album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
We Are Sex Bob-Omb -- セツクス・ボブオム  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:01 N/A
2
Scott Pilgrim -- プラムトゥリー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:01 N/A
3
I Heard Ramona Sing -- フランク・ブラック  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:40 N/A
4
By Your Side -- ビーチウッド・スパークス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
5
O Katrina! -- ブラック・リップス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:50 N/A
6
I'm So Sad, So Very, Very, Sad -- クラッシュ・アンド・ザ・ボーイズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:12 N/A
7
We Hate You Please Die -- クラッシュ・アンド・ザ・ボーイズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:58 N/A
8
Garbage Truck -- セツクス・ボブオム  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:43 N/A
9
Teenage Dream -- T-Rex  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:45 N/A
10
Sleazy Bed Track -- ブルートーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:35 N/A
11
It's Getting Boring By The Sea -- ブラッド・レッド・シューズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:55 N/A
12
Black Sheep -- メトリック  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:55 N/A
13
Threshold -- セツクス・ボブオム  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:47 N/A
14
Anthems For A Seventeen Year-Old Girl -- ブロークン・ソーシャル・シーン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:35 N/A
15
Under My Thumb -- ザ・ローリング・ストーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:41 N/A
16
Ramona (Acoustic Version) -- ベック  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:00 N/A
17
Ramona -- ベック  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:21 N/A
18
Summertime -- セツクス・ボブオム  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:09 N/A
19
Threshold (8 Bit) -- ブライアン・リバートン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:50 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

アルバム『ブリッジズ・トゥ・バビロン』の発売に伴い、1997年9月から約1年に亘り行われたワールド・ツアー”の終盤、1998年9月2日のドイツはブレーメン公演を完全収録したストーンズの未発表コンサート音源が登場! 本ツアーではオーディエンスの真ん中に小さなBステージを設置し、メイン・ステージから伸びる“ブリッジ”で移動するという仕掛けの他、ファンがウェブサイトを通じてリクエストした楽曲にバンドが応えるという新たな手法も導入。結果、各公演でユニークなナンバーが取り上げられることとなり、このブレーメン公演では、同年3月の東京ドーム公演でも披露された「メモリー・モーテル」を演奏。

Rock

アルバム『ブリッジズ・トゥ・バビロン』の発売に伴い、1997年9月から約1年に亘り行われたワールド・ツアー”の終盤、1998年9月2日のドイツはブレーメン公演を完全収録したストーンズの未発表コンサート音源が登場! 本ツアーではオーディエンスの真ん中に小さなBステージを設置し、メイン・ステージから伸びる“ブリッジ”で移動するという仕掛けの他、ファンがウェブサイトを通じてリクエストした楽曲にバンドが応えるという新たな手法も導入。結果、各公演でユニークなナンバーが取り上げられることとなり、このブレーメン公演では、同年3月の東京ドーム公演でも披露された「メモリー・モーテル」を演奏。

