歴史の街、京都に佇むとびきりアートなライヴ・ハウス「外」ーー空間現代ワンマン・ライヴ・レポート

左から、古谷野 慶輔、山田 英晶、野口 順哉 photo by Katayama Tatsuki

演劇作品の音楽提供や、他ジャンルアーティストとのコラボをしたかと思えば自身バンドの連続公演をおこなったりと、音楽の可能性を毎回打破し続けているスリーピース・バンド、空間現代。拠点を東京から京都に移し、昨年2016年にライヴ・ハウス「外」をオープンした。京都という土地で、新たに誕生した「外」でのライヴとは、そしてどんなハコになっているのかレポートしました。

LIVE REPORT : 空間現代at「外」

photo by 石塚俊

お寺や、神社など歴史的な建造物がひしめく街、京都。そんな歴史的建造物の厳かな佇まいに感化されてか、劇団や芸術家、音楽家が活発に活動するアートな街、京都。そんな京都に2016年にオープンしたのがライヴ・ハウス「外」だ。この場所がいかにアーティスティックな場所なのか、いかにライヴ・ハウスの新たな可能性を示唆しているのか、1月27日に行われたライヴ・ハウスのオーナーである空間現代のワンマン・ライヴのライヴ・レポートと絡めながら、紐解いていこう。

「外」と掲示された看板のある玄関口から入り、画廊のような通路を抜けると木のバー・カウンターにたどり着く。そして、静かに佇むシンプルなアート・スペースが広がる。始まったライヴは、このライヴハウスのオーナーである空間現代のライヴ。空間現代のライヴは、まさしくアートだ。始まりは、1つのフレーズをメンバーの3人が、順番ずつ、ギター、ベース、ドラムと繰り返していく。そしてそのフレーズは発展し、気づけば、ベースが裏拍をとっていたり、ドラムが突然違うスピードのリズムを重ねたりする。そして突如そのフレーズが違うフレーズに取り替わるような、コンピューターの画面上でしか見れないようなアレンジが繰り出される。でも決して理解不能なアヴァンギャルド・ミュージックかと言えばそうではない。様々な実験的な試みが繰り返されているが、そのすべてが絶妙なバランスで体内に心地よく入ってくる。綿密な計算やストーリーは、次の展開を期待させる。60分間一時もあきることはなかった。そしてライヴ・スペースに向かう道筋でさえも演出だったことに気づく。

photo by Katayama Tatsuki

photo by 石塚俊

ここまで作りこまれた世界観は、空間現代自身が「外」のオーナーを務めていることが大きい。空間現代は2015年まで東京を拠点に活動していたが、メンバーの1人が大阪に住むことになり、メンバー同士が離れて活動している時期があった。空間現代は3人が集まって1から綿密に音を作り上げていくバンドで、他のバンドと比べても制作に時間がかかる。もっとメンバーが集まりやすく詰め込んで作業がしたい。そう考えているときに、京都で自分たちで制作をし、そのまま同じ場所で本公演を行うアトリエを構えている劇団「地点」に出会う。彼らと共同で作品を作ることが、「外」を作るきっかけになったという。そして空間現代は、自分たちの場所を構える地として京都を選び、2016年に移住し「外」を作ったという。「外」の近辺には、前述の「地点」のアトリエや、ホホホ座という書籍の編集、企画を行う集団の販売所があるなど、京都でも特に新しい動きのある場所だ。

photo by 石塚俊

そんな「外」で生まれた空間現代の音は、制作の時点から本番の音を聴きながら制作しているからだろう、淀みのないソリッドな音は、あまりにも「外」の空間にとけ込んでいて気持ちがいい。ちなみに「外」のブッキングにもこだわりは表れている。山本精一や蓮沼執太が演奏することもあれば、東京の才女、SSWのMARKを呼んだりもしている。ドラム・デュオのダダリズムなどには、彼らも拠点を持っているためなかなか他では見ることができないが、敢えて2日間の公演を企画し綿密な音の調整を行った。常にここでしかできない実験的な挑戦を重ねることによって、京都だけでなく、日本でも唯一無二のライブ・ハウスとして、「外」はその存在を知られることとなっていった。

