3つの曲に込められた、自分たちの思いとこれからーーcallme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース

callmeが9ヶ月ぶりにシングルをリリースした。曲数は3曲。ポップさに舵を取り、物流応援PR曲として作られた「Bring you happiness」、3人のこれまでとこれからが凝縮された超大作「It's own way」、RUUNAのヴォーカルが冴え渡る「I never know tomorrow」の3曲について、じっくりと話を訊きました。

callme / Bring you happiness(24bit/48kHz)

【配信形態】
24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC

【価格】
単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)

【Track List】
01. Bring you happiness
02. It's own way
03. I never know tomorrow

INTERVIEW : callme

3人組ガールズ・ユニットのcallmeが、今年最初となるシングル『Bring you happiness』をリリースした。表題曲はそのタイトル通りの幸福感あふれるメロディーが炸裂し、明るく弾けるポップ・ナンバーだ。彼女たちというとクールな楽曲が多かったが、今回はそのイメージを覆すような曲で、また新たな姿を見せている。さらに驚かされるのがカップリングの「It’s own way」で、実に10分以上に及ぶプログレ的といえるくらいの大曲。展開やリズムがどんどん変わり、さまざまな風景を見せていき、終盤でクライマックスに至るという流れの中で、自身のストーリーを表現している。音楽的には現時点での彼女たちの到達点といえるだろう。もう1曲の「I never know tomorrow」を含め、どの曲にも新機軸があり、さらなる成長ぶりや今の充実がはっきりと伝わってくるシングルだ。

インタヴュー&文 : 小山守

日常にあふれている幸せがみんなの元に届いたらいいな

──2月3日にヤマハ銀座ホールでワンマン・ライヴ“Ultra callme AKAONI”がありましたけど、デビュー曲の「To Shine」で始まったり、あまりやらないアルバム曲を披露したりと、ちょっとレアなライヴでしたよね。

RUUNA : 久々にデビュー曲を聴いた時に、みんなで、ああいいねって話になって。

KOUMI : 初心を忘れないぞ、って思いを込めて、1曲目にしました。

RUUNA : 振り返ると、あの時だからこそできたみたいな感じがあって。それで、昔の振付を思い出していたんだよね。振りが簡単過ぎて(笑)。

KOUMI : 今はバックトラックの音で振りをハメているんですけど、「To Shine」はメロディーでハメているので、すごくまったりしたダンスだったりして、逆に難しいみたいな(笑)。


callme /「To shine」MV short ver.

──では今年最初のシングルなんですけど、表題曲の「Bring you happiness」は、日本パレット協会のPRソングということで、お題があって制作したんでしょうか。

MIMORI

MIMORI : callmeの音楽を聴いて、気に入ってくださって、一緒になにかやろう、って言ってくださって。それで“私たちがPRソングを作ります”って言って、日本パレット協会のPRソングとして作らせていただいたんです。今回はパレットの気持ちになって、擬人化みたいな感じで作りました。ドラマのタイアップだとそのストーリーにあわせて、というのは書きやすかったんですけど、パレットを全然知らなかったので、勉強から始まったんですよ。実際にパレット倉庫に行って、よくよく見ると日常に意外とあって、でも全然それが知られていないなってことに気づいて。パレットは日常で大切なものを運んでいるので、それをみんなに気づいてもらいたいなって思って。日常にあふれている幸せがみんなの元に届いたらいいな、っていう想いを歌わせてもらっています。

──タイトル通り幸福感あふれるメロディーの曲ですけど、そういったイメージがあったんですね。

MIMORI : 倉庫がすごく明るい環境で、パレット自体もすごく幸せなものなんだよ、っていうインスピレーションから明るくポップな曲にしようと思って。callmeとしては、今までで一番ポップな曲なんじゃないかなって思ってます。

──ああ、そんな感じがしますね。callmeは以前からクールな曲が多かったですけど、最近は明るい曲が増えていますよね。こういう曲を書くのもあまり苦労しなくなったんですか。

