国内外に関わらず現在のインディペンデント・レーベルにおいて主流となっているのは、アーティスト自らがオーナーを務めるアーティスト・レーベルだ。アーティスト・レーベルの利点は、オーナーとなるアーティストがレーベル自体の音楽性を体現しているためにコンセプトが明確で、さらにそのネーム・バリューよって自然と注目度も高くなる。しかしその反面、レーベル・オーナーの影響力が強すぎるためか、どうしても他の所属アーティストに焦点が向きにくく、オーナーが力を失えば自然とレーベルとしての力も失って行く。

今回紹介するop.discは、日本のミニマル系のDJとしてトップ・クラスの実力を持つ田中フミヤと、ヨーロッパを中心として国際的評価を得ている東洋随一のエレクトロニカ・アーティストである半野喜弘によるテクノ・レーベルだ。フランスのパリから帰国したばかりの半野氏にop.discが真にレーベルとして目指すものを聞いてみた。以下のインタビューを読めば、今後op.discが単なるアーティスト・レーベルとしてではなく、新たなレーベルの指標となっていく事を確信するだろう。

インタビュー&文 : 池田義文

DARTRIIX

自分たちでがんばってねっていうんじゃ、点を長い線にしていく事はできないと思った

—2005年にop.discを田中フミヤさんと始めたきっかけは?

お互いに90年代から名前は知っていたんだけど、シーンが違ったので同じ大阪で活動しつつも接点がなかったんです。その時にフミヤ君が当時やっていたMaskというパーティーに呼んでもらったのがきっかけで、よく一緒に呑むようになって、その頃から、レーベルなのか、パーティーなのかそういうのは決めずに、漠然と一緒に何かやりたいねという話をしていました。

—op.discの名前の由来は?

クラシックの作品番号「opus」です。つまり作品主義っていうこと。レーベルに何かがあるんじゃなく、作品がレーベルの主義を一番反映しているんだっていう思いがこもっています。コンセプトは特になくて、とりあえず自分たちがいいと思ったものを、アプト・プット出来る場を作るという事を第一に考えました。僕は自分の作品をリリースするレーベルを持っているし、フミヤ君も同じなので、自分たち以外の人を育てたり、紹介できる場所でありたいというのが大きな狙いでした。

—当時、若いアーティストのリリースが出来ない状況を感じていたのでしょうか?

ミニマル・ミュージックに関しては、フミヤ君は「もっと音源を出していてもいい人がいっぱいいるんですよね。」とは言っていましたね。俺は少し違うジャンルの場所にいたので、フミヤ君側のジャンルとうまくリンクする事で、もう少し広い受け皿になれないかなとは常に思っていました。

—それが当初のスプリット・アルバム中心のリリースにつながるのでしょうか?

そうそう。敢えて普段コラボレーションしないタイプの人たちをぶつけてみようと。opのコンセプトを一番解りやすく表明したシリーズですね。

—スプリット・アルバムのアーティストの組み合わせを選ぶのに苦労しませんでしたか?

解らないなりに想像するんですよ。この人とこの人だったら、もしかしたら面白いんじゃないかって。しかも、ほとんどがそのときまでに話をした事がないようなアーティスト同士の組み合わせでした。

—そのスプリット・シリーズから徐々に単独アーティストの作品リリースに変わっていったのはなぜでしょうか?

スプリットはレーベルの象徴だったんだけれども、徐々にレーベルの体質も変わってきました。スプリットでリリースしたアーティストを今度はどうやってバック・アップしていこうかと考えたんです。スプリット出してそれで終わりで、後は自分たちでがんばってねっていうんじゃ、点を長い線にしていく事はできないと思ったんです。

DITCH

音楽の一番根本にあるのは感情的な部分だと思う。

—op.discからリリースするアーティストをどのように見つけるのですか?

デモを貰ったりとか、ライヴを見ていいと思ったりとか、人から聴いてみたらよかったりとか。本当にバラバラで、作品がよければ向こうから言ってこなくても、こちらから声をかける事もあります。あとはタイミングですね。作品がよくても今すぐにこの作品をリリースできるという状況じゃなかったり、順番もあるから。それがレーベルとアーティストの縁なのかなって思いますね。

—判断基準は特にないと。

基本は聴いてよければですね。もちろんopと合う合わないっていうのはあるけれど、俺たちの好みやopのサウンドと同じじゃなくてもいいから、関連性が見えたら誰かが提案して、みんなで話し合う感じです。

—半野さんが描くop.discのイメージは?

