How To Buy
TitleDurationPrice
Hey human  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:22
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:22
Album Info

踊ってばかりの国、ニューアルバム『moana』より「Hey human」

Discography

Rock

2022年、パンデミック以降の世界を生きて行く中で、目を背けたくなるようないくつもの現実を受け止め、日記を書くように音楽に変換していった全7曲のEPが完成した。前作の配信シングル「ニーチェ」同様に、全曲がオープンリールでアナログレコーディングされたものとなる。1曲毎に少しずつ、丁寧に練り上げられた今作は、出来上がった楽曲から順にレコーディングを行なっており、さらに音楽的自由度が増した作品となっている。

7 tracks
Rock

2022年、パンデミック以降の世界を生きて行く中で、目を背けたくなるようないくつもの現実を受け止め、日記を書くように音楽に変換していった全7曲のEPが完成した。前作の配信シングル「ニーチェ」同様に、全曲がオープンリールでアナログレコーディングされたものとなる。1曲毎に少しずつ、丁寧に練り上げられた今作は、出来上がった楽曲から順にレコーディングを行なっており、さらに音楽的自由度が増した作品となっている。

7 tracks
Rock

踊ってばかりの国、新作EP「Paradise review」より「your song」を先行配信

1 track
Rock

踊ってばかりの国、配信限定シングル「ニーチェ」リリース! 「ニーチェ」は最新アルバム「moana」のツアー中に出来た楽曲で、リリースツアーファイナル公演のアンコールでも披露されており、ツアー後に吉祥寺GOK SOUNDにてアナログレコーディングされた。ジャケットは前作「moana」同様ARIKAが手掛けている。

2 tracks
Rock

シングルの再録含む全12曲収録の8thフルアルバム 前作「私は月には行かないだろう」から1年半にも満たないペースでリリースされる8thアルバム。 しかし、実際の制作はこれまでで最も長い時間を費やした。 ライブで新曲を試しながら成長させていくバンドが、ライブが出来ない状況において、メンバーで何度も話し合い、衝突し、試行錯誤しながら、理想的な形に到達し完成させた。 限定シングルとしてリリースされていたOrion、ひまわりの種もアップデートして再録した新verとなっている。

12 tracks
Rock

踊ってばかりの国、ニューアルバム『moana』より「Hey human」

1 track
Rock

踊ってばかりの国、デジタルシングル第2弾「ひまわりの種」をリリース!

1 track
Rock

踊ってばかりの国、新曲「orion」を緊急デジタルリリース!

1 track
Rock

現メンバーになって3枚目となるアルバムが早くも完成!前作『光の中に』でモノクロームの祝祭を受け入れた5人が新たに描く極彩色。地球に生まれて、何を思って生きて行くか、逃げられない現実と向き合って生きていくこと。その決意表明は、「バナナフィッシュ」から始まる。

13 tracks
Rock

自主レーベル<FIVELATER>設立第一弾リリース。先行MVが話題となっている「ghost」など収録。表題曲の「光の中に」はすべての世代に聴いてもらいたいロックバラードで下津光史にしか唄うことの出来ない、圧倒的な存在感を放つ今作を象徴する名曲。

13 tracks
Rock

圧倒的な楽曲と演奏力、ライブパフォーマンス、そして現代では珍しい真に破天荒な生き様で、数々のミュージシャンから 「本物」と絶賛される、孤高のサイケデリックロックバンド『踊ってばかりの国』が、2018 年春に 3 年ぶりのフルアルバムをリリース。ライブでも披露し、リリースが待望されている楽曲「Boy」や、会場限定 CD に収録済の人気曲「evergreen」 「ジョン・ケイル」も再録音。そして完全未発表の新曲を含む 15 曲(+BT1 曲)を収録。

Bonus!
16 tracks
Rock

希代のフラワーロックバンド「踊ってばかりの国」、2015年最新作。メンバー4人によるセルフプロデュースで録音された、1年2ヶ月ぶりの、通算4枚目となるオリジナルフルアルバム。全11曲+イントロを収録

12 tracks
Rock

稀代のフラワーロックバンド 『踊ってばかりの国』 最高傑作。活動休止、メンバーの脱退を経て生まれ変わった『踊ってばかりの国』が生み出した、新曲13曲にボーナストラックを1曲も加えた全14曲収録。