MIMORI : 今回はDaichiさんとの共作なんですよ。アレンジャーのYoheiさんのお友達なんですけど。Daichiさんのいろんなデモ曲があって、それを聴いたら、すごく明るくてしっくりくるメロディーで。


callme / Bring you happiness -Music Video-

RUUNA : きてほしいところにきてくれる感じっていうか。

KOUMI : 新しい刺激になりました。ずっとアレンジャーのYoheiさんとみもちゃんとで楽曲を作っていたので、その中にまた新しいテイストが加わったことで、また新しい魅力が増えるんじゃないかなって。

RUUNA : 今までと違ったメロディーだったので、歌った時に新鮮な感じがしたんですよね。ポップな楽曲で、みんなが聴いて口ずさめる曲にしたいなっていうのがあったので、振り切りましたね。振り切ってポップにしました。

MIMORI : 恥ずかしいくらいのポップだと自分たちも抵抗があるので、だから恥ずかしくないギリギリのラインなんですよね。最初はメロディーもちょっと違ったんですけど、共作としていろいろ練っていって、”callmeらしさ”も加えました。

──それとこの曲のダンスは、ちょっと複雑な動きがありますよね。

KOUMI : 今回は多くの人に知ってもらうために、みんながやりやすいダンスというか、“真似したいな”って思ってくれるものでありつつ、ちょっと複雑な、“あのダンスどうやってるんだろ”って驚かれるような振付も入れたかったんです。今回の振付は、キャッチーな感じでできたんじゃないかと思いますね。

自分たちがすごくリアルに描かれていて、自分たちのストーリーの曲

──カップリングの「It’s own way」は、callme史上最大の問題作ではないかと思うんですけど、10分以上の長い曲ですよね。最初から長い曲を作ろうと思っていたんですか。

MIMORI : 去年の年末にブラスタ(Team Black Starz)さんとのツーマン・ライヴがあったんですけど、その時にメドレーみたいな感じで、いいとこ取りをしたセクションを作ったんですね。そしたら、こんな感じの見せ方いいなあって思って。自分たちがいちばん見せたいところをぽんぽんと詰め込んでいたので、これを次の曲としてやりたいなあって思って。その中でcallmeの魅力をどう伝えたらいいかなって思ったら、るうなさんの歌がメインになって、こうみんの得意なラップもやりたいな、とか思っていろいろ詰め込んだら、長くなっちゃいました。

──組曲っぽい感じもしますけど、みなさんの中では1曲なんですか。

MIMORI : あくまでも1曲ですね。つながっている部分としては、ピアノがメインとしてあるので。セクションごとには違うんですけど、全部つなげて1曲と思っています。

3月19日「Ultra callme happiness」@ヤマハ銀座スタジオ

──そうですよね、サウンド的にも一貫してるし、歌詞の内容もひとつのストーリーがありますよね。

MIMORI : 歌詞は私たちの今までのこれから、というテーマで作っていったんです。callmeがデビューして上京してきてから、私たちが経験してきた想いとか胸に秘めてきたものを歌わせてもらっているんです。だから自分たちがすごくリアルに描かれていて、自分たちのストーリーの曲だと思っています。

──大まかに言って、全体が3つのパートになっていると思うんですけど、2つめのパートのところで苦悩している描写があって、パート3ではそれがポジティヴになっていくという、そういうストーリーですよね。

MIMORI : 最初の頃、自分たちには明るい考えしかなかったんですよ。やるしかない、とにかくがんばるしかないんだ、ってスタートして、でも実際にやってみるとそんな甘いことじゃなくて。

