マーガレット・ズロースは「世界を変える」

音楽で「世界は変わる」と、真剣に考えているミュージシャンは一体どのくらいいるだろうか? マーガレット・ズロースは「世界を変えよう」と本気で考えている。数々の大御所アーティストとの共演を果たし、土屋トカチ監督作品「フツーの仕事がしたい」の主題歌として、楽曲が使用されるなど精力的な活動をこなしている。ギター・ボーカルである平井正也に、主催イベントに「世界は変わる」と名付けたその真意と、音楽に対する情熱についてインタビューすることができた。

インタビュアー:池田 義文

INTERVIEW

—今回、5th album「DODODO」と1st mini album「ぼーっとして夕暮れ」が同時に配信開始となりました。タイミングには何か意図があったのですか?

いや、ないです(笑)。たまたまです。2008年に発売したライブ・アルバム『磔磔ライブ』をプレスしてくれた会社が、「配信とかやってるから、やる?」って言ってくれて、「あっ! やります!」って感じです(笑)。

カフェ・オ・レーベルから出ているファースト・アルバムの「雛菊とみつばち」は配信されているけど、僕らのオッフォン・レコードからの配信は今回初めてじゃないかな? あんまり、把握してないです(笑)。パソコンとかネットとか弱いので(笑)。

マガズロの音楽ってストレートで解りやすい。歌詞に気持ちがあるというか、嘘っぽくない。「この人たち本気だ」という感じがします。

言葉が良くてメロディがよければ魔法が生まれる。そうすると足し算じゃなくて、かけ算で心が動いちゃうよね。ぐっと来た時って、その曲の中に一言でも心に入ってくる言葉があるよね。

—曲作りに関しても、意識していますか?

メロディが先にあって、そこに後から歌詞をのせようとしてもうまくいかない。もちろんその逆も。だからまず、曲を作る気持ちになるんです。曲を作る状態に持っていって、いろんな事を感じやすくするんです。季節の変わり目とかに心が敏感になるみたいに。もちろん自然にそうなる時もあるし、そういう状態に自分で持っていく場合もある。そうすると、どんなに小さい事でもそこにテーマを感じたりする。そのテーマを思いながら、どういう風に伝えようか考えてギターを弾いていると曲ができる。

「きっかけは合唱コンクール」

—もともと音楽を始めようと思ったきっかけは?

僕は新潟出身で、テレビ位しか情報が入ってこなくて、だから最初は”ジッタリンジン”が好きでしたね。音楽が本当に好きになったきっかけは、中学校の合唱コンクール(笑)。やたらと合唱に熱が入った学校で、とにかくそこで目覚めちゃった。歌う事の気持ちよさ、楽しさに。

高校時代は色々なバンドのコピーをやって、それから大学の進学で寮に入ったんですけど、いきなり寮の先輩にジャックスを聴かされて、「何だこれ!?」ってなって、70年代とかの音楽をどんどん吸収していきました。もう本当に宝がいっぱい埋まっている感じで、わくわくしながら聴いたなー。

—今では早川義夫さんだったり、友部正人さんとの共演までされていますよね。

本当だよねー。好きな物をそのままやっていたからできたのかなと思います。好きな事を好きって言ってよかったなーって思います。

マガズロと共演したいという人もたくさんいますよ!

どうなんですかねー(笑)。申し訳ない! いや、そんなことない(笑)!!

「『世界は変わる』という言葉にドキドキした」

—イベント名が最近「世界は変わる」に変わりましたね。

最初は色々ともめたんです。僕の気持ちとしては、リアルな意味での「世界」を音楽が変えるというつもり。いろんな世界の変え方があると思うけど、例えば科学的に、年間何万トンのCO2が出ますって数字で出しても、ピンと来ないし自分の話のような気がしない。何よりも普通の人に届きにくいと思った。心が動かないと変わらないからね。そんときに、ロックン・ロールを聴いてドキドキした感じってすごいなと思ってて、「世界は変わる」ってキーワードが頭に浮かんだ時、同じドキドキがしたんだ。これしかない! と思った。

