2年の月日は、彼女たちを更なる高みへ連れていった!!──BABYMETAL、全世界待望の2ndアルバム!!

可愛い女の子たちがメタルをやっているという色眼鏡はもはや外れ、全世界規模で熱狂の渦をうみだし続けている3人組、BABYMETAL。1stアルバムのリリースから2年が経ち、多くの人が心の底から待ち望んでいた2ndアルバム、その名も『METAL RESISTANCE』がついにリリース!! 発売後には2度に渡るアメリカ・ツアーとヨーロッパ・ツアー、そして異例のFUJI ROCK FESTIVAL&SUMMER SONIC(大阪のみ)、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZOの夏フェスにも出演が決定、ツアー・ファイナルである国内公演は、なんと東京ドームで開催。レヴェル・アップした彼女たちの快進撃はとまらない!!


BABYMETAL / METAL RESISTANCE
【配信形態】
16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3

【価格】
アルバム価格 2,057円(税込) / 単曲 257円(税込)※7曲目はまとめ購入のみ

【収録曲】
01. Road of Resistance / 02. KARATE / 03. あわだまフィーバー / 04. ヤバッ! / 05. Amore - 蒼星 - / 06. META! メタ太郎 / 07. シンコペーション / 08. GJ! / 09. Sis. Anger / 10. NO RAIN, NO RAINBOW / 11. Tales of The Destinies / 12. THE ONE
※ファイル形式について


「METAL RESISTANCE」 Trailer

更に挑戦的なサウンドも悠々歌いこなす、彼女たちの自信

2年前の1stアルバムのリリースが、遥か昔の出来事に思えるような超濃密な2年間だったのは、メンバー自身も、ファンも同じであろう。この2年、国内公演の規模がどんどん大きくなっていったのはもちろん、レディー・ガガの北米ツアーのサポート・アクトや、世界各国を巡ったワールド・ツアーによって海外からの評価も確たるものとなった。

そして、全世界が待ち望んでいた中、リリースされた今回のセカンド・アルバム『METAL RESISTANCE』からは、大舞台を経験して得た自信がアルバム全体から満ち溢れている。2015年に発売され、すでにライヴでもマスト・アンセムとなっているシングル「Road of Resistance」から幕をあける今作。PVも公開され、多くの反響を呼んでいる「KARATE」、名曲「ギミチョコ!!」に引き続き、上田剛士(AA=,THE MAD CAPSULE MARKETS)とタッグを組んだ「あわだまフィーバー」、クリーン・トーンの裏打ちギターが新鮮な「ヤバッ!」、YUIMETALとMOAMETALのユニット曲「GJ!」はラップ・メタル調、10曲目のSU-METALソロ曲、「NO RAIN,NO RAINBOW」は初のバラード楽曲と、前作よりもさらにヴァリエーションに富んだ楽曲たち。中でも、ラスト2曲の「Tales of The Destinies」、「THE ONE」の組曲のような壮大さとドラマチックな展開は圧巻。今の彼女たちだからこそ表現できた歌だろう。

今作を引っさげて行われるツアーは、彼女たちの快進撃を更に推し進めるのは間違いない。ヨーロッパ、アメリカ・ツアーから戻ってきた東京ドームでは一体どんな景色が見れるのだろうか。今から期待に胸膨らむばかりである。(text by 高木理太)

『METAL RESISTANCE』全曲紹介

1. Road of Resistance
メロディック・スピード・メタルの雄”ドラゴンフォース”のギタリスト”ハーマン・リ”と"サム・トットマン”を招いて制作された楽曲。彼らのキャラクターを存分に活かした、これぞ、メロディック・スピード・メタルといった曲となっている。2014年末のロンドン公演で初披露された本作は初披露にもかかわらず、シンガロング・パートで5,000人の大合唱をうみだし、人種、言葉の壁を越え会場をひとつにしてしまった!

2. KARATE
2015年12月横浜アリーナ公演で初披露。本作のリード・トラックとして、先行配信やMVの公開が行われた。「セイヤ!、ソイヤ!」とのコミカルなかけ声と「ニュー・メタル」的なリフやメロディのギャップに気を奪われていると突然、感動的なサビが流れ思わず涙してしまう楽曲。


BABYMETAL - KARATE (OFFICIAL)

3. あわだまフィーバー
2014年12月のSU-METAL聖誕祭にて初披露。「ギミチョコ」を思わせる雰囲気の楽曲。それもそのはず、「ギミチョコ」の作編曲者上田剛士(元THE MAD CAPSULE MARKETS)による楽曲提供第2弾。「ギミチョコ」がよりハードに、そしてよりキュートに進化!

