album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
世界が見たい  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:38
!!!  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:09
Going Going  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:54
言葉も出ない  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:38
ドブで寝てたら  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:51
僕はカメレオン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:29
EDEN  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:47
反吐が出るわ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:53
よだれの唄(リアレンジ)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:11
悪魔の子供(アコースティック)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:36
お涙頂戴  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
何処にいるの?  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:42
セレナーデ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:30
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 55:34
Album Info

前作『SEBULBA』から約7ヶ月、新体制になってから初めて制作されたアルバムが完成! 「よだれの唄」のリアレンジ・バージョンや、「悪魔の子供」のアコースティック・バージョンを含む全13曲。人懐っこいメロディーにシニカルな言葉。世界へ向けて放たれた、ポップなサイケデリックな一枚。

Discography

Rock

シングルの再録含む全12曲収録の8thフルアルバム 前作「私は月には行かないだろう」から1年半にも満たないペースでリリースされる8thアルバム。 しかし、実際の制作はこれまでで最も長い時間を費やした。 ライブで新曲を試しながら成長させていくバンドが、ライブが出来ない状況において、メンバーで何度も話し合い、衝突し、試行錯誤しながら、理想的な形に到達し完成させた。 限定シングルとしてリリースされていたOrion、ひまわりの種もアップデートして再録した新verとなっている。

12 tracks
Rock

踊ってばかりの国、ニューアルバム『moana』より「Hey human」

1 track
Rock

踊ってばかりの国、デジタルシングル第2弾「ひまわりの種」をリリース!

1 track
Rock

踊ってばかりの国、新曲「orion」を緊急デジタルリリース!

1 track
Rock

現メンバーになって3枚目となるアルバムが早くも完成!前作『光の中に』でモノクロームの祝祭を受け入れた5人が新たに描く極彩色。地球に生まれて、何を思って生きて行くか、逃げられない現実と向き合って生きていくこと。その決意表明は、「バナナフィッシュ」から始まる。

13 tracks
Rock

自主レーベル<FIVELATER>設立第一弾リリース。先行MVが話題となっている「ghost」など収録。表題曲の「光の中に」はすべての世代に聴いてもらいたいロックバラードで下津光史にしか唄うことの出来ない、圧倒的な存在感を放つ今作を象徴する名曲。

13 tracks
Rock

圧倒的な楽曲と演奏力、ライブパフォーマンス、そして現代では珍しい真に破天荒な生き様で、数々のミュージシャンから 「本物」と絶賛される、孤高のサイケデリックロックバンド『踊ってばかりの国』が、2018 年春に 3 年ぶりのフルアルバムをリリース。ライブでも披露し、リリースが待望されている楽曲「Boy」や、会場限定 CD に収録済の人気曲「evergreen」 「ジョン・ケイル」も再録音。そして完全未発表の新曲を含む 15 曲(+BT1 曲)を収録。

Bonus!
16 tracks
Rock

希代のフラワーロックバンド「踊ってばかりの国」、2015年最新作。メンバー4人によるセルフプロデュースで録音された、1年2ヶ月ぶりの、通算4枚目となるオリジナルフルアルバム。全11曲+イントロを収録

12 tracks
Rock

稀代のフラワーロックバンド 『踊ってばかりの国』 最高傑作。活動休止、メンバーの脱退を経て生まれ変わった『踊ってばかりの国』が生み出した、新曲13曲にボーナストラックを1曲も加えた全14曲収録。

14 tracks
Rock

前作『SEBULBA』から約7ヶ月、新体制になってから初めて制作されたアルバムが完成! 「よだれの唄」のリアレンジ・バージョンや、「悪魔の子供」のアコースティック・バージョンを含む全13曲。人懐っこいメロディーにシニカルな言葉。世界へ向けて放たれた、ポップなサイケデリックな一枚。

