ANDREI ZUEFF

Discography

シベリア生まれでモスクワ在住のアンドリィ・ズィーフは、13歳のときに初めてレコードを買って音楽に目覚める。それはビートルズのアルバムだったという。アマチュア・バンドミュージシャンと音楽の道を進んだ彼の興味は、電子楽器やキーボードへと移っていく。ソビエト製シンセサイザーを買い集めた彼は、86年頃から、作曲家、スタジオ・プロデューサーとしてたくさんのロシアの人気プロジェクトに関わった。巷に溢れるモンドやラウンジ系とはひと味もふた味も違う感触、郷愁や寒い気候を感じさせる切ないメロディーに包み隠された狂気の音響、『キッチン・ワークス』と名付けられた本アルバムには、本当に驚きが溢れている。インターネットで知ったという遠く東京のレーベルにこの音が届いたときから、前代未聞のモスクワ東京コネクションが始まった。日本からの返答として、リョウ・アライ、アナザワールド、そしてススム・ヨコタの独自の解釈によるリミックスを加えたこの作品は、フロッグマン傘下のブレックファースト・シリーズ第二弾として、初めて“西側”のオーディエンスに届けられる。 (発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

Articles

レーベル特集 frogman records

インタヴュー

レーベル特集 frogman records

'''日本のテクノ・レーベルはここから始まった'''「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージックが大盛り上がりを見せた2008年。テレビ、ラジオやカラオケからはあたりまえのように四つ打ちのエレクトロ・ミュ…