How To Buy
TitleDurationPrice
SURFPUNK  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:29
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 02:29
Album Info

“たまにそんな日々を思い出すと青春の音がする”全世代に響く、これぞ青春の音!90年代的テイストのインディー・ロックなムードにアコースティックギターの調べ、近年のラップミュージック以降の重低音感が融合し、爽やかでナチュラルでグルーヴィなまさに2020年型サーフパンク(青春)サウンドが誕生!TENDOUJIの最大の魅力であるモリタナオヒコとアサノケンジによるツインヴォーカルが描き出すストーリー!ケンジがエモーショナルに歌う「どうしてみんな笑ってるのかわからなかった つまんない奴らと笑うくらいなら 死んだ方がマシって思ってた」 という過ぎ去りし日々の苦悩に呼応した、アグレッシヴなナオの「 そんな日々を思い出すと 青春の音がする」という爽快感を有したシャウトがリフレインして、誰もが共感必至の甘酸っぱい青春の日々が鮮やかに蘇るマスターピース!!

Discography

Rock

結成10周年を迎えたTENDOUJIが6月の<TENの日>にお届けするのは4th album 『TENDOUJI』 からBIG LOVEなトラックをセレクトしたe.p.『TENDOUJI Remix Plus』先日リリースしたセルフ・タイトル・アルバム『TENDOUJI』からリードトラック「Just Because」とアルバムプッシュトラック「TOKYO ASH」の2曲をセレクト。 「TOKYO ASH」のREMIXは、インディーバンド若手最注目のトップシークレットマンに白羽の矢を立てた。 昨年末、江ノ島オッパーラでの共演が記憶に新しいが、兼ねてよりTENDOUJIをリスペクトしてくれていたシノダ(トップシークレットマン)は 人生初のリミックスを快諾。オリジナルを吹き飛ばす勢いのトラックが完成。 対照的に「Just Because」は、これまでTENDOUJIがアレンジやプログラミングでお世話になってきたExperimental ヒップホップバンド"skillkills"のコンポーザー、ベーシストであるGuruConnectが手掛ける大人のチルな空間が心地良い仕上がりになっている。 REMIX2曲に加え、お馴染み「TENDOUJIのテーマ」のインストゥルメンタルを収録、各々の応援歌として楽しんでほしい。

3 tracks
Rock

天に愛された太陽の子、我らが天童児。2014年に27歳で初めてバンドを組み、2024年に結成10周年を迎えるTENDOUJI。4枚目のフルアルバムとなる本作は、満を持してのセルフ・タイトル『TENDOUJI』。セルフタイトル・アルバムは自信に溢れた節目、最高傑作となると言われているが、もちろん本作はその通り、TENDOUJI伝説の始まりとなる一枚である。

Bonus!
12 tracks
Rock

2024年に結成10周年、<TENDOUJI TEN>と銘打ち果敢に活動を続けるTENDOUJI。彼らのいつもの陽気で軽快な顔とは異なる、チルでガレージなサウンドで、これまでのイメージを覆す『Just Because』。5月15日リリース予定のセルフ・タイトル・アルバム『TENDOUJI』からのゆるふわ先行リリース。

1 track
Rock

TENDOUJI、Zepp新宿にて行われた『E.P.P FINAL SERIES』の模様を収録したライヴ音源をリリース!

4 tracks
Rock

TENDOUJIが久々の新曲”BIGLOVE”をリリース。 今回はギターのサウンドメイクにはドミコのさかしたひかるが参加。またサウンドエンジニアにも”KiillingHeads”や”HEARTBEAT”等を手がけた上條雄次氏が参加しオルタナティブ感、万全の体制での新曲制作となった。 渾身のギターロックソングであり、必聴のキラーチューンとなっている。

1 track
Rock

東京インディーシーン代表、TENDOUJIの金字塔となるスーパーポップパンクEP 名盤4thEP"FABBY CLUB"を踏襲する音楽仲間に届ける大名盤"BUDDY CLUB"をリリース。全編セルフプロデュース、全メンバーが作詞作曲を担当するなど、原点に立ち返るTENDOUJIらしい"カンタン"と楽しいが存分に詰まった作品。大規模な全国ツアーや自身初となる主催フェスを見事に成功させてきた東京インディーシーン代表となるバンドの金字塔となるスーパーポップパンクEP。全インディーファン必聴。

6 tracks
Rock

東京インディー/オルタナシーンの代表格TENDOUJI、「HATTRICK」をリリース!

