角銅真実

Pop

Discography

Pop
ceroのライヴサポートやアルバム制作、ジャズドラマー石若駿のプロジェクトSongbookへの参加や、様々なアートプロジェクトでの楽曲制作など多方面での活動で注目を集める音楽家、角銅真実のセカンド・アルバム。自分自身の生きている“気配”や“息遣いのようなテクスチュア”を出すことを意識した本作は、アンビエント・フォークを基盤に実験性とポップスが交差した自由な発想から生まれた作品集になった。

Related labels

News

〈カクバリズムの夏祭り〉追加出演にシャムキャッツ、bonobos、サイトウ”JxJx”ジュン、JUN KAMODAら

〈カクバリズムの夏祭り〉追加出演にシャムキャッツ、bonobos、サイトウ”JxJx”ジュン、JUN KAMODAら

真夏の祭典〈LIQUIDROOMの15周年記念公演カクバリズムの夏祭り〉の追加出演者が発表された。 カクバリズムと長年親交の深い、今年デビュー10周年を迎えたシャムキャッツと、いつでも最高のバンドサウンドを聞かせてくれるbonobosのLIVEアクトが追

キセル『The Blue Hour』&mei ehara『Sway』が7/30(火)にアナログで2作同日リリース

キセル『The Blue Hour』&mei ehara『Sway』が7/30(火)にアナログで2作同日リリース

2017年にリリースした名盤2作品のアナログリリースが決定した。 一作目は、今年結成20周年を迎えたキセルの『The Blue Hour』。キセルにしか出せない浮遊感の中に描き出される美しいサウンド、まるで脈々とつながる稜線のようなトーンに包まれた本作が

LIQUIDROOMの15周年記念公演〈カクバリズムの夏祭り〉出演者発表

LIQUIDROOMの15周年記念公演〈カクバリズムの夏祭り〉出演者発表

真夏の祭典’’LIQUIDROOMの15周年記念公演カクバリズムの夏祭り’’の出演者が例年より早く発表された。 カクバリズムが誇る大所帯ファンク&ソウルバンドの2組、在日ファンクと思い出野郎Aチーム、カクバリズム最年少のmei eharaに加え、cero

Dos Monos、アルバムリリースパーティ「Theater D vol.1 "Welcome to Dos City"」に豪華ゲストが決定

Dos Monos、アルバムリリースパーティ「Theater D vol.1 "Welcome to Dos City"」に豪華ゲストが決定

6月6日(木)に決定したDos Monosのアルバム『Dos City』のリリースパーティを兼ねた初の自主企画「Theater D vol.1 "Welcome to Dos City"」に豪華な顔ぶれのゲストが決定した。 Dos Monosがシンパシー

ジャガ・ジャジストから派生したジャズロック・プロジェクト、Amgala Templeのジャパン・ツアー決定

ジャガ・ジャジストから派生したジャズロック・プロジェクト、Amgala Templeのジャパン・ツアー決定

ジャガ・ジャジストのコア・メンバーであるLars Horntvethを中心にAmund Maarud、Gard Nilssenというノルウェーの異能プレイヤーが集結したAmgala Temple(アムガラ・テンプル)。 ジャズ・ロックの系譜を受け継ぎなが

折坂悠太、角銅真実、東郷清丸ら6組が「新しい試みにトライする」新イベント開催

折坂悠太、角銅真実、東郷清丸ら6組が「新しい試みにトライする」新イベント開催

ライヴ・イベント〈on the border〉が12月15日(土)に江ノ島OPPA-LAにて開催される。出演者は、折坂悠太、角銅真実、東郷清丸、荒井優作、ermhoi、hirotomo kauaiの6組。 企画のコンセプトは、「全出演者が新しい試みにトラ