ロボピッチャー with リアル脱出ゲーム

ロボピッチャーの曲を聴いていると、幼い頃を懐かしむ歌でもないのに少年時代の事を思い出す。なぜだかはっきりしないまま、そんなロボピッチャーがずっと気になってた。でも今回、ライブを生で見た事もないのに、リアル脱出ゲーム「廃校の教室からの脱出」を制作する為にボーカルの加藤隆生さんと会う事が出来た。実際に話してみると、なぜそう感じたのかすぐにはっきりした。ロボピッチャーもSCRAP(加藤さんが編集長を務め、京都で3万部を発行するフリー・ペーパー)もリアル脱出ゲームも、加藤さんはお客さんよりも誰よりも少年のように楽しんでいた。土地勘のない東京で行うイベントに不安要素はたくさんあるはずなのに…。ただただワクワクしている加藤さんを見てこの人はどんな思いで音楽を作り、雑誌を作り、イベントを作っているのかが僕は無性に知りたくなった。

インタビュー & 文 : 池田 義文

INTERVIEW

配信シリーズ第3弾「ロボピッチャーの回」について

—前2作に比べて新曲「限りある世界で」は“ありふれた憂鬱”、“汚れた景色”、“足下の死骸を踏みつけて進め”とシリアスで内省的な歌詞が多く見られると思います。どういった経緯で「限りある世界で」が出来上がったのか教えて下さい。

ボロフェスタ'07の前日に血を吐くような思いで作った。もう死ぬかもしれんと思うくらい追い詰められていたけど、そんな気分がぱちっと言葉になったのだと思う。憂鬱ってだいたいいつもありふれていて、あらゆる感情の裏側に張り付いているものだと思います。

—高木敏光さん(5000万アクセスを数えるという超人気のWeb脱出ゲーム「クリムゾン・ルーム」の原作者)との対談の中で「限られているからこそ、制約があるからこそ想像が広がる」とおっしゃっていましたが、情報や物が溢れるこの時代で「限りある世界」だと感じるのはどんな時ですか?

どんなに声高に「世界は広い!可能性は無限だ!」といっても僕等の目や身体がたどり着く世界には限界があります。もっともっと知りたくて、メディアに頼って、情報を集めてなんでも知っているような気持ちになっちゃうけど、それよりこの世界は限りあるんだと認識して、自分なりのルールを作れば、その枠の中に無限の可能性を具体的に詰め込めると思うんですね。音楽を作ることもゲームを作ることもイベントを作ることも一緒だけど、結局は限りなくある可能性の中から一つずつ物事を選んで、可能性を狭めていく作業です。狭めるときにきちんとしたルールがあれば、良いものになります。なんとなく無限の可能性のある地平線を目指せ! っていうメッセージは僕にはとても無責任に思えます。限りあると規定したこの世界で、自分に出来ることはなにかを考えることがより具体的で確実な世界観を構築すると思います。

—次回が配信でのリリースの完結編となりますが、次回作について何か決まっている事があれば教えて下さい。

次回は、かなり昔に作った曲と、最新の曲を配信する予定です。そうとうすごいですよ。次は。中学・高校時代の彼女からもらった膨大な手紙を焼いたときの曲です。書いているだけで切なさでキーボードを叩く指が震えます。

リアル脱出ゲームについて

—最初に始めようと思ったきっかけを教えて下さい。またその時の周りの人たちの反応はどうでしたか?

きっかけはSCRAPの会議の中で、なんか面白いことないかなあと話しているうちにスタッフの女の子が「私今脱出ゲームにはまっています!」と言ったので、じゃあ脱出ゲームのイベントをやってみようかと思ってやってみた。ずっと平面を空間にするイベント作りをしてきたから、そんなに斬新なことをしたというよりは、webゲームをそのまま空間に移し変えただけだった。スタッフもみんな「ああなるほどー。それは面白そうですねー」という感じだった。僕の周りでは、普通に受け取られた。

—仮想世界から現実世界の「脱出ゲーム」にするために苦労した事、またはこだわっている部分はどんな事ですか?