5年続けてみて、今年が俺たちの新しい第二期の1年目という気持ちがあって、op.discも徐々に変わってきています。初期は音の細部をこだわっている部分が強かったんだけれども、今はもう少し大きい全体的なグルーブというか、ダイナミックに揺さぶれる音楽をリリースして行きたいなと思っています。今年の夏に全部オリジナルの楽曲で二枚組のコンピを出して、Liquid roomで長い時間パーティーをやったのもそういう思いの現れですね。

—レーベル・パーティーはどういった位置づけになるのでしょうか?

今のところはどうしても、年に一、二回なのでレーベル・アーティストを紹介したり、レーベルの状態を紹介するショー・ケース的な意味合いが強いのだけれども、この先はもう少しフォーマットを緩めて、バリエーションをつけて展開したいと思っています。

—最初のイベントがベルリンで行われていますが、どのような経緯で行われたのでしょうか?

偶然そういう話があって、始まったばかりで解らないからとりあえずイベントをしてみようという感じだったけれど、今はまず国内で下地を作りたいのと、もう少し海外へのアウト・プットの仕方をうまく整理したくて、どうしても海外でのイベントは先延ばしになってしまっていますね。

RADIQ

—五年経っても、アウト・プットの方法に納得いかない部分があるという事でしょうか?

地味に届いているとは思うけれど、決して自分たちが納得のいくアウト・プットの方法が見つかったわけではないね。ネガティヴな事は言いたくないけれど、特にここ何年間かVYNLの経済的な状況は決していいとは言えないので、自分たちの思った事が実現できるわけではないです。でもそれを実現するためには、がんばって続けて行くしかないですね。

—ここ十年でアナログからCD、CDからデータへとフォーマットの変化が著しいですが、その変化による影響を感じる事はありますか?

俺はフォーマットによる変化というのはあまり感じないんやけど、やりづらくはなってきていますね。俺は12インチでシングルを打つというよりは、アルバム単位という長い1時間のタームで作品を聞かせたいと考えて作ってきた。シングルはそれに向けて作るから全然大丈夫なんだけど。どうやって聞くかはリスナーの自由であって、アーティストが押し付ける必要はないけど、トータルで作ったものの中の一曲を抜いても、それは俺の作った世界観の一部でしかないというのは感じるかな。俺はDJ MIXと同じでアルバム全体の流れも大事だと思う。例えば5曲目で、30分ぐらいで聴くからぐっとくる曲とか、この曲の後にくるからこのイントロはすごくきれいに聞こえるとか。そういう部分を考えて作っているので。例えばパッと一瞬聴いて面白くないねってわからないじゃん。一時間前から聴いていたら、そこの五分間が面白いかもしれない。

—半野さん自身は様々な活動をしていますが、その活動の中で核となるものは一体何ですか?

俺はクラブ・ミュージックから、オーケストラまでやっているんだけれども、やっぱり音楽に必要なのはパッションだと思う。音楽の一番根本にあるのは感情的な部分だと思う。それはどんな音楽をやっても自分にとっては同じ。

—一般的にはミニマル・ミュージックはパッションを感じにくい、無機質な音楽というイメージがあると思うのですが・・・

ガーッと音を勢いよくかき鳴らすだけがパッションではなくて、静かな中にも強い意志があるのもパッションだと思う。おれはそういう部分が好きで、人生に対する深いパッションだったり。

—半野さん自身がop.discを始めて変わった部分はありますか?

やっぱり現場にいる時間がアーティストにとって大事なんだなと思うようになりましたね。頭の中で考えるとか、家で音楽を聴くとかだけじゃなくて、あの場で体感した事が今度自分が人を魅了する要素になる。そういう場にいって楽しむと、今度は自分がそこでやった時にその場にいる人たちを楽しませる事ができるんと違うかな。

—op.discのリリースは今のところ日本人のみですが、敢えてそういう制限をいれているのでしょうか?

そういうわけじゃないけれど、日本人のアーティストを紹介したいという思いは強いね。海外のネームのある人たちの作品をリリースして、レーベルを持ち上げようとは全く考えていない。従来だと割と良くあるパターンなんだけれども。

—op.discの目的はシーンの活性化ということですか?