13 tracks
Rock

FUJI ROCK FESTIVAL'10やRUSH BALL 2010等の大型フェスティバルにも出演し、飛ぶ鳥を落とす勢いで活動を続ける彼らの、待望のファースト・フル・アルバム。シングル・タイトル曲「悪魔の子供」、「ばあちゃん」、「アタマカラダ」も収録し、自主制作盤で好評だった「僕はラジオ」、「死ぬな」、「意地悪」を現メンバー5人で再録。サイケかつポップ。このなんとも言えない絶妙なバランス感。一度聴いたら病み付きになる人懐っこさで、とても二十代前半のバンドとは思えないバンド・アンサンブルと音楽センスを十二分に味わえる作品である。

10 tracks

News

踊ってばかりの国、ニューアルバムより「Twilight」のMVを本日24時よりプレミア公開

踊ってばかりの国、ニューアルバムより「Twilight」のMVを本日24時よりプレミア公開

踊ってばかりの国ニューアルバム『moana』から、「Twilight」のミュージックビデオが本日24時より、踊ってばかりの国official YouTubeにてプレミア公開される。 監督は「Hey human」に続きHideto Hottaが手がける。

踊ってばかりの国、最新アルバム 『moana』OTOTOY限定Tシャツ付き音源配信が決定

踊ってばかりの国、最新アルバム 『moana』OTOTOY限定Tシャツ付き音源配信が決定

踊ってばかりの国が、2021年6月2日(水)にリリースする最新アルバム 『moana』。 今作のリリースに合わせて、OTOTOYにて限定Tシャツ付き音源配信の受注販売が決定。Tシャツの胸元には、彫り師でもあるアーティスト・ARIKAによるデザインが印象的

踊ってばかりの国、ニューアルバム『moana』リリース決定

踊ってばかりの国、ニューアルバム『moana』リリース決定

本日行われた下津光史 & THE STRANGE FOLKSスカイウォークツアー恵比寿リキッドルーム公演にて、踊ってばかりの国のニューアルバム『moana』が6月2日に発売となることがアナウンスされた。 また収録曲から「Hey human」が明日5月14

下津光史ソロAL『Transient world』より2曲の先行配信が2/24開始

下津光史ソロAL『Transient world』より2曲の先行配信が2/24開始

3/24発売の下津光史(踊ってばかりの国)のセカンドソロアルバム『Transient world』より表題曲の「Transient world」「Super sun goes down」の2曲の先行配信が2/24よりスタートする。 また合わせてアルバムの

betcover!!、踊ってばかりの国を迎え2MAN-GIG開催

betcover!!、踊ってばかりの国を迎え2MAN-GIG開催

betcover!!が踊ってばかりの国を迎え、11月13日(金)に新代田FEVERで2MAN-GIGを開催する事が発表された。 ライヴハウスでの観客有りのライヴは久しぶりのこと。 また、コロナ対策に配慮しキャパシティが制限されるので、早々に売り切れる事が

踊ってばかりの国、デジタルシングル"ひまわりの種"本日リリース

踊ってばかりの国、デジタルシングル"ひまわりの種"本日リリース

踊ってばかりの国がシングル”ひまわりの種”を本日デジタルリリースした。 7月にリリースされたデジタルシングル"orion"に続いて、第2弾となる本作のリリースに合わせて、7/22にリキッドルームにて行われた〈潜伏〉より"ひまわりの種"のライブ映像も公開と

View More News Collapse
『どんと20周年祭−2020 魂の誕生日ー』生ライヴ配信決定

『どんと20周年祭−2020 魂の誕生日ー』生ライヴ配信決定

2000年1月にハワイで亡くなったBO GUMBOS 、ローザ・ルクセンブルグのヴォーカリスト・どんとが8月5日に58回目の誕生日を迎える。 この度、BO GUMBOSのデビュー前から御世話になっていた京都の磔磔でBO GUMBOSのメンバーと、どんとの

踊ってばかりの国、新曲"orion"を緊急デジタルリリース

踊ってばかりの国、新曲"orion"を緊急デジタルリリース

踊ってばかりの国が新曲"orion”が を急遽デジタルリリースした。 楽曲はワンマンツアーの中止を余儀なくされたと同時にレコーディングされた楽曲であり現状の新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、様々な影響を受け、制限がかかる世の中に放たれる自由なメッセージ

〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉最終ラインナップ&タイムテーブル発表

〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉最終ラインナップ&タイムテーブル発表

7月4日(土)にオンラインで開催する〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉の最終ラインナップ、及び、タイムテーブルが発表となった。   最終で発表となったのは、国内からSOIL&”PIMP”SESSIONS、TRI4TH、

踊ってばかりの国ツアーファイナル中止、同日にリキッドルームで100名限定ライヴ生配信決定

踊ってばかりの国ツアーファイナル中止、同日にリキッドルームで100名限定ライヴ生配信決定

踊ってばかりの国が7月22日に恵比寿リキッドルームにて開催を予定していた『踊ってばかりの国リリースワンマンツアー2020「潜伏」』のツアーファイナル(振替公演)を、新型コロナウイルスの蔓延状況を鑑み中止とし、チケットの購入者へ払い戻しを行うことがアナウン

踊ってばかりの国の傑作AL2タイトルが待望のアナログ化

踊ってばかりの国の傑作AL2タイトルが待望のアナログ化

踊ってばかりの国のアルバム『君のために生きていくね』と『光の中に』の2タイトルがアナログ化することが決定した。 2018年にリリースされた『君のために生きていくね』は名曲”Boy”などを収録した全16曲を収録。豪華ゲートフォールド仕様2LPで9月30日(

LIQUIDROOM ドネーションTシャツにOGRE YOU ASSHOLEと踊ってばかりの国が登場

LIQUIDROOM ドネーションTシャツにOGRE YOU ASSHOLEと踊ってばかりの国が登場

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、サカナクションなどが参加、LIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナ・ウィルス影響下のメッセージTシャツ・プロジェクト〈We will meet again〉。 このたび発表するのは、ここLIQUIDROOM

踊ってばかりの国、スタジオライヴ映像配信決定

踊ってばかりの国、スタジオライヴ映像配信決定

踊ってばかりの国がスタジオライヴを収録したものを2日間に分け、2本のライヴ『燃焼』『焼失』として有料ライヴ配信を実施する。 リアルタイム配信では無く、収録したライヴ映像を編集したものとなっており、チケット購入者は配信終了後3日間はアーカイブで見ることが出

踊ってばかりの国、昨年の東京ワンマンより2曲のライブ映像を公開

踊ってばかりの国、昨年の東京ワンマンより2曲のライブ映像を公開

踊ってばかりの国が、昨年の秋のワンマンツアー、東京キネマ倶楽部公演より"beautiful"と"それで幸せ"の2曲をOfficial YouTubeチャンネルにて公開した。 今回公開された川口潤監督による2曲は、歌詞も含め今こそ自宅でじっくり聴いてもらい

踊ってばかりの国、ニューアルバムから “クロール”のMVを公開

踊ってばかりの国、ニューアルバムから “クロール”のMVを公開

踊ってばかりの国が今年の1月にリリースしたニューアルバム『私は月には行かないだろう』から、“クロール”のMVを公開した。 監督は「ghost」のMVに続いて、山田智和が務めている。 公開にあたり、下津光史、山田智和から以下のコメントが寄せられている。 山

野外フェス〈THE CAMP BOOK〉第1弾にGLIM SPANKY、eastern youthなど計6組発表

野外フェス〈THE CAMP BOOK〉第1弾にGLIM SPANKY、eastern youthなど計6組発表

「CAMP」「MUSIC」「SCHOOL」をテーマに、南アルプスを一望できる富士見高原リゾートにて、2020年6月13日(土)と6月14日(日)の2日間で開催される野外フェス〈THE CAMP BOOK 2020〉。 今年で4回目を迎える本フェスの第1弾

〈SYNCHRONICITY2020〉第3弾にZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国など26組

〈SYNCHRONICITY2020〉第3弾にZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国など26組

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉の第3弾ラインナップが発表された。 さらに〈SYNCHRONICITY2020 in T

踊ってばかりの国、新作より「青いピアス」MV公開

踊ってばかりの国、新作より「青いピアス」MV公開

1月22日にニュー・アルバム『私は月には行かないだろう』をリリースする踊ってばかりの国が、ニューアルバムより「青いピアス」のMVを公開した。 MVは「バナナフィッシュ」に続いて写真家の石毛倫太郎がクリエイティブディレクターを務めている。 またアルバムの発

踊ってばかりの国、1月発売New ALより初回限定盤DVDのトレーラー映像公開

踊ってばかりの国、1月発売New ALより初回限定盤DVDのトレーラー映像公開

1月22日に発売される踊ってばかりの国のニュー・アルバム『私は月には行かないだろう』。 その初回限定盤に付属されるライヴDVDのトレーラー映像が公開された。 こちらのDVDは前作「光の中に」のリリースツアー「踊ってばかりの国がやって来た!サラダ、サラダ、

踊ってばかりの国、新作より「バナナフィッシュ」のMVを公開

踊ってばかりの国、新作より「バナナフィッシュ」のMVを公開

来年の1/22にニューアルバム『私は月には行かないだろう』をリリースする踊ってばかりの国が、ニューアルバムより「バナナフィッシュ」のMVを公開した。 MVは写真家の石毛倫太郎がクリエイティブディレクターを務め、ダンサーのAoi Yamada × Tsuk

〈どんと20周年祭〉にDr.kyOn、岡地、永井、玉城、ラキタ、町田康らが集結

〈どんと20周年祭〉にDr.kyOn、岡地、永井、玉城、ラキタ、町田康らが集結

2000年1月27日に休養先のハワイ島にて37歳の若さで天国へ旅立っていったどんと。 20回忌となるイベント『どんと20周年祭ー2020 魂の成人式ー』が2020年1月28日(火)に開催決定した。 会場となるのは、どんとが沖縄移住後にバースディ・ライブを

踊ってばかりの国、New AL『私は月には行かないだろう』リリースワンマンツアー開催決定

踊ってばかりの国、New AL『私は月には行かないだろう』リリースワンマンツアー開催決定

来年の1月22日にニューアルバム『私は月には行かないだろう』をリリースする踊ってばかりの国が、リリースに伴うワンマンツアーの開催を発表した。 「潜伏」と銘打たれたワンマンツアーは全国8箇所にて2020年2月19日の仙台よりスタートとなる。 本日20時より

踊ってばかりの国、来年1月にニューアルバム発売決定

踊ってばかりの国、来年1月にニューアルバム発売決定

本日キネマ倶楽部ワンマンライブの中で、踊ってばかりの国が来年の1/22にニューアルバム『私は月には行かないだろう』をリリースすることを発表した。 5月にリリースした『光の中に』からわずか8ヶ月でのリリースとなる。 アルバムは初回盤と通常盤が用意されており

踊ってばかりの国、秋のワンマンツアーを発表

踊ってばかりの国、秋のワンマンツアーを発表

踊ってばかりの国が、毎年恒例秋のキネマ倶楽部ワンマンライヴを発表した。 今年は例年のキネマ倶楽部に加えて、大阪シャングリラ、名古屋得三も発表され東名阪でのワンマンツアーとなった。 チケットは明日8月24日(土)正午から9月1日(日)23時までオフシャルサ

Collapse

Articles

踊ってばかりの国、アルバム『moana』までのジャーニー ──サイケデリック・バンドのエスケーピズムの行方

インタヴュー

踊ってばかりの国、アルバム『moana』までのジャーニー ──サイケデリック・バンドのエスケーピズムの行方

踊ってばかりの国が、またしても最高傑作を更新する素晴らしいアルバム『moana』をリリースした。ツアー中止の影響から、約1年をかけて作られたという今作は、これまででもっとも生み出すのが難しく、だからこそこの作品がなければ次はなかったというほどに魂の込められ…

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

インタヴュー

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

昨年4月、3年ぶりのフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースした踊ってばかりの国から、早くも新アルバム『光の中に』が届いた。そしてOTOTOYではリリースと同タイミングで先行配信が開始した。自主レーベル〈FIVELATER〉を立ち上げ、バンド自ら…

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

インタヴュー

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

孤高のサイケデリック・ロック・バンド“踊ってばかりの国”が、2018年4月18日に、3年ぶりとなるフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースする。現在の体制となってから初となるこのアルバムは、音源化が待ち望まれていた名曲「Boy」をはじめ、会場限定…

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

インタヴュー

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

踊ってばかりの国のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史が、1stフル・アルバム『下津光史歌集』をリリースする。さらに下津が参加するバンド、GODによる1stフル・アルバム『DOG』も同日リリースすることが決定してい…

オトトイのススメ! Vol.3は、2015年9月28日(月)TSUTAYA o-nestにて!!

その他

オトトイのススメ! Vol.3は、2015年9月28日(月)TSUTAYA o-nestにて!!

''オトトイのススメ! vol.3''日時 : 2015年9月28日(月)@TSUTAYA o-nest開場 : 18:30 / 開演 : 19:00料金 : 前売 : 2,500円 / 当日 : 3,000円(1drink別)出演 : ''踊ってばかりの…

踊ってばかりの国、4枚目のオリジナル・フル・アルバムをリリース

レヴュー

踊ってばかりの国、4枚目のオリジナル・フル・アルバムをリリース

東京インディー・シーンの先頭を行くロック・バンド、踊ってばかりの国による、最新アルバム『SONGS』。最高傑作と呼ばれた前作『踊ってばかりの国』から1年2ヶ月ぶりとなる今作のアルバムは、勢いを衰えること無く更に自信に満ちた1枚になっている。2013年に新メ…

踊ってばかりの国、活動再開後初となる3rdフル・アルバムをリリース

インタヴュー

踊ってばかりの国、活動再開後初となる3rdフル・アルバムをリリース

アルバム冒頭、「Island song」(=島の歌)と題されたナンバーで、踊ってばかりの国はこう歌う。〈僕は今のあんたは愛せない〉。およそ1年ぶりとなる待望の新作は、私たちが暮らすこの島国を憂う、本当の意味でのブルースだ。メンバー脱退、活動休止、新メンバー…

踊ってばかりの国『FLOWER』

レヴュー

踊ってばかりの国『FLOWER』

サイケデリックな中にもポップさが光るサウンドとシニカルで独特な詞世界が特徴的な4人組バンド、踊ってばかりの国。去年は1st full album『SEBULBA』、2nd full album『世界が見たい』を立て続けにリリースし、全国ツアーも大盛況のうち…

下津光史(踊ってばかりの国)×有馬和樹(おとぎ話) 対談

インタヴュー

下津光史(踊ってばかりの国)×有馬和樹(おとぎ話) 対談

踊ってばかりの国の2ndフル・アルバム『世界が見たい』が完成! リリースを記念して、下津光史(Vo./Gu.)と、先月5thアルバム『BIG BANG ATTACK』を発表したばかりのおとぎ話の有馬和樹(Vo./Gu.)によるフロントマン対談が実現! どこ…

小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)対談!

インタヴュー

小林祐介(THE NOVEMBERS)×下津光史(踊ってばかりの国)対談!

共にこれからの日本のバンド・シーンを担う逸材として期待されているTHE NOVEMBERSと踊ってばかりの国。今年、踊ってばかりの国のツアーにTHE NOVEMBERSが参加する形で初共演を果たした両者は、一見接点がなさそうに見えるものも、そのディープな歌…

踊ってばかりの国

レヴュー

踊ってばかりの国

2010年11月にリリースした1st singleはオリコン・インディーズ・チャート2位(総合チャートは81位)を獲得! FUJI ROCK FESTIVAL’10やRUSH BALL 2010等の大型フェスティバルにも出演。今、飛ぶ鳥を落とす勢いの新人バ…