RUUNA : まわりの人やスタッフさんに恵まれてるのにそれに見合っていない自分たちが、すごくイヤになって。

MIMORI : 追いつけていないというか、すごく歯がゆいというか。理想や思い描いていたものとは違っていたりとか。

RUUNA : 作品を出しても、自信作だったのに思った以上に反応がこなくて、まだまだだな、っていうのがけっこうあったりしましたね。でもそこで悩んでちゃダメなんだなって。できなかったら倍やろう、みたいな。とことんやりこもうと思って。

MIMORI : そういう苦悩をストレートに綴ったのがパート2ですね。

──全体の流れでいうと、パート1から展開が激しく変わって、KOUMIさんの英語ラップも出てきますね。もうすっかりおなじみですけど、今回はかなりテンポが速いので、難しかったんじゃないですか。

KOUMI

KOUMI : ほんとに新しい挑戦で、難しかったです。アレンジャーさんから、“この人のラップすごくためになるから聴いた方がいいよ”というのを教えてもらって、今回はそういうのを聴いてからレコーディングに行くようにしました。今までだと語り口調のものが多かったので、自分で好きなようにノリながら歌っていたんですけど、今回はやっぱりリズムが入ってきたので、そのへんがやっぱり難しかったですね。

──ラップの歌詞は自分で書いているんですね。

KOUMI : ラップ部分の歌詞は書いています。日本語の歌詞と違って、ラップの英語の部分は、上から自分を見ているような感じ。上から自分を見た時に、“マイナスの部分も悪くないよ、結果的に自分のためになるから、それはいいものだよ”っていう強い思いを入れました。

RUUNA : 日本語の歌詞と掛け合いみたいになっているんです。

MIMORI : 日本語では弱気な部分を歌っているんですけど、ラップの部分で“がんばるしかないんだよ、大丈夫”みたいな、自分自身を励ますみたいな感じで、自分自身の掛け合いを歌っている感じになりました。

──パート2に入るとメロディーがシリアスになって、荘厳なムードが漂ってきますよね。

MIMORI : 今までと違うこともやりたいね、ってことで。この曲には自分たちが今までやってきた、好きなものを詰め込んだんですけど、でもそれだけじゃなくて、もうひとつチャレンジしたいねっていうことで、今回は8分の6拍子を入れてみて。ここは歌をメインにしたかったので、メロディアスに作りました。

──パート2の最後の方、“Where are you going?” を繰り返すところから、サウンドもハードになって盛り上がっていって、クライマックスを迎えていきますよね。


callme / It's own way at Ultra callme Happiness

MIMORI : また気持ちが戻るんですよね。最初はがんばるしかないよね、って言って始めたんですけど、くじけたりして、自分たちのやりたいこともはっきりわかってきて、私たちはこれからもがんばるしかできないよね、って思いがまた戻ってくるので、その意識をここに出したいなと思って。最初のがんばりたいよねって気持ちよりもさらに成長して、大きくなった自分たちの、これからに向かう気持ちを表すと、リズムも速くなったりして盛りあがっていくんです。これからにつなげていくために。

──ひとつひとつのアレンジにも意味がある?

MIMORI : そうですね。最後はピアノも思いきり入ってきて、私たちもダンスで、いちばんバリバリに踊るところで。これからもまっすぐやっていくんだ、っていうcallmeとしての意思表示ですね。

KOUMI : 激しい振りではないんですけど、自分たちのスキルを上げないとかっこよく見えないので難しいんです。でもやっぱり、常に新しいことに挑戦したくて、今の自分たちのレベルに合わせたものの一歩上を行きたかったので挑戦しています。

──この曲は現時点でのcallmeの音楽的な到達点だと思うんですけど、今までの曲と違う満足感とか達成感ってありましたか。

RUUNA : また自分たちのやりたい方に振り切った、というか。今回はメインのヴォーカルがるうな、コーラスがみも、ラップがこうみん、って担当で分けて、それはまた違うやり方ができたなあって思っていて。終わって“わーっ”ってなったよね。

