How To Buy
TitleDurationPrice
あこがれ(Live at Billboard Live TOKYO, 2021)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:46
透明色のクルージング(Live at Billboard Live TOKYO, 2021)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:16
Floatin’ Groove(Live at Billboard Live TOKYO, 2021)  alac,flac,wav,aac: 16bit/48kHz 04:56
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 13:58
Album Info

Keishi Tanakaが、Billboard Live TOKYOでのライヴ音源をデジタルリリース。

本作は、ビルボードならではとも言えるストリングスやピアノをメンバーに迎えて行われたスペシャル編成のライヴで、2020年にスタートした、貴重な演奏と楽曲を未来に贈るチャンネル & レーベル〈LIFE OF MUSIC〉からのリリースとなる。

Discography

Pop

Keishi Tanaka、新曲「See Your Heart」をデジタルリリース。 今作は、全てひとりで、かつ自宅でレコーディングを完結させたライブ会場とオフィシャルショップで限定販売中の新作『KOKORO EP』のなかで最もライブ感のある楽曲で、トラックメイカー・TMM2により新たに制作された同曲のRemix「See Your Heart (TMM2 Remix)」と合わせた2曲となる。

2 tracks
Pop

Keishi Tanaka、新曲「See Your Heart」をデジタルリリース。 今作は、全てひとりで、かつ自宅でレコーディングを完結させたライブ会場とオフィシャルショップで限定販売中の新作『KOKORO EP』のなかで最もライブ感のある楽曲で、トラックメイカー・TMM2により新たに制作された同曲のRemix「See Your Heart (TMM2 Remix)」と合わせた2曲となる。

2 tracks
Pop

Keishi Tanaka、先行シングル「心たち」リリース

1 track
Pop

Keishi Tanaka、夏の終わりに響き渡る新曲「Joy」をデジタルリリース!

1 track
Pop

Keishi Tanaka、Keity (LUCKY TAPES) によるリミックス作品をデジタルリリース!

1 track
Pop

Keishi Tanaka、5枚目のフルアルバム『Chase After』をリリース。 今作では、関口シンゴ(Ovall)がギターで参加した「Let Me Feel It」や、村松拓(Nothing's Carved In Stone)が作詞作曲し、レコーディングも参加した「青のサーカス」、Nobuaki Tanakaがサウンドを手がけた「I'm With You」を含む全10曲を収録。ライブでおなじみのメンバーである小宮山純平、田口恵人(LUCKY TAPES)、四本晶 (oysm)、別所和洋(パジャマで海なんかいかない)、黒須遊(HeiTanaka)、 Chan Keng(videobrother)、Achico(Ropes) 、松田 "CHABE" 岳二、潮田雄一、銘苅麻野に加え、新たなミュージシャンと作り出されたKeishiの音楽に期待が高まる。

10 tracks
Pop

Keishi Tanaka、5枚目のフルアルバムよりクリスマスを彩る新曲「Christmas Is All Yours」先行配信

1 track
Pop

アウトドアメディア「ランドネ」による、音楽と人と町をつなぐ旅企画「ototabito」へ書き下ろされた楽曲。

1 track
Pop

Keishi Tanakaの新曲「I'm With You」。コロナ禍により不完全なライブを続ける中で感じた思いや、未来への願いを込めた1曲。

1 track
Pop

Keishi Tanakaが、Billboard Live TOKYOでのライヴ音源をデジタルリリース。 本作は、ビルボードならではとも言えるストリングスやピアノをメンバーに迎えて行われたスペシャル編成のライヴで、2020年にスタートした、貴重な演奏と楽曲を未来に贈るチャンネル & レーベル〈LIFE OF MUSIC〉からのリリースとなる。

3 tracks
Pop

2020年、私たちの生活や価値基準など、多くのものが変わった。 Keishi Tanaka自身もこの状況のなかで、人として、アーティストとして、歩んできた道を振り返り、今立つ道の先を見つめていた。 様変わりする人生という『通り』。進んでいくための『手段』。それらは今までも、そしてこれからも彼自身のテーマのひとつである。 そのことを示す作品が完成した。タイトルは『AVENUE』。 新曲「Where You Know」は、これまでライブ中心の活動をしていたなかで、この状況下だからこそ新しいことに挑戦したいと、 サンプリングによる楽曲制作を進めた。トラック制作を盟友のGeorge (Mop of Head) に依頼し、打ち込みのサウンドとゴスペルを思わせるコーラスワークを融合させた。 歌詞についても、今の時勢を強く反映させ、誰もが言えなかった言葉として「ここに来て」や「会いに行く」をテーマに書きあげたものである。 日常的に「近づく」ことが絶たれた事実は、彼自身も含め、誰にとっても大きく影響したことであろう。 そして、M2「One Love (AVENUE Version)」へと繋がり、「Where You Know (君が知る場所)」こそ「One Love (自分の居場所)」なのではないか、というメッセージがここに込められている。 そのほか、Kan Sanoをプロデューサーに迎えた「The Smoke Is You」、自粛中にホームレコーディング音源をnoteにて公開していた「Fallin' Down」、同じくnoteにて公開していた「揺れる葉 feat. oysm」の5曲を収録。 「One Love」と「Fallin' Down」はフルバンドセットで再レコーディング音源。「揺れる葉 feat. oysm」はサポートメンバーでもある 元Regaのギタリスト・四本晶が参加するoysmの楽曲「HA」からインスピレーションを受けて制作された新曲である。 この作品に込めた想いは、同時発売予定の「A SONG FOR YOU」(言葉とビジュアルでその作品の背景を知ることのできるアイテム) にて Keishi自身の言葉をまとめているので、音源だけではなく、そちらもあわせて読んでいただくと、より深く『AVENUE』を味わうことができる。

5 tracks
Pop

Keishi Tanaka、新作ミニアルバム「AVENUE」より新曲「Where You Know」

1 track
Pop

Keishi Tanaka、Kan Sanoとの共作曲「The Smoke Is You」をLAのプロデューサー・Bubbsがリミックス

1 track
Pop

2018年は新たな試みとして、ストリーミングとアナログのみで、「This Feelin’ Only Knows」、「Break It Down」のシングル2作品をリリース。 SpotifyやApple Musicをはじめとしたストリーミングサービスで、どちらも25万再生を超えた。また、継続的に行なっている弾き語り自主企画イベント[ROOMS]は各地ソールドアウト。 向井太一とTENDREをゲストに迎えて、バンド編成による自主企画イベント[NEW KICKS]も開催し、2019年1月にはthe band apartとのスプリットツアー[SMOOTH LIKE NEW KICKS TOUR]を全国6箇所で行い、各地大盛況で終了した。 本作は、ソロ活動を積み重ねてきたからこそ出来上がった強い作品であり、さらに新たなフィールドへ進もうとするKeishiの意思表示でもある。Keishiの音楽は、ジャンルや聴く環境を選ぶことなく、 過ぎ行く日々に自然と寄り添い、触れた者全てが瞬間的に感じることのできる多幸感に満ち溢れている。 さらに、その活動は音楽だけにとどまらず、詩集『真夜中の魚』の発売や、アウトドア雑誌『ランドネ』での連載は4年目を迎えるなど、その文章にも注目が集まっている。 また、昨年はアウトドアブランドCHUMSとのコラボレーションも話題となった。その他にもNegiccoの楽曲提供、CMの楽曲書き下ろし、11月にはソロで初となる海外公演を行うなど、活動の幅もさらなる広がりを見せている。

10 tracks
Pop

Keishi Tanakaが、2枚組のベストアルバム『CLIPS』をリリースする。これまでにリリースされた3枚のアルバムから、ライブでも人気の高い代表曲を収録した1枚目と、7枚のEPに収録されているアルバム未収録曲や特典として配ったREMIX楽曲、コンピレーションに収録されている楽曲などをまとめた裏ベストとも言える2枚目。合わせて33曲収録の豪華盤となっている。アルバム3作品の錚々たるサポートミュージシャンを始め、fox capture plan、LEARNERS、Ropes、TGMX、小袋成彬率いるTOKYO RECORDINGSとのコラボ、さらには、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)、フランスのバンドManceau、George(Mop of Head)によるREMIXや、Keishi自らREMIXした楽曲も収録。彼の活動の幅広さを物語る内容になっている。年間平均100本のライブをしながら、無条件に体が動くグルーヴと多幸感溢れるメロディーを中心に作られた曲たち。聴く人の心を掴む歌詞を常に現場で伝えてきた、彼のソロ6年間が詰まっている作品だ。

14 tracks
Pop

Keishi Tanakaが、2枚組のベストアルバム『CLIPS』をリリースする。これまでにリリースされた3枚のアルバムから、ライブでも人気の高い代表曲を収録した1枚目と、7枚のEPに収録されているアルバム未収録曲や特典として配ったREMIX楽曲、コンピレーションに収録されている楽曲などをまとめた裏ベストとも言える2枚目。合わせて33曲収録の豪華盤となっている。アルバム3作品の錚々たるサポートミュージシャンを始め、fox capture plan、LEARNERS、Ropes、TGMX、小袋成彬率いるTOKYO RECORDINGSとのコラボ、さらには、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)、フランスのバンドManceau、George(Mop of Head)によるREMIXや、Keishi自らREMIXした楽曲も収録。彼の活動の幅広さを物語る内容になっている。年間平均100本のライブをしながら、無条件に体が動くグルーヴと多幸感溢れるメロディーを中心に作られた曲たち。聴く人の心を掴む歌詞を常に現場で伝えてきた、彼のソロ6年間が詰まっている作品だ。

19 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

Keishi Tanaka、TMM2によるRemixも収録した新SG「See Your Heart」リリース

Keishi Tanaka、TMM2によるRemixも収録した新SG「See Your Heart」リリース

Keishi Tanakaが2024年4月24日(水)にニューシングル「See Your Heart」をリリースした。 全て一人で、かつ自宅でレコーディングを完結させた本作。トラックメイカーTMM2による“See Your Heart (TMM2 Rem

Keishi Tanaka自主企画にYONA YONA WEEKENDERS出演決定&会場限定CDの詳細公開

Keishi Tanaka自主企画にYONA YONA WEEKENDERS出演決定&会場限定CDの詳細公開

2024年3月9日(土)に東京〈渋谷CLUB QUATTRO〉で開催されるKeishi Tanakaの自主企画〈NEW KICKS〉 に、YONA YONA WEEKENDERSの出演が決定し、ツーマンライヴとして行われることが発表された。 Keishi

Keishi Tanaka、春の訪れを告げる野外ライヴを来年も開催

Keishi Tanaka、春の訪れを告げる野外ライヴを来年も開催

Keishi Tanakaが、4月6日(土)大阪・服部緑地野外音楽堂 で〈NEW KICKS GREENSPIA 2024〉を開催することが決定した。 本公演は、関西のコンサートプロモーターGREENS 、プレイガイドぴあとの共同イベントで、今年3月に村

Keishi Tanaka、来春に7人編成のバンドセットによる自主企画〈NEW KICKS〉開催

Keishi Tanaka、来春に7人編成のバンドセットによる自主企画〈NEW KICKS〉開催

Keishi Tanaka が、2024年3月9日(土)に〈渋谷CLUB QUATTRO〉で自主企画〈NEW KICKS〉を開催する。 これは、本日開催された〈NEW KICKS BY HABIT〉にてアナウンスされたもので、Keishiは約1年ぶりと

Keishi Tanaka、自主企画〈NEW KICKS BY HABIT〉12月公演にNakamuraEmiが出演決定

Keishi Tanaka、自主企画〈NEW KICKS BY HABIT〉12月公演にNakamuraEmiが出演決定

Keishi Tanakaが、2023年12月6日(水)に自主企画〈NEW KICKS BY HABIT〉を東京〈新代田FEVER〉で開催することが発表された。 今年新たにスタートし、6月、9月、12月の平日に全3回企画されてきたこのパーティー。2023

Keishi Tanaka、夏の終わりの空気感をまとう新曲「Joy」本日リリース

Keishi Tanaka、夏の終わりの空気感をまとう新曲「Joy」本日リリース

Keishi Tanakaが、本日2023年9月6日(水)に新曲「Joy」を配信リリースした。 今年からスタートした3ピース編成での平日のパーティー〈NEW KICKS BY HABIT〉の第2回開催直前、突如リリースされた今作は、夏の終わりの空気

View More News Collapse
Keishi Tanaka、弾き語り作品『UNPLUGGED Ⅱ』WEBショップにて販売スタート

Keishi Tanaka、弾き語り作品『UNPLUGGED Ⅱ』WEBショップにて販売スタート

Keishi Tanakaが、会場先行で販売していた弾き語りミニアルバム『UNPLUGGED Ⅱ』を、オフィシャルWEBショップで販売スタートした。 村松拓に楽曲提供した「ラブレター」のセルフカバーや、LOSTAGE「ポケットの中で」のカバーを含む、全6

Keishi Tanaka、新たな自主企画を定期開催 初回ゲストも発表

Keishi Tanaka、新たな自主企画を定期開催 初回ゲストも発表

Keishi Tanakaが、2023年6月29日(木)、9月12日(火)、12月6日(水)の全3回に渡り、新たな自主企画 〈NEW KICKS BY HABIT〉を東京〈新代田FEVER〉で開催することを発表した。 本企画は、先日2023年3月29日(

Keishi Tanaka、村松拓との自然体な姿を捉えた"青のサーカス"MV公開

Keishi Tanaka、村松拓との自然体な姿を捉えた"青のサーカス"MV公開

Keishi Tanakaが、5枚目のアルバム『Chase After』に収録されている、村松拓 (Nothing's Carved In Stone / ABSTRACT MASH) 作詞作曲の楽曲"青のサーカス"のミュージックビデオを、オフィシャルY

Keishi Tanaka、盟友・村松拓を招きツーマン野外ライヴ開催

Keishi Tanaka、盟友・村松拓を招きツーマン野外ライヴ開催

Keishi Tanakaが、2023年3月25日 (土) に大阪〈服部緑地野外音楽堂〉で、野外ライヴ〈NEW KICKS GREENSPIA 2023〉を開催することが決定した。 本公演は、関西のコンサートプロモーターGREENS 、プレイガイドぴあと

Keishi Tanaka5枚目フルAL『Chase After』をデジタルリリース

Keishi Tanaka5枚目フルAL『Chase After』をデジタルリリース

Keishi Tanakaが5枚目のフルアルバム『Chase After』をデジタルリリースした。 今作は、関口シンゴ (Ovall)がギターで参加した「Let Me Feel It」や、村松拓 (Nothing's Carved In Stone)が作

Keishi Tanaka、12月リリースAL『Chase After』全貌公開

Keishi Tanaka、12月リリースAL『Chase After』全貌公開

Keishi Tanakaが、12月7日にリリースする5枚目のフル・アルバム『Chase After』の詳細を発表した。 今作では、関口シンゴ (Ovall)がギターで参加した「Let Me Feel It」や、村松拓 (Nothing's Carved

Keishi Tanaka、ソロ活動10周年を彩る弾き語りツアー開催

Keishi Tanaka、ソロ活動10周年を彩る弾き語りツアー開催

  Keishi Tanakaが全国15ヶ所で弾き語りツアーを行う。 すでに村松拓 (Nothing's Carved In Stone/ABSTRACT MASH)との2公演からツアーはスタートしており、今月末からは、荒井岳史 (the band apa

Keishi Tanakaと村松拓が弾き語り2デイズを開催決定

Keishi Tanakaと村松拓が弾き語り2デイズを開催決定

Keishi Tanakaによる主催イベント[ROOMS]と、村松拓(Nothing's Carved In Stone、ABSTRACT MASH)による主催イベント[The Fireplace]のコラボ企画[The Fireplace × ROOMS

Keishi Tanaka、一夜限りのスペシャルライヴセッション音源を本日デジタルリリース

Keishi Tanaka、一夜限りのスペシャルライヴセッション音源を本日デジタルリリース

Keishi Tanakaが、Billboard Live TOKYOでのライヴ音源を、本日4月26日にデジタルリリースした。 本作は、ビルボードならではとも言えるストリングスやピアノをメンバーに迎えて行われたスペシャル編成のライヴで、2020年にスター

バーチャル渋谷にてFRINEDSHIP.とコラボしたイベント開催、Keishi Tanaka、DENIMS etc.計6組出演

バーチャル渋谷にてFRINEDSHIP.とコラボしたイベント開催、Keishi Tanaka、DENIMS etc.計6組出演

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」内に、新たに誕生したバーチャルライヴハウス「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE」。 そこで開催されるイベント「YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powere

音楽とクラフトビールのサーキットイベント『CRAFTROCK CIRCUIT ’21』吉祥寺6ライヴハウスで開催決定

音楽とクラフトビールのサーキットイベント『CRAFTROCK CIRCUIT ’21』吉祥寺6ライヴハウスで開催決定

去年の4月にコロナウィルスにより開催中止を余儀なくされYOUTUBEでのMUSIC VIDEOでのONLINEフェスを開催。 去年11月にも大阪にてプレミアム有観客とONLINEサーキットを開催した「CRAFTROCK CIRCUIT」が、吉祥寺にて開催

Keishi Tanaka、初夏の大阪でアウトドアイベントを開催決定

Keishi Tanaka、初夏の大阪でアウトドアイベントを開催決定

Keishi Tanakaが、5月3日 (月・祝) 大阪 服部緑地野外音楽堂 で [NEW KICKS GREENSPIA 2021] を開催することが決定した。 本公演は、関西のコンサートプロモーターGREENS 、プレイガイドぴあとの共同イベントで

Keishi Tanaka、「Fallin’ Down」のMV公開

Keishi Tanaka、「Fallin’ Down」のMV公開

Keishi Tanakaが、本日3月10日にリリースされた7インチアナログ盤『One Love (AVENUE Version) / Fallin’ Down』より、「Fallin’ Down」のミュージックビデオを、オフィシャルYouTubeチャンネ

SNS上で生まれたドネーション楽曲「Baby, Stay Home」、本日デジタルリリース

SNS上で生まれたドネーション楽曲「Baby, Stay Home」、本日デジタルリリース

ライブハウスのサポートを目的にOTOTOYが立ち上げたプロジェクト"Save Our Place"を通じてリリースされた楽曲「Baby, Stay Home」が本日各ストリーミングサービスや、各ダウンロードサービスにてリリースとなった。 今作は、昨年4月

Keishi Tanaka、クリスマスの夜に「One Love (AVENUE Version)」MV公開

Keishi Tanaka、クリスマスの夜に「One Love (AVENUE Version)」MV公開

Keishi Tanakaが、先日12月23日にリリースした新作ミニ・アルバム『AVENUE』より、「One Love (AVENUE Version)」のミュージックビデオを、オフィシャルYouTubeチャンネルで公開。 こちらのビデオは、『AVENU

Keishi Tanaka、新曲「Where You Know」を本日先行配信リリース

Keishi Tanaka、新曲「Where You Know」を本日先行配信リリース

Keishi Tanakaが、12月23日にリリースする新作ミニ・アルバム『AVENUE』より、新曲「Where You Know」を本日12月9日にデジタルリリースした。 この状況だからこその新しい制作モチベーションとして、サンプリングによる楽曲をテー

Keishi Tanaka、新作『AVENUE』を12/23リリース

Keishi Tanaka、新作『AVENUE』を12/23リリース

Keishi Tanakaが、12月23日に新作『AVENUE』を