日本のエレクトロ・ポップの先駆者、元OVERROCKETの本田みちよがソロ・シングルをリリース! OTOTOY独占先行配信でお届けします。OVERROCKET脱退後、新たなフェーズへと踏み出す本田みちよのポジティヴなエネルギーが詰まった1曲です。

本田みちよ / スタート

【配信価格】
HQD(24bit/48kHzのwav)、mp3ともに 200 円

【Track List】
01. スタート

新しくスタートする人への応援歌

今年6月、渡辺高士(電気グルーヴやthe telephonesなどのエンジニア、ミックス/プログラミングを担当)とのエレポップ・ユニット、OVERROCKETを脱退した本田みちよ。ソロへのその勢いを象徴するようなハイスピードなソロ・シングルを発表。脱退からその間はおよそ2ヶ月。この短期間の制作スパンは、彼女の高い創作意欲がうかがえる。

本田のソロ活動といえば、2011年に12ヶ月をかけて発表された「Monthly Release Project」が記憶に新しいところ。この企画の際も月に1曲という、定期的ながら非常に短いスパンでの配信が行われたが、各楽曲ともジャンルレスな曲調を引き出し、濃厚なラインナップで終始進められていた。今回リリースされるシングル『スタート』では、先述した月1音源やOVERROCKETでみられた解釈とは打って変わり、やわらかくガーリーなポップ・チューンで構成。本田本人がブログで「新しくスタートする人への応援歌」と追及していたように、爽やかな情景が浮かび上がるような疾走感が、ポジティヴな雰囲気を固めていく。しかし歌詞の内容を読んでいくと、〈振り返らずに 忘れもせずに 後悔しないよ これはスタート〉〈終わりは始まりだなんて いまの私に似合うよ〉など、当時のどこか本田の心情を偲ばせる内容となっている。日常に介するビターさが妥協なく加えられたために、よりリスナーの背中を押して応援したい、という彼女の想いの強さが感じられる。

現段階での本田の方向性や目標を知るためだけでなく、どうしようもなく落ち込んでしまい、行き場のないやるせなさから抜け出せない人にこそ、『スタート』は触れていただきたい楽曲である。ただ励ますのではなく、実体験からの言葉の重さが感じ取れるからこそ、『スタート』というタイトルの意味合いも、併せて説得力を強く浮かび上がらせる。(text by 高橋拓也)

LIVE INFORMATION

WIRE13へのゲスト出演が決定!!

WIRE13 -15th ANNIVERSARY SPECIAL- supported by Music Unlimited

2013年9月14日(土)@横浜アリーナ
開場 / 開演 18:00 (オールナイト)

※20:10から出演するMijk van DijkのLIVEステージへのゲスト出演になります。

>>詳しくはWIRE13公式サイトへ

2013年11月3日(日)MUSIC SHOWER vol.10 ×2r exhibition@京都BlueEyes

【LIVE】T-AK、佐伯誠之助、TORIENA、本田みちよ
【DJ】☆hiromi、TNTK

Michiyo Honda Monthly Release Project 2011

2011年に行われた12ヶ月連続リリース作品

>> インタヴューはこちら

MUSIC SHARE ♯15は、9月23日に放送!

本田みちよが司会、キュレーターを務める、”世界に誇れる日本のミュージシャンを紹介する音楽番組”

MUSIC SHARE ♯15
2013年9月23日(月・祝) 20:00〜22:00
チャンネル : OTOTOY TV♭

【ゲスト】岩垂徳行(いわだれ のりゆき)

作曲・編曲家。長野県松本市出身在住。大学在学中にほとんど独学で作曲の基礎を築く。4年間のバンド活動のあと本格的にゲームミュージックの作曲を始め、現在に至る。年間100曲を越えるその楽曲は国内外でも評価が高く、幅広い年齢層の共感と賞賛を得ている。その他、東京ディズニーリゾートなどのショー・イベント音楽、ダンス、ミュージカルなどの舞台音楽、テレビ・ラジオの音楽など多方面に活動を展開している。

