LIVE REPORT : Yogee×Homecomingsスペシャル企画! <NIGHT OF PAPERTOWN> 7.11@渋谷クラブクアトロ

7月11日、開演前の渋谷クラブクアトロは静かな熱気と期待感で満ち溢れていた。この日行われたのは、それぞれ多くの夏フェス出演が決定しているHomecomingsとYogee New Wavesの2マンライヴ。ホムカミは全国ツアーの最終公演、Yogeeは自主イヴェント"Dreamin Night"の第2弾企画としてコラボ・ライヴが実現したスペシャルな夜だ。今大きな動きを見せているインディー・シーンを語る上で欠かせない大注目バンドの実力が遺憾なく発揮された、素晴らしい一夜の模様をお届けする。

オープニング・アクトはYogeeと共にホムカミのツアーに参加してきた足利出身の3ピースバンド、CAR10。Vo/Ba.川田が「やります!」と元気よく発した一言を皮切りに、体の芯を揺さぶるような轟音が勢いよくかき鳴らされる。ガレージ・ロックやパンクを中心に様々なエッセンスが入り混じった、それでいてどの型にも当てはまらないオリジナルな音を何とも楽しそうに披露し、観客を惹きつけていく彼ら。ホットな演奏でダイヴする人まで現れたと思えば、曲のラストや中盤でスローダウン、詩も英語から日本語へ変わり、じっくり歌を聴かせるという展開もCAR10ならではの特長だ。またメンバーとふざけあったり、MCの途中で観に来た友人らに突然声をかけたりと、愛すべきキャラクターが垣間見える一面も。しかしスピード感溢れるステージはあくまでビシッとストレート。ところかまわず大ジャンプするなど、熱いパフォーマンスを見せる川田の姿が印象的なステージだった。

CAR10

続いてはYogee New Waves。はじめから大入りだった会場は、もはや満員状態だ。ステージに現れたメンバーがそれぞれ拳を合わせた後、奏でられたのは「Dreamin Boy」。一気に盛り上がるサビと共に眩い照明に浮かび上がるバンドのシルエット、そして胸を打つ強い歌声と弾けるようなサウンドに、息を呑むような衝撃が走る。彼らの音源は一言で表すとじっくり聴きたいスローな印象なのだが、ライヴはそのイメージからちょっと想像し難いほどにパワフル。誰もの感情に訴えかける魅力と熱量で会場を沸かしていた。キラキラ輝くミラーボールの中「Summer」をVo/Gt.角舘が何とも優しい笑顔で歌い上げ、「Good Bye」でフロアを大いに盛り上げる。そして歌詞の世界観に誘い込まれる「Hello Ethiopia」から、名曲「CLIMAX NIGHT」へ。ときにありったけの想いを込めて熱唱する角舘と、一音一音を慈しむように演奏するバンドの姿に、心を打たれた観客は少なくないだろう。ラストは「Fantasic Show」「Listen」という最高にハッピーなナンバーで、会場を夢のような世界へと導いてくれた。ライヴを観て感じたのは、Vo/Gt.角舘が放つ“カリスマ性”。例えばカウントの刻み方、ギターを抱え込むように弾き鳴らす姿、ときにハンドマイクで歌い観客を煽ったり、ひらりとドラムセットの台に飛び乗ったり…。全ての動きが観る人を惹きつける。そしてそんな彼を自由に羽ばたかせる、メンバーの親密さに溢れたセッションも素晴らしい。角舘自身も「血がたぎった」と語るこの日の光景は、きっと誰の記憶にも深く刻まれたに違いない。

Yogee New Waves

トリを飾ったのはHomecomings。ブルーやゴールドの電飾で鮮やかに彩られたステージは、新作より「SOMEWHERE」で幕を開けた。Vo/Gt.畳野のハッとするほど存在感のある澄んだヴォーカルが、伸びやかに響き渡る。続く「I WANT YOU BACK」では切ない歌詞を軽快なサウンドに乗せ、瞬く間にフロアを心地よい音世界で包み込んでいった。思わず口ずさみたくなる美しいメロディーライン、リズム隊の骨太なビートとツイン・コーラス、ポップスやガレージを自在に行き来し、ときに歌うように奏でられるギター・ソロ…。それらが絶妙に絡み合う、ホムカミならではのハイセンスさに満ちたライヴ展開に目を見張った。その後も独特のゆるいMCや新旧織り交ぜたセットリストで、観客を次々と笑顔にしていく4人。またゲスト・ヴォーカルに平賀さち枝が登場し、「白い光の朝に」を披露するというサプライズも。そして「LEMON SOUNDS」「GREAT ESCAPE」や「PAPER TOWN」、バンドの成長を感じさせる新曲「HURTS」などで会場を幸せムードいっぱいにし、大盛況のうちにライブは終了。「こんなに沢山の人が来てくれて本当に嬉しい。来年も同じ場所、同じ日、同じメンツで集まりましょう!」と呼びかけたGt.福富の言葉が胸に沁みる。歌も演奏も、前ツアースタート時より格段にレヴェルアップしたHomecomings。類まれなるセンスを備えた彼らから、これからも目が離せそうにない。(山田百合子)

Homecomings

Yogee New Waves DISCOGRAPHY

古→新

>>都市の喧騒を、白昼夢のディスコ・ファンクが追い越す——Yogee New Wavesによる、7インチ・オンリー・シングルを配信!
>>シティポップのその先へ、ここが東京インディの最先端だ——Yogee New Waves、待望の1stフル・アルバムがハイレゾで到着!!
>>世界を変えるアーティストを! ――NEW SENSATION、第14弾アーティストはYogee New Waves

>>Yogee New Waves OFFICIAL HP

Homecomings DISCOGRAPHY

古→新

>>これは日本ポップ音楽史に残る幸福なコラボレーションです――平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に』配信開始&独占インタヴュー
>>Homecomings、新作EPリリース記念特集!!〈いま、関西のインディー・ギター・ロックに注目する〉
>>INTERVIEW : Homecomings

>>Homecomings OFFICIAL HP

car10 DISCOGRAPHY

>>car10 OFFICIAL HP

o

 
 

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い