1 track
Rock

東京インディー/オルタナシーンの代表格TENDOUJI、2ヶ月連続となる永遠に光輝く名曲 「EVERGREEN」をリリース!

1 track
Rock

TENDOUJI、90年代大ヒットドラマ"ビーチボーイズ"が原案となった1年3ヶ月振りの新曲"BeachBoys"をリリース

1 track
Rock

捨て曲無しの極上のグッドメロディ!フロアーが最高にヒートアップするあのライヴで知られるTENDOUJI!コロナ禍の閉塞感の中で溢れ出す制作意欲が結実し、何と同時に制作されたという双子アルバム『MONSTER』と『Smoke!!』のサーガ(物語)、いよいよ完結!先日、リリースされた『MONSTER』に続く、待望の3rdアルバム、『Smoke!!』がここに発売!前作『MONSTER』が1曲目に「CRAZY feat.ROY(THE BAWDIES)」を配していたようにまさにジャンル不問のポップマエストロとしての本領発揮、ジャケのクリーチャーのカラフルな印象そのままの多様性を有したポップネスを体現したアルバムであったのに対し、今回の『Smoke!!』は自らのサウンドを"EASY PUNK"と表現するTENDOUJIの真骨頂とでも言うべきマスター・ピース!

10 tracks
Rock

ニュー・アルバム『Smoke!!』より、先行配信シングル第4弾の”BANANA HIGHWAY”

1 track
Rock

ニュー・アルバム『Smoke!!』より、先行配信シングル第3弾の“Young Love”

1 track
Rock

TENDOUJI、アルバム『Smoke!!』より先行シングル第2弾“I don’t need another life”

1 track
Rock

TENDOUJI、爽快なサマー・パンクの新曲「Feelin'」を配信リリース

1 track
Rock

様々な音楽を貪欲に吸収し、変化を恐れない強靭なポップネスを手に入れたTENDOUJIが贈る2021年型ハイブリッド・オルタネティヴ・ロックの怪物(モンスター)!約4年ぶり、待望の2ndアルバムにして最高傑作完成!ポップ職人、GREAT3の片寄明人をプロデュースに迎え、ハイブリッドな最新型ガレージ・ダンス・チューン「CRAZY」を筆頭に、the HIATUS、THE CORNELIUS GROUP等で知られるキーボーディスト、堀江博久や、プログラミングを手掛けるskillkillsのスグルスキルも参加するキラーチューン満載!

10 tracks
Rock

ニューアルバム『MONSTER』から新曲「CRAZY」がリリース、フィーチャリングにROY

1 track
Rock

誰もが経験するほろ苦い青春を描いた、エモーショナルなオルタナティブロックとなっている。ジャケットのアートディレクションは、前作「SURFPUNK」に引き続きPERIMETRONのMargtが手がけた。

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

TENDOUJI、〈TENの日〉に『TENDOUJI Remix Plus』リリース

TENDOUJI、〈TENの日〉に『TENDOUJI Remix Plus』リリース

TENDOUJIが6月の〈TENの日〉に『TENDOUJI Remix Plus』をリリースした。 この作品は、先日リリースしたセルフ・タイトル・アルバム『TENDOUJI』 からリードトラック「Just Because」とアルバムプッシュトラック「TO

山田大介、Ring Ring Lonely Rollssとのコラボ曲「夜しかない国」リリース&MV公開

山田大介、Ring Ring Lonely Rollssとのコラボ曲「夜しかない国」リリース&MV公開

山田大介とRing Ring Lonely Rollssが、コラボシングル「夜しかない国」を本日2024年6月5日(水)よりリリースした。 同楽曲は、森ともかの印象的なピアノのフレーズに応えるように、山田大介と豊田大樹が組み立てたビートの上に、大坂元紀の

TENDOUJI、新ALより「TOKYO ASH」のMVを公開

TENDOUJI、新ALより「TOKYO ASH」のMVを公開

TENDOUJIが2024年5月15日(水)にリリースしたニューアルバム『TENDOUJI』より、“TOKYO ASH”のミュージックビデオを公開した。 東京から離れたいけど、なぜかみんな離れられない普遍的な街の魔力について歌った本作。皆東京は最低だと言

