マーガレット・ズロースは「世界を変える」

音楽で「世界は変わる」と、真剣に考えているミュージシャンは一体どのくらいいるだろうか? マーガレット・ズロースは「世界を変えよう」と本気で考えている。数々の大御所アーティストとの共演を果たし、土屋トカチ監督作品「フツーの仕事がしたい」の主題歌として、楽曲が使用されるなど精力的な活動をこなしている。ギター・ボーカルである平井正也に、主催イベントに「世界は変わる」と名付けたその真意と、音楽に対する情熱についてインタビューすることができた。

インタビュアー:池田 義文

INTERVIEW

—今回、5th album「DODODO」と1st mini album「ぼーっとして夕暮れ」が同時に配信開始となりました。タイミングには何か意図があったのですか?

いや、ないです(笑)。たまたまです。2008年に発売したライブ・アルバム『磔磔ライブ』をプレスしてくれた会社が、「配信とかやってるから、やる?」って言ってくれて、「あっ! やります!」って感じです(笑)。

カフェ・オ・レーベルから出ているファースト・アルバムの「雛菊とみつばち」は配信されているけど、僕らのオッフォン・レコードからの配信は今回初めてじゃないかな? あんまり、把握してないです(笑)。パソコンとかネットとか弱いので(笑)。

マガズロの音楽ってストレートで解りやすい。歌詞に気持ちがあるというか、嘘っぽくない。「この人たち本気だ」という感じがします。

言葉が良くてメロディがよければ魔法が生まれる。そうすると足し算じゃなくて、かけ算で心が動いちゃうよね。ぐっと来た時って、その曲の中に一言でも心に入ってくる言葉があるよね。

—曲作りに関しても、意識していますか?

メロディが先にあって、そこに後から歌詞をのせようとしてもうまくいかない。もちろんその逆も。だからまず、曲を作る気持ちになるんです。曲を作る状態に持っていって、いろんな事を感じやすくするんです。季節の変わり目とかに心が敏感になるみたいに。もちろん自然にそうなる時もあるし、そういう状態に自分で持っていく場合もある。そうすると、どんなに小さい事でもそこにテーマを感じたりする。そのテーマを思いながら、どういう風に伝えようか考えてギターを弾いていると曲ができる。

「きっかけは合唱コンクール」

—もともと音楽を始めようと思ったきっかけは?

僕は新潟出身で、テレビ位しか情報が入ってこなくて、だから最初は”ジッタリンジン”が好きでしたね。音楽が本当に好きになったきっかけは、中学校の合唱コンクール(笑)。やたらと合唱に熱が入った学校で、とにかくそこで目覚めちゃった。歌う事の気持ちよさ、楽しさに。

高校時代は色々なバンドのコピーをやって、それから大学の進学で寮に入ったんですけど、いきなり寮の先輩にジャックスを聴かされて、「何だこれ!?」ってなって、70年代とかの音楽をどんどん吸収していきました。もう本当に宝がいっぱい埋まっている感じで、わくわくしながら聴いたなー。

—今では早川義夫さんだったり、友部正人さんとの共演までされていますよね。

本当だよねー。好きな物をそのままやっていたからできたのかなと思います。好きな事を好きって言ってよかったなーって思います。

マガズロと共演したいという人もたくさんいますよ!

どうなんですかねー(笑)。申し訳ない! いや、そんなことない(笑)!!

「『世界は変わる』という言葉にドキドキした」

—イベント名が最近「世界は変わる」に変わりましたね。

最初は色々ともめたんです。僕の気持ちとしては、リアルな意味での「世界」を音楽が変えるというつもり。いろんな世界の変え方があると思うけど、例えば科学的に、年間何万トンのCO2が出ますって数字で出しても、ピンと来ないし自分の話のような気がしない。何よりも普通の人に届きにくいと思った。心が動かないと変わらないからね。そんときに、ロックン・ロールを聴いてドキドキした感じってすごいなと思ってて、「世界は変わる」ってキーワードが頭に浮かんだ時、同じドキドキがしたんだ。これしかない! と思った。