NEW!!【ゲスト】KEN ISHII

今年で世界デヴュー20周年を迎えた東洋のテクノ・ゴッドKEN ISHII。1993年にベルギーのR&Sレーベルからリリースしたデヴュー作『Garden On The Palm』がイギリスの名門音楽誌NMEのテクノ・チャートでNo.1を獲得。以降、UTU、ライジング・サン、フレアなどの名義で次々と衝撃的な作品を発表。その人気は「Extra」のヒットにより不動のものとなる。その後はテクノの可能性をさらに追求したリリースを重ねながらDJとしても活躍の場を広げ、世界中を行き交うトップ・アーティストの仲間入りを果たした。昨年は細野晴臣に続くTokyo Midtown Galleriaの「Soundscape」シリーズ第三弾として、メトロポリタン・ハーモニック・フォーミュラ名義でのコンセプチュアルなアルバムをリリース。そして今年はSystematicレーベルの主宰者であるドイツの気鋭、マーク・ロンボイと共に初のコラボレーション・アルバム『Taiyo -2CD-』を完成させるなど相変わらずアグレッシヴな活動を行っている。

>> 公式ページはこちら

PROFILE

本田みちよ(Vocalist / Composer)

京都市少年合唱団(ソプラノ)で小澤征爾指揮のボストン交響楽団、ウィーン少年合唱団と共演するなど、幼い頃より音楽を愛し、歌に親しむ。初めて作ったデモ・テープがクラブ・シーンの交友関係を介して渡部高士、鈴木光人の下に渡ったことがきっかけでOVERROCKET(1997~2013)に参加。ボーイソプラノのような透明感のある歌声とオーガニックな表現スタイルが魅力のヴォーカリスト。その他、WORLD ORDER「2012」「PERMANENT REVOLUTION」、吉岡徳仁監修の「カルティエ展」会場内音楽に歌で参加、レオパレス21「それぞれの夢」、CITIZEN CM「xC(クロスシー)」、話題沸騰中のiPhone APP「星めぐりの夜」の歌など様々な分野で活躍する中、2011年1月から毎月1曲リリースするプロジェクト「Michiyo Honda Monthly Release Project 2011」が話題を呼び、フジテレビにて放送中のアニメ「ギルティークラウン」劇中歌、世界的人気を誇るゲーム「ファイナル ファンタジー13−2」、人気アイドル麻生夏子への曲提供、OTOTOY TV♭「MUSIC SHARE」の立ち上げからMCまでと活躍の場を広げている。2013年秋、Mijk van Dijkとのコラボ曲をリリース予定。

この記事の筆者
高橋 拓也 (もり)

泡沫大学生。ナゴム好きをこじらせ、現在80's NEW WAVE(おもにドイツ周辺)を掘削視聴中。

KANADe、京都にインスパイアされた初音源をハイレゾ配信

KANADe、京都にインスパイアされた初音源をハイレゾ配信

玉手初美『狂(SINGLE VER.)』OTOTOY独占配信スタート!!

玉手初美『狂(SINGLE VER.)』OTOTOY独占配信スタート!!

Yuta INOUE、初のソロ作品『Homemade Dust Collector』をハイレゾで配信

Yuta INOUE、初のソロ作品『Homemade Dust Collector』をハイレゾで配信

Pixies、23年ぶりとなるニュー・アルバムをリリース

Pixies、23年ぶりとなるニュー・アルバムをリリース

Negicco、矢野博康プロデュースの5ヶ月ぶりとなるシングルをハイレゾ配信!!

Negicco、矢野博康プロデュースの5ヶ月ぶりとなるシングルをハイレゾ配信!!

非常階段の美川俊治、T.美川名義でのソロ・アルバムをリリース!

非常階段の美川俊治、T.美川名義でのソロ・アルバムをリリース!

ゆうなり、1ndアルバムを先行配信&1曲フリー・ダウンロード

ゆうなり、1ndアルバムを先行配信&1曲フリー・ダウンロード

ピアノ・ポップ・トリオ、被写体Xのファースト・ミニ・アルバム

ピアノ・ポップ・トリオ、被写体Xのファースト・ミニ・アルバム

TOP