これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信

左から、NANASE、FUMIKA、HARUKA、HIMEKA、AYUMI

仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。

Party Rockets GT / START!!

【収録曲】
1. START!!
2. Beyond
3. 01 -ゼロイチ-
4. キミと見た空
5. START!! (Instrumental)
6. Beyond (Instrumental)
7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)
8. キミと見た空 (Instrumental)

【配信形態】
24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC

【配信価格】
単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込)

INTERVIEW : 三宅英明

6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シングル「START!!」のハイレゾ配信を記念して、グループのスタート時から楽曲制作に関わり、本作の表題曲「START!!」と「01-ゼロイチ-」の作曲編曲、「キミと見た空」と「Beyond」では編曲を手がけるキーパーソン、三宅英明氏に話を訊いた。初期から変わらず貫き通されてきたロック・サウンドの秘密を探る。

インタヴュー& 文 : 南波一海

オファーがあればその通りに作ろうと思っています

──三宅さんは最初からParty Rocketsの楽曲に関わっていますが、なにがきっかけだったのでしょうか。

三宅英明 : まずはコンペでした。Party Rocketsっていう名前は伏せられていたんですが、若い子が歌うアニソンっぽいメロディーで後ろのオケはハード・ロックみたいな曲がほしいと言われて。それで作ってみたのがファースト・シングルになった「初恋ロケット」です。

──そこからずっと続いているというのは、「初恋ロケット」で制作サイドとバチッとハマるものがあったということなんですよね。

三宅 : そう……なんですかね?

今西一晃(制作ディレクター) : セカンド・シングルの「MIRAIE」という曲は、MR.BIGのエリック・マーティンに依頼して作曲してもらって、アレンジは日本のアレンジャーがやるということで、そこまでの流れがあるから彼(三宅)に任せて。それでエリックに送ったときに、「このアレンジャーは誰だ」「ギター弾いてるのは誰だ」という話になって。いたく気に入ってくれたんですね。そういうこともあり、「この人は使える」と(笑)。彼も駆け出しで、まだそれほど作家活動はしてなかったんですけど、才能があるし、会社としてもこの人を伸ばしていきたいと思ったし、なによりパティロケに合っていてたので、しばらくの間はやりましょうと。それがいまも続いている感じです。


──作家として活動する以前はどうされていたんですか?

三宅 : 普通にバンド活動をしてました。ギターでライヴハウスを転々と、みたいな。その頃から作詞、作曲、編曲もやっていて、作るのが好きだから将来はそっちをやっていきたいなと常々思っていました。人前に出てやるよりは、自分が作った曲を誰かが演奏して、それを客席から見るのが好きっていうのに途中から気づいて。

──「ステージに立つ側でないかも」と?

三宅 : 高校生から始めて、その頃はもちろんギター・ヒーローになりたいと思っていたんですけど、途中からそういう気持ちが強くなっていきました。

──ちなみにどんな音楽が好きでしたか?

三宅 : 基本はギターがメインのハード・ロックとかヘヴィー・メタルを聴いてました。でも、それこそビートルズとかクラシックとかもよく聴いていたので、偏ってハード・ロックしか好きじゃないということもなくて。J-POPのメロディが好きで、後ろの音は洋楽のメタル系が好きっていう。だから、やっていたバンドもパティロケでやってることとあんまり変わらない感じでしたね。

──こういう方向性でやってほしいとオファーされてやっているというより、そもそもご自身に合った音楽をやっている。

三宅 : そうですね。わりとそのままな感じです。依頼された内容が合致していたので、これはすぐいけそうだなと思って、すぐに作って送りました。

どちらかと言うと曲作りのキー的には女性のほうがすごい合ってた

──「初恋ロケット」を作った手応えとしてはいかがでしたか。

三宅 : 自分的にはいいと思いました。


──女の子が歌う曲を書いたのは初めて?

三宅 : 女の人が歌う曲はちょいちょい書いたことがありました。もともと男ヴォーカルと一緒にやっていたんですけど、キーを高く書くクセがあって。なので、どちらかと言うと曲作りのキー的には女性のほうがすごい合ってたんですよ。ギターをメインで考えると、開放弦が使える……フレーズが作りやすいから。例えばEm、Amっていう5〜6弦を使うキーで、自分がメロディーを作りやすいのがそこからだから、男性から見るとハイトーンになっちゃうのかなと。

──その後、様々な人に楽曲提供していくことになるわけですが、Party Rocketsとそれ以外でどう書き分けようとかは考えたりはされるのでしょうか?

