【連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.2 ほげちゃん編

「夏」をテーマに2016年7月から活動中のアイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開していく連載第2回。ゲストは、ほげちゃんさん。わなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください!

愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.2 ほげちゃん編

皆様、明けましておめでとう御座います。ご無沙汰しております、愛わなびです。気づいたらもう、2018年になっちゃいましたね! 今年は、戌年ということでワンだほー! といきたいところ! …… う〜ん30点! 人として、成長できる1年にできたらいいなあと思います。そして今年も、ものづくりに関わっていきたいです。MVの監督とかしてみたい! でも、出演するのが1番の夢です。

まあまあそんなことはさて置き、昨年12月29日に、「愛わなびのくりえいてぃ部」としてトークイベントを開催し、気になっている方も多いであろう、ほげちゃんさんと公開収録を致しました。15分の対談をさせていただいたのですが、その一部をお見せしたいと思います! グループ脱退、上京、そしてこれからのこと。今彼女は、何を思っているのでしょうか?

ほげちゃん



出身地 : 広島 / 血液型 : O型 / 身長 : 160センチ

>>>Official HP

愛わなびの「くりえいてぃ部」Vol.2、スタート!!

——今日はご出演いただきありがとうございます!

ほげちゃん : こちらこそ!

——SNSを見てとっても気になっておりました!

ほげちゃん : 中野ロープウェイの伊藤さんとお友達なんですけど、Summer Rocketの愛わなびいいんだよ〜って写真を見せてもらってたんです。すぐあとにオファーが来てびっくりしました。

——そんなことがあったんですね! 本当にありがとうございます。今日はいろいろとお話を聞かせていただきたいのですが、まず初めに「ほげちゃん」という名前の由来は何でしょう?

ほげちゃん : バイト先の友達からほげほげしているね、と言われたのがきっかけです。いつの間にか広まっていましたね…。

——いいお名前だなあと思っておりました。雰囲気や、人懐っこさがみえるし、なによりインパクトが最高です! 禁断の多数決に入るきっかけは何だったのでしょうか?

ほげちゃん : もともと広島に住んでいたので、東京に出たいという気持ちはなくて… でもある時、カラオケで歌って踊りまくっている動画をネットにあげたら禁断(の多数決)の運営の方から一緒にやりませんか? と連絡をいただき、直感で決めました!

——スカウトがきっかけだったんですね。

ほげちゃん : そうなんです。でも自分が出る立場になるのは予想外でした。アイドルも好きなんですけど、そちら側は、ものすごく神聖なものだと思っていたので。禁断はアイドルではないですけれども…。

——アイドルお好きなんですね。何が好きだったんでしょうか?

ほげちゃん : 2才頃からモー娘。が大好きで、推しは、辻ちゃんでした!

——えー!!! 私もです! でも、周り加護ちゃん派が多くて。

ほげちゃん : そうそう! めっちゃわかります。今は推しとか決められなくて、みんな好き。DD(アイドル用語で誰でも大好き)です。

——生きてる上で好きな人、好きなことが増えていくってとってもいいことだなあって思います。私は、DD肯定派です!

ほげちゃん : そうですよね〜いいこと!

——アイドル以外の音楽も聴かれるんですか?

ほげちゃん : はい。広島にいた時からライヴにはよく行っていました。ロッキン(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)もモンバス(MONSTER baSH)もBAYCAMPなど…!

ゴリラが好きなんですよ

——ほえ〜! 私もよく行ってました! すれ違ってたかも…(笑)。去年は突然禁断の多数決を卒業されて、びっくりしました。理由はなんだったのでしょうか?

ほげちゃん : 直感を信じて、物事を決めるタイプなので、特に深い理由はないんです。運営さんにだけ辞めることを伝えて、最後のライヴの後、発表させていただきました。ライヴでしんみりするのは嫌だったので、メンバーにも言ってなかったんです。

——自分で決断することって、とても勇気のいることだし、すごいなって思います。今後の構想はあるのでしょうか?

ほげちゃん : 明確なものはまだ見えていないのですが、歌ったり、MVに出たり、写真を撮られたりするのは大好きなので、そういうのを積極的にやっていきたいと思ってます。やりたいことをどんどんやる!

——昨年上京もされたんですよね!

ほげちゃん : はい。それも、そんなに深く考えずに直感で出てきました。禁断の時は通っていたんですけど、東京に滞在する時間が長くなって、広島でバイトができなくなってしまって。

——私も上京してきてるのですが、上京してきた人にしかないハングリー精神みたいなものってありますよね。

ほげちゃん : うんうん、わかる!

——ほげちゃんさんは、モデルになる側だけでなく、ステッカーなども作られていますよね! センスがとっても良くて目の付け所が面白いし、すごくかわいいと思っていました。どうやって作っているのでしょうか?

ほげちゃん : あれはコンビニでプリントアウトして作っているんですよ〜。写真とか絵とかコラージュとかするのが好きなんです。

——なるほど〜。ステッカー作ってみたかったので、参考にさせていただきます! そういえば、雑誌「Rocket」(Summer Rocket運営会社が手がけている雑誌)ではゴリラの連載を始めるんですよね。なぜゴリラなのでしょうか?

ほげちゃん : ゴリラが好きなんですよ。ネットでゴリラの背中の写真を見てすごい好きになっちゃって。そこから動画を見漁りました。広島の動物園には、ゴリラがいないので、上京した時に一度上野動物園に見に行ったんですけど、その日が休園日でそれ以来行けていないんです(笑)。

——ゴリラの背中…!? 連載ではどんなことをするのでしょうか?

ほげちゃん : まずは実際に観に行きたい! 会えるのが本当に楽しみ。あとはみんなと一緒にゴリラについて学んでいけたらいいなと思っています。

——なんだか凄く気になってきました(笑)。どんな展開になっていくのか、楽しみにしています。ぜひまたお話聞かせてください!

ほげちゃん : はい! ぜひ! お話をするのは楽しいですね。今後はトークショーとかもやってみたいなって思いました。またやりましょう!

インタヴューからインスピレーションを受けた愛わなびが総括!!

初めて会ったのにも関わらず、以前からお友達だったかのような人懐っこさでお話して下さったほげちゃんさん。MVに出演したり、写真のモデルになったりすることも違う角度からのものづくりだと思うのですが、感覚を信じること、信じていいんだよと言われているようでハッとなりました。ほげちゃんさんの自己プロデュース力は、 SNSを見ている方ならわかると思うのですが、惹かれるものがあります。こんな切り取り方、シチュエーション、僕の彼女になって下さい! と言わんばかりの写真たち。今度は、そういうお話も聞けたらいいなあなんて思いました。私も2018年頑張るぞ! 次回は、みんなも知っているあのお方です。お楽しみに。

イベントの公開収録にはミスiD2018グランプリで、もともとほげちゃんの大ファンだというろるらりさんもトークに参戦。3人でものづくりの話が盛り上がった。

愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編

INFORMATION

Loft Rocket dive vol.5
2018年1月29日(月)@新宿LOFT
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円
出演 : パンダみっく / クマリデパート / ハッピーくるくる / tipToe. / Summer Rocket / ・・・・・・・・・

PROFILE

Summer Rocket

「Endless Summer Magazine Rocket」発アイドル「Summer Rocket」。永原真夏・工藤歩里楽曲プロデュース。夏休み始めました!

愛わなび
愛わなび I wanna be!
color : red
Birthday : 10/9
Blood type : B
Birthplace : 京都府
a word : いろはにほへとちりぬるを〜!

>>>Summer RocketのEVENT SCHEDULEはこちらから
>>>Summer Rocket公式HP
>>>Summer Rocket公式Twitter

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」
[BISH]・2018年05月04日・【BiSH】Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第5回は、リンリンの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1.
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)
・2018年05月02日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと) INTERVIEW : のん(女優 創作あーちすと) 連載第7回にご登場いただくのは、女優 創作あーちすと、として大活躍中の「のん」。2017年に音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を立ち上げ、8月6日に開催された〈WORLD HAPPINESS 2017〉に出演したことを皮切りに音楽活動を本格させてきた彼女が、2018年5月9日(水)に待望の1stアルバム『スーパーヒーローズ』を発表する。そのリード曲として5月2日(水)にアナログ・配信限定で先行リリースされるのが「わたしはベイベー」だ。矢野顕子作詞・作曲により生まれた同曲のモチーフはズバリ、「忌野清志郎」。かねてから清志郎ファンとして知られ、この連載のタイトルでもあるRCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」をカヴァーしているのんに、清志郎の魅力を語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys アルバムからリード曲を先行配信中 のん /
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年05月02日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。 そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。 M1.M2の2曲を先行配信中!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool (先行配信中) M2. 鋭角な日常 (先行配信中) M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」
[BISH]・2018年04月20日・【BiSH】Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第4回は、ハシヤスメ・アツコの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1. PAi
by JJ