4. ヤバッ!
2015年6月の幕張公演にて初披露。シンセサイザのリフ& SKAのリズムに乗せて、思春期の戸惑いのような歌詞に「パーリラ、パーリラ、パリラリラン」や「ピッポ、パッポ、ピッポ、パッポピー」といった擬音語をフィーチャーし、歌詞の戸惑いをコミカルに吹き飛ばしている。

5. Amore - 蒼星 -
イタリア語で”愛”という意味をもつAmoreという言葉をタイトルにした楽曲。サブ・タイトルの「蒼星」からも、前作収録の「紅月」の対になる楽曲ということが判る。「Road Of Resistance」に触発されたかのような、ハイ・スピード・アレンジはライヴでの見所のひとつになるだろう。

6. META!メタ太郎
昭和の特撮ヒーロー、あるいはBABYMETAL同様に3人組が世直し行脚の旅をする某時代劇の主題歌のような、今までのBABYMETALからは想像できなかった楽曲。メタルのジャンル的にはヴァイキング・メタルを意識したものとなっている。

7. シンコペーション
いわゆるヴィジュアル系的なアレンジで、メタルだけではなく、日本のロック・シーンに対する敬意も払っているということがうかがい知れる。ボーカル+バック・バンドという構図ではなくSU-METALがフロントマンとしてバンドを引っ張っていくかのような一体感は新しい。タイトルの「シンコペーション」は疾走感あふれる8ビートに、シンコペーションを取り入れた楽曲を得意としたバンドへのレスペクトの表れだろう。

8. GJ!
前作収録の「おねだり大作戦」路線を踏襲したYUIMETALとMOAMETALの2人によるラップ・メタル的楽曲。今回は337拍子をフィーチャー。彼女たちの成長に合わせた内容、アイドル楽曲的メロディを歌う2人に出会えるのは、2人のファンにはたまらない。

9. Sis. Anger
「GJ!」に続き、YUIMETALとMOAMETALの2人による楽曲。メタリカの「St.Anger」を思わせるタイトルだがサウンド的にはBLACK METAL。「自分のことしか考えない奴」や「言い訳ばかりしてなにもしない奴」に対する怒りというか、嫌悪を歌った楽曲。

10. NO RAIN, NO RAINBOW
ピアノとストリングスの伴奏が美しい至高のバラード。2013年NHKホールで初披露されたが、1stアルバムへ収録されることなく、武道館公演で1度演奏されたきりであったため、ファンの間でも幻の曲として語り継がれていた。SU-METALのボーカリストとしての成長が本作への収録に繋がったはずだ。

11. Tales of The Destinies
物語のエピローグを紡ぐのにふさわしく、ドラマチックな展開をもつ楽曲。ジャンルとしてはドリーム・シアターに代表されるプログレッシブ・メタル。難解なリズムや構成も彼女たちの合いの手やキャッチーなメロディが入ることで、聴きやすく仕上がっている。

12. THE ONE
2015年12月の横浜アリーナ公演で初披露。前曲の「Tales of The Destinies」から組曲という形で続く。戦いを終え、新たな世界へ旅立っていくかのような、神々しさを持ったメロディとアレンジ。本当にこのままどこかへ行ってしまうのではないかと心配するファンもいるくらい完成度が高く、物語の締めくくりにふさわしい楽曲。(text by池田尚志)


BABYMETAL - THE ONE (OFFICIAL)

過去作品配信中DEATH!!