三宅 : 指示によりますね。ロックと言われればロックにするし、ダンスと言われればダンスっぽいのを作ります。おかませのときもあります。パティロケはわりかし、GTになる前はおまかせな感じでした。

今西 : 途中からサウンドプロデュース的に入ってもらうことになって、彼に任せておけば間違いないと思っていました。GTになってからは絡む人も増えたので、話し合いも多くなりました。

──それ以前は三宅さんが方向性を形作っていったわけですね。

三宅 : ライヴを見に行って、「こういう曲があるといいな」とか「こういうほうがウケるだろう」とか考えて、リリースがなくても作って、会社に送ってました。それが使われたり、シングルになるということも結構ありました。

──GT以降はより多くのスタッフでアイディアを揉んで、という感じになり。

三宅 : そうですね。今回の「START!!」だったら、春っぽいポップでロックな曲、みたいな。

──作家として、以前といまとでどちらがやりやすいとかありますか?

三宅 : どちらかと言うと自分で考えたほうがやりやすいですけど、オファーがあればその通りに作ろうと思っています。ただ、言われちゃうと型にハマり過ぎちゃう傾向があって、参考曲がこれだと言われると、それっぽくしなきゃって思っちゃうんですよ。

──ああ、近づいてしまうと。

三宅 : 近づいてしまうし、近づけないとと思ってしまうので。アレンジだったりメロディだったりテンポ感だったりが。そこはいつも悩むところです。

──Party Rockets〜Party Rockets GTに至るまで様々なメンバーの変遷がありましたが、曲を書くときはメンバーについて考えたりするのでしょうか。

三宅 : 初期は特に考えてました。3枚目の「セツナソラ」までは渡邉幸愛さん(現SUPER GiRLS)の歌を軸に考えていて。彼女はハスキーで、ロックにもすごく馴染む声だったので。彼女の声でこういうメロディーだったら合うだろうとかは考えましたね。


──では、渡邉さんがグループを移ったときは大変だったんじゃないでしょうか。

三宅 : 最後のライヴの日は今西さんとお酒を呑みましたよ。2人ともお酒を呑めない体質なのに(笑)。

今西 : 最初の頃は1枚ごとにメンバーが変わっていたので(笑)。やっと何枚か続けて同じメンバーで出せるという状況になりました。

──いまは安定してますよね。

三宅 : いまは役割ができていますね。たとえばAYUMIさんが帰国子女で英語の発音がものすごくいいから、英語のフレーズは彼女がやったり。そういう分担ができるので、作りやすいですね。

──歌割りも三宅さんが決めているんですか?

三宅 : 僕ではないです。自分のイメージでここはこの子って考えながら作ってます。イメージ通りに返ってくることもあるし、自分にとって意外な歌割りになるときもありますね。

「パティロケはこれだ」というのをファンのみなさんが持ってくれている

──シングル「START!!」の話をお聞かせください。ご自身のブログにも書かれていましたが、「START!!」と「01-ゼロイチ-」はプロデューサーの橋元恵一さんからアニソンっぽいものというオファーがあったんですよね。具体的なアニソンのサンプルはあったのでしょうか。


三宅 : いや、このアニソンということではなくて、あくまでアニソンみたいなメロが立つ曲というざっくりとしたものでした。

──メンバーそれぞれの声も立ってますよね。

三宅 : オリジナル・メンバーのHARUKAちゃんとFUMIKAちゃんはすごいわかりやすい声をしていて、色んなアイドルのなかでも珍しいと思っているんですよ。HIMEKAちゃんは見た目は可愛いのに、反して歌声は低域にも芯がある、そしてNANASEちゃんとAYUMIちゃんは歌がすごく上手なので、そこは軸になっていると思います。それこそアニソン系に合うというか。だからバランスがいいんですよね。

──作曲が高田英紀さんで、三宅さんがアレンジを担当された「キミと見た空」はもとはギターレスだったんですよね。フィニッシュまでギターレスにしようと考えたことはあるのでしょうか。

三宅 : パティロケでギターが入ってない曲はないですね。

──ですよね。だからデモの段階でギターがないものもあるんだと思って新鮮に感じたんです。

三宅 : でも、僕が作曲した曲でも、最初にバラードを作って、それをロックにしているっていうのが結構多いんですよ。「セツナソラ」とか「KASABUTA」とかはもともとバラードで作っていた曲をロックにリアレンジしたんです。ロックのサウンドありきでメロディーを作ると、緩やかじゃなくなっちゃうんですけど、バラードからロックにすると、緩やかさを残しながらロックになるので。

