album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
あこがれ(Live at Billboard Live TOKYO, 2021)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:46
透明色のクルージング(Live at Billboard Live TOKYO, 2021)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:16
Floatin’ Groove(Live at Billboard Live TOKYO, 2021)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:56
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 13:58
Album Info

Keishi Tanakaが、Billboard Live TOKYOでのライヴ音源をデジタルリリース。

本作は、ビルボードならではとも言えるストリングスやピアノをメンバーに迎えて行われたスペシャル編成のライヴで、2020年にスタートした、貴重な演奏と楽曲を未来に贈るチャンネル & レーベル〈LIFE OF MUSIC〉からのリリースとなる。

Discography

Pop

Keishi Tanaka、5枚目のフルアルバムよりクリスマスを彩る新曲「Christmas Is All Yours」先行配信

1 track
Pop

アウトドアメディア「ランドネ」による、音楽と人と町をつなぐ旅企画「ototabito」へ書き下ろされた楽曲。

1 track
Pop

Keishi Tanakaの新曲「I'm With You」。コロナ禍により不完全なライブを続ける中で感じた思いや、未来への願いを込めた1曲。

1 track
Pop

Keishi Tanakaが、Billboard Live TOKYOでのライヴ音源をデジタルリリース。 本作は、ビルボードならではとも言えるストリングスやピアノをメンバーに迎えて行われたスペシャル編成のライヴで、2020年にスタートした、貴重な演奏と楽曲を未来に贈るチャンネル & レーベル〈LIFE OF MUSIC〉からのリリースとなる。

3 tracks
Pop

2020年、私たちの生活や価値基準など、多くのものが変わった。 Keishi Tanaka自身もこの状況のなかで、人として、アーティストとして、歩んできた道を振り返り、今立つ道の先を見つめていた。 様変わりする人生という『通り』。進んでいくための『手段』。それらは今までも、そしてこれからも彼自身のテーマのひとつである。 そのことを示す作品が完成した。タイトルは『AVENUE』。 新曲「Where You Know」は、これまでライブ中心の活動をしていたなかで、この状況下だからこそ新しいことに挑戦したいと、 サンプリングによる楽曲制作を進めた。トラック制作を盟友のGeorge (Mop of Head) に依頼し、打ち込みのサウンドとゴスペルを思わせるコーラスワークを融合させた。 歌詞についても、今の時勢を強く反映させ、誰もが言えなかった言葉として「ここに来て」や「会いに行く」をテーマに書きあげたものである。 日常的に「近づく」ことが絶たれた事実は、彼自身も含め、誰にとっても大きく影響したことであろう。 そして、M2「One Love (AVENUE Version)」へと繋がり、「Where You Know (君が知る場所)」こそ「One Love (自分の居場所)」なのではないか、というメッセージがここに込められている。 そのほか、Kan Sanoをプロデューサーに迎えた「The Smoke Is You」、自粛中にホームレコーディング音源をnoteにて公開していた「Fallin' Down」、同じくnoteにて公開していた「揺れる葉 feat. oysm」の5曲を収録。 「One Love」と「Fallin' Down」はフルバンドセットで再レコーディング音源。「揺れる葉 feat. oysm」はサポートメンバーでもある 元Regaのギタリスト・四本晶が参加するoysmの楽曲「HA」からインスピレーションを受けて制作された新曲である。 この作品に込めた想いは、同時発売予定の「A SONG FOR YOU」(言葉とビジュアルでその作品の背景を知ることのできるアイテム) にて Keishi自身の言葉をまとめているので、音源だけではなく、そちらもあわせて読んでいただくと、より深く『AVENUE』を味わうことができる。