Rock

●『スティッキー・フィンガーズ』(1971)から『ブルー&ロンサム』(2016)までの全スタジオ・アルバムからセレクトされた名曲を収めるCD2枚に、未発表ライヴ・トラック満載のボーナス・ディスクを追加した、ザ・ローリング・ストーンズ最新ベスト・アルバムの3枚組デラックス盤! ●ベスト盤2枚に収録されるのは全36曲。ストーンズ・サウンのド代名詞的ナンバー「ブラウン・シュガー」や名バラード「アンジー」、ディスコ・ビートとミック・ジャガーのファルセット・コーラスが印象的な「ミス・ユー」といった1970年代からの15曲の他、キース・リチャーズならではのギターリフが強烈な「スタート・ミー・アップ」、一時期のメンバー間の不仲を爽快に吹き飛ばした「ミックスト・エモーションズ」、21世紀もR&Rバンドで有り続けることを高らかに宣言した「ラフ・ジャスティス」、そして最新作にしてベストセラーとなったブルース・アルバム『ブルー&ロンサム』からの濃密な3曲など、5つのディケイドに跨る代表曲を網羅。 ●ボーナス・ディスクにはバンドの最近のツアーから未発表ライヴ音源を10曲収録。内4曲は世代の若いアクトとの共演で、2013年の『50&カウンティング・ツアー』からはブラッド・ペイズリーとの「デッド・フラワーズ」と、フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールとの「ビッチ」、2015年の『ZIPコード・ツアー』からはエド・シーランを迎えての「ビースト・オブ・バーデン」、2018年の『ノー・フィルター』UKツアーからはフローレンス・ウェルチをフィーチャーした「ワイルド・ホース」を収録。その他、44年ぶりのセットリスト入りで話題となった「ダンシング・ウィズ・ミスターD」や、「一人ぼっちの世界」、「アンダー・マイ・サム」、「夜をぶっとばせ」、「シーズ・ア・レインボー」といった1960年代のレパートリーも収録。 ●3/15から5/6まで「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」が日本で開催される他、本作発売翌日の4/20には全13公演の『ノー・フィルター』全米ツアーがスタート、更には現在スタジオで最新アルバムのレコーディングも敢行中など、ますます精力的な活動を続けるストーンズ。本作はそんな彼らの黄金期と今を俯瞰できる秀逸のコンピレーションであると同時に、未発表音源もたっぷり追加収録したファン必携の限定盤です。

GOOD PRICE!
Rock

●『スティッキー・フィンガーズ』(1971)から『ブルー&ロンサム』(2016)までの全スタジオ・アルバムからセレクトされた名曲を収めるCD2枚に、未発表ライヴ・トラック満載のボーナス・ディスクを追加した、ザ・ローリング・ストーンズ最新ベスト・アルバムの3枚組デラックス盤! ●ベスト盤2枚に収録されるのは全36曲。ストーンズ・サウンのド代名詞的ナンバー「ブラウン・シュガー」や名バラード「アンジー」、ディスコ・ビートとミック・ジャガーのファルセット・コーラスが印象的な「ミス・ユー」といった1970年代からの15曲の他、キース・リチャーズならではのギターリフが強烈な「スタート・ミー・アップ」、一時期のメンバー間の不仲を爽快に吹き飛ばした「ミックスト・エモーションズ」、21世紀もR&Rバンドで有り続けることを高らかに宣言した「ラフ・ジャスティス」、そして最新作にしてベストセラーとなったブルース・アルバム『ブルー&ロンサム』からの濃密な3曲など、5つのディケイドに跨る代表曲を網羅。 ●ボーナス・ディスクにはバンドの最近のツアーから未発表ライヴ音源を10曲収録。内4曲は世代の若いアクトとの共演で、2013年の『50&カウンティング・ツアー』からはブラッド・ペイズリーとの「デッド・フラワーズ」と、フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールとの「ビッチ」、2015年の『ZIPコード・ツアー』からはエド・シーランを迎えての「ビースト・オブ・バーデン」、2018年の『ノー・フィルター』UKツアーからはフローレンス・ウェルチをフィーチャーした「ワイルド・ホース」を収録。その他、44年ぶりのセットリスト入りで話題となった「ダンシング・ウィズ・ミスターD」や、「一人ぼっちの世界」、「アンダー・マイ・サム」、「夜をぶっとばせ」、「シーズ・ア・レインボー」といった1960年代のレパートリーも収録。 ●3/15から5/6まで「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」が日本で開催される他、本作発売翌日の4/20には全13公演の『ノー・フィルター』全米ツアーがスタート、更には現在スタジオで最新アルバムのレコーディングも敢行中など、ますます精力的な活動を続けるストーンズ。本作はそんな彼らの黄金期と今を俯瞰できる秀逸のコンピレーションであると同時に、未発表音源もたっぷり追加収録したファン必携の限定盤です。