そうですね。もちろん自分たちもそのシーンにいるから、自分たちのためでもあるけれど、若い人達の手助けをするということは、自分たちを含めた全体の為にやっているということなんですよね。

AOKI takamasa

田中フミヤや半野喜弘のレーベルということで終わらせたくない

—5年経った実感として、シーンの活性化を感じますか?

多少は根付いた感じはあるけれど、ここからもう一つ上に持ち上げる方法を俺たちは考えなくてはいけない。今はやっと根付いた、今度はそれを花咲かせるには何が足りないんだろうという事を、ここ何年間か考えて苦労しているところかな。キープするということではなく。キープすると、実はキープしているようで少し後ろ向きになって行くから。

—op.discの今後の展開を聴かせてください。

一番力を入れたいのは、やっぱり新しい世代のアウト・プットをもっと広げたいということ。だから、次のイベントにしても「op.discは僕とフミヤ君のレーベルです。」といっているけれど二人とも出演しない。さらにはネーム・バリューも集客力もある青木君を今回はあえてサブ・ステージにして、新しくリリースをした人たちを中心に、メイン・フロアは彼らに背負ってもらう。いわばそれがレーベルとしての表明。彼らは本当に力があるし、期待をしているからそこで全てを背負ってお客さんに「こいつらすごい」って言わせなくちゃいけない。そうやって、新しい時代のコミュニケーションが生まれていくと思う。ずっと続けている人たちが、上にいてその下にいっぱいひっついてますよ。ということだとレーベルとしては全然自立していかないと思うんです。だからもっと若い人たち、またその次の人たちとどんどん層になって、彼らが好きだからパーティーに来るお客さんが増えてきて、初めてレーベルなんかなっていう気がしてるんですよ。

—次回のopのイベントにはそういった意図が込められているわけですね。

そうそう。普通のオーガナイザーやったら絶対に青木君がメインだろうし、俺とかフミヤ君がいたら、レーベル・オーナーなんだから出てよという話なんだけど。それは敢えてしない。俺らは若いアーティストの事をすごくいいと思ってリリースしているので、彼らはお客さんを引きつけるだけの力を持っていると思っています。だから、彼らに期待もするし結果もだしてほしい。後はレーベルとして彼らが少しでも良い状況でやれるように、バックアップするだけ。

—最終的には半野さんやフミヤさんの手から離れて行くのが、理想ということでしょうか?

俺らは発起人でもあるし、レーベルの舵取りをしているのだけれど、田中フミヤや半野喜弘のレーベルということで終わらせたくない。だから、お客さんによっては田中フミヤとかRADIQってそうでもないけど、若い彼は最高だよっていう人がもっと増えてきたら、レーベルをやってよかったという事になると思う。それで、本当にシーンが活性化して、彼らだけでパーティーができれば、もっともっと面白くなっていくと思います。

EVENT SCHEDULE

2009.11.22 SUN
op.disc showcase hub

LINE UP :
LIVE :
ditch
Ryo Murakami
So Inagawa
Takuya Morita
DJ :
TAKAAKI ITOH
yoshiki

SALOON (B3F)
LIVE : AOKI takamasa
DJ :
DJ HIKARU
Keisuke Kondo
Shu Okuyama

INFORMATION :
OPEN : 23 : 00 START : 23 : 00
CHARGE :
WITH FLYER 2,500yen/DOOR 3,500yen
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID

op.disc Catalogue

Split Single Series

AOKI Takamasa

1976年大阪府出身、現在はドイツ・ベルリン在住。2001年初頭に自身にとってのファースト・アルバム「SILICOM」をリリースして以来、コンピューター/ソフトウェア・ベースの創作活動を中心としながら自らの方法論を常に冷静に見つめ続け、独自の音楽表現の領域を力強く押し拡げる気鋭のアーティスト。近年では自身のヴォーカルを全面に取り入れた作品やFat Cat RecordsよりリリースされたTujiko Norikoとのコラボレーション・アルバム、op.discでの4/4リズムを用いたミニマル・トラックへのチャレンジ、英国BBCラジオ・プログラム [One World]への楽曲提供(The Beatles 'i will'のカヴァー)、YCAMでのコンテンポラリー・ダンサー/映像作家との共同制作など、その活動のフィールドはさらなる拡張を見せているが、青木孝允自身の表現が持つ存在感は常に確固たるものであり寸分の揺らぎも感じさせない。

