album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Ameria  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:27
Take it Easy  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:00
Right Arm  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:02
Ghetto Fabulous  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:14
5
The MEN come from a BEATS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:49 Expired
Wrong Number  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:10
CASA  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:20
Itches  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:39
SAKURA BLUE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:47
Ripe Mole  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:44
Eternal Dreams  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:44
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 71:56

Discography

Dance/Electronica

「楽しみながら作品を作ったことはない、ぶっ飛んで作るか、涙を流しながら作るかだ」と、1997年暮れの池尻での取材で横田はぼくに語っている。『symbol』が涙を流しながら作った作品であることは、何度か彼を取材した人間として言わせてもらえれば、間違いない。──野田努(ele-king)

13 tracks
Dance/Electronica

2015年3月27日に他界したススムヨコタ。彼の作品を追悼する再発シリーズもいよいよマニア垂涎のRINGO名義での作品をリリース。当時のヨコタは名義ごとに作風を使いわけていたが、RINGO名義の作品はテクノ・クラシックとして中古市場でも高値で取引されている入手困難な作品となっている。今でもベスト・アルバムに掲げる人が多い初期の中の名盤!LOVE&SWEETを標榜する、ポップなヨコタハウスがここから始まった。1995年作品。オマー・ロドリゲス・ロペス、未発表音源を収めたソロ・アルバム12作をデジタル配信

10 tracks
Dance/Electronica

2015年3月24日、54歳の若さでこの世を去った孤高のテクノ・アーティスト、ススム・ヨコタ追悼盤のリイシュー第2弾。本作は、ススム・ヨコタがプリズム名義でリリースした不朽の名作。“不思議な優しさ”の満ち溢れた雰囲気は後の作品でも引き継がれ、ヨコタ流ハウスの源流となり、日本でのファンも多い。

10 tracks
Dance/Electronica

ススムヨコタ名義では初のリリースとなったデビューアル バム。 アートワークでもトリビュートされている、葛飾北斎の「赤 富士」にインスパイアされた、アシッディーでアンビエン トなありし日のカルチャーの空気感を描写した名盤。 全編を通じて、脳内がねじりきられるような狂った情感 に充ちている。

14 tracks
Dance/Electronica

遊び心いっぱいで、楽しいサックス四重奏団。ジャズ・ロック・ポップス・ブラジリアン・タンゴ・ミュゼット・日本民謡・バロック音楽まで、クアドラ色に染め上げて、パワフルな演奏を展開。四管のサックスが織りなす音の世界を堪能してください。

14 tracks
Dance/Electronica

10 tracks
Dance/Electronica

'85年に当時最新鋭のサンプリング技術を駆使し、東京とロンドン間でデータをやりとりするという時代を先取りしたやり方で制作されたエレクトロ〜シンセ・ポップのクラシック曲『フィールド・ワーク』。元YMOの“教授”こと坂本龍一と、「彼女はサイエンス」のヒットで世界中で人気だったトーマス・ドルビーのコラボレーションという話題性も手伝い、日本のみならずヨーロッパでもヒットし、約20年が経った現在でも熱心なファンの多い曲だ。日本を代表するテクノ・レーベル、フロッグマンの設立10周年をお祝いする意味で、スウェーデン(ストックホルム)の鬼才Hakan Lidboが挑戦したのは日本との関係も深いこの曲のカヴァーだった。原曲ではトーマス・ドルビーが唄ったヴォーカル・パートを、自らの歌をヴォコーダー処理してよりエレクトロ味を強調し、Data 80名義でお馴染みのロマンティックでメロウなトラックに仕上げている。さらに、こちらも原曲の大ファンだったというドイツはブレーメンのテクノ・マエストロ、Thomas Schumacherがリミキサーとして参加。原曲の持ち味を生かしながらも、TB-303を大人っぽく使った新しいアシッド・テイストもブレンドし、DJユースにも十二分に対応するフロア向けのトラックへとリファインした。CDオンリーで、東京からはKAGAMIが急遽リミキサーとして参加。原曲を知らなかったというKAGAMIだが、Hakanの唄、そしてThomasのリミックスに触発され、KAGAMIらしい元気にあふれた、しかも原曲のメロウなテイストも活かした絶妙な作品を仕上げた。さらにCDには特別ボーナス・トラックとして、日本語・ドイツ語・スウェーデン語で参加アーティストやフロッグマン・スタッフが自分たちの10年前、20年前というテーマで語った声をコラージュ&エフェクトしたユニークな曲を収録。どんなことが語られているのか、解読するのも楽しいだろう。(発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

5 tracks
Dance/Electronica

PLAY LABELからリリースされたアルバム。

10 tracks
Dance/Electronica

ディスコハウスへのオマージュだった1998-ZEROの3部作から、更にダンス色を進化させていった意欲作。UKやヨーロッパへもライセンスされたススムヨコタの中で最も爽快でJAZZ色の強いダンスアルバム。

11 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

AYANE SHINO 、ススムヨコタ名盤のクラシックギターカバーでデビュー

AYANE SHINO 、ススムヨコタ名盤のクラシックギターカバーでデビュー

ギタリスト・AYANE SHINOのアルバム『SAKURA』が、4月28日(水)にリリースされる。 デビュー作となる今作は、2015 年に惜しくも他界したジャパニーズ・テクノのパイオニア Susumu Yokotaが2000年にリリースした名盤『Saku

【今週末開催】ススムヨコタの三回忌イベントを3月18日に青山VENTで開催

【今週末開催】ススムヨコタの三回忌イベントを3月18日に青山VENTで開催

もっとも早くから海外のテクノ・シーンでも高い評価を受けていたアーティスト、横田進。 その後もコンスタントに作品をリリースし続け、海外、そして国内の多数のレーベルから名作をリリースし続けてきた。その作品は、現在でも高値で取引される作品が多数ある。 しかし残

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

今年で3年目を迎える、恵比寿〈LIQUIDROOM〉で行われる〈-Electronic Music of Art Festival Tokyo〉通称、〈EMAF TOKYO〉。今年も11月7日(土)に恵比寿〈LIQUIDROOM〉にて開催。 今年はドイツ

Articles

レーベル特集 frogman records

インタヴュー

レーベル特集 frogman records

「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージックが大盛り上がりを見せた2008年。テレビ、ラジオやカラオケからはあたりまえのように四つ打ちのエレクトロ・ミュージックが流れ、お茶の間レベルで“テクノ”という音楽…