TENDOUJI、“天童よしみさんと絡む” 実現

TENDOUJI、“天童よしみさんと絡む” 実現

TENDOUJIが2024年2月10日の「TENの日」に掲げた10周年を記念した「10の公約」。 その公約の中でも燦然と輝いていた〈天童よしみさんと絡む〉が現実のものとなった。 実現までの経緯は以下の通り。 「5月15日にセルフ・タイトル・アルバム『TE

TENDOUJI、アルバム先行SG配信&一夜限りのHISTORY映像上映会開催

TENDOUJI、アルバム先行SG配信&一夜限りのHISTORY映像上映会開催

TENDOUJIが本日4月10日、〈TENの日〉5月15日にリリースとなる4枚目のアルバム『TENDOUJI』からの先行曲 「Just Because」の配信がスタート。 これまでのTENDOUJIのイメージを覆すベッドルーム・オルタナ・テイストの切な

〈SYNCHRONICITY’24〉TT更新 toconoma、ExWHYZ、YONA YONA WEEKENDERS、新東京ら12組がVoicyコラボステージでトークセッション

〈SYNCHRONICITY’24〉TT更新 toconoma、ExWHYZ、YONA YONA WEEKENDERS、新東京ら12組がVoicyコラボステージでトークセッション

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉のタイムテーブルが更新となった。 今回の発表で、LOFT9 Shibuyaでの音声プラットフォーム「Voicy」とのコラボレーショント

View More News Collapse
〈SYNCHRONICITY’24〉特別企画の出演順、タイムテーブル発表

〈SYNCHRONICITY’24〉特別企画の出演順、タイムテーブル発表

2024年4月6日(土)、7(日)にLINE CUBE SHIBUYAにて行われる〈SYNCHRONICITY’24〉の特別企画〈SYNCHRONICITY'24 Wonder Vision supported by ライブナタリー〉。 その出演順、タイ

TENDOUJI、結成10年の節目にセルフタイトルALをリリース決定

TENDOUJI、結成10年の節目にセルフタイトルALをリリース決定

今年2024年に結成10周年を迎えたTENDOUJIが、4枚目のフルアルバムにしてセルフ・タイトル『TENDOUJI』を2024年5月14日(火)にリリースすることが決定した。 本作はTENDOUJI伝説の始まりとなる1枚で、全12曲収録、トータル33分

〈SYNCHRONICITY’24〉TT発表 最終追加アーティストで、いつか(Charisma.com) × RINNEEE、#KTちゃん決定

〈SYNCHRONICITY’24〉TT発表 最終追加アーティストで、いつか(Charisma.com) × RINNEEE、#KTちゃん決定

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉のタイムテーブル、及び、最終追加、オーディション最終選考アーティストが発表となった。 発表となったタイムテーブルから、4月13日(土)

〈ODD SAFARI〉第2弾出演アーティストはTENDOUJI、brkfstblend

〈ODD SAFARI〉第2弾出演アーティストはTENDOUJI、brkfstblend

DENIMS恒例のパーティーイベント〈ODD SAFARI〉の第2弾アーティストが発表になった。 第1弾ではM-1での活躍も記憶に新しいマユリカだけ発表して若干ファンをヤキモキさせていたが第2弾ではミュージックラヴァー歓喜の2組のアーティストが発表された

〈SYNCHRONICITY’24〉最終でtricot、CVLTE、ART-SCHOOL、No Buses、world's end girlfriend、春ねむり、パジャマで海なんかいかない、She Her Her Hersら26組

〈SYNCHRONICITY’24〉最終でtricot、CVLTE、ART-SCHOOL、No Buses、world's end girlfriend、春ねむり、パジャマで海なんかいかない、She Her Her Hersら26組

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その最終ラインナップが発表となった。 今回発表となったのは、tricot、CVLTE、ART-SCHOOL、No Buses、ya

〈風と街音楽祭'24〉第一弾出演者にRHYMESTER、TENDOUJIら5組

〈風と街音楽祭'24〉第一弾出演者にRHYMESTER、TENDOUJIら5組

4月13日(土)14日(日)に福岡・かしいのはまビレッジにて〈風と街音楽祭'24〉の開催が決定。第一弾出演アーティストが発表された。 4月13日(土)にTHA BLUE HERB、RHYMESTER、4月14日(日)にCody・Lee(李)、TETORA

〈SYNCHRONICITY’24〉第7弾で、a子、グソクムズ、eastern youth、神聖かまってちゃん、リーガルリリー、ドミコ、Name the Night等14組