ライヴ・ハウス「外」は、京都の左京区にあり、平安神宮や銀閣寺に囲まれ、そのまま北上すれば京都造形芸術大学があり、ラーメン屋天下一品の総本店がある。「京都の人たちがライヴ・ハウスやいろいろな場所に自転車で行く姿が面白いと思う。駅が近くになくてもきてくれる人は自転車でもきてくれるだろう」と本人たちは語っている。京都でアートを感じたいのであれば、歴史的建造物を巡るもよし、演劇、個展や映画でもいい。そしてそのラインナップに、ぜひ「外」を入れてみてはいかがだろうか? そして、そこでもし空間現代のライヴが行われていたなら、決して見逃すなかれ!(text by水上 健汰)

DISCOGRAPHY

V.A. / BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -We Can't Live Without a Rose- MOONRIDERS TRIBUTE ALBUM

40周年記念、ムーンライダーズを慕い影響を受けてきた次世代アーティスト達が果敢に挑むトリビュート・アルバム。空間現代は13曲目の「僕は走って灰になる」をカヴァー。

Moe and ghosts × 空間現代 / RAP PHENOMENON

Moe and ghostsとのコラボ・アルバム。2015年に開催されたHEADZの20周年イベントにて初披露されたこのコラボレーションは、巷の安易な共作ではなく、互いが互いの音楽を研究しつくし、互いの音楽が寄り添いつつ並列し昇華される、前代未聞のコラボレーション、前代未聞のラップ・アルバムに仕上がった。山内マリコの小説「ここは退屈迎えに来て」のテキスト使用した楽曲や、未だ謎に包まれるMoe and ghostsのトラックメイカー、ユージーン・カイムが空間現代をリコンストラクトしたトラックも収録。

>>特集ページはこちら

空間現代 / LIVE

2013年末、佐々木敦企画《エクス・エクス・エクスポナイト》でのライブにて録音が行われた。録音は、にせんねんもんだい『N』やOptrumなどを手がける気鋭のエンジニア、noguchi taoru。

空間現代 / 空間現代 Monthly Remixes 1

空間現代の配信限定リミックスシリーズの第1弾作品。

空間現代 / 空間現代2(24bit/48kHz)

約3年振りとなる2ndアルバム。エディット感覚を根底にして作られた複雑かつユーモラスな楽曲構造と、脱快楽的なリズム構築を生演奏によって繰り広げるストイックなライブ・パフォーマンス、その両方の魅力が詰め込まれた傑作に仕上がっている。

PROFILE

photo by 羽鳥直志

空間現代

野口 順哉 Junya Noguchi(guiter / vocal)
古谷野 慶輔 Keisuke Koyano(bass)
山田 英晶 Hideaki Yamada(drums)

編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピース・バンドの形態で演奏。これによるねじれ、負荷が齎すユーモラスかつストイックなライヴ・パフォーマンスを特徴とする。

先鋭的な他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも活発に行っており、その集大成として2015年に連続公演『空間現代 collaborations』を主催。言葉/音/テクノロジーそれぞれの方面から演奏の再構築を行う。

2013年発表の劇団「地点」のブレヒト戯曲『ファッツァー』では音楽を担当。生演奏で出演する京都での公演が好評を博し、モスクワ・北京でも上演を行う。地点との共作第二弾として、マヤコフスキー戯曲『ミステリヤ・ブッフ』を2015年のF/Tにて上演。

2016年9月、活動の拠点を東京から京都へ移し、自らの運営するスタジオ/ライヴ・ハウス「外」を左京区・錦林車庫前で開始する。

空間現代HP

 
 

