album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Ameria  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:27
Take it Easy  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:00
Right Arm  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:02
Ghetto Fabulous  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:14
5
The MEN come from a BEATS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:49 Expired
Wrong Number  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:10
CASA  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:20
Itches  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:39
SAKURA BLUE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:47
Ripe Mole  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:44
Eternal Dreams  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:44
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 71:56

Discography

Dance/Electronica

2015年3月24日、54歳の若さでこの世を去った孤高のテクノ・アーティスト、ススム・ヨコタ追悼盤のリイシュー第2弾。本作は、ススム・ヨコタがプリズム名義でリリースした不朽の名作。“不思議な優しさ”の満ち溢れた雰囲気は後の作品でも引き継がれ、ヨコタ流ハウスの源流となり、日本でのファンも多い。

Dance/Electronica

ススムヨコタ名義では初のリリースとなったデビューアル バム。 アートワークでもトリビュートされている、葛飾北斎の「赤 富士」にインスパイアされた、アシッディーでアンビエン トなありし日のカルチャーの空気感を描写した名盤。 全編を通じて、脳内がねじりきられるような狂った情感 に充ちている。

Dance/Electronica

遊び心いっぱいで、楽しいサックス四重奏団。ジャズ・ロック・ポップス・ブラジリアン・タンゴ・ミュゼット・日本民謡・バロック音楽まで、クアドラ色に染め上げて、パワフルな演奏を展開。四管のサックスが織りなす音の世界を堪能してください。

Dance/Electronica

'85年に当時最新鋭のサンプリング技術を駆使し、東京とロンドン間でデータをやりとりするという時代を先取りしたやり方で制作されたエレクトロ〜シンセ・ポップのクラシック曲『フィールド・ワーク』。元YMOの“教授”こと坂本龍一と、「彼女はサイエンス」のヒットで世界中で人気だったトーマス・ドルビーのコラボレーションという話題性も手伝い、日本のみならずヨーロッパでもヒットし、約20年が経った現在でも熱心なファンの多い曲だ。日本を代表するテクノ・レーベル、フロッグマンの設立10周年をお祝いする意味で、スウェーデン(ストックホルム)の鬼才Hakan Lidboが挑戦したのは日本との関係も深いこの曲のカヴァーだった。原曲ではトーマス・ドルビーが唄ったヴォーカル・パートを、自らの歌をヴォコーダー処理してよりエレクトロ味を強調し、Data 80名義でお馴染みのロマンティックでメロウなトラックに仕上げている。さらに、こちらも原曲の大ファンだったというドイツはブレーメンのテクノ・マエストロ、Thomas Schumacherがリミキサーとして参加。原曲の持ち味を生かしながらも、TB-303を大人っぽく使った新しいアシッド・テイストもブレンドし、DJユースにも十二分に対応するフロア向けのトラックへとリファインした。CDオンリーで、東京からはKAGAMIが急遽リミキサーとして参加。原曲を知らなかったというKAGAMIだが、Hakanの唄、そしてThomasのリミックスに触発され、KAGAMIらしい元気にあふれた、しかも原曲のメロウなテイストも活かした絶妙な作品を仕上げた。さらにCDには特別ボーナス・トラックとして、日本語・ドイツ語・スウェーデン語で参加アーティストやフロッグマン・スタッフが自分たちの10年前、20年前というテーマで語った声をコラージュ&エフェクトしたユニークな曲を収録。どんなことが語られているのか、解読するのも楽しいだろう。(発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

Dance/Electronica

Kagami、Anazaworldとヒットを続け勢いに乗るフロッグマンが21世紀初のリリースとして自信を持って送り出すのが、彗星のように登場した20歳の新人Hirofumi Goto。流麗なメロディーに美しいハーモニー、力強いリズムと多彩な音色…音楽家なら誰もが夢想する“ひとを惹きつける要素”のすべてを自在に使いこなし、シーンに殴り込みをかける。中学でサックスを始め、音楽高校音大というクラシックの道に進みながらもドロップアウト。しかし、シンセサイザーを手にしたときから「俺はこれで喰っていく」と思ったという。ダンス・ミュージックとの出会いで、180度変わってしまった彼の人生は、このアルバムから切り拓かれていく。remix編集部西山氏やTechniqueの佐久間英夫氏などからも絶賛されたその音は、まさに新人離れした発想とテクニックを持っていると言えるだろう。あなたもそのグルーヴィーな音のマッサージに身体を委ねてみてほしい。(発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

Dance/Electronica

ハウスの聖地シカゴからやってきたエムフォンは、すでに自らのレーベルCHICAGO DEEP RECORDSをはじめ、ベルリンのBCC、スコットランドのSOMA、ニューヨークのSM:)E、STRICTLY RHYTHMと名門レーベルから次々と作品を発表し、話題になっているアーティスト。黒人特有のグルーヴ感、そしてハウス/テクノ/ディスコ/ファンクを横断する若く柔軟なセンスは多くのDJに支持され、STRICTLYのスタッフをして「次世代のダフト・パンク」と言わしめた。アナログのみでリリースされてきたMFONの作品が初めて日本のリスナーの前に姿を現す。 (発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

V.A.

ドイツ、スウェーデン、オーストリア、イギリス…世界で静かに支持を集めてきた境界の音。テクノであり、ハウスであり、ダブであり、実験音響であり。リスニングとしてはもちろんクラブ・トラックとしても楽しめる。イケイケでアッパーなだけがテクノやハウスではないということを身をもって示した、ここ数年のテックハウス/ミニマルハウスの隆盛。そんな世界的流れに呼応するように、日本人アーティストを中心に編まれたのが今回のアルバム『U.S.B.』だ。フロッグマンからの味わい深いハウス・アルバムで話題となった後藤宏文、普段とは違うしっとりした展開のジ・アナザワールド、新人離れしたディープな音を追求するメキシコ、ドイツのレーベルで活躍しているヒサシ・イトウ(今回はユロ名義で参加)、さらにはシカゴのMFON、スウェーデンのハカン・リドボ(=ストックホルム・デカダンス)と、ひとつのジャンルでは括れない音を創るアーティストが結集した。静かに、切なく心にしみわたるブルーなサウンド。熟すことのない永遠の青いとき。(発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

News

【今週末開催】ススムヨコタの三回忌イベントを3月18日に青山VENTで開催

【今週末開催】ススムヨコタの三回忌イベントを3月18日に青山VENTで開催

もっとも早くから海外のテクノ・シーンでも高い評価を受けていたアーティスト、横田進。 その後もコンスタントに作品をリリースし続け、海外、そして国内の多数のレーベルから名作をリリースし続けてきた。その作品は、現在でも高値で取引される作品が多数ある。 しかし残

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

今年で3年目を迎える、恵比寿〈LIQUIDROOM〉で行われる〈-Electronic Music of Art Festival Tokyo〉通称、〈EMAF TOKYO〉。今年も11月7日(土)に恵比寿〈LIQUIDROOM〉にて開催。 今年はドイツ

Articles

レーベル特集 frogman records

インタヴュー

レーベル特集 frogman records

'''日本のテクノ・レーベルはここから始まった'''「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージックが大盛り上がりを見せた2008年。テレビ、ラジオやカラオケからはあたりまえのように四つ打ちのエレクトロ・ミュ…