album jacket
TitleDurationPrice
What A Happy Day  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:01
Another Way (is so nice)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:40
I Like It  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:14
Just A Side Of Love  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:16
真夜中の魚  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:40
Our Town  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:24
透明色のクルージング  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54
冬の青  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:34
Peaceful Christmas [Album Version]  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:42
Hello, New Kicks  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:59
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 40:24
Album Purchase Privilege

kabegami.jpg
Album Info

前作Alleyは、 FM802のヘビーローテーション獲得など、 全国のラジオ局にて軒並みオンエア!今年発表したシングルHello, New Kicks透明色のクルージングJust A Side Of Loveも、 全国のラジオ局でチャートにランクインし、 楽曲制作能力の高さが注目された。 さらに、 fcpとの透明色のクルージングは、 2016年CDショップ大賞にエントリー。 LEARNERSとのJust A Side Of Loveは、 紗羅マリーとデュエットが話題を呼び、 アナログシングルは、 限定500枚が即完売!学生時代のルーツと語るBob MarleyやCarlton & The Shoesなどのジャマイカ音楽の影響も、 今作では顕著に感じることができる。 また、 自身が得意とする70Sのブラックミュージックをアップデートしたブルーアイドソウル的な楽曲から、 Amy Winehouseのようなジャズテイストなポップソングまで、 幅広い内容になっている。 60Sソウルマナーを踏襲したAメロから頭打ちのリズムに展開する楽曲や、 煌びやかなコーラスワークの中でシンガロンングするメロディー、 サルソウル的なホーンフレーズとパーカッションが華やかに盛り上げるパーティーチューンが前半を彩る。 いつの時代も人々の心を躍らせるモータウンビートのダンスナンバーや、 ロックステディのリズムが心地良いバラードなど、 名曲揃い。 その中で唯一のアコースティックサウンドで奏でるクリスマスソングは、 冬の寒さに温かみを感じさせる歌、 ピアノ、 弦楽3重奏によるもので、 昨年の教会で披露された記憶も蘇る。 年間約100本のライブを続けながら制作された今作。 2016年前半、 Ropesとのツアーがあり、 その旅の道中で作っては披露し、 少しずつ完成されていった冬の青を、 2人を交えて録音。 トラックメイキングは、 友人でもあるMU-STAR GROUPの藤原大輔が打ち込みで行うという初の試み。 新しい刺激をコラージュした3rdアルバムとなっている。

Note

【アルバム購入特典】2017年のカレンダー表記付きデジタル壁紙

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

Keishi Tanaka、3月にベスト・アルバム『CLIPS』、5月に4thアルバム『BREATH』リリース決定

Keishi Tanaka、3月にベスト・アルバム『CLIPS』、5月に4thアルバム『BREATH』リリース決定

Keishi Tanakaが5月に4枚目のアルバム『BREATH』をリリースすることを発表した。それに伴い、山川哲矢が撮影した新ビジュアルも公開となった。 昨年は事務所を移籍し、「This Feeling’ Only Knows」と「Break It D

山形のDIYフェス『DO IT 2018』第1弾でLOSTAGE、Wienners、SuiseiNoboAz、UHNELLYS、クリトリック・リス、鳥肌実ら17組を発表

山形のDIYフェス『DO IT 2018』第1弾でLOSTAGE、Wienners、SuiseiNoboAz、UHNELLYS、クリトリック・リス、鳥肌実ら17組を発表

2003年に山形市で勃発し、唯一無二のDIY精神とカルチャーミックスを体現してきた「DO IT」が、2018年6月9日に山形県酒田市のグリーンシステム内特設会場にて「DO IT 2018」として開催されることが決定。 この度、第1弾アーティストが発表され

Keishi Tanaka、一発撮りMV「冬の青 feat.Ropes」を公開

Keishi Tanaka、一発撮りMV「冬の青 feat.Ropes」を公開

Keishi Tanakaが、昨年11月に発売したアルバム『What's A Trunk?』に収録され、Ropesをゲストに迎えた楽曲「冬の青」のミュージックビデオを公開した。 fox capture planの岸本亮(P)、LUCKY TAPESの田口

Keishi Tanaka、管弦楽10人編成ライヴで初のホール公演

Keishi Tanaka、管弦楽10人編成ライヴで初のホール公演

本日、新しいアルバム『What's A Trunk?』のLPが先行販売し、11月9日にはCD発売も控えたKeishi Tanaka。同作の発売を記念したリリース・ツアーにて、東京・大阪公演が追加発表となった。 東京はよみうり大手町ホール、大阪はMusic

Keishi Tanaka、70'sソウルさながらのパーティーチューンMV公開&4曲フル試聴開始

Keishi Tanaka、70'sソウルさながらのパーティーチューンMV公開&4曲フル試聴開始

Keishi Tanakaが11月9日にリリースする3rdアルバム『What's A Trunk?』より、新曲「Another Way (is so nice)」のMVが公開。さらに音楽配信・情報サイトOTOTOYにて、同曲含む4曲のフル試聴が公開された

カフェや古民家が舞台、茨城県結城市の街フェスにNabowa、shing02、YeYeら

カフェや古民家が舞台、茨城県結城市の街フェスにNabowa、shing02、YeYeら

2015年3月7日(土)に、茨城県結城市の旧市街地を舞台にした回遊型フェス〈結いのおと〉が開催。結城市にある見世蔵といった歴史ある建物、古民家やカフェなどをステージにライヴが行われる 〈結いのおと〉は2部制にて開催され、10:00〜16:30の第1部では

Articles

Keishi Tanaka×Ropes対談──景色と音色を共有した合同ツアーからKeishi新作を巡って

インタヴュー

Keishi Tanaka×Ropes対談──景色と音色を共有した合同ツアーからKeishi新作を巡って

Keishi Tanaka × Ropes 対談──景色と音色を共有した合同ツアーからソウルフルなKeishi新作を巡って2016年に入り、Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERSと一緒に制作したシングル3部作を…

Keishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルが独占ハイレゾで到着

レヴュー

Keishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルが独占ハイレゾで到着

ポップなメロディーで紡ぐ、4分43秒の物語ーーKeishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルをハイレゾ独占配信開始riddim saunter解散後、ソロで活動中のKeishi Tanaka。ライヴさながらのアップテンポなリズム際立つ渾身のニュー・…