テレビとかに出ている有名人だったりしたら、格好つく言葉なのかもしれないけど、そんなのいつの話かわからないし、小さいライブハウスでやっている状況でも今から言わないといけなかったり、伝えなきゃいけないことがあるんじゃないかって。ものすごい使命感みたいなものを勝手に自分の中に感じてて。「いつかオレは音楽で世界を変えたい、よくしたい」と思ってたけど、それなら今すぐやるかと思ってこのイベントを始めたんだ。

—初めてマガズロのライブを見たときに自分の中の何かが変わったような気がしました。きっと世界が変わるというのはそういうことなのかと。

「世界が変わる」っていうのは、でかい話じゃなくて、自分が大好きな人にどうしたらもっと優しくできるかで、実はそれができたら世界は本当に変わるんじゃないかな。

「自分のアルバムは自分が一番期待しているんだ」

—今年はニュー・アルバムのリリース予定はあるんですか?

ありますよ。レコーディングもしています。いつできるのかなー!(笑)

—どのようなスタンスでレコーディングしていますか?

昔はずっと、ライブを中心に考えていました。レコーディングというものがあまり解っていなくて、レコーディングって何か奇跡を起こす事だって思っていた。いいライブをスタジオでやれば、いいレコーディングになると思っていて。うまくなくてもいいから、「何かある!」みたいなことが出せればいいなと思っていたんだけど、結局その「何か」を音楽で説明できないなら、ミュージシャンとして失格なんじゃないかって思った。

ライブは自分たちの中ではやっぱり最高なんだけど、その良さを伝えるにはやっぱりライブでしかできないってことがようやく解った。それは、音源には音源でしかできないこと、違う可能性があるということにつながっていったんだ。今回配信されるDODODOは、一個一個こういう音がいいとかようやく感じられるようになった作品だよね。

—次のアルバムもそんな感じですか?

また戻りつつあるんだよね(笑)。DODODOはゲストも豪華で、録音ということで色々な可能性を試してみた感じ。今はこのベースの音が格好いい、ドラムの音が、ギターの音がっていうだけでぐっとくるようなバンドのサウンドを出したいな。三人以外の音はなるべく入れない。その音がどの音なのかっていうのは、すごくこだわるようになったな。

—ブルー・ハーツのファースト・アルバムとかも「せえの!」でやっている感じがしますよね。

実は、あのアルバムもよく聴いていると、音楽的に素晴らしいんだよね。音以外の何か素晴らしいものがあるって気がするけど、そういう風な気持ちになるのってやっぱり音なんだよね。クラッシュのアルバムも意外と手が込んでたりして、ピアノが遠くにいるけど、これがないと駄目だとか、こんな所にフェイザーがかかっているだとか、そういうものがある。

—次回作そうとう期待しちゃいます!

オレが一番期待しているよ。かっこいい曲ができて、ライブの音源とか聴いて次はもっとこうしたいとか考えていて、それの究極がレコーディングして作ったアルバムなんだ。こんな音楽があったらいいのになっていうものを、自分の音楽で形にするわけなんだよね。だから、早く聴きたいんだ。

「音楽は流れて消えていくもの」

—音楽をデータで配信することについてはどう思いますか?

もともと、物にこだわらない方なんだよね。それに音楽の本質って流れて消えて、形なんて元々ないものだし、CDを作って録音する歴史なんてわずかじゃん。そうやって流れて曲が終わったらなくなっちゃうのに、ずっと心に残っているから音楽って表現は好きなんだ。忘れちゃったり、ふっとした匂いとかで思い出したりするからさ。そういう音楽の持っている特徴からしたら、CDとか物として形に残らなくても、配信でその時いいと思って聴いて、よくないなら削除して、それはそれとして風のように流れていったんだから、いいんじゃないかな。


マーガレット・ズロース LIVE SCHEDULE

都会の迷子さんvol.10〜新春SP キミは僕のうた〜

2009/01/12(mon)@代々木Zher the ZOO
OPEN/18:00 START/18:30
adv./2300 door/2500(+1drink)
w/ おとぎ話 / 前野健太とDAVID BOWIEたち
オープニングアクト:いなかやろう
サブステージ:あだち麗三郎

2009/02/13(fri)@那須・Garden House SARA
OPEN/19:30 START/20:00
料金未定
※マガズロ・アコースティックでのライブになります