〈SYNCHRONICITY’24〉第7弾で、a子、グソクムズ、eastern youth、神聖かまってちゃん、リーガルリリー、ドミコ、Name the Night等14組

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第7弾アーティストが発表となった。 発表となったのは、eastern youth、神聖かまってちゃん、リーガルリリー、ドミコ、

〈SYNCHRONICITY’24〉第6弾で(sic)boy、水曜日のカンパネラ、chelmico、ODD Foot Works、Skaai、呂布カルマ、DÉ DÉ MOUSE、PAS TASTA (DJ SET) 、tonunら16組

〈SYNCHRONICITY’24〉第6弾で(sic)boy、水曜日のカンパネラ、chelmico、ODD Foot Works、Skaai、呂布カルマ、DÉ DÉ MOUSE、PAS TASTA (DJ SET) 、tonunら16組

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第6弾アーティストが発表となった。 発表となったのは、(sic)boy、水曜日のカンパネラ、chelmico、ODD Foot

TENDOUJI、主催フェス〈OTENTO〉の全アクト解禁

TENDOUJI、主催フェス〈OTENTO〉の全アクト解禁

2024年、結成10周年のアニバーサリー・イヤーを迎えたTENDOUJIの主催フェス〈OTENTO〉の全アクトが解禁された。 大阪にTENDOUJIが愛してやまないNo Busesが追加となり、TENDOUJIでしか組めないラインナップが出揃った。 また

〈BAYCAMP 202402〉第5弾で崎山蒼志、the telephones出演決定

〈BAYCAMP 202402〉第5弾で崎山蒼志、the telephones出演決定

2024年2月10日(土) 川崎CLUB CITTA’ + A’TTICにてオールナイトで行われる〈BAYCAMP 202402〉。 その第5弾出演アーティストが発表された。 崎山蒼志がバンドセットで、the telephonesがLive DJ Set

〈SYNCHRONICITY’24〉第5弾でCENT、ExWHYZ 、KIRINJI、Elephant Gym、荒谷翔大、新東京、Omoinotake等12組発表

〈SYNCHRONICITY’24〉第5弾でCENT、ExWHYZ 、KIRINJI、Elephant Gym、荒谷翔大、新東京、Omoinotake等12組発表

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第5弾アーティストが発表となった。 発表となったのは、KIRINJI、Elephant Gym (Taiwan)、Omoino

〈BAYCAMP 202402〉、第4弾でヘッドライナー忘れらんねえよ、UlulU、つきみ、トップシークレットマン、ジョナゴールド

〈BAYCAMP 202402〉、第4弾でヘッドライナー忘れらんねえよ、UlulU、つきみ、トップシークレットマン、ジョナゴールド

2024年2月10日(土) 川崎CLUB CITTA’ + A’TTICにてオールナイトで行われる〈BAYCAMP 202402〉。 その第4弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたアーティストは、忘れらんねえよ、UlulU、つきみ、トップシーク

TENDOUJI結成10周年企画始動、第一弾としてワンマンツアー開催

TENDOUJI結成10周年企画始動、第一弾としてワンマンツアー開催

今や、東京インディー/オルタナシーンを牽引する存在となったTENDOUJI。 物語の始まりは2017年、千葉県松戸市の中学同窓生4人が、齢28歳にして初めてバンドを組むと言う暴挙に出た。世間ではバンドマンが音楽を続ける事に見切りをつけ、バンド活動を諦め始

〈BAYCAMP 202402〉第3弾で神聖かまってちゃん、超能力戦士ドリアン、yonige決定

〈BAYCAMP 202402〉第3弾で神聖かまってちゃん、超能力戦士ドリアン、yonige決定

2024年2月10日(土) 川崎CLUB CITTA’ + A’TTICにてオールナイトで行われる〈BAYCAMP 202402〉。 その第3弾出演アーティストが発表された。 今回アナウンスされたアーティストは、神聖かまってちゃん、超能力戦士ドリアン、y

TENDOUJI×台風クラブの初ツーマンイベント開催決定

TENDOUJI×台風クラブの初ツーマンイベント開催決定

東京インディー、オルタナシーンの代表格TENDOUJI。今年から開催されている主催フェス〈OTENTO〉は来年も開催が決定。チケットはソールドアウトしそうな勢いで伸びている中、プレイベント“YOAKEMAE”の開催を発表。 対バンはTENDOUJIが愛し

〈SYNCHRONICITY’24〉第4弾で、toe、the band apart、envy、downy、THE NOVEMBERS、明日の叙景、Laura day romance、GriffOら12組発表