5 tracks
Pop

Keishi Tanaka、新作ミニアルバム「AVENUE」より新曲「Where You Know」

1 track
Pop

Keishi Tanaka、Kan Sanoとの共作曲「The Smoke Is You」をLAのプロデューサー・Bubbsがリミックス

1 track
Pop

2018年は新たな試みとして、ストリーミングとアナログのみで、「This Feelin’ Only Knows」、「Break It Down」のシングル2作品をリリース。 SpotifyやApple Musicをはじめとしたストリーミングサービスで、どちらも25万再生を超えた。また、継続的に行なっている弾き語り自主企画イベント[ROOMS]は各地ソールドアウト。 向井太一とTENDREをゲストに迎えて、バンド編成による自主企画イベント[NEW KICKS]も開催し、2019年1月にはthe band apartとのスプリットツアー[SMOOTH LIKE NEW KICKS TOUR]を全国6箇所で行い、各地大盛況で終了した。 本作は、ソロ活動を積み重ねてきたからこそ出来上がった強い作品であり、さらに新たなフィールドへ進もうとするKeishiの意思表示でもある。Keishiの音楽は、ジャンルや聴く環境を選ぶことなく、 過ぎ行く日々に自然と寄り添い、触れた者全てが瞬間的に感じることのできる多幸感に満ち溢れている。 さらに、その活動は音楽だけにとどまらず、詩集『真夜中の魚』の発売や、アウトドア雑誌『ランドネ』での連載は4年目を迎えるなど、その文章にも注目が集まっている。 また、昨年はアウトドアブランドCHUMSとのコラボレーションも話題となった。その他にもNegiccoの楽曲提供、CMの楽曲書き下ろし、11月にはソロで初となる海外公演を行うなど、活動の幅もさらなる広がりを見せている。

10 tracks
Pop

Keishi Tanakaが、2枚組のベストアルバム『CLIPS』をリリースする。これまでにリリースされた3枚のアルバムから、ライブでも人気の高い代表曲を収録した1枚目と、7枚のEPに収録されているアルバム未収録曲や特典として配ったREMIX楽曲、コンピレーションに収録されている楽曲などをまとめた裏ベストとも言える2枚目。合わせて33曲収録の豪華盤となっている。アルバム3作品の錚々たるサポートミュージシャンを始め、fox capture plan、LEARNERS、Ropes、TGMX、小袋成彬率いるTOKYO RECORDINGSとのコラボ、さらには、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)、フランスのバンドManceau、George(Mop of Head)によるREMIXや、Keishi自らREMIXした楽曲も収録。彼の活動の幅広さを物語る内容になっている。年間平均100本のライブをしながら、無条件に体が動くグルーヴと多幸感溢れるメロディーを中心に作られた曲たち。聴く人の心を掴む歌詞を常に現場で伝えてきた、彼のソロ6年間が詰まっている作品だ。

14 tracks
Pop

Keishi Tanakaが、2枚組のベストアルバム『CLIPS』をリリースする。これまでにリリースされた3枚のアルバムから、ライブでも人気の高い代表曲を収録した1枚目と、7枚のEPに収録されているアルバム未収録曲や特典として配ったREMIX楽曲、コンピレーションに収録されている楽曲などをまとめた裏ベストとも言える2枚目。合わせて33曲収録の豪華盤となっている。アルバム3作品の錚々たるサポートミュージシャンを始め、fox capture plan、LEARNERS、Ropes、TGMX、小袋成彬率いるTOKYO RECORDINGSとのコラボ、さらには、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)、フランスのバンドManceau、George(Mop of Head)によるREMIXや、Keishi自らREMIXした楽曲も収録。彼の活動の幅広さを物語る内容になっている。年間平均100本のライブをしながら、無条件に体が動くグルーヴと多幸感溢れるメロディーを中心に作られた曲たち。聴く人の心を掴む歌詞を常に現場で伝えてきた、彼のソロ6年間が詰まっている作品だ。

19 tracks
Pop

前作''Alley''は、FM802のヘビーローテーション獲得など、全国のラジオ局にて軒並みオンエア!今年発表したシングル''Hello,New Kicks''、''透明色のクルージング''、''Just A Side Of Love''も、全国のラジオ局でチャートにランクインし、楽曲制作能力の高さが注目された。さらに、fcpとの''透明色のクルージング''は、2016年CDショップ大賞にエントリー。LEARNERSとの''Just A Side Of Love''は、紗羅マリーとデュエットが話題を呼び、アナログシングルは、限定500枚が即完売!学生時代のルーツと語るBob MarleyやCarlton & The Shoesなどのジャマイカ音楽の影響も、今作では顕著に感じることができる。また、自身が得意とする70Sのブラックミュージックをアップデートしたブルーアイドソウル的な楽曲から、Amy Winehouseのようなジャズテイストなポップソングまで、幅広い内容になっている。60Sソウルマナーを踏襲したAメロから頭打ちのリズムに展開する楽曲や、煌びやかなコーラスワークの中でシンガロンングするメロディー、サルソウル的なホーンフレーズとパーカッションが華やかに盛り上げるパーティーチューンが前半を彩る。いつの時代も人々の心を躍らせるモータウンビートのダンスナンバーや、ロックステディのリズムが心地良いバラードなど、名曲揃い。その中で唯一のアコースティックサウンドで奏でるクリスマスソングは、冬の寒さに温かみを感じさせる歌、ピアノ、弦楽3重奏によるもので、昨年の教会で披露された記憶も蘇る。年間約100本のライブを続けながら制作された今作。2016年前半、Ropesとのツアーがあり、その旅の道中で作っては披露し、少しずつ完成されていった''冬の青''を、2人を交えて録音。トラックメイキングは、友人でもあるMU-STAR GROUPの藤原大輔が打ち込みで行うという初の試み。新しい刺激をコラージュした3rdアルバムとなっている。

