LIVE REPORT : Yogee×Homecomingsスペシャル企画! <NIGHT OF PAPERTOWN> 7.11@渋谷クラブクアトロ

7月11日、開演前の渋谷クラブクアトロは静かな熱気と期待感で満ち溢れていた。この日行われたのは、それぞれ多くの夏フェス出演が決定しているHomecomingsとYogee New Wavesの2マンライヴ。ホムカミは全国ツアーの最終公演、Yogeeは自主イヴェント"Dreamin Night"の第2弾企画としてコラボ・ライヴが実現したスペシャルな夜だ。今大きな動きを見せているインディー・シーンを語る上で欠かせない大注目バンドの実力が遺憾なく発揮された、素晴らしい一夜の模様をお届けする。

オープニング・アクトはYogeeと共にホムカミのツアーに参加してきた足利出身の3ピースバンド、CAR10。Vo/Ba.川田が「やります!」と元気よく発した一言を皮切りに、体の芯を揺さぶるような轟音が勢いよくかき鳴らされる。ガレージ・ロックやパンクを中心に様々なエッセンスが入り混じった、それでいてどの型にも当てはまらないオリジナルな音を何とも楽しそうに披露し、観客を惹きつけていく彼ら。ホットな演奏でダイヴする人まで現れたと思えば、曲のラストや中盤でスローダウン、詩も英語から日本語へ変わり、じっくり歌を聴かせるという展開もCAR10ならではの特長だ。またメンバーとふざけあったり、MCの途中で観に来た友人らに突然声をかけたりと、愛すべきキャラクターが垣間見える一面も。しかしスピード感溢れるステージはあくまでビシッとストレート。ところかまわず大ジャンプするなど、熱いパフォーマンスを見せる川田の姿が印象的なステージだった。

CAR10

続いてはYogee New Waves。はじめから大入りだった会場は、もはや満員状態だ。ステージに現れたメンバーがそれぞれ拳を合わせた後、奏でられたのは「Dreamin Boy」。一気に盛り上がるサビと共に眩い照明に浮かび上がるバンドのシルエット、そして胸を打つ強い歌声と弾けるようなサウンドに、息を呑むような衝撃が走る。彼らの音源は一言で表すとじっくり聴きたいスローな印象なのだが、ライヴはそのイメージからちょっと想像し難いほどにパワフル。誰もの感情に訴えかける魅力と熱量で会場を沸かしていた。キラキラ輝くミラーボールの中「Summer」をVo/Gt.角舘が何とも優しい笑顔で歌い上げ、「Good Bye」でフロアを大いに盛り上げる。そして歌詞の世界観に誘い込まれる「Hello Ethiopia」から、名曲「CLIMAX NIGHT」へ。ときにありったけの想いを込めて熱唱する角舘と、一音一音を慈しむように演奏するバンドの姿に、心を打たれた観客は少なくないだろう。ラストは「Fantasic Show」「Listen」という最高にハッピーなナンバーで、会場を夢のような世界へと導いてくれた。ライヴを観て感じたのは、Vo/Gt.角舘が放つ“カリスマ性”。例えばカウントの刻み方、ギターを抱え込むように弾き鳴らす姿、ときにハンドマイクで歌い観客を煽ったり、ひらりとドラムセットの台に飛び乗ったり…。全ての動きが観る人を惹きつける。そしてそんな彼を自由に羽ばたかせる、メンバーの親密さに溢れたセッションも素晴らしい。角舘自身も「血がたぎった」と語るこの日の光景は、きっと誰の記憶にも深く刻まれたに違いない。

Yogee New Waves

トリを飾ったのはHomecomings。ブルーやゴールドの電飾で鮮やかに彩られたステージは、新作より「SOMEWHERE」で幕を開けた。Vo/Gt.畳野のハッとするほど存在感のある澄んだヴォーカルが、伸びやかに響き渡る。続く「I WANT YOU BACK」では切ない歌詞を軽快なサウンドに乗せ、瞬く間にフロアを心地よい音世界で包み込んでいった。思わず口ずさみたくなる美しいメロディーライン、リズム隊の骨太なビートとツイン・コーラス、ポップスやガレージを自在に行き来し、ときに歌うように奏でられるギター・ソロ…。それらが絶妙に絡み合う、ホムカミならではのハイセンスさに満ちたライヴ展開に目を見張った。その後も独特のゆるいMCや新旧織り交ぜたセットリストで、観客を次々と笑顔にしていく4人。またゲスト・ヴォーカルに平賀さち枝が登場し、「白い光の朝に」を披露するというサプライズも。そして「LEMON SOUNDS」「GREAT ESCAPE」や「PAPER TOWN」、バンドの成長を感じさせる新曲「HURTS」などで会場を幸せムードいっぱいにし、大盛況のうちにライブは終了。「こんなに沢山の人が来てくれて本当に嬉しい。来年も同じ場所、同じ日、同じメンツで集まりましょう!」と呼びかけたGt.福富の言葉が胸に沁みる。歌も演奏も、前ツアースタート時より格段にレヴェルアップしたHomecomings。類まれなるセンスを備えた彼らから、これからも目が離せそうにない。(山田百合子)

Homecomings

Yogee New Waves DISCOGRAPHY

古→新




>>Yogee New Waves OFFICIAL HP

Homecomings DISCOGRAPHY

古→新




>>Homecomings OFFICIAL HP

car10 DISCOGRAPHY

>>car10 OFFICIAL HP

この記事の筆者
TOP