Rock

タイトルは「I Saw Lightning」。ファレルが共作&プロデュース! Beatsが史上最大の広告費(約130億円!)をかける新キャンペーンソングに選出

Rock

タイトルは「I Saw Lightning」。ファレルが共作&プロデュース! Beatsが史上最大の広告費(約130億円!)をかける新キャンペーンソングに選出

View More Discography Collapse
Collapse

News

Beckが新曲「Saw Lightning」を突如リリース、この曲を使用したBeats by Dr.DreキャンペーンCMもスタート

Beckが新曲「Saw Lightning」を突如リリース、この曲を使用したBeats by Dr.DreキャンペーンCMもスタート

独自の音楽性で圧倒的なカリスマ人気を誇る奇才、Beck(ベック)が4月15日(US時間)新曲「Saw Lightning」を突如リリースした。 楽曲のリリースに合わせて、この曲が使用されているヘッドフォン/イヤフォン・ブランド=Beats by Dr.

「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」新ビジュアルを公開

「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」新ビジュアルを公開

3月15日より日本で開催される「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」。 期待が高まる日本開催までいよいよあと2週間。盛り上がりを見せる中、新ビジュアルが公開された。東京タワーバージョンに続く、桜バージョン。日本開催ならではのビジュア

ベック x DAOKO「UP ALL NIGHT」配信リリース 日本人アーティストと初コラボ

ベック x DAOKO「UP ALL NIGHT」配信リリース 日本人アーティストと初コラボ

ベックが初となる日本人アーティストとのコラボレーションが決定した。 コラボ相手は20歳の日本人ラップ・シンガーDAOKO。 ベックのファンでもあり、先日の来日公演にも自ら足を運んでいたというDAOKO。10月末に都内のスタジオで初対面を果

ベック武道館公演スペシャルゲストにコーネリアス

ベック武道館公演スペシャルゲストにコーネリアス

10月11日(水)に3年半ぶりとなる待望のニュー・アルバム『カラーズ』をリリースするベック。 アルバムを引っ提げて10月23日(月)日本武道館、10月24日(火)新木場スタジオコーストにて開催する来日公演のうち、武道館公演のスペシャル・ゲストとしてコーネ

ベック、10月に緊急来日公演開催

ベック、10月に緊急来日公演開催

3年半ぶりとなる待望のニュー・アルバム『カラーズ』を10月11日(水)に日本先行発売するベック。 2009年のジャパンツアー以来単独公演を行っていなかった彼が、『カラーズ』というタイトル通り、聴く者を夢中にさせるキラキラと輝く七色の聴覚的トリックを次々と

ザ・シネマティック・オーケストラ、10年ぶりのアルバムからモーゼス・サムニーを迎えた新曲解禁!

ザ・シネマティック・オーケストラ、10年ぶりのアルバムからモーゼス・サムニーを迎えた新曲解禁!

音楽家のジェイソン・スウィンスコーを中心に結成。その名のとおり、まるで映画のような壮大なサウンドスケープで人気を博すザ・シネマティック・オーケストラが、10年ぶりとなる最新アルバムを来年リリースすることを発表! そして、同作からの1stシングル「To B

View More News Collapse
記念すべき20回目の〈フジロック〉、公式アフタームービーが到着!

記念すべき20回目の〈フジロック〉、公式アフタームービーが到着!

7月22日(金)、23日(土)、24日(日)に新潟県湯沢町苗場スキー場で開催された〈FUJI ROCK FESTIVAL' 16〉のアフタームービーが公開された。 D.A.N.の「Zidane」に乗せて、アフタームービーにはBECK、レッド・ホット・チリ

「ワオ」!  ベックのエレクトロ・ファンクな新シングルが緊急リリース、OTOTOYではハイレゾも

「ワオ」! ベックのエレクトロ・ファンクな新シングルが緊急リリース、OTOTOYではハイレゾも

今年20周年を迎えるフジロックのヘッドライナーのひとりとして決定しているベック。 このたび、サプライズなタイミングでシングルが突如配信限定でリリースされた。 シングル名は「WOW」、まさに「ワオ」なリリースだが、さらにこちらOTOTOYではハイレゾにて配

