album jacket
TitleDurationPrice
Cocolo Kara  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:36 Add Track
Telstar Man  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:10 Add Track
Psycho Acoustic Pinball Machine  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:30 Add Track
Cocolo Kara -Andrei Zueff remix-  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:09 Add Track
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 25:25
Album Info

デビューから2年、 Mijk van DijkとTobynationによる独日義兄弟ユニットBrothers In Rawが遂に復活。 前作 『Ach-So!』 はラヴ・パレードでDr. Motteによってプレイされるなどドイツを中心にヒット。 その後、 Mijkのアルバム 『チームワーク』 での共作を経て、 しばらくふたりは別々に活動する。 Mijkはプレイステーション2の 『リッジレーサーV』 や 『アーマード・コア2』 の音楽に参加し話題となり、 またTobyはドイツのPVから作品を発表したり、 自らのパーティーEnter The NationにSven Vath、 Pascal F.E.O.Sなど大物ゲストを招いてシーンを盛り上げた。 今回新たに録音された3曲は、 どれもテイストが違うが、 それぞれ個性的でふたりにしか作れない世界を描き出している。 特に、 タイトル曲となる“Cocolo Kara”は久々にふたりらしい、 アッパーでポジティヴなヴァイヴに溢れたものだ。 さらに、 ふたりの熱烈な要望で、 CDのみロシア人アーティストAndrei Zueffのリミックスを収録。 (発売当時の情報を掲載しています。 ご了承下さい。 )

People who bought this album also bought

Discography

Articles

レーベル特集 frogman records

インタヴュー

レーベル特集 frogman records

'''日本のテクノ・レーベルはここから始まった'''「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージックが大盛り上がりを見せた2008年。テレビ、ラジオやカラオケからはあたりまえのように四つ打ちのエレクトロ・ミュ…