DJ SynthesizerことYosuke Kakegawaと、Naoyuki Honzawa、KaoriによるユニットLanguageが、セカンド・アルバムをリリース! 本作に収録されている楽曲は、どれも透明感に溢れ、煌めいており、北方の澄みきった空気と光を連想させる。OTOTOYではwav(CDと同クオリティの16bit/44.1k)での販売に加え、DSD付きで販売を開始する。さらに期間限定で、収録曲より「Deeply Higher」をフリー・ダウンロードでお届け。空気に溶け込んでいく彼らのサウンドを、よりよい音で体験してほしい。

Language / Northern Lights

販売形式 :
(1)16bit/44.1kのwav(CDと同クオリティ)
(2)16bit/44.1kのwav(CDと同クオリティ)+DSD
>>DSDの聴き方はこちら

価格 :
共に2000円

1. Air / 2. Northern Lights / 3. Deeply Higher / 4. Justified and Ancient / 5. Keshiki / 6. Prayer / 7. Mosaic Song / 8. Cosmostate / 9. Rambling World / 10. Kaze / 11. Conversion / 12. Eden or Society / 13. Auto Run / 14. My Name is Delight / 15. Deeply Higher - Toby & T-AK remix

★ 15曲目Deeply Higher - Toby & T-AK remixはOTOTOYだけの限定トラックです!

Deeply Higherのフリー・ダウンロードはこちら
→wav版
→wav+DSD版

Languageとは?

Kaori : Vocal
Yosuke Kakegawa(DJ Synthesizer) : Guitar/Computer
Naoyuki Honzawa : Bass/Computer

自由で感覚的な演奏・制作スタイルと、奔放で意外性の高いDJセットで知られるDJ Synthesizerこと掛川陽介と、U.F.O.に見いだされ『MULTI DIRECTION 2』でデビューし、ハウスを核としたジャンル越境的な音楽性でもって数々のプロジェクトでキー・パーソンとして活躍する異才・本澤尚之、そしてスティーブ・バグ、マイク・ヴァン・ダイク、パスカルFEOSなどのアーティストらとコラボレーションしてきたヴォーカル・Kaoriによるユニット、Language。

2009年8月にアルバム『Slower Than Summer』をリリースし、WIRE09に出演。その後、コンスタントにライヴ活動を展開し、2010年の江ノ島「The Live」、葉山「Cafe de ROPE La mer」、逗子「音霊2010」などのビーチ・イベントをはじめ、多様なクラブ/ライヴ・イベントに出演。また、ドイツのベルリン・フィルハーモニック・オーケストラ125周年記念CDプロジェクトThe Quest For Harmonyや、イギリスLo Recordingsによる作品集への参加など、国境を越えた音楽活動を展開している。

「スロー・ハウス」をキーワードにマインド・ダンス・ミュージックを標榜する彼らは、クラブ・ミュージックが様式化しすぎる以前に存在したバレアリックの流儀にも通じる自由で開放的なサウンドを提案する。待望のセカンド・アルバム『Northern Lights』は、テクノ、ハウス、エレクトロニカ、インディー・ロック…あらゆる音楽を取り込んだ作品となっている。

Northern Lights Release Party!

2011年4月8日(金)@恵比寿LIQUIDROOM
OPEN/START 23:59
TICKET : door only 2,000yen(with flyer 1,500yen)

Floor : TOBY(lya-sync)、DJ TASAKA
Lounge : NEWDEAL、TEN-Lounge Set(STERNE,ERR)、Den(TRAPEZ/FUNKTAXI)
LIVE : JEBSKI、Language
Movie : morikawa aka visible tune

>>Language official web

TOP