Bonus!
10 tracks
Pop

2016年、スタートをきるやいなやライブのみならずリリースも精力的なKeishi Tanaka。早くも今年3作目のリリースが決定!!今回ゲストに迎えたのは、LEARNERS(ラーナーズ)!本人自らメンバーにオファーし実現した本作は、紗羅マリーとデュエットするために書き下ろした''Just A Side Of Love / 恋のすぐそばで''。モータウンビートで始まり、心までもスウィングさせるダンスナンバーに仕上がった。2人の歌声には表情があり、まるで聴く者の背中を押すかのように楽曲が進んでいく。カップリングには、ジャズトランぺッターであり、ヴォーカリストでもあるチェットベイカーのカヴァーで有名なジャズスタンダード''Look For The Silver Lining''を収録。これぞLEARNERSというパンキッシュなネオアコアレンジで披露している。CHIEのギャロッピングを効かせたロカビリー・ギターも冴えわたり、こちらも必聴である。音楽のみならず、ファッション含めたカルチャーとして存在するLEARNERSとの制作は、彼が2016年のテーマにあげているNEW KICKS(新しい刺激)そのものである。シンガーソングライターとしての活動を確立した今だからこそ、バンド時代を彷彿とさせる今作に注目が集まる。CD同発にて、アナログ7inchもリリース決定!!こちらは初回限定プレスのためお買い逃しなく!

2 tracks
Pop

前作に引き続き、彼の歌声がとても伸びやかに響くソウルナンバーではあるが、ブラックミュージックへの傾倒は更に進み、非常にファンキーでグルーブある楽曲に仕上がった。今作は、Riddim Saunter時代も含め、彼の音楽史上初の試みとなるアレンジャーを迎えての作品となる。今回は水曜日のカンパネラやBOMIの楽曲プロデュースも行うOBKR率いるTokyo Recordingsが、アレンジからレコーディング、ミックスまで担当。サポートミュージシャンとして、べースにバンドセットでもお馴染みのLUCKY TAPES 田口恵人が参加。20歳前半の彼らによるトラックメイキングが非常に冴えわたる作品である。ベースとクラビネットのリズム、そしてそこに乗るKeishiのメロディーが、躍動感に溢れ心を踊らされる。更に、ファルセットヴォイスによるゴスペル風なコーラスワークが、壮大なスケール感を生み出している。アートワーク、映像作品は、友人でもある新進気鋭のデザイナーYOSHIROTTENが担当。こちらも非常に楽しみだ。さらに、LUCKY TAPESのKai TakahashiがREMIXを担当する楽曲がカップリングとして収録される。EPでありながら盛りだくさんの内容。こうご期待!!

3 tracks
Pop

ソロデビューから3年。活動を確立させ作られた今作は、全ての曲において彼ならではのメロディーと、歌詞の世界観を感じることができる。それでいて、たくさんの素晴らしいミュージシャンと一緒に制作され、1st Album ''Fill''から更に進化した多様なアレンジと、様々な音色を鳴らしている。前作同様、ストリングス、ホーンセクション、ピアノをふんだんに用い、高揚感、多幸感溢れる華やかなサウンドに、彼のソウルフルで伸びやかな歌声、ポップなメロディーセンスが光る作品!もちろん、昨年末にリリースしたハンカチ付のシングル''Crybaby's Girl''(店頭在庫のみ)や、CD付き絵本''秘密の森''の2曲も、MIXを新たに収録。この2年間が詰め込まれた内容となっている。