ライヴレポート

【ライヴ・レポート】“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X
・2018年04月06日・【ライヴ・レポート】“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X 快進撃を続ける勢いをそのまま詰め込み、セカンド・ストーリーのはじまりを告げる新アルバム『GO 2 THE NEW WORLD』をリリースしたロック・バンド“2(ツー)”。アルバムのリリース日で、フロントマンの古舘佑太郎の誕生日でもある4月5日に、彼らがリスペクトを向けるALとの対バンが実現した。古舘がかねてより切望していた共演が叶ったスペシャルなライヴの様子をお伝え! いまダウンロード販売はOTOTOYだけ! 2 / GO 2 THE NEW WORLD '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. GO 2 THE NEW WORLD02. SONG FOR YOU03. BOY AND GIRL04. LUCKY BOY05. NEVERLAND06. UFO CATCHER07. LOVE FEELS LIKE A WAR08. MY FRIEND IN NEW
by 鈴木 雄希
GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート
・2018年03月20日・GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード開催!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート 若者にクリエイティブな活動と発表の場を提供したい、との思いからメンズ・コスメ・ブラント「GATSBY」が2006年から立ち上げた「GATSBY 学生CM大賞」。昨年、名称を「GATSBY CREATIVE AWARD」と改め、学生を対象としたアワードとしてはアジア最大級となる、このアワード。今回開催される「12th GATSBY CREATIVE AWARD」では、CM部門のほか、DANCE部門、ART部門、FASHION部門、MUSIC部門、SMART PHONE部門、HAIR STYLE部門の6部門を新設。さらに3月10日に開催された「12th GATSBY CREATIVE AWARD FINAL」では、アジア各国からも各ファイナリストが集結し、クリエイティブを通じて国際交流も。多くの若き才能が集まったアワードの様子をレポートでお届けします! 〈12th GATSBY CREATIVE AWARDS FINAL〉2018年3月10日(土)渋谷ヒカリエ 9 階 ヒカリエホール
by 岡本 貴之
【LIVE REPORT】みんなが望んだ楽園はここにあった!!──ゆるめるモ!、ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルをハイレゾ配信!!
[LIVEREPORT]・2018年03月08日・みんなが望んだ楽園はここにあった!!──ゆるめるモ! 、ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルをハイレゾ配信!! ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が2018年1月6日にZEPP TOKYOにて開催したワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信スタート!! 3rdアルバム『YOUTOPIA』のリリース・ツアーの最終公演となったこの日のライヴは、アルバムの楽曲を中心に、彼女たちの代表曲を織り交ぜたセットリスト全19曲を披露。結成5年を迎え、さらに前と進む彼女たちと会場全体の熱気がそのままパッケージされたライヴ音源となっております!! OTOTOYでは今回の配信と同時に当日のライヴレポートを掲載、写真と共に当日を振り返ります。また、ゆるめるモ! はこの日のライヴにて発表されたニュー・シングルと新録ベスト・アルバムを5月に発売予定なのでそちらもお楽しみに!! ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルが蘇える!!ゆるめるモ! / YOUTOPIA TOUR FINAL at Zepp Tokyo'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入
【LIVE REPORT】レッツポコポコ、2年間の全ての感謝を込めたラスト・ライヴ『レッツ謝謝』を独占ハイレゾ配信
[LIVEREPORT]・2018年02月21日・短くも濃い、2年間の全ての感謝を込めて──レッツポコポコ、ラスト・ライヴ『レッツ謝謝』を独占ハイレゾ配信 2016年2月にデビューした「なつかしくて新しい」をコンセプトにしたゆるめるモ! プロデュース・チームによる第2弾グループ、レッツポコポコ。メンバー5人それぞれが新たな歩みを進めるため、2018年1月21日をもって2年間という短いながらも濃い活動期間を終えた彼女たち。そんな彼女たちのラスト・ライヴ『レッツ謝謝』が、OTOTOY独占で本編からアンコールまでノーカットにて配信開始 & 当日のライヴの模様をたっぷりの写真とともにお届け!! 購入者には記事には使用されていないものを含む約350枚近い写真の数々も付属します!! レッツポコポコという物語の完結を、ぜひその耳でも追体験してください!! ラスト・ライヴを完全ノーカットでハイレゾ配信!!レッツポコポコ / レッツ謝謝 at 渋谷duo MUSIC EXCHANGE'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【収録曲】1. ポコトロ22. クルクルポコポコ3. 友よポコポコ
全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!!
[CLOSEUP]・2018年02月08日・全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!! 2017年の秋で結成25周年を迎えた孤高のヘヴィ・ロック・バンド、Boris。昨年7月にアルバム『DEAR』をリリースし、8月には欧州を4週間、10月から11月にかけては7週間にも渡る北米ツアーを経て行われた昨年末の日本ツアーより東京公演のレポートを掲載。ツアーを経てより色濃くなったアルバムの世界観とその圧倒的なステージの模様をライヴ写真とともにお届けします。同公演でもプレイされた楽曲を収録アルバム『DEAR』のハイレゾ版はOTOTOYのみで好評配信中。未聴の方はもちろん、アルバムをすでに聴いている方も是非ハイレゾでも体験してはどうでしょうか!? アルバム・リリース時のインタヴュー記事もこちらにて掲載中ですの未読の方はこちらも!! また、3月頭にはBorisから嬉しいニュースも解禁予定!! それに併せて昨年秋の北米ツアーに帯同したENDONとの対談も掲載予定ですのでそちらも乞うご期待!! 『DEAR』ハイレゾ版はOTOTOYのみで好評配信中!Boris / DEAR'【Track List
【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部 文香