──もとがメロディーを聴かせる曲だから。

三宅 : そうですね。僕のなかではメロディーとバックのバランスがよくて。いい感じに混ざるというか。最初からロックで作るとメロディーもやや攻撃的になる(笑)。パティロケに関して自分のなかで考えているのは、あくまでも歌謡曲っていう位置づけなんです。ドラムがツーバスやっていようが、ギターが速弾きしていようが歪ませていようが、歌謡曲。

──音の質感もそうですよね。

三宅 : 僕はミックスとかマスタリングはやっていないですけど、尖らせすぎないようにっていうのは考えてます。いまどきのロックのCDは音圧もすごくてジャキジャキしたエッジの利いたものが多いですけど、パティロケは10代の子が歌う歌謡曲だと思ってます。本格的なハード・ロックを作るぞという気分ではやっていないというか。ハード・ロックとかヘヴィーメタルを聴きたいのであれば本場の人のを聴いたほうがいいし。

──そこが一貫しているがゆえに『BURRN!』から流れ弾を受けたり。

三宅 : 完全に流れ弾です(笑)。誰と対抗する気も全然ないんですけどね(笑)。アプローチも違うので。

──正直、面白いなと思って眺めてました(笑)。話を戻して、ご自身で作曲される場合と、アレンジのみの場合で取り組む姿勢は違ったりしますか?

三宅 : 特には変わらないですね。今回のシングルで言うと「キミと見た空」はさっきも話したとおりもともとのデモは全然違いました。「Beyond」に関してはわりとそのままで、ブラッシュアップしたというか。ファンクなノリでカッティングがメインの曲なんですけど、パティロケに馴染むように、いつもの歪ませたギターのシロタマをLRにバンと入れたりはしてます。ファンクなだけだとあまりに雰囲気が違っちゃうかなと思ったので。

──録音でカッティングは滅多にしないと言ってましたもんね。

三宅 : しないですね。練習ではやりますけど。

──最終的には音のイメージがずっとブレていないのはすごいことだと思います。

三宅 : みなさんのお陰だと思います。言っちゃえば、橋元さんがひと言「変えよう」と言えば変わると思うんですよ。ただ、「パティロケはこれだ」というのをファンのみなさんが持ってくれているので、一貫性があるんだと思います。

──今後もこのテイストでいくと。

三宅 : の、つもりです。僕個人としては(笑)。

LIVE INFORMATION

Party Rockets GT ONEMAN LIVE「~beyond~」
2017年6/25(日)@赤坂BLITZ

アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜
2017年7月8日(土)、9日(日)@横浜赤レンガパーク

@JAM in 上海 2017
2017年7月15日(土)@上海 万代南夢宮上海文化センター 夢想劇場

TOKYO IDOL FESTIVAL 2017
2017年8月4日(金)、5日(土)、6日(日)@お台場・青海周辺エリア

@JAM EXPO 2017
2017年8月26日(土)、27(日)@横浜アリーナ

PROFILE

Party Rockets GT

仙台発 現役女子高生ガールズユニット、Party Rockets GT。キャッチコピーは「ロックのパーティのような楽しさと、ティーンズの大きな夢を乗せてより上に飛びだそう!」

2012年8月に前身のユニット名“Party Rockets”としてデビューシングル『初恋ロケット』にてデビュー。これまでに5枚のシングルとフルアルバム1枚をリリース。

まだ幼さが残る少女的外見からは想像もつかないハードなロックサウンドと完成度の高いヴォーカル&ダンスが魅力の彼女達のパフォーマンスは活動拠点の仙台に留まらず既にアイドルファンの口コミで全国に広がりを見せている。

米ロックバンド“Mr. Big”のフロントマンであるエリック・マーティンが直々に楽曲を書き下ろし、アイドル業界に留まらず幅広い分野にて話題を集めるなど、次世代アイドルの期待の星として躍進中。

2015年からは活動の拠点を仙台から東京に移し、初期メンバーのHARUKA、FUMIKAを中心に、新メンバーのAYUMI、NANASE、HIMEKAを加え、ユニット名も“Party Rockets GT”と改名。パティロケ第2章として、新たな躍進を目指し活動していく!

>>Party Rockets GT

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In