テレビとかに出ている有名人だったりしたら、格好つく言葉なのかもしれないけど、そんなのいつの話かわからないし、小さいライブハウスでやっている状況でも今から言わないといけなかったり、伝えなきゃいけないことがあるんじゃないかって。ものすごい使命感みたいなものを勝手に自分の中に感じてて。「いつかオレは音楽で世界を変えたい、よくしたい」と思ってたけど、それなら今すぐやるかと思ってこのイベントを始めたんだ。

—初めてマガズロのライブを見たときに自分の中の何かが変わったような気がしました。きっと世界が変わるというのはそういうことなのかと。

「世界が変わる」っていうのは、でかい話じゃなくて、自分が大好きな人にどうしたらもっと優しくできるかで、実はそれができたら世界は本当に変わるんじゃないかな。

「自分のアルバムは自分が一番期待しているんだ」

—今年はニュー・アルバムのリリース予定はあるんですか?

ありますよ。レコーディングもしています。いつできるのかなー!(笑)

—どのようなスタンスでレコーディングしていますか?

昔はずっと、ライブを中心に考えていました。レコーディングというものがあまり解っていなくて、レコーディングって何か奇跡を起こす事だって思っていた。いいライブをスタジオでやれば、いいレコーディングになると思っていて。うまくなくてもいいから、「何かある!」みたいなことが出せればいいなと思っていたんだけど、結局その「何か」を音楽で説明できないなら、ミュージシャンとして失格なんじゃないかって思った。

ライブは自分たちの中ではやっぱり最高なんだけど、その良さを伝えるにはやっぱりライブでしかできないってことがようやく解った。それは、音源には音源でしかできないこと、違う可能性があるということにつながっていったんだ。今回配信されるDODODOは、一個一個こういう音がいいとかようやく感じられるようになった作品だよね。

—次のアルバムもそんな感じですか?

また戻りつつあるんだよね(笑)。DODODOはゲストも豪華で、録音ということで色々な可能性を試してみた感じ。今はこのベースの音が格好いい、ドラムの音が、ギターの音がっていうだけでぐっとくるようなバンドのサウンドを出したいな。三人以外の音はなるべく入れない。その音がどの音なのかっていうのは、すごくこだわるようになったな。

—ブルー・ハーツのファースト・アルバムとかも「せえの!」でやっている感じがしますよね。

実は、あのアルバムもよく聴いていると、音楽的に素晴らしいんだよね。音以外の何か素晴らしいものがあるって気がするけど、そういう風な気持ちになるのってやっぱり音なんだよね。クラッシュのアルバムも意外と手が込んでたりして、ピアノが遠くにいるけど、これがないと駄目だとか、こんな所にフェイザーがかかっているだとか、そういうものがある。

—次回作そうとう期待しちゃいます!

オレが一番期待しているよ。かっこいい曲ができて、ライブの音源とか聴いて次はもっとこうしたいとか考えていて、それの究極がレコーディングして作ったアルバムなんだ。こんな音楽があったらいいのになっていうものを、自分の音楽で形にするわけなんだよね。だから、早く聴きたいんだ。

「音楽は流れて消えていくもの」

—音楽をデータで配信することについてはどう思いますか?

もともと、物にこだわらない方なんだよね。それに音楽の本質って流れて消えて、形なんて元々ないものだし、CDを作って録音する歴史なんてわずかじゃん。そうやって流れて曲が終わったらなくなっちゃうのに、ずっと心に残っているから音楽って表現は好きなんだ。忘れちゃったり、ふっとした匂いとかで思い出したりするからさ。そういう音楽の持っている特徴からしたら、CDとか物として形に残らなくても、配信でその時いいと思って聴いて、よくないなら削除して、それはそれとして風のように流れていったんだから、いいんじゃないかな。


マーガレット・ズロース LIVE SCHEDULE

都会の迷子さんvol.10〜新春SP キミは僕のうた〜

2009/01/12(mon)@代々木Zher the ZOO
OPEN/18:00 START/18:30
adv./2300 door/2500(+1drink)
w/ おとぎ話 / 前野健太とDAVID BOWIEたち
オープニングアクト:いなかやろう
サブステージ:あだち麗三郎

2009/02/13(fri)@那須・Garden House SARA
OPEN/19:30 START/20:00
料金未定
※マガズロ・アコースティックでのライブになります