BABYMETAL / BABYMETAL

初の発表作「ド・キ・ド・キ☆モーニング」、キバオブアキバとのスプリット盤から「いいね! 」、初単独インディーズシングル「ヘドバンギャー! ! 」、そしてメジャー・デビュー作にしてウィークリー6位にランクインした「イジメ、ダメ、ゼッタイ」、最新シングル「メギツネ」(オリコンデイリーランキング2位)というシングル楽曲に加え、未発表新曲を含んだ全13曲。

BABYMETAL / Road of Resistance

2014年11月にイギリスのO2 Academy Brixtonにて行われたワールド・ツアー追加公演「BABYMETAL BACK TO THE USA / UK TOUR 2014」のロンドン公演で初披露された。

BABYMETAL / LIVE AT BUDOKAN -RED NIGHT-

BABYMETAL、初のライヴ・アルバム。ファースト・アルバム『BABYMETAL』(2014年2月発売)全収録曲を“神バンド”による生演奏で再現したノンストップ・ライヴ盤。日本武道館2DAYSより初日の2014年3月1日『赤い夜 LEGEND“巨大コルセット祭り”~天下一メタル武道会ファイナル~』の全楽曲を網羅。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA WEMBLEY!!
2016年4月2日(土)@THE SSE ARENA WEMBLEY

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 / US TOUR
2016年5月4日(水・祝)@PLAYSTATION THEATER / NEW YORK, NY
2016年5月5日(木・祝)@HOUSE OF BLUES / BOSTON, MA
2016年5月7日(土)@ELECTRIC FACTORY / PHILADELPHIA, PA
2016年5月8日(日)@MONSTER ENERGY CAROLINA REBELLION / CONCORD, NC
2016年5月10日(火)@THE FILLMORE / SILVER SPRINGS, MD
2016年5月11日(水)@THE FILLMORE / DETROIT, MI
2016年5月14日(土)@NORTHERN INVASION / SOMERSET, WI
2016年7月12日(火)@SHOWBOX SODO / SEATTLE, WA
2016年7月14日(木)@REGENCY BALLROOM / SAN FRANCISCO, CA
2016年7月15日(金)@THE WILTERN / LOS ANGELES, CA
2016年7月17日(日)@TOYOTA PARK IN BRIDGEVIEW, IL

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 / EUROPE TOUR
2016年6月2日(木)@PRATTELN, SWITZERLAND
2016年6月3日(金)@ROCK IN VIENNA / Donauinsel Wien Vienna, Austria
2016年6月5日(日)@FORTA ROCK / NIJMEGEN, NETHERLANDS
2016年6月7日(火)@LIVE MUSIC HALL / COLOGNE, GERMANY
2016年6月8日(水)@LONGHORN / STUTTGART, GERMANY
2016年6月11日(土)@DOWNLOAD FESTIVAL PARIS / PARIS, FRANCE

FUJI ROCK FESTIVAL 2016
2016年7月23、24、25日(金~日)@新潟県湯沢町苗場スキー場
※出演日は現時点では未発表

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO
2016年8月12日(金)〜13日(土)@石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ※出演日は現時点では未発表

SUMMER SONIC 2016
2016年8月21日(日)@大阪 QVC マリンフィールド
※大阪公演のみ出演

BABYMETAL TOUR FINAL in JAPAN at TOKYO DOME
2016年9月19日(月・祝)@東京ドーム

PROFILE

BABYMETAL

2010年結成。
2014年3月には日本武道館ワンマン・ライヴ2デイズを行い女性アーティスト史上最年少記録を樹立。
さらに1stアルバム「BABYMETAL」が全米ビルボード総合チャートにランクイン。
同年夏からは初のワールド・ツアーを行い、イギリスの大型フェス「Sonisphere Festival UK」ではメインステージに登場し、6万5千人の観衆を集め、アメリカではレディー・ガガの北米ツアー5公演のサポート・アクトに抜擢される。
2015年1月にはさいたまスーパーアリーナで2万人を動員したワンマン・ライヴを開催。
5月から北米、中南米、ヨーロッパなど10カ国、15公演となる「BABYMETAL WORLD TOUR 2015」をスタートさせ、6月には凱旋公演となるワンマン・ライヴを幕張メッセ展示ホールで開催し2万5千人を動員した。

イギリスの音楽誌「KERRANG!」と「METAL HAMMER」が主催する2つのミュージック・アワードに出席し、日本人アーティスト初となるアワードを受賞する。8月にイギリスの世界的ロックフェス「Reading & Leeds Festival」のメインステージに出演。
12月には横浜アリーナ・ワンマン・ライヴ2DAYSを行い、2016年4月にはイギリス・ウェンブリーアリーナにて海外公演では初めてとなるアリーナ・ワンマン・ライヴを行う予定。
BABYMETALの”メタルレジスタンス”は急速に世界へと拡大している。

>>BABYMETAL オフィシャルサイト
>>BABYMETAL Facebook

TOP