News

2021年02月27日21時00分

 
大友良英ディレクション「アンサンブルズ東京」これまでの集大成となる動画・テキストコンテンツ公開
 

大友良英ディレクションによる参加型音楽祭典「アンサンブルズ東京」がこれまでの集大成となる動画・テキストコンテンツを本日2/27より公開した。

誰もが参加できる音楽フェスティバルとして、 音楽家・大友良英のディレクションのもと、 参加したすべての方がそれぞれの立場やあり方を超えて自分たちの手で新たな音楽の場を作り上げることを目指し2015年より実施してきたアンサンブルズ東京。

今年度で開催を終了することとなりアンサンブルズ東京の中でこれまで培ってきた、 ハンドサインを使いみんなで音楽を演奏する方法をまとめた動画やインタビューテキストを無料にて公開している。

アンサンブル動画では、日本を代表するノイズアーティスト「非常階段」、 アートや音楽の枠に捕らわれずに活躍するテニスコーツのさや、 注目の若手音楽家・打楽器奏者の角銅真実、 本イベントには毎年参加の芳垣安洋とOrquesta Nudge! Nudge!、 本イベントのディレクションを担う大友良英らが参加し、 プロジェクトFUKUSHIMA!監修のもと、 一般の参加者はカラフルな布を背景に演奏し、 動画の中で一つの大風呂敷が作り上げられている。

さらにライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE」にて、 3/18(木)に、 今年度ワークショップを実施したアーティスト等の出演が決定しているとのこと。

芸術監督 大友良英より

「誰でも参加できる」を合言葉に2015年から始まったみんなで作るフェスティバル「アンサンブルズ東京」。 最終年の2020年は盛大に盆踊りで幕を閉じたかったのですが、 コロナ禍がそれを許してはくれませんでした。 人が集まれない、 密になれないというのは、 音楽にとって、 とりわけ多くの人たちが参加する「アンサンブルズ東京」のような音楽の現場にとっては、 羽をもぎ取られたような感覚でした。
とはいえ、 くよくよ悩んでいても仕方ありません。 頭を切り替えて、 オンラインでのワークショップの可能性を探りつつ、 これまでやってきたことが何であったのか、 誰もが参加出来るようにするにはどんな仕組みや発想、 思想が必要なのかといったことを、 少しでも記録に残して、 この先に伝えることに力を入れることにしました。 わたしがこのフェスティバルで構想していたのは、 音楽の経験のあるなしは一切関係なく、 老若男女、 誰でも等しく参加できる音楽の祭りをやることでした。 背景には東日本大震災を経て、 この先、 どんな未来を創っていったらいいかという問いが常にありました。 自分たちの手で音楽を創っていく中で、 この問いを多くの人たちとシェアしていければと考えていました。 そして本当に 多くのみなさんがこの「祭り」に参加し「祭り」を創ってくれました。 そのことが何よりも嬉しかったし楽しかったです。
「アンサンブルズ東京」はこれで終わりますが、 音楽も祭りも人がいる限りどこかでずっとずっと続いていくものです。 この先も、 ここで経験したこと、 音を出したり踊ったりしたことが、 みなさんの未来に繋がっていくことを信じています。
2021年2月吉日 アンサンブルズ東京 芸術監督 大友良英

追記  震災から10年、 思うことあって、 様々な現場で祭りのディレクターのような仕事をしてきましたが、 おそらくこの肩書きで何かをするのは、 これが最後になると思います。 この先は、 いち音楽家として、 みなさんとどこかで出会えることを楽しみにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【アンサンブルズ東京 オンライン概要】

■動画・テキスト公開:2021年2月27日(土)~
■公開方法:公式ウェブサイト( https://www.ensembles.tokyo/ )にて
■参加アーティスト:大友良英、 角銅真実、 さや(テニスコーツ)、 非常階段、 芳垣安洋とOrquesta Nudge! Nudge!
■芸術監督:大友良英
■美術・装飾:プロジェクトFUKUSHIMA!
■主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、 アンサンブルズ東京実行委員会【P3 art and environment、 特定非営利活動法人大丸有エリアネジメント協会、 株式会社文化放送】
■助成・協力:東京都
■公式ウェブサイト: https://www.ensembles.tokyo/




あわせて読みたい