12 tracks
Pop

ソロデビューから3年。活動を確立させ作られた今作は、全ての曲において彼ならではのメロディーと、歌詞の世界観を感じることができる。それでいて、たくさんの素晴らしいミュージシャンと一緒に制作され、1st Album ''Fill''から更に進化した多様なアレンジと、様々な音色を鳴らしている。前作同様、ストリングス、ホーンセクション、ピアノをふんだんに用い、高揚感、多幸感溢れる華やかなサウンドに、彼のソウルフルで伸びやかな歌声、ポップなメロディーセンスが光る作品!もちろん、昨年末にリリースしたハンカチ付のシングル''Crybaby's Girl''(店頭在庫のみ)や、CD付き絵本''秘密の森''の2曲も、MIXを新たに収録。この2年間が詰め込まれた内容となっている。

1 track
Pop

Riddim Saunter解散後、SSWとして活動をスタート。ソングブックとして、「夜の終わり」と、絵本「秘密の森」を発売。2013年1月23日に1stフルアルバム「Fill」、最新作としてはハンカチ付CD「CRYBABY'S GIRL」を発売中。一人での弾き語りやバンドセットでのライブを中心に、様々な形態でライブを行い、場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。 2015年4月22日には待望の2nd ALBUM「Alley」をリリースする。2013年4月から、アコースティックイベン ト「ROOMS」を全国で開催中。

3 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

Keishi Tanaka、12月リリースAL『Chase After』全貌公開

Keishi Tanaka、12月リリースAL『Chase After』全貌公開

Keishi Tanakaが、12月7日にリリースする5枚目のフル・アルバム『Chase After』の詳細を発表した。 今作では、関口シンゴ (Ovall)がギターで参加した「Let Me Feel It」や、村松拓 (Nothing's Carved

Keishi Tanaka、ソロ活動10周年を彩る弾き語りツアー開催

Keishi Tanaka、ソロ活動10周年を彩る弾き語りツアー開催

  Keishi Tanakaが全国15ヶ所で弾き語りツアーを行う。 すでに村松拓 (Nothing's Carved In Stone/ABSTRACT MASH)との2公演からツアーはスタートしており、今月末からは、荒井岳史 (the band apa

Keishi Tanakaと村松拓が弾き語り2デイズを開催決定

Keishi Tanakaと村松拓が弾き語り2デイズを開催決定

Keishi Tanakaによる主催イベント[ROOMS]と、村松拓(Nothing's Carved In Stone、ABSTRACT MASH)による主催イベント[The Fireplace]のコラボ企画[The Fireplace × ROOMS

Keishi Tanaka、一夜限りのスペシャルライヴセッション音源を本日デジタルリリース

Keishi Tanaka、一夜限りのスペシャルライヴセッション音源を本日デジタルリリース

Keishi Tanakaが、Billboard Live TOKYOでのライヴ音源を、本日4月26日にデジタルリリースした。 本作は、ビルボードならではとも言えるストリングスやピアノをメンバーに迎えて行われたスペシャル編成のライヴで、2020年にスター

バーチャル渋谷にてFRINEDSHIP.とコラボしたイベント開催、Keishi Tanaka、DENIMS etc.計6組出演

バーチャル渋谷にてFRINEDSHIP.とコラボしたイベント開催、Keishi Tanaka、DENIMS etc.計6組出演

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」内に、新たに誕生したバーチャルライヴハウス「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE」。 そこで開催されるイベント「YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powere

音楽とクラフトビールのサーキットイベント『CRAFTROCK CIRCUIT ’21』吉祥寺6ライヴハウスで開催決定

音楽とクラフトビールのサーキットイベント『CRAFTROCK CIRCUIT ’21』吉祥寺6ライヴハウスで開催決定

去年の4月にコロナウィルスにより開催中止を余儀なくされYOUTUBEでのMUSIC VIDEOでのONLINEフェスを開催。 去年11月にも大阪にてプレミアム有観客とONLINEサーキットを開催した「CRAFTROCK CIRCUIT」が、吉祥寺にて開催

View More News Collapse
Keishi Tanaka、初夏の大阪でアウトドアイベントを開催決定

Keishi Tanaka、初夏の大阪でアウトドアイベントを開催決定

Keishi Tanakaが、5月3日 (月・祝) 大阪 服部緑地野外音楽堂 で [NEW KICKS GREENSPIA 2021] を開催することが決定した。 本公演は、関西のコンサートプロモーターGREENS 、プレイガイドぴあとの共同イベントで

Keishi Tanaka、「Fallin’ Down」のMV公開

Keishi Tanaka、「Fallin’ Down」のMV公開

Keishi Tanakaが、本日3月10日にリリースされた7インチアナログ盤『One Love (AVENUE Version) / Fallin’ Down』より、「Fallin’ Down」のミュージックビデオを、オフィシャルYouTubeチャンネ

