけた。インタビューに引き続いての大喜利大会だ。最初はとまどっていたけど、いつの間にかノリノリの彼ら。たくさんのおもしろ回答をあげて、最終的にはもっとお題を出してくれと言い出す始末(笑)。全てを紹介できないので、今回は優秀作品のみを紹介。ビイドロの音楽を聴きながらどうぞ。

インタビュー & 文 : 池田義文

未発表音源が収録されたCD-Rをプレゼント ! !

ビイドロ冗談の王様』を購入して頂いた先着5名様に、未発表曲「ドリームライン」、「“そうだったの”と午後は過ぎゆく」を収録したCD-Rをプレゼントします。早い者勝ちです !

※ アルバム全曲購入者には、recommuni事務局からメールにて御連絡致します。一番面白かった大喜利の回答をご記入の上ご返信下さい。

INTEVIEW

ーニュー・アルバム『冗談の王様』良かったです。ビイドロのライブが最近すごいとも聞きますよ。

青柳崇(以下 : 青柳) : ありがとうございます。今までの作品の中で一番手応えがあります。周りの反応もいいですね。

ーロック・バンドが持つインパクトがあり、よりバンド・サウンドになってきていますね。

青柳 : 僕はエレキ・ギターから音楽が始まっていて、その後に宅録をはじめて、その頃くるりがポスト・ロック化し始めてまねをしてやっていたんです。一回そっちに頭が行き過ぎて…でも結局自分があがるのはギターを弾いている時だから、一番好きなものを単純にやったら、今回のアルバムに収録されたようなバンド・サウンドになりました。素に戻った感じですね。

ーROOFTOPのインタビューでは、盛り上がりのない同じテンションの曲を作ろうとして、そのような曲調の良さをメンバーに伝えるのに時間がかかったと記載されていました。曲を作る時にはお互いに意見を出し合ったりするのですか?

伊藤倫典(以下 : 伊藤) : 特に意見をしたりはしないですね。あの曲も僕の印象ではちゃんと伝わっていましたよ(笑) 青柳君はちゃんと話をしてくれるので、理解のできる自然な流れでした。

遠藤達郎(以下 : 遠藤) : 僕は元々ビイドロのお客さんだったので、基本的に大好きなんです(笑) 僕と青柳さんはリハーサル・スタジオから帰る方向が同じで、その途中に曲についての話をするとさらに良さが見つかるんです。そして家で改めて聴くと、これはヤバいぞ! となるんですね。

青柳 : すっごい長いメールで褒めてくれるんですよ(笑) でも、スタジオではみんな感情表現が平坦だから、曲を持って行っても解ってくれてないんじゃないかって不安になるんです。

伊藤 : 青柳君は普通の「いいね!」じゃ満足してくれないんですよ。その人の持つマックスの「いいね! 」をほしがっているんですよね(笑)

ー三人を見ていると本当に仲がいいように見えます。

青柳 : 強制的に仲良くしようとしています (笑) ビイドロは2000年から活動していて、何度もメンバー・チェンジがあって、それぞれ入った時期が違うから同じ目線になりづらかった。このままじゃダメだって思って、無理にでもそうしています。前のメンバーの佐藤潤一がバンド経験豊富で「バンドは衝突しないとダメだ」って話をしてて、それ以降ガンガンに思った事は言うし、意見をぶつけるようにしています。だからトラブルは多い方だと思います。

伊藤 : スタジオが3時間あって、その内2時間話し合う事もありますからね。

遠藤 : 僕はとにかく青柳さんの曲が大好きなんです。以前大学の教授ともめて、傷ついて帰ってきて「磁石」を再生したら、もうなんか感動しちゃって ! これはすごいぞ ! と思ってファーとなっちゃいましたね !

ー今の遠藤さんはマックスなんじゃないですか? (笑)

青柳 : もっと欲しい! 気がついたらおしっこ出てたくらいじゃないとダメですね (笑)

ーそれは、迷惑ですね (笑)

青柳 : ここではやらないですよ。俺んち連れて行って、部屋にビニール・シート引いて「さあ、どうぞ !」って。

ー(笑) ありがとうございました。では、お待ちかねの緊急企画『冗談の王様』決定戦 大喜利大会を始めます! お題は新作の曲名から作りました。用意はいいですか?

青柳 : 緊張するなー !

遠藤 : うわっ、こわいな。

『冗談の王様』決定戦大喜利大会

お題 「ビイドロに対するこんなステレオタイプはいやだ !」
答え 「じゃんけんが弱そう」(遠藤)

青柳 : (笑) これはすごい面白いですね ! 確かに僕たち弱そうですよね。これは素晴らしい。


お題 「北極のペンギンが全滅 ! 一体何が起こった?」
答え 「ホッキョク・グマに取り込まれた」(伊藤)

青柳 : 伊藤君の答えは「ペンギンのルックスしてるけど、俺はクマだから」みたいにキレてる感じね。ヤンキーからヤクザへ大人の階段上るみたいなね。それいいな。ドラマが見えるなー。


お題「いい加減すぎる天気予報 。何て言った? 」
答え 「ん〜。じゃあ晴れで。」(遠藤)

青柳 : (笑) 遠藤君はすごいなぁ。爆裂していますね。


お題「ビイドロが遂に世界◯◯選手権一位に! ◯◯選手権とは?」
答え 「世界アマチュア・カーディガン選手権」(遠藤)

遠藤 : 大体カーディガンですもんね。青柳さんのミドリの感じがアマチュアっぽいですよね。

青柳 : ユニクロですからね。

遠藤 : 青柳さんはすごい似合ってるんですよね。僕もカーディガン好きなんです。たまに同じメーカーの色違いを着たりしています(笑)

青柳 : UNITED ARROWSとかね。


お題 「あなたがロボットになりました。第一声は?」
答え 「うぃーん」(遠藤)

答え 「ウー」(青柳)

青柳 : 遠藤とかぶっちゃいましたね〜。


お題 「ライブ中に電気が落ちた! その時のビイドロの行動は?」
答え 「まずお母さんに電話する」(遠藤)

青柳 : これは鉄板な感じですね。さすが実家住まい。


お題 「ビイドロ、史上最大の計画とは?」
答え 「宇宙りょこう」(伊藤)

伊藤 : ビイドロの歌詞の中に宇宙の話がよくでてくるんですよね。

青柳 : すごいさわやかなお兄さんポイ感じ。しかも“りょこう”がひらがなでしか書けないこの頭の悪さが素で出ていいですね(笑)


ーいつの間にかコメンテーターの立ち位置になっている青柳さんが一番面白いことを言っているじゃないですか(笑) じゃあ、“冗談の王様”は誰ですか?

一同 : ダントツで…

遠藤達郎(Dr.)さんです !

(写真向かって右)

LIVE SCHEDULE

  • 3月31日(火) MARUYAMA MUSICS@渋谷O-nest
w/ ビイドロ / ふくろうず / yumeiroecho / 他

・ 5月7日 (木) 『冗談の王様』リリース記念ライブ@渋谷O-nest

詳細は後日発表!

LINK

ビイドロ

2000年結成
これまでに3枚のシングル、2枚のミニ・アルバム、1枚のシングル・コンピレーション・アルバムをリリースする。
2009年3月6日に1stフル・アルバム『冗談の王様』を発売。
5月7日には渋谷o-nestでCD発売記念イベント開催予定。

CLOSE UP : イルリメ

CLOSE UP : MONO

CLOSE UP : moonriders

CLOSE UP : Clare & The Reasons × 今井智子

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事