MIMORI : けっこう長い間レコーディングしていたので、終わった時の達成感は、“あーっ”って感じでした。歌詞の順番とかの構成も最後まで決まらずに、いろいろ試行錯誤していたので、終わった時には“やっと終わったー”って。今までの達成感とは違う、いいため息が出る感じで、終わりを迎えられました。

RUUNA

──これがファンにどう受け入れられるか、って思いましたか。

RUUNA : 自分たちを応援してくれる人にこそ聴いてもらいたいって、今回作って思いましたね。

MIMORI : じっくり聴けばわかってもらえるんじゃないかなって。

RUUNA : 自分たちのことを書いたも久しぶりだったんで。「To Shine」は自分たちの未来へ、みたいなことを書いたんですけど、久しぶりに自分たちのことを振り返ったんですよね。

MIMORI : 自分たちのことをストーリー的に書くのはそれ以来ですね。

RUUNA : 歌ってて、自分たちも”わーっ”て思う歌詞だったりするので、応援してくださる人たちに聴いてもらいたいです。

今年はいろんなところに行って勝負しようっていう感じ

──もう1曲の「I never know tomorrow」は、資料によるとフィーチャリングるうなさんってことなんですね。

MIMORI : そうですね。この曲はるうなさんに視点を当てて作った曲です。年末からライヴをやってきて、次はるうなさんの歌がキーになってくるんじゃないかなって思って。るうなさんから好きな曲をいろいろ出してもらって参考にしました。

RUUNA : 自分が個人的に好きで、聴いていたり、カラオケで歌っているような曲のメロディーを送って、それでメロ出しをしてくれました。

MIMORI : るうなさんから送られてきたメロディーをみんなで聴いて、Yoheiさんと2人でスタジオに入って、るうなさんがcallmeとしてあの感じを歌うならこういうメロディーかなって。それで歌をメインにしたかったんですよね。

──すごくやさしいメロディーで、春っぽいし、包容力みたいなものを感じる曲ですよね。

RUUNA : そうですね。またいつもとは違ったアプローチをする1曲になったなあと思っていますね。

──では、こうして今年最初のシングルが完成したところで、今年はどんな年にしていきたいですか。

MIMORI : 今年のひとつの目標として、海外でライヴをしたいっていう、自分たちの願望があるんです。

RUUNA : 今年はいろんなところに行って勝負しようっていう感じがすごくあって。直接届けに行って、生で私たちを見てもらって、好きになってもらって、callmeをたくさんの人たちに知ってもらえる年にしたいなと思っているし、海外でのライヴも目標です。もちろん新しい作品を届けられるようにがんばりたいなと思ってて。リリースという形とは別に、その日のライヴだけで聴けるような曲とか。去年の年末のツーマンで、その日1回しかやらない曲を披露しました。

MIMORI : 1回しかやらない曲は、当日ライヴを見てくださったお客さんにいちばんの感謝の気持ちを込めて作りました。

RUUNA : いらしてくれた人へのプレゼントになるかなと思って。自分たちは制作するのが好きなので、これからもいっぱい作ってどんどん出していきたいなって思っています。

KOUMI : 一度も見逃しちゃダメだぞ、って(笑)思っています。たくさん、発信していきたいです。みんなを喜ばせられて、楽しんでもらえるグループでいたいなって思うんですよね。

DISCOGRAPHY

LIVE SCHEDULE

Ultra callme Extra sendai

2017年4月9日(日)@仙台MA.CA.NA


PROFILE

KOUMI、RUUNA、MIMORIの3人によるガールズユニット。
2014年12月30日に結成。それぞれの得意分野を活かし楽曲やパフォーマンスをセルフプロデュースする新しいスタイルのガールズユニットとして活動をスタート。
リーダーのRUUNA、ダンスを得意とするKOUMI、作曲を得意とするMIMORIの3人が一体となったクオリティーの高いダンスと楽曲の創造性溢れるパフォーマンスが魅力。

>>オフィシャル HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In