ditch

本名コウノ・シンイチロウ。2001年以降、都内の各クラブでDJとしてミニマル・ハウス/テクノをプレイ。トラック制作をスタートさせてまだ間もない 2006年、Cabanne主宰のレーベルMinibar(FR)から『Kimidori EP』でデビュー。トラック・メイカーとしてのキャリアの浅さは全く感じさせないミニマルで豊かなグルーヴ、柔らかなテクスチャーはリリース後瞬く間に多くのDJから注視を集めた。以後Microcosm (US)、Goosehound (US)、Safari Electronique (UK)、Kalimari (CA)といったレーベル群から目覚ましいリリース群を重ねる。
2007年8月にはop.disc (JP) から先行シングル『precede me ep』に続き、1stアルバム『ditch weed』をリリース。その自由な発想、ユニークで鮮やかなサウンドには今後のさらなる飛躍を予感させる。

DARTRIIX

田中フミヤと半野喜弘によるユニット。
東京とパリ、それぞれの活動拠点を異にしながら地理的な条件を飛び越えた濃密なコラボレーション・ワークを展開。ともすればフォーマットの硬直化に陥る危うさを先天的に持つ4/4ミニマル・ミュージックという枠組みに限定しながらも、その規範と構造を2人それぞれの感性と自在なアイデアとであざやかに換骨奪胎してみせる軽やかさに注視が集まる。このコラボレーションが実現するもともとのきっかけは2人の音楽性・感性をぶつけ合った結果生まれる音楽に対する純粋な興味から。実際の制作プロセスでは互いにアイデアを提示しつつ、それに新たな視点や肉付けを加えたり、ときにはアイデアそれ自体の大胆な転換を試みたりと実に流動的で柔軟な共同作業を展開している。その作品群は様々な音楽要素が混沌としながらも複層的に連鎖し、容易には全体像を掴み切らせない斬新さを携えたミニマル・トラックとして結実。リズムの狭間で息づくグルーヴとその瞬間の連続性は比類の無い刺激に満ちている。彼ら2人が共同で運営するop.discでの12インチEPシリーズ3部作のリリースを経て、2007年11月には同じくop.discから1st album 『DARTRIIX』をリリース。ダンス・ミュージックとしての肉体的なしなやかさと精緻な音響彫刻が織りなす有機的なグルーヴを下敷きに、多様なテクスチャーの連鎖が複雑な生態系を形成するこのアルバムはこの2人が今後繰り広げるであろうさらなる活動の展開を期待させるに十分な強度を有している。

o

 
 