SNS上で生まれたドネーション楽曲「Baby, Stay Home」、本日デジタルリリース

SNS上で生まれたドネーション楽曲「Baby, Stay Home」、本日デジタルリリース

ライブハウスのサポートを目的にOTOTOYが立ち上げたプロジェクト"Save Our Place"を通じてリリースされた楽曲「Baby, Stay Home」が本日各ストリーミングサービスや、各ダウンロードサービスにてリリースとなった。 今作は、昨年4月

Keishi Tanaka、クリスマスの夜に「One Love (AVENUE Version)」MV公開

Keishi Tanaka、クリスマスの夜に「One Love (AVENUE Version)」MV公開

Keishi Tanakaが、先日12月23日にリリースした新作ミニ・アルバム『AVENUE』より、「One Love (AVENUE Version)」のミュージックビデオを、オフィシャルYouTubeチャンネルで公開。 こちらのビデオは、『AVENU

Keishi Tanaka、新曲「Where You Know」を本日先行配信リリース

Keishi Tanaka、新曲「Where You Know」を本日先行配信リリース

Keishi Tanakaが、12月23日にリリースする新作ミニ・アルバム『AVENUE』より、新曲「Where You Know」を本日12月9日にデジタルリリースした。 この状況だからこその新しい制作モチベーションとして、サンプリングによる楽曲をテー

Keishi Tanaka、新作『AVENUE』を12/23リリース

Keishi Tanaka、新作『AVENUE』を12/23リリース

Keishi Tanakaが、12月23日に新作『AVENUE』を、CDとデジタルでリリースすることを発表した。   本作は、サンプリングで制作された新曲“Where You Know”のほか、4月にリリースしたKan Sanoとの共作“The Smok

Keishi Tanaka主催〈ROOMS GARDEN TOUR〉スタート、追加公演も決定

Keishi Tanaka主催〈ROOMS GARDEN TOUR〉スタート、追加公演も決定

Keishi Tanakaの弾き語り自主企画〈ROOMS GARDEN TOUR〉が、明日10月17日、浜松の万年橋パーキングHACHIKAIを皮切りにスタートする。   さらに今回”アウトドア”をテーマに行われる本ツアーに、新たに3本の追加公演が決定し

Keishi Tanaka、Kan Sanoとの共作を7インチでリリース決定

Keishi Tanaka、Kan Sanoとの共作を7インチでリリース決定

Keishi Tanakaが、4月15日にデジタルリリースしたKan Sanoとの共作『The Smoke Is You』を、11月25日に7インチアナログ盤でリリースすることが決定した。 過去の多くの作品もレコードでのリリースをしてきたKeishiに、

Keishi Tanaka、
“窓越し”に行なった自主企画[ROOMS]のライヴ映像公開

Keishi Tanaka、
“窓越し”に行なった自主企画[ROOMS]のライヴ映像公開

Keishi Tanakaが、7月25日と7月26日の2日間に渡って、弾き語り自主企画 [ROOMS SUMMER 2DAYS] を開催した。 三軒茶屋のa-bridge公演では”屋上スペース"を生かしたライヴ、代々木上原のAELU公演では食事を楽しみな

『Save Our Place』第9弾でBaby, Stay Home のRemixミニアルバム、folk enoughライヴ音源、湯川トーベン宅録音源の3作品が配信開始

『Save Our Place』第9弾でBaby, Stay Home のRemixミニアルバム、folk enoughライヴ音源、湯川トーベン宅録音源の3作品が配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第9弾となる作品が、2020年6月4(木)にリリースされた。 今回配信されたのは、Keishi TanakaらがSNS上での公開制作によって完成させた楽曲「Baby, Stay Ho

Keishi Tanaka、音楽仲間と作った新曲"Fallin’ Down"を本日リリース

Keishi Tanaka、音楽仲間と作った新曲"Fallin’ Down"を本日リリース

Keishi Tanakaが本日5月2日に新曲"Fallin' Down [Home Recording Version]"をnoteで配信リリースした。 本作にはレコーディングやライブでサポートを務める小宮山純平(Dr)、田口恵人 (B / LUCKY

ライヴハウス支援企画『Save Our Place』、13組のアーティストが参加した楽曲"Baby, Stay Home"配信スタート

ライヴハウス支援企画『Save Our Place』、13組のアーティストが参加した楽曲"Baby, Stay Home"配信スタート

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』から、13組のアーティストが参加した楽曲"Baby, Stay Home"が本日4月18日の20時にダウンロード開始となった。

  今作は、岩崎慧 (セカイイチ)、Keishi Ta

〈FEVER OF SHIZUOKA 2019〉タイムテーブル公開、および今回の台風19号で被災された皆様へ

〈FEVER OF SHIZUOKA 2019〉タイムテーブル公開、および今回の台風19号で被災された皆様へ

11月3日(日)静岡県焼津市・テトラリゾート静岡やいづにて開催される、県民達の夢を乗せたDIYフェス〈FEVER OF SHIZUOKA 2019〉。 本日、タイムテーブルが公開となった。 出演アーティストは「マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)」「曽我

Keishi Tanaka、新曲「One Love」リリース決定

Keishi Tanaka、新曲「One Love」リリース決定

5月に発売したニューアルバム『BREATH』のリリースパーティー[BREATH RELEASE TOUR]を、全国15箇所で開催中のKeishi Tanakaが、早くも新曲「One Love」をリリースする。 9月25日より配信がスタート。さらに、10月

〈New Acoustic Camp 2019〉アンプラグドライブ企画出演者発表

〈New Acoustic Camp 2019〉アンプラグドライブ企画出演者発表

9月14日(土)~15日(日)の2日間、水上高原リゾート200 ゴルフコースにて行われる〈New Acoustic Camp 2019 〜わらう、うたう、たべる、ねっころがる。 - 10th Anniversary MAGICAL CAMPING EVE

〈森、道、市場2019〉より、KID FRESINO、BIM、カネコアヤノら総勢21組のライヴ映像が一挙公開

〈森、道、市場2019〉より、KID FRESINO、BIM、カネコアヤノら総勢21組のライヴ映像が一挙公開

5月31日から6月2日にかけて愛知・蒲郡ラグーナビーチとラグナシアで開催された野外イベント〈森、道、市場 2019〉。 同フェスでのライヴ映像が、スペースシャワーTVのアーカイブサイトDAXと、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeアカウ

8/3(土)4(日)開催〈SETOUCHI BEACH JAM 2019〉全出演アーティスト、タイムテーブル発表

8/3(土)4(日)開催〈SETOUCHI BEACH JAM 2019〉全出演アーティスト、タイムテーブル発表

2019年8月3日(土)・4日(日)に瀬戸田サンセットビーチ(広島県尾道市)で開催される〈SETOUCHI BEACH JAM 2019〉の出演者とタイムテーブルが発表された。 また、会場内のアクテヴィティ、オフィシャルグッズ、フード、エリアマップ等も発

CRAFTROCK BREWING主催、音楽&クラフトビールイベント〈LITTLE YOUNG BEERS〉にJoy Opposites出演決定

CRAFTROCK BREWING主催、音楽&クラフトビールイベント〈LITTLE YOUNG BEERS〉にJoy Opposites出演決定

新EP『Bad Phase』を配信リリースしたばかりのJoy Oppositesが、9月16日(月・祝)に開催される音楽とクラフトビールを楽しむイベント〈CRAFTROCK BREWING presents "LITTLE YOUNG BEERS"〉に出

Collapse

Articles

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

インタヴュー

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

新型コロナウイルスの影響で多くのイベント/ライヴが開催自粛を余儀なくされ、大きなダメージを受けた施設を支援すべく、OTOTOYが立ち上げた『Save Our Place』では、たくさんのアーティストに参加していただき、およそ60タイトルの音源配信をおこなう…

Keishi Tanaka×Ropes対談──景色と音色を共有した合同ツアーからKeishi新作を巡って

インタヴュー

Keishi Tanaka×Ropes対談──景色と音色を共有した合同ツアーからKeishi新作を巡って

2016年に入り、Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERSと一緒に制作したシングル3部作をリリースしたKeishi Tanaka。意欲的に制作を続けるなか、待望のフル・アルバムが完成した。学生時代のルーツと語るオ…

Keishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルが独占ハイレゾで到着

レヴュー

Keishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルが独占ハイレゾで到着

riddim saunter解散後、ソロで活動中のKeishi Tanaka。ライヴさながらのアップテンポなリズム際立つ渾身のニュー・ソングをOTOTOY独占でハイレゾ配信開始。物語性の高い伸びやかなメロディーは、無意識な日常を変えうるポップさも持ち合わせ…