魁!!男道企画 第一回『男だらけのパジャマパーティー』

2009/02/14(sat)@いわき・ClubSONIC
OPEN/19:30 START/20:00
料金未定
詳細未定
w/ 魁!!男道 / To overflow evidence / freaky freaks / ベロドラマ
オープニングアクト:ミカタ&マッツン

つくば・kitchen Soya

2009/02/15(sun)@つくば・kitchen Soya
OPEN/19:30 START/20:00
料金未定
詳細未定
※マガズロ・アコースティックでのライブになります

マガズロとトラベル

2009/02/21(sat)@梅田扇町・ムジカジャポニカ
OPEN/18:00 START/19:00
adv./2200 door/2500(+1drink)
w/ 奇妙礼太郎とトラベルスィング楽団

魔界大宴会!vol.15

2009/02/22(sun)@京都・クラブメトロ
OPEN/17:00 START/18:00
adv./2400 door/2800(+1drink)
w/ 騒音寺 / TheNeatBeats / カルガモネンド

「世界は変わる」

マーガレット・ズロースの「世界は変わる」vol.4

2009/02/27(fri)@Shibuya O-nest
OPEN/18:30 START/19:00
adv./3000 door/3500(+1drink)
w/ マーガレット・ズロース / アナログフィッシュ

マーガレット・ズロースの「世界は変わる」vol.5

2009/03/29(sun)@京都磔磔
詳細未定
料金未定
w/ マーガレット・ズロース / 東京60WATTS

平井正也 ソロ LIVE SCHEDULE

「平井正也、おおいにうたう 〜『こんぺいとう』全曲カバーナイト!〜」

2009/01/17(sat)@祖師ヶ谷大蔵 cafe MURIWUI
OPEN/START 19:00〜
投げ銭+1オーダー
スペシャルゲスト&サポート:常盤ゆう(risette)

「平井正也、おおいにうたう 〜Organ's Melody2DAYS〜」

2009/01/31(sat)@Organ's Melody(山口市湯田温泉3-7-7)
OPEN/18:00〜
adv./1800 door/2000(+1drink)
★佐々木匡士の印度カリー発売決定
※2日通し券は¥3,000となります。
w/ 平井正也 / 魚座(北九州) / ヒーローズ(北九州) / ふるしょうたすく / 第3弱者 / and more?
問い合わせは以下まで
e-mail : nowave@m6.dion.ne.jp

「平井正也、おおいにうたう 〜Organ's Melody2DAYS〜」

2009/02/01(sun)@Organ's Melody(山口市湯田温泉3-7-7)
OPEN/18:00〜
adv./1800 door/2000(+1drink)
★佐々木匡士の印度カリー発売決定
※2日通し券は¥3,000となります。
w/ 平井正也 / オヒルノドン / まだら / THEフラフープス / and more?
問い合わせは以下まで
e-mail : nowave@m6.dion.ne.jp

『平井正也、おおいにうたう 〜ふなとさんと二人旅 福岡編〜』

2009/02/04(wed)@福岡県柳川市 caffe RABISTA
料金:前売/当日
詳細未定・近日決定
w/ 平井正也+船戸博史(ウッドベース)

『平井正也、おおいにうたう 〜ふなとさんと二人旅 福岡編〜』

2009/02/05(thu)@福岡市 juke joint
料金:前売/当日
詳細未定・近日決定
w/ 平井正也+船戸博史(ウッドベース)

LINK

結成以来、日本語ロックの王道を歩んできた3ピース・ロック・バンド。2000年より順調に4枚のアルバムをリリースした後、2006年4月には自主レーベル・オッフォン・レコードを設立し、5thアルバム「DODODO」をリリースする。「DODODO」のレコ発ツアーでは10ヶ所のワンマン・ライブを含む全国ツアーも敢行し各地で大反響を得るなど、ライブ・バンドとしての評価も高い。早川義夫、遠藤賢司、友部正人、バンバンバザール、知久寿焼ら、自らリスペクトするミュージシャンとの共演を重ね、幅広いジャンルの客層から支持を受けている。

平井正也(ボーカル、ギター)
岡野大輔(ベース、コーラス)
粕谷裕一(ドラム、コーラス)

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事