〈SYNCHRONICITY’24〉第4弾で、toe、the band apart、envy、downy、THE NOVEMBERS、明日の叙景、Laura day romance、GriffOら12組発表

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第4弾ラインナップ発表、及び出演アーティストの日割りが発表となった。 発表となったのは、toe、the band apart、

〈BAYCAMP 202402〉第2弾でモーモールルギャバン、魔法少女になり隊、TENDOUJIら7組決定

〈BAYCAMP 202402〉第2弾でモーモールルギャバン、魔法少女になり隊、TENDOUJIら7組決定

2024年2月10日(土) 川崎CLUB CITTA’ + A’TTICにてオールナイトで行われる〈BAYCAMP 202402〉の第2弾出演アーティストが発表された。 以下、主催者からのコメントが発表されている。 BAYCAMPを楽しみにしている皆様!

〈SYNCHRONICITY’24〉第3弾でRega 、Ålborg 、Bialystocks、奇妙礼太郎BAND、chilldspot、Helsinki Lambda Club等10組決定

〈SYNCHRONICITY’24〉第3弾でRega 、Ålborg 、Bialystocks、奇妙礼太郎BAND、chilldspot、Helsinki Lambda Club等10組決定

2024年4月13日(土)14日(日)に東京・渋谷にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’24〉。 その第3弾ラインナップが発表された。 今回発表となったのは、Bialystocks、奇妙礼太郎BAND、chilldspot、浦上

Collapse

Articles

いつも全身全霊で楽しんだら、それでうまくいく──結成10周年のTENDOUJIは次のフェーズへ

インタヴュー

いつも全身全霊で楽しんだら、それでうまくいく──結成10周年のTENDOUJIは次のフェーズへ

結成10周年を迎えたTENDOUJIから、セルフ・タイトル・アルバム『TENDOUJI』が届けられた。アルバムを飾る“TENDOUJI のテーマ”のBPM高めなドラムマシンのビートで幕を開けるやいなや、ハッと目が覚めたようにグイグイとTENDOUJIの陽…

来年1番いいバンド”はTENDOUJIだ!!! ──心を熱く燃やす必殺ソング「FIREBALL」リリース

インタヴュー

来年1番いいバンド”はTENDOUJIだ!!! ──心を熱く燃やす必殺ソング「FIREBALL」リリース

まるでサッカーの応援歌のようなイントロから、タイトなビートに乗せされたスタジアム・ロック感もあるサウンドが印象的な新曲「FIREBALL」をリリースしたロック・バンド、TENDOUJI。シーン屈指のライヴバンドとして全国各地でフロアを盛り上げてきた彼らも、…

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

インタヴュー

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

まるでカンフー映画のオープニングを思わせるようなイントロから、甘くキャッチーなギター・ソロで幕を開けるTENDOUJIの1stシングル「COCO」。サーフ・ポップ・パンク調の“COCO”は、いままで以上にモリタのエモーショナルな歌声が聴ける楽曲であり…

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

インタヴュー

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

京都で2002年から続く音楽フェス〈ボロフェスタ〉の開催が迫ってきました! 今年もBiSHやZAZEN BOYS、カネコアヤノなどのシーンをにぎわしたアーティストをはじめ、No Busesやズーカラデルなどといった注目の若手バンドまで、これまでの〈ボロフェ…

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

インタヴュー

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

OTOTOY編集部の鈴木が今年出会ったどんな作品よりもオススメしたいTENDOUJI『FABBY CLUB』がついにリリース。活動初期から「売れたい!!」と公言している彼らですが、ここに断言します。今作のリリースでTENDOUJI、売れちゃう!!! 聴い…

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

ライヴレポート

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

持ち前のキャラクターとパーティー感でありとあらゆるイベントに引っ張りだこのロック・バンド、TENDOUJI。〈HUNG!GET!TAG!NIGHT!!!〉(通称ハゲタクナイ)など彼らの本音がもれすぎているタイトルの自主企画を行ってきた彼らが、新たに自主企画…

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始

インタヴュー

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始

今年3月にアメリカ最大規模のカルチャー・フェス〈SXSW〉への出演をはたし、海外からも注目を集める、4人組ロック・バンド、TENDOUJI。着々と活動の幅を広げる彼らが、待望の新作『BUBBLE POPS』を2018年4月18日にリリースした。ハッピーで心…

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

コラム

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介…