魁!!男道企画 第一回『男だらけのパジャマパーティー』

2009/02/14(sat)@いわき・ClubSONIC
OPEN/19:30 START/20:00
料金未定
詳細未定
w/ 魁!!男道 / To overflow evidence / freaky freaks / ベロドラマ
オープニングアクト:ミカタ&マッツン

つくば・kitchen Soya

2009/02/15(sun)@つくば・kitchen Soya
OPEN/19:30 START/20:00
料金未定
詳細未定
※マガズロ・アコースティックでのライブになります

マガズロとトラベル

2009/02/21(sat)@梅田扇町・ムジカジャポニカ
OPEN/18:00 START/19:00
adv./2200 door/2500(+1drink)
w/ 奇妙礼太郎とトラベルスィング楽団

魔界大宴会!vol.15

2009/02/22(sun)@京都・クラブメトロ
OPEN/17:00 START/18:00
adv./2400 door/2800(+1drink)
w/ 騒音寺 / TheNeatBeats / カルガモネンド

「世界は変わる」

マーガレット・ズロースの「世界は変わる」vol.4

2009/02/27(fri)@Shibuya O-nest
OPEN/18:30 START/19:00
adv./3000 door/3500(+1drink)
w/ マーガレット・ズロース / アナログフィッシュ

マーガレット・ズロースの「世界は変わる」vol.5

2009/03/29(sun)@京都磔磔
詳細未定
料金未定
w/ マーガレット・ズロース / 東京60WATTS

平井正也 ソロ LIVE SCHEDULE

「平井正也、おおいにうたう 〜『こんぺいとう』全曲カバーナイト!〜」

2009/01/17(sat)@祖師ヶ谷大蔵 cafe MURIWUI
OPEN/START 19:00〜
投げ銭+1オーダー
スペシャルゲスト&サポート:常盤ゆう(risette)

「平井正也、おおいにうたう 〜Organ's Melody2DAYS〜」

2009/01/31(sat)@Organ's Melody(山口市湯田温泉3-7-7)
OPEN/18:00〜
adv./1800 door/2000(+1drink)
★佐々木匡士の印度カリー発売決定
※2日通し券は¥3,000となります。
w/ 平井正也 / 魚座(北九州) / ヒーローズ(北九州) / ふるしょうたすく / 第3弱者 / and more?
問い合わせは以下まで
e-mail : nowave@m6.dion.ne.jp

「平井正也、おおいにうたう 〜Organ's Melody2DAYS〜」

2009/02/01(sun)@Organ's Melody(山口市湯田温泉3-7-7)
OPEN/18:00〜
adv./1800 door/2000(+1drink)
★佐々木匡士の印度カリー発売決定
※2日通し券は¥3,000となります。
w/ 平井正也 / オヒルノドン / まだら / THEフラフープス / and more?
問い合わせは以下まで
e-mail : nowave@m6.dion.ne.jp

『平井正也、おおいにうたう 〜ふなとさんと二人旅 福岡編〜』

2009/02/04(wed)@福岡県柳川市 caffe RABISTA
料金:前売/当日
詳細未定・近日決定
w/ 平井正也+船戸博史(ウッドベース)

『平井正也、おおいにうたう 〜ふなとさんと二人旅 福岡編〜』

2009/02/05(thu)@福岡市 juke joint
料金:前売/当日
詳細未定・近日決定
w/ 平井正也+船戸博史(ウッドベース)

LINK

結成以来、日本語ロックの王道を歩んできた3ピース・ロック・バンド。2000年より順調に4枚のアルバムをリリースした後、2006年4月には自主レーベル・オッフォン・レコードを設立し、5thアルバム「DODODO」をリリースする。「DODODO」のレコ発ツアーでは10ヶ所のワンマン・ライブを含む全国ツアーも敢行し各地で大反響を得るなど、ライブ・バンドとしての評価も高い。早川義夫、遠藤賢司、友部正人、バンバンバザール、知久寿焼ら、自らリスペクトするミュージシャンとの共演を重ね、幅広いジャンルの客層から支持を受けている。

平井正也(ボーカル、ギター)
岡野大輔(ベース、コーラス)
粕谷裕一(ドラム、コーラス)

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事