"label"の最新アーカイヴ

ノイズ対談vol.2! T.美川(非常階段、INCAPACITANTS) × Kazuma Kubota
[LABEL]・2013年04月25日・ 対談 : T.美川(非常階段、INCAPACITANTS) × Kazuma Kubota 前回の対談では、ノイズ・シーンの今について、平野Y([…]dotsmark)と吉田恭淑(GOVERNMENT ALPHA)に話を聞いた。今回は、日本ノイズ界の創成期からシーンの中核に身を置いているT.美川(非常階段、INCAPACITANTS)と、今後シーンの中核を担っていくであろうKazuma Kubotaの2人を招いて、ノイズの世界をさらに掘り下げた。彼らが思う今のノイズ・シーン、そして今後の展望とは。 また、Kubotaがリリースする『Two of a Kind』に寄せるかたちで、美川は「年寄りが跳梁跋扈する日本のノイズを、この男はいずれ背負って立つことになる」とコメントしている。その発言の真意や、Kubotaがこの音源に込めた思いなども、たっぷりと語ってもらった。前回の対談と合わせて、ディープなノイズの世界が垣間見える内容となっている。ノイズ・シーンは、30年の歴史を経て、今もなお進化を続けている。 インタビュー&文 : 前田将博 国内ノイズ・レーベル[…]dotsmarkからKazuma Kubotaがリ
by 純三
レーベル特集 onpa)))))
[LABEL]・2008年12月17日・ 日本から、ベルリンへ。ベルリンから、世界へ。良質な音楽は、海を越えて。 クラフトワークから、ジャン・ミシェルへ。YMOからkyokaへ。時代が移り変わろうとも、ドイツと日本のエレクトロニック・ミュージックは、どこか同じ匂いを漂わせながら、常に時代の先端を駆けている。そんな両国のシーンを繋げているonpa)))))というレーベルが、ベルリンにあるのをご存知だろうか? 両国の新進気鋭のエレクトロニック・ミュージック・アーティストのリリース&バック・アップだけでなく、ポッドキャストでベルリンの音楽事情を放送する等、伝わりくいエレクトロニック・シーンの風通しを良くしている。 インターネットの普及で、音楽産業のグローバル化より、ベルリン派(ベルリンに在中しなから制作する日本人アーティスト)等にみられるアーティストのグローバル化の方がよっぽど進んでしまった現在。特に中堅のレコード会社やインディーズ系の商品を扱う会社は、ビジネスとして対世界に発信出来るかどうかが、今後の重要な課題となっていくだろう。そんな状況にいち早く反応し、数年前から果敢に挑戦しているonpa)))))主催の羽生和仁氏に、メール・インタビューを行う事
by tripxtrip
PENGUINMARKET RECORDS5周年記念特集
[LABEL]・2010年10月06日・ PENGUINMARKET RECORDS 5th Anniversary 90年代後半のCDバブル期から下降を続けるレコード業界。反対に、ライヴ・ハウスには少しずつだが人が集まり、mixi(ミクシィ)やMySpace等の繋がるサービスが人気となり、アーティストとリスナーの距離は縮まりつづけている。そんな時代に、その間で奮闘するレーベルって、果たしているの? ってか、食えるの? そんな率直な質問を、インストゥルメンタル・バンドを中心に運営するインディーズ・レーベルPENGUINMARKET RECORDSに成り立ちも含めて聞いてみた。まだ5周年のこのレーベル。CDが売れないと言われているこの時代に、最も厳しいだろうコンピレーション・アルバムまで出してしまう挑戦的なレーベルだ。ただただ、真っすぐ自分達の思いにしたがって。このインタビューを読んだ後、こんな時代にこそこんなレーベルが必要だ! って思うだろう。 インタビュー&文 : JJ(Limited Express (has gone?)) 祝5周年!インストゥルメンタル・バンドを中心に運営する国内屈指のインディー・レーベルPENGUINMARKET REC
by JJ
知られざる韓国アンダーグラウンド・インディ・ミュージックの世界
[LABEL]・2013年06月20日・ INTERVIEW : 奥藤知子(utakata records) 日本の音楽シーンにアンダーグラウンドな世界があるように、韓国の音楽シーンにだってアンダーグラウンドでインディペンデントな世界はある。ただ、ディープな世界だったり、現地にいる耳の早いリスナーたちが支持している音楽をリアルタイムで知ることは難しい。知りたいけど、その核心をつくことができない。そんなもどかしい状況に一歩踏み込む糸口になるであろう3組の韓国人アーティストが6月末に一挙来日する。それにあわせ、「非英語圏のオルタナティヴなサウンドを専門に扱うレーベル」utakata recordsから、同3組のアーティストたちの作品を配信で同時リリース。この3組のサウンドを聴かせてもらい、斜め下から価値観を壊されていくような感覚に、僕は衝撃をうけてしまった。 ガレージ・ロックを基軸にしながら打ち込みなどの要素を取り込み、ライヴでは激しく軽やかなステップで肉体的躍動感をみせる2人組ユニット、Wedance。実際には行ったことがないのにアーティスト名に「山形」を冠する、ユニークさを武器にハウスで歌うソロ・アーティスト、Yamagata Tweakster
by 西澤 裕郎