苦労したのは現実だから、必要ないものもゲットできてしまうこと。画面上ならストーリーに関係あるものしか反応しないけど、現実世界では目に入るもの全てを手に入れることが出来る。会場の人も忘れていたような変な鉄の棒とかをお客さんが意気揚々と発見して「アイテムを発見した!」と叫んでいるのを見て、胸が痛くなったことが何度もある。

こだわっているのは、勘や知識で解決するのではなく、きちんと論理的に考えさえすれば誰でも解ける謎にすること。なんとなく解けるのではなくて、ロジックがなくては解けたときの快感がやってこない。

—東京で開催すると発表した時の反応のすごさに正直驚きました。このゲームの魅力はどんな所にあると思いますか?

物語の中に入っていける点だと思います。僕はずっと子供の頃から小説や漫画の世界に入ってみたいなあと思っていました。脱出ゲームは実際に自分の身体と頭を使って物語を進めないと先に進めない。だからまるで自分が物語の登場人物になったような喜びを感じるんだと思います。やっぱ、人が解決した事件の本を読むより、自分で解決したいんですよ。みんな。

—僕自身、実はまだ参加した事がありません。脱出するのに一番必要な事、大切な事を教えて下さい。

論理的思考です。そして注意深い観察力と、丁寧な捜査力です。あとは製作者の意図を読めたりすると早いです。

—幼い頃、実際にどこかに閉じ込められたりした経験はありますか?また加藤さん自身が「脱出」してみたい場所はありますか?

森の奥の洋館とかで脱出ゲームをしてみたいです。バイオハザード1の舞台みたいなところで。閉じ込められた経験はないけど、鍵を忘れて自分の家に必死で侵入したことはあります。脱出ゲームの反対ですね。

—今回参加するお客さんに、メッセージ(または挑戦状!?)をお願いします。

ほとんどの人が初参加だと思うので、まずは思いのままに行動してみてください。そのうちに、漫然と動くだけではこの世界は動かないと分かるはずです。じっくりと観察して、考えて、行動すれば物語はどんどん広がっていきます。どうぞ脱出ゲームの世界を隅々まで楽しんでください。

—最後の質問です。ロボピッチャーと脱出ゲームは加藤さんの中ではどのようにつながっていますか?

ロボピッチャーは「今ここにないもの」についての音楽です。
脱出ゲームは「謎」について体感できる遊びです。
「今ここにないもの」はつまり「謎」です。

僕等の未来はつまりすべて謎で出来ていて、ロボピッチャーもまた未来についての音楽で、両方とも全く同じ脳みそを使って作っています。受け取る人はどうとるかわからないけれど、僕の中では同じくらいクリエイティブで、両方ともに熱いメッセージが込められています。

ロボピッチャー LIVE SCHEDULE

  • 2/20(fri) 『DIVE IN BLUE』@京都・KYOTO MUSE
OPEN 18:00
前売¥2800 当日¥3300 (いずれもDrink別)
w /ザ・コレクターズ / ザ・サイクロンズ / MOVIN' ON THE GROOVE / ロボピッチャー

LINK

DISCOGRAPHY

ロボピッチャーの起
配信限定リリースの第1弾シングル。ジャズ・アレンジのシャッフル・ビートが軽快な「ロマンチック探偵」。ボコーダーを使用した4つ打ちダンス・ビートの「パンダーマン」が収録されている。ロボピッチャーの一筋縄ではいかないひねくれポップが炸裂した傑作。

ロボピッチャーの死
配信限定リリースの第2弾。加藤隆生の想いがストレートに表れた文字通りの「Love Song」。力強いその声とシンプルなメロディが聴く者の心を動かす名曲です。結成わずか1ヵ月後にデモ音源として録音された「Question Repeater」。それを新たにマスタリングしたもの。ロボピッチャーの幅広い音楽性と独特のポップ・センスが融合した名盤です!!