14 tracks
Rock

前作『SEBULBA』から約7ヶ月、新体制になってから初めて制作されたアルバムが完成! 「よだれの唄」のリアレンジ・バージョンや、「悪魔の子供」のアコースティック・バージョンを含む全13曲。人懐っこいメロディーにシニカルな言葉。世界へ向けて放たれた、ポップなサイケデリックな一枚。

13 tracks
Rock

FUJI ROCK FESTIVAL'10やRUSH BALL 2010等の大型フェスティバルにも出演し、飛ぶ鳥を落とす勢いで活動を続ける彼らの、待望のファースト・フル・アルバム。シングル・タイトル曲「悪魔の子供」、「ばあちゃん」、「アタマカラダ」も収録し、自主制作盤で好評だった「僕はラジオ」、「死ぬな」、「意地悪」を現メンバー5人で再録。サイケかつポップ。このなんとも言えない絶妙なバランス感。一度聴いたら病み付きになる人懐っこさで、とても二十代前半のバンドとは思えないバンド・アンサンブルと音楽センスを十二分に味わえる作品である。

10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

踊ってばかりの国、新曲「サテン」の実験的ライヴ映像を公開

踊ってばかりの国、新曲「サテン」の実験的ライヴ映像を公開

7月24日にニューアルバム『On the shore』のリリースを控える踊ってばかりの国が〈Liquid projection experience session〉と名付けられたライヴ映像を公開した。 Shining Rain Projectによるリキ

踊ってばかりの国、3年ぶりのフルAL『On the shore』リリース決定

踊ってばかりの国、3年ぶりのフルAL『On the shore』リリース決定

踊ってばかりの国がおよそ3年振りとなる9枚目のフルアルバム『On the shore』を7月24日にリリースする。既にライヴで演奏されている「兄弟」「H2O」等含む全10曲入り。 昨年の日比谷野音公演をフル尺で収めた映像作品『冬の光 2023 at日比谷

〈FUJI & SUN ’24〉7月にWOWOWで放送決定

〈FUJI & SUN ’24〉7月にWOWOWで放送決定

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉がWOWOWで放送されることが決定した。 当日ライヴパフォーマンスが行われる「SUN STAGE」、「MOON STA

〈FUJI & SUN ’24〉タイムテーブル発表&初のオフィシャルグッズ登場

〈FUJI & SUN ’24〉タイムテーブル発表&初のオフィシャルグッズ登場

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 開催を目前に控え、タイムテーブルが発表された。 バラエティに富んだ全32組のアーティストが、富士山のまばゆい自然の

〈FUJI & SUN’24〉第5弾で柴田聡子、HAPPY追加 3ステージ全32組の最終ラインナップ決定

〈FUJI & SUN’24〉第5弾で柴田聡子、HAPPY追加 3ステージ全32組の最終ラインナップ決定

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 その第5弾アーティストが発表された。 今回発表されたのは、詩人として文学界からも注目を集め、形態を選ばない表現で言

〈FUJI & SUN ’24〉第4弾でcero、ペトロールズ、never young beach、Hedigan’s、HIMIら10組

〈FUJI & SUN ’24〉第4弾でcero、ペトロールズ、never young beach、Hedigan’s、HIMIら10組

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 その第4弾アーティストが発表された。 今回発表されたのは、結成20年を迎えなお新たなポップスの形を提示する cer

View More News Collapse
〈FUJI & SUN ’24〉第3弾で石野卓球、 EGO-WRAPPIN‘ 、Dos Monosら5組が決定

〈FUJI & SUN ’24〉第3弾で石野卓球、 EGO-WRAPPIN‘ 、Dos Monosら5組が決定

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 その第3弾アーティストが発表された。 電気グルーヴとしての活動の傍ら、ソロとして日本のテクノ・シーンに確固たる地位

踊ってばかりの国 × ゆるふわギャング コラボSG「no.9」MV公開

踊ってばかりの国 × ゆるふわギャング コラボSG「no.9」MV公開

踊ってばかりの国とゆるふわギャングのコラボシングル「no.9」のミュージックビデオを本日2024年2月19日(月)20:00より公開した。 本作は、昨年11月にリリースされた楽曲で、うねるようなバンドの演奏と下津光史(踊ってばかりの国)の歌声とゆるふわギ

〈FUJI & SUN ’24〉第2弾で民謡クルセイダーズ、くくく(原田郁子&角銅真実) 、Fabiano do Nascimento × 石若駿ら7組決定

〈FUJI & SUN ’24〉第2弾で民謡クルセイダーズ、くくく(原田郁子&角銅真実) 、Fabiano do Nascimento × 石若駿ら7組決定

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 その第2弾アーティストが発表された。 今回発表されたのは、クラムボンの原田郁子と打楽器奏者/SSWの角銅真実による

〈FUJI & SUN ’24〉第1弾で くるり、踊ってばかりの国、クレイジーケンバンド、KID FRESINO、ハンバート ハンバートら8組

〈FUJI & SUN ’24〉第1弾で くるり、踊ってばかりの国、クレイジーケンバンド、KID FRESINO、ハンバート ハンバートら8組

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて、キャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉が開催されることが発表された。 第1弾アーティストには、∈Y∋、踊ってばかりの国、KID FRESINO(band set)、

ゆるふわギャング × 踊ってばかりの国 コラボEP「no.9」配信リリース

ゆるふわギャング × 踊ってばかりの国 コラボEP「no.9」配信リリース

ゆるふわギャングと踊ってばかりの国によるコラボEP「no.9」が本日2023年11月29日0時に配信リリースされる。 「no.9」には、先日行われたゆるふわギャングのイベント「JOURNEY RAVE」でも演奏された3曲の楽曲が収録される。 リリースにあ

〈BAND-T POPUP #6〉が11月に心斎橋PARCOにて開催決定、連動ライヴ〈Lullaby〉には下津光史、加藤修平、荒谷翔大が出演

〈BAND-T POPUP #6〉が11月に心斎橋PARCOにて開催決定、連動ライヴ〈Lullaby〉には下津光史、加藤修平、荒谷翔大が出演

「バンドグッズをファッションへ」、日本のオシャレなバンドグッズを発信するファッション×音楽メディア〈Bandmerch〉が手掛けるポップアップ、〈BAND-T POPUP〉第6回が大阪・心斎橋PARCOで開催されることが決定した。 「バンドTシャツから出

FRIENDSHIP.運営〈FS.〉3周年記念イベント開催でTENDOUJI、下津光史(踊ってばかりの国)ら63組出演決定

FRIENDSHIP.運営〈FS.〉3周年記念イベント開催でTENDOUJI、下津光史(踊ってばかりの国)ら63組出演決定

デジタルディストリビューションサービス「FRIENDSHIP.」が運営するフラッグシップスペース〈FS.〉の3周年記念イベントが、2023年10月19日(木)から11月30日(木)までの間で開催されることが決定となった。 〈FS.〉はコロナ禍にOPENし

5年ぶりの〈RUSH BALL in 台湾〉に[Alexandros]、バニラズ、踊ってばかりの国ら9組が出演決定

5年ぶりの〈RUSH BALL in 台湾〉に[Alexandros]、バニラズ、踊ってばかりの国ら9組が出演決定

大阪の音楽ライヴイベント〈RUSH BALL〉が、5年振りに台湾で開催する〈RUSH BALL in 台湾〉の出演アーティストを発表した。 前半は2023年12月13日(水)〈台中Legacy Taichung〉、12月14日(木)〈台北Zepp New

GEZAN、踊ってばかりの国との2マンを大阪にて開催

GEZAN、踊ってばかりの国との2マンを大阪にて開催

GEZANが「BUG ME TENDER vol.20」~of Emerald~ と銘打ち、踊ってばかりの国との2マンライヴを大阪・Live House ANIMAにて開催する。 東京では7月にSpotify O-EASTにて同2マンを敢行し、チケットは

踊ってばかりの国、初となる冬の野音ワンマン開催決定

踊ってばかりの国、初となる冬の野音ワンマン開催決定

踊ってばかりの国がバンド初となる日比谷野音でのワンマンライヴ〈冬の光 2023〉を12月9日に行う。 告知ビジュアルには写真家草野庸子によって撮影された写真が使われている。チケットは本日14日22:00より30日23:59までオフィシャルサイト先行販売を

〈SYNCHRONICITY’23〉第4弾でラッキリ、Dios、yonawo、小林私、JYOCHOら16組決定 出演オーディションも開催

〈SYNCHRONICITY’23〉第4弾でラッキリ、Dios、yonawo、小林私、JYOCHOら16組決定 出演オーディションも開催

2023年4月1日(土)、4月2日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’23〉。 その出演アーティスト第4弾ラインナップが発表となった。 今回アナウンスされたのは、Lucky Kilimanjaro、Dios、

水カン、どんぐりず、踊ってばかりの国ら総勢100組出演〈EN FESTIVAL 2022〉開催

水カン、どんぐりず、踊ってばかりの国ら総勢100組出演〈EN FESTIVAL 2022〉開催

2022年10月28日(金)29日(土) 30日(日)那須ハイランドパークにて〈EN FESTIVAL 2022〉が開催される。 東日本最大級のアミューズメントパークにて行われる本フェスに踊ってばかりの国、水曜日のカンパネラ、どんぐりずなど年代やジャンル

踊ってばかりの国、最新EPから “your song” 本日配信&MV公開

踊ってばかりの国、最新EPから “your song” 本日配信&MV公開

踊ってばかりの国7曲入りの最新EP「Paradise review」のジャケットと収録内容が公開された。 ジャケットデザインはYOSHIROTTEN、ジャケット写真は水谷太郎が担当。その中から本日よりストリーミングにて「your song」の先行配信が開

有観客2days開催、都市型音楽フェス〈SHIN-ONSAI 2022〉出演者が明らかに

有観客2days開催、都市型音楽フェス〈SHIN-ONSAI 2022〉出演者が明らかに

2022年11月5日(土)、 6日(日)に、 東京・新宿区立新宿文化センターで3年振りの有観客開催で行われる都市型音楽フェス 〈SHIN-ONSAI 2022〉の第一弾出演アーティストが発表された。 〈SHIN-ONSAI〉は、 いつの時代も音楽・舞台・

踊ってばかりの国、新EPリリース決定&中野サンプラザを皮切りにリリースツアー開催

踊ってばかりの国、新EPリリース決定&中野サンプラザを皮切りにリリースツアー開催

踊ってばかりの国が7曲入りの最新EP「Paradise review」を9月21日にCDでリリースすることを発表した。 それに伴って、来年7月での閉館が決定した中野サンプラザを皮切りに、全国12公演をまわるリリースツアー〈『Paradise review

〈どんと還暦祭 -ウタの遺伝子-〉に小山田壮平、下津光史、内村イタルら出演

〈どんと還暦祭 -ウタの遺伝子-〉に小山田壮平、下津光史、内村イタルら出演

2000年に37歳で逝去した「どんと」こと久富隆司(元BO GUMBOS、ローザ・ルクセンブルグ)の60歳の誕生日を祝う〈どんと還暦祭 -ウタの遺伝子-〉が、2022年8月5日(金)に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催される。 誕生日を大切にしてい

下津光史、フレッドペリー主催イベント〈サブカルチャーライブ〉出演

下津光史、フレッドペリー主催イベント〈サブカルチャーライブ〉出演

ファッションブランド「フレッドペリー」のサブカルチャーをバックグラウンドにした音楽イベント、〈サブカルチャーライブ〉が2022年6月18日(土)に開催される。 約2年ぶりとなるサブカルチャーライブはフレッドペリーショップ東京にて行われ、踊ってばかりの国の

FRIENDSHIP.3周年イベント、踊ってばかりの国&miidaの追加出演決定

FRIENDSHIP.3周年イベント、踊ってばかりの国&miidaの追加出演決定

HIP LAND MUSICによる音楽ディストリビューションサービス「FRIENDSHIP.」がサービスローンチ3周年を記念して6月5日(日)に開催する渋谷5会場サーキットイベント〈SHIBUYA SOUND RIVERSE 2022〉の追加出演者がアナ

Collapse

Articles

ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

インタヴュー

ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

踊ってばかりの国の新作EP『Paradise review』が完成。全7曲をオープン・リールでアナログレコーディングしたという。今回のインタビューは、フロントマンの下津光史(Vo/Gt)、谷山竜志(Ba)と丸山康太(Gt)の3名を招き、本作の制作過程につい…

踊ってばかりの国、アルバム『moana』までのジャーニー ──サイケデリック・バンドのエスケーピズムの行方

インタヴュー

踊ってばかりの国、アルバム『moana』までのジャーニー ──サイケデリック・バンドのエスケーピズムの行方

踊ってばかりの国が、またしても最高傑作を更新する素晴らしいアルバム『moana』をリリースした。ツアー中止の影響から、約1年をかけて作られたという今作は、これまででもっとも生み出すのが難しく、だからこそこの作品がなければ次はなかったというほどに魂の込められ…

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

インタヴュー

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

昨年4月、3年ぶりのフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースした踊ってばかりの国から、早くも新アルバム『光の中に』が届いた。そしてOTOTOYではリリースと同タイミングで先行配信が開始した。自主レーベル〈FIVELATER〉を立ち上げ、バンド自ら…

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

インタヴュー

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

孤高のサイケデリック・ロック・バンド“踊ってばかりの国”が、2018年4月18日に、3年ぶりとなるフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースする。現在の体制となってから初となるこのアルバムは、音源化が待ち望まれていた名曲「Boy」をはじめ、会場限定…

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

インタヴュー

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

踊ってばかりの国のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史が、1stフル・アルバム『下津光史歌集』をリリースする。さらに下津が参加するバンド、GODによる1stフル・アルバム『DOG』も同日リリースすることが決定してい…

オトトイのススメ! Vol.3は、2015年9月28日(月)TSUTAYA o-nestにて!!

その他

オトトイのススメ! Vol.3は、2015年9月28日(月)TSUTAYA o-nestにて!!

''オトトイのススメ! vol.3''日時 : 2015年9月28日(月)@TSUTAYA o-nest開場 : 18:30 / 開演 : 19:00料金 : 前売 : 2,500円 / 当日 : 3,000円(1drink別)出演 : ''踊ってばかりの…

踊ってばかりの国、4枚目のオリジナル・フル・アルバムをリリース

レヴュー

踊ってばかりの国、4枚目のオリジナル・フル・アルバムをリリース

東京インディー・シーンの先頭を行くロック・バンド、踊ってばかりの国による、最新アルバム『SONGS』。最高傑作と呼ばれた前作『踊ってばかりの国』から1年2ヶ月ぶりとなる今作のアルバムは、勢いを衰えること無く更に自信に満ちた1枚になっている。2013年に新メ…

踊ってばかりの国、活動再開後初となる3rdフル・アルバムをリリース

インタヴュー

踊ってばかりの国、活動再開後初となる3rdフル・アルバムをリリース

アルバム冒頭、「Island song」(=島の歌)と題されたナンバーで、踊ってばかりの国はこう歌う。〈僕は今のあんたは愛せない〉。およそ1年ぶりとなる待望の新作は、私たちが暮らすこの島国を憂う、本当の意味でのブルースだ。メンバー脱退、活動休止、新メンバー…

踊ってばかりの国『FLOWER』

レヴュー

踊ってばかりの国『FLOWER』

サイケデリックな中にもポップさが光るサウンドとシニカルで独特な詞世界が特徴的な4人組バンド、踊ってばかりの国。去年は1st full album『SEBULBA』、2nd full album『世界が見たい』を立て続けにリリースし、全国ツアーも大盛況のうち…

下津光史(踊ってばかりの国)×有馬和樹(おとぎ話) 対談

インタヴュー

下津光史(踊ってばかりの国)×有馬和樹(おとぎ話) 対談

踊ってばかりの国の2ndフル・アルバム『世界が見たい』が完成! リリースを記念して、下津光史(Vo./Gu.)と、先月5thアルバム『BIG BANG ATTACK』を発表したばかりのおとぎ話の有馬和樹(Vo./Gu.)によるフロントマン対談が実現! どこ…

小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)対談!

インタヴュー

小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)対談!

共にこれからの日本のバンド・シーンを担う逸材として期待されているTHE NOVEMBERSと踊ってばかりの国。今年、踊ってばかりの国のツアーにTHE NOVEMBERSが参加する形で初共演を果たした両者は、一見接点がなさそうに見えるものも、そのディープな歌…

踊ってばかりの国

レヴュー

踊ってばかりの国

2010年11月にリリースした1st singleはオリコン・インディーズ・チャート2位(総合チャートは81位)を獲得! FUJI ROCK FESTIVAL’10やRUSH BALL 2010等の大型フェスティバルにも出演。今、飛ぶ鳥を落とす勢いの新人バ…