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第4弾でBABYMETAL、Suchmos、野田洋次郎ソロ・プロジェクトillionら決定

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第4弾でBABYMETAL、Suchmos、野田洋次郎ソロ・プロジェクトillionら決定

2016年7月22日(金)23日(土)24日(日)新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉。 本日、第4弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、BABYMETAL、DEAFHEAVEN、FLIG

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第3弾でJAMES BLAKEら11組が決定

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第3弾でJAMES BLAKEら11組が決定

2016年7月22日(金)23日(土)24日(日)新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉。 本日、第3弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、JAMES BLAKE、Ken Yokoyama、

BECK、〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉に出演決定

BECK、〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉に出演決定

2016年7月22日(金)23日(土)24日(日)新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉。 本日、第2弾出演アーティストとして、BECKを含む5組の出演が発表された。 今回発表されたのは、BECK、EXPL

ベック『モーニング・フェイズ』、グラミーで最優秀アルバム賞他、計3部門を受賞!

ベック『モーニング・フェイズ』、グラミーで最優秀アルバム賞他、計3部門を受賞!

アメリカ、そして世界的な音楽シーンにおいて栄誉ある賞、グラミー。第57回が本日発表されたが、ベックのアルバム『モーニング・フェイズ』(OTOTOYでも絶賛配信中)が計3部門に輝いた。 今回、ベックのアルバム『モーニング・フェイズ』が受賞したのは、「最優秀

ベック、『ベック・ソング・リーダー』から3本のリリック・ビデオを公開

ベック、『ベック・ソング・リーダー』から3本のリリック・ビデオを公開

ベックによる楽曲を20組のアーティストが演奏したコンピレーション『ベック・ソング・リーダー』から、3本のリリック・ビデオが公開された。 2012年に楽譜集として発表されたベックの書き下ろしアルバム『ソング・リーダー』。当初は「楽譜で新作発表って!?」と唖

ベックの最新TVライヴ映像が公開

ベックの最新TVライヴ映像が公開

ニュー・アルバム『Morning Phase』をリリースしたばかりのベック。アメリカの人気トークTV番組「Jimmy Kimmel Live」に出演し、そのライヴ映像が公開された。 6年ぶりの新作をリリースし、つい先日もコーチェラ・フェスティヴァルに出

今週末、コーチェラ・フェスの無料中継開始 ! (日本時間タイムテーブル付き)

今週末、コーチェラ・フェスの無料中継開始 ! (日本時間タイムテーブル付き)

ここ数年、恒例になっているコーチェラ・フェスのYouTubeでの中継、今年も行われるようだが、2週間の週末に渡って行われる同フェス、無料中継は第1週のみの放映となるようだ。 北米最大級のフェス、なおかつ4月開催ともあって、北半球夏のフェス・シーズンに向

現代音楽の巨匠に、ベック、タイヨンダイ、Corneliusらが挑む

現代音楽の巨匠に、ベック、タイヨンダイ、Corneliusらが挑む

数々の前衛的な作品を発表し続けてきた現代音楽界の巨匠、フィリップ・グラス。彼の生誕75周年を祝うリミックス・アルバムが6月26日にリリースされる。 ベックとヘクター・カスティーリョが共同でプロデュースする本作には、Cornelius、元バトルスのタ

Collapse

Articles

ベック待望の新アルバム『モーニング・フェイズ』唯一無二のポップ・アイコン、カムバック!!

インタヴュー

ベック待望の新アルバム『モーニング・フェイズ』唯一無二のポップ・アイコン、カムバック!!

USインディーのプリンス、待望の新アルバム完成!!最高傑作として大絶賛を浴びた『モダン・ギルト』から6年、遂に待望の最新作が登場しました! また、代表曲「ルーザー」の世界的大ヒットから20年ということもあり、なんとも感慨深い。アトムス・フォー・ピースのドラ…