ロボピッチャー

2002年の1月に結成。京大の西部講堂で行われるBorofestaや大阪城野外音楽堂で行われるSAL CULTUREを主催。ワーナー・インディーズ・ネットワークより『消えた3ページ』、ファースト・エイド・ネットワークより『透明ランナー』『まぼろしコントロール』の3枚のミニ・アルバムを発売。2006年9月に待望の1stフル・アルバム『アリバイと40人の盗賊』を発表。又、ボーカル・ギターの加藤隆生は、京都のカルチャー・フリーペーパーSCRAPを発行。さらには、エフエム京都でラジオ番組「SCRAP RADIO」を持ち、ミニ・コンピレーションCD『これがほんとのアニソンじゃい!!』や脱出ゲーム、宝探しゲーム等のバラエティに飛んだ企画を発案&監修し人気を博している。

CLOSE UP : ジョン・フルシアンテ

CLOSE UP : Discharming man

CLOSE UP : MASS OF THE FERMENTING DREGS

CLOSE UP : BOGULTA

o

 
 

インタヴュー

新たな挑戦、さらなる結束──愛はズボーン、初の7inchシングル独占先行配信&インタヴュー公開
[INTERVIEW]・2017年10月20日・新たな挑戦、さらなる結束──愛はズボーン、初の7inchシングル独占先行配信&インタヴュー公開 音楽配信サイトのOTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉からのリリース企画第2弾として、愛はズボーンが『銀ギラ』をリリースする。結成当初から存在する〈ボンボンズボボン愛はズボーン〉というフレーズが印象的なバンドのテーマ・ソングに対して、この楽曲は「裏テーマ・ソング」として書かれた本作。バンドのサウンドもガムシャラなだけではない「叫び」をテーマに作られ、これまでの“愛はズボーンらしさ“といままでに無い新しい一面とを存分に発揮したた1曲となっている。こちらリリースはOTOTOYでの配信と7inchでの販売のみ。さらにOTOTOYでは、レコードの日(11月3日)の発売より2週間先行でリリースを実施! アナログ盤よりもお先にお楽しみいただけます。完成するまでに、紆余曲折ありながらも確実に新たな1歩進めたと語られる本作。ぜひこちらのインタヴューとともにお楽しみください。 “TOYOTOY”からの第2弾流通作愛はズボーン / 銀ギラ'【配信形態】WAV、ALAC、F
by JJ
まさに“NEW”な魅力まみれ?! ──つしまみれ&つしまげる、メンバー4人インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月19日・まさに“NEW”な魅力まみれ?! ──つしまみれ&つしまげる、メンバー4人インタヴュー! つしまみれが新アルバム『NEW』をリリースした。約2年ぶりとなる今作は、これまで17年半活動をともにしてきたメンバー、みずえ(Dr)脱退を乗り超え、そして新ドラマー・まいこ加入後初となる作品となる。まさに“NEW”なつしまみれの、新たな物語のはじまりを告げる1枚となっている。OTOTOYでは今作の1週間先行配信を実施、さらにアルバム購入者には、新アルバム『NEW』についてメンバーが語った『『NEW』-帰ってきた副音声まみれ-』をはじめ豪華特典もご用意。さらに、新生「つしまみれ」のスタートに華を添えるべく誕生した、まり、やよい、元・嘘つきバービーのドラム・しげるによる遊び心満載の新バンド、“つしまげる”のデビュー・アルバム『つしまげる』も配信開始。OTOTOYでは“つしまみれ”と“つしまげる”のメンバー4人へのインタヴューをお届け! およそ2年ぶりの新アルバムをハイレゾ配信! OTOTOYだけの豪華特典も! つしまみれ / NEW (24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kH
by 純三
原点回帰と追い求める理想──自分達の歩幅で進み始めたgoodtimes、待望の初インタヴュー!
[INTERVIEW]・2017年10月18日・原点回帰と追い求める理想──自分達の歩幅で進み始めたgoodtimes、待望の初インタヴュー! 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼ら。この度、第8弾「みにくいいきもの」の配信を記念し、goodtimes初インタヴューを掲載する。彼らの過去の配信作もおさらいしながら楽しめる記事となっているので、楽曲と照らし合わせながら読み進めていただきたい。 goodtimes 「鈍感なふりを続ける心」に突き刺さる第8弾goodtimes / みにくいいきもの'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. みにくいいきもの INTERVIEW : 音楽を始めようって思ったきっかけは歌いたくなる曲だった 1度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディーと、無自覚になるまで心の奥底に沈めた本心を、いとも簡単に突くことで、着実に名を
by JJ
8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事