レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。

左から、kanatama、haru、shiori

地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。

DIALUCK / A FIRST AID KIT

【Track List】
1. セーシュン
2. あの街まで
3. 憂日幻想列車
4. 勇灯最終列車
5. おとぎばなし
6. Daydream
7. ためいき

DIALUCK/A FIRST AID KIT


こちらが、伝説のフォーチュンシングル!!!

DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)

【配信形態】

ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)


>>特集ページはこちら




INTERVIEW : DIALUCK

ヤバイTシャツ屋さん、DENIMS、愛はズボーン、ナードマグネット... 次々と激おもろなバンドが飛び出す関西から、最高に気持ちいいガールズ3ピース・バンドが登場! その名もDIALUCK! とにかくボーカルharuの声とメロディが超絶に気持ちいいので、ついつい関西まで向かってしまいました。DIALUCKには、チャットモンチーもけいおん!もフリー・スタイル・ダンジョンも全部あるからなんかヤバイ!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
文字起こし : 山川梨花
写真 : 斉藤杏奈

ドラゴンクエストに出てくる救いようのない街の名前から取ってます

――結成の経緯から教えてもらえますか。

haru : 以前は違うバンドでドラムをしてたんですけど、歌いたい気持ちがあって。もしこのバンドで売れちゃったら「ギター・ヴォーカルやりたい」って言いにくいぞと思ってDIALUCKを始めました。

――ヴォーカルへ転向しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

haru : 泉まくらさんの存在が大きいですね。彼女の歌を聞いて私も歌を始めようと思ったんです。

――新しいバンドではどんな音楽をやろうと思っていましたか?

haru : 明るい曲はあんまり好きじゃなくて、暗い曲を徹底してやりたいと思ってました。そのときはもう暗い曲以外に興味はございません、みたいな感じで。

――どうしてそこまで暗い曲にこだわりが?

haru : ライヴ・ハウスで働いてたんですけど、「うぉー!イェーイ!」「手あげて!手あげるまでオレら帰らんで!」みたいな明るいバンドを見てるのが居心地が悪くて嫌だったんです。それはそれでいいと思いますけど、私はそれよりも絶望的に暗い方が居心地がよかった。バンド名のDIALUCKもそういう意味で、ドラゴンクエストに出てくる救いようのない街の名前から取ってます。

ーーshioriさんが加入することになったのはいつ頃でしょうか。

shiori : 2015年の3月かな。私も前は別のエレクトロ・ユニットをやってたんですけど、その頃にharuちゃんの前のバンドと対バンしてたんです。それで私が大阪に移ったタイミングで誘ってもらって。

ーーharuさんはshioriさんのどこがよかったんですか?

haru : そのエレクトロ・ユニットが好きだったんです。かっこいいなと思って結構見に行ってたし、音源も毎日聞いてて。shioriが大阪にいるって聞いて周りの方が「shiori合うんじゃない?誘ってみたら?」って言ってくださったので誘いました。最初は「え?!あのしおりんだよ? 何言ってるんですか〜!」って感じだったんですけど。
shiori : いやいや(笑)。単純に嬉しかったですし、その頃はユニットもやっていなかったので、よし、やろうと。haruちゃんとこれからの話をしつつ、半分相談みたいなのも聞きつつ。
haru : 鳥貴族でな。
shiori : そうそう。涙あり笑いありの。
haru : それまでヘルプでやってくれてた子もいたんですけど、その子たちがもう私が嫌いすぎると。「ありえへん」「うざいねん」みたいなことを言われて、バンド向いてないのかなと思ってちょっと悩んでました。

ーーずいぶんはっきりと嫌われましたね。

haru : もう地獄的に嫌われました。私こだわりが強いので、その頃はすごく独裁的だったのかもしれない。だから今は意識するようにしてます。
shiori : その後メンバー募集をしてベースの子も決まったんですけど、結局その子も抜けることになって。

ーーまた独裁政権を発動してしまって?

shiori : いや、全然そんなことなかったです。haruちゃんはそういう部分を悩んでたけど、私はそんなことないと思っていて。むしろバンドとか音楽やりたい人はある程度そういうところがあった方がいいと思う。だから私も一緒にやりたいと思ったわけですし。
haru : むっちゃええ奴。
shiori : なので全然そんなことはないです。
haru : んー、泣く。

ーーでもその新しく入った子はスッと抜けちゃったんですよね?

shiori : というかとてもクレイジーな子で…。
haru : 私たちから「ホンマに辞めてください。お願いします」って頭下げて辞めてもらいました。それが去年の12月。で、ついに満を持して!
kanatama : 登場です!