NAXOSレーベルのクラシック作品を一挙配信開始! 〜OTOTOY CLASSICS〜
[LABEL]・2012年10月12日・ NAXOSレーベルのクラシック作品を一挙配信開始! HQD / スタンダードセレクション for OTOTOY / 話題沸騰「交響戦艦」シリーズ! OTOTOYに集まるような音楽好きなら、なにかのタイミングでクラシックに興味を持つことはあったりしますよね。「ま、聴いてみるか」くらいの。そんな感じ、大歓迎です。ギタリストの視点でパガニーニの超絶技巧ヴァイオリンが気になるとか、ミニマル好きがバッハにヤバさを感じるとか。そういえば、さかいゆうさんが以前ラジオ番組で「グル―ヴミュージックとしてのクラシック」なんて企画で冴えた視点を披露してくれたこともありました。最高でした。もちろん、たくさんの人がぐいぐいハマって詳しくなってくれたら、ウチのようなクラシック系レーベルとしてはありがたいんですが、そうじゃなくても全然。「この曲だけは好き」みたいな感じでオケーなんで、良かったらお友達にも教えてあげてください。 今回は、なかなか音源化されないレア曲満載のカタログで人気のNAXOSレーベルがOTOTOYに参入!ということで、教科書に出てくる有名作品から「これ、クラシックじゃなくね?」みたいな曲まで幅広くセレクトしてみました
【月狼レコード特集】レーベル・コンピ『黄昏讃歌』1〜3 & 全5タイトルの配信をスタート
[LABEL]・2012年06月11日・ オムニバス・シリーズ『黄昏讃歌』を含む全作品をOTOTOY独占で配信スタート!! 2006年に設立され、ライヴ・ハウスで活動している日本語パンクを中心としたバンドを取り上げてきたレーベル、月狼RECORDの全作品を、OTOTOY独占で配信開始!! すでに廃盤になっている『黄昏讃歌』シリーズの1、2に加え、2011年3月にリリースされた最新作『黄昏讃歌3』、レーベル・オーナー柳沢英則のバンドWHITE LOSER、HIBIKIのアルバムも配信しちゃいます。しかも、なんと全アルバムから1曲ずつフリー・ダウンロード可能(WHITE LOSERのみE.Pをフリー・ダウンロード)!! さらに柳沢英則による福島への熱い文章、ライヴ・ハウスの店長たちからのコメントもあります。ライヴ・ハウスに近い場所から、周りにいるかっこいいバンドたちを紹介する、熱い志しを持ったレーベル、月狼RECORDを大特集いたします。 月狼RECORDのオムニバス・アルバムV.A. /黄昏賛歌【配信形態 / 価格】WAV / mp3 共にアルバム販売のみ 500円【収録アーティスト】WHITE LOSER、Ruffian、epoxy、SIGH、f
レーベル特集 POPGROUP Recordings
[LABEL]・2009年05月01日・ 夏フェスが始まる。どのラインナップも素晴らしいと思うんだけど、なぜか行く気がしない。音楽フェスティバルが氾濫し、独立したカルチャーとして動き出したために、毎日の現場=ライブ・ハウスやクラブで興っているリアリティとはほど遠く、退屈に感じてしまうから。 2008年4月26日、27日にKAIKOO meets REVOLUTIONというイベントが横浜のZAIMで行われた。レーベルPOPGROUPと横浜/湘南地区で活動するMEETS★REVOLUTIONの共同主催。アンダーグラウンドからオーバーグラウンド、ビートものから歌もの、EYE(from BOREDOMS)からNICE VIEWまで、TVでは決して目撃できない最新のミュージック・シーンのリアルが映し出しされた。チケットはソールド・アウト。6000人も集客したのだから、いかにリスナーがこのようなイベントを求めていたのかがわかる。またPOPGROUPを固める布陣は、DJ BAKU、BLACK GANION、RUMIやoak等の超個性派ぞろい。KAIKOO meets REVOLUTIONにどんなビッグ・アーティストが名を連ねようと、このイベントが彼ら主催である
by JJ
高橋健太郎×阿部淳一が魅力を語る East Worksの高音質音源
[LABEL]・2010年06月29日・ 菊地成孔や南博等、ジャズを中心に音質にこだわったリリースを続けるEast Worksの12タイトルもの音源が、なんとHQD(24bit 48kの高音質音源)で発売する。HQDの配信は、クラムボンの『2010』やTOEの『For Long Tomorrow』等のリリースで大きく盛り上がり、明らかに通常のCDよりも音が良いことが認識され始めた。また多くのアーティストが、HQDの配信に挑戦したいと名乗りを上げている。e-onkyo music等の他社サイトも、HQDよりもさらに音質の良い24bit 96kの高音質音源の配信に挑戦し続け、成果をあげているようだ。とは言え、まだまだ一般層にまで届いていないのが現状であろう。配信音源が携帯電話でダウンロードされるのではなく、もっと良い環境で聞かれるためには、高音質音源の広まりが、大きな鍵を握っているのは間違いない。そこで、OTOTOYでHQDを提唱する高橋健太郎と、高音質音源にこだわり続けるEast Worksからオーディオにも精通している阿部淳一に、高音質の魅力とその行く末を語ってもらった。(text by 飯田仁一郎) East WorksのHQD作品を一挙配信
by JJ
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事