ーーお待たせしました(笑)。kanatamaさんがサポートとして加入すると。もともと知り合いだったんですか?

haru : 高校の友達でした。kanatamaもまあクレイジーなんですけどね。

曲がすごくいいバンドやと思う。haruのセンスが好きなんですよね。

ーー皆さんはリスナーとしてはどんな音楽が好きなんですか?

haru : Mr.Childrenが大好きでした。『ディスカバリー』とか『深海』あたりが好きで、一生ミスチルしか聞かないぞってくらいミスチルしか聞いてなかったんですけど、中高くらいでチャットモンチーを聞き始めて、そこからRADWIMPSとかELLEGARDENを聞いて。今はリアーナとかPUNPEEとか、日本語ラップやR&Bが好きです。
shiori : 私もヒップホップとかR&Bとかを聞いてますね。もともとバンドばっかりだったんですけど、最近はノリ重視というか、体が動く感じとか揺れる感じの音楽が好きです。
kanatama : 私は元々ビジュアル系が好きでライヴも行きまくってました。ガゼットとかは今もたまに聞きますし、ハードコアも。ふたりの影響で私も最近はセレーナゴメスとかアリアナグランデを聞くようになりましたね。

ーーDIALUCKはどんなバンドだと思いますか?

shiori : ゆるい。雰囲気もサウンドも力んでないというか、私たちもリラックスして演奏できてて、見たり聞いたりしてる人もリラックスできるゆるさがあると思います。
kanatama : 曲がすごくいいバンドやと思う。haruのセンスが好きなんですよね。歌詞もメロディーも飛び抜けてよくて、サポートする前から好きでした。
haru : 満足〜。
kanatama : そう、よかった(笑)。
haru : 私の曲は弾き語りじゃ成立しないんです。ひとりで弾いてたら何やってるかわからんけど、ギター、ベース、ドラムの3つが集まってひとつになるというか、完成する感じがある。そこを重んじてます。

ーー女性スリー・ピースという編成にもこだわりはありますか?

haru : ありますね。今まで女の子以外がメンバーになったことはないし、私の曲は女がやるから成立するところがあって。男の人が入ったら曲の意味変わってくるやんって思います。

ーー今作『A First Aid Kit』にコンセプトはあったのでしょうか。

haru : 曲というより、1stアルバムは『A First Aid Kit』=救急箱ってタイトルにしようっていうのは前から決めてました。

ーー制作は順調でしたか?

haru : 昔はサクサク曲ができてたんです。一番の趣味みたいな感じで、ギター持って「できた!イェーイ!」みたいな。私はすごい良い曲がたくさん作れると思って調子乗ってたんですけど、アルバムとかシングルを出すことになって他の人が携わってくれた瞬間に全くできなくなってしまって。それからはもう作っては潰してをずーっと繰り返してます。つい最近ちょっと取り戻してきましたけど、それまではガラクタでした私。

ーーどのくらい作り込んだ状態でバンドで合わせるんですか?

haru : 最近は私が弾き語りして、ドラムはこうベースはこうって合わせてみるか、ガレージ・バンドでざっくりと簡単なビートとベースとギターと歌とコーラスを入れてDropboxで共有することが多いです。

ーーアレンジは皆で?

haru : 9割くらい私で、煮詰まったところだけみんなにお願いして「どれがいいかな?」って。
shiori : 基本はharuちゃんにイメージを持ってきてもらって、それを崩さないようにしつつ色々試してみてます。
haru : 曲に関してこだわりはありますけど、良い感じにだったら全然崩してほしいんですよね。ベースだけ聞いてよくても合わせてみたら変なのは不本意だし、バンド感を大事にしたいなと思ってます。

ーーさきほど暗いのが好きだったと仰ってましたけど、『A First Aid Kit』っていうタイトルも曲もメロディーも、ただただ暗いというんじゃなくて、先に光が見える感じがします。MVでも、途中で明るくなって出ていく感じは曲をすごく捉えてるなと思いました。

haru : 曲を作るときはホンマに絶望的な気持ちで作ってたりするんですけど、完成してみると希望が見えるような曲になっていて。聞いてる人もそうなってほしいという想いが根底にあるんやと思います。『A First Aid Kit』ってタイトルにしたのも「寄り添う」って意味を持たせたくて。本当に暗かったり落ち込んでるときには明るさが押しつけに感じることもあると思うんです。なんでかわからないけど言葉にできない気持ちのときってあるじゃないですか?そういうときに寄り添いたいというか、役立ててもらえたらなと思ってます。

それやったらもう好き勝手やったらいいという気持ちになりました

ーーなるほど。寄り添うこと以外に歌詞を書くときに気にかけていることはありますか?

haru : 「今自分が思ってること」と「嘘をつかないこと」ですかね。どうしても曲ができなかった時期に「こう思われたい」とか「こうなってほしい」っていう想いが先行しちゃって、思ってもないことを書いてたんです。でもそれは違うなと。それからは一番奥底で思ってることが出てくるまでひたすら書き続けて、それ以外は却下してます。

ーー作曲も作詞も、スランプから抜け出せたのはどうしてだと思いますか?

haru : 人と比べるのをやめようと思えたのがいちばん大きいかもしれないですね。せっかく好きな友達や一緒にやってくれる友達がいて、朝昼晩ご飯も食べれて楽しくやってるのに、誰かと比べたり失敗を恐れて今日1日を大事にできないなんてもったいない。それに今悩んでてもどうせいつかはみんな死ぬし。それやったらもう好き勝手やったらいいという気持ちになりました。

ーー吹っ切れたんですね。

haru : そうですね。前のバンドをやめてDIALUCKを始めたとき、周りが「ドラムからギター・ヴォーカルやるとか舐めてんの」とか「何様なん?」って空気になったんです。でもいざ始めてみたら、みんな曲聞いた途端に「最高や!」って態度が変わって。それで自分の方がいい曲作れるって調子に乗って、他の人のことを見下してたかもしれない。だからスランプはそのツケが回ってきたのかもしれないですね。

ーー初のアルバムが完成して、今の心境はいかがですか。

haru : たくさんの人に聞いてほしいです。どうしていいかわからんときはとりあえずこれ聞け、って思ってます。同じようにどうしていいかわからないときに作ったので。
shiori : 広く知ってもらいたい気持ちもあるんですけど、アンダーグラウンドな趣味の人にも引っかかるように、いろんなイベントに出ていけたらなって思います。

ーーDIALUCKはこの先どう進んでいくのでしょう。やっぱりharuさんのメロディーと歌詞のバランスが抜群にいいと思うんですけど、例えば今好きなヒップホップやR&Bが自分たちの曲に影響することはあると思いますか?

haru : 私がやりたいと思ったらそのときは。今興味があるのがヒップホップやR&Bなだけで、明日にはもうポスト・ロックやりたいって言い出してるかもしれないし、何にハマるかわからない。そのとき自分がやりたいこと、最高に楽しいと思えることをやっていきたいと思ってます。

DIALUCK LIVE INFORMATION

2016年11月20日(日)@岡山CRAZY MAMA 2ndroom
2016年11月24日(木)@奈良NEVER LAND
2016年11月26日(土)@高松TOONICE
2016年11月27日(日)@京都GATTACA
2016年12月04日(日)@タワーレコード新宿店(インストア・ミニ・ライヴ)
2016年12月27日(火)@北堀江vijion

PROFILE

DIALUCK

全人類対象・半泣きHIP HOP。愛しさと、切なさと、うさんくささを搭載した、人力サンプリング・ゆるリリック・癒しメロディー、新感覚ガールズ・バンド。

2015年5月ライヴ開始。
2015年10月、FM802主催ミナミホイール出演。
2015年11日、FM802 DJ 飯室大吾 pre.RADIO∞INFINITY - 梅田 Zeela 2nd ANNIVERSARY- に出演。
2016年6月、ZIP FM 主催 SAKAE-SPRING出演。
2016年6月、グッドモーニングアメリカ主催 V.A.「あっ、良い音楽 ここにあります。その伍」参加。
2016年6月、地元大阪タワーレコードで限定シングルを発売。某ラジオ局の番組チャートで2週連続1位を獲得、その後も長きにわたりTOP10入り。
2016年10月、昨年に続きFM802主催ミナミホイール出演決定。

各地イベンター、媒体からジワジワ注目を集めるも地元大阪を中心にマイペースにゆる〜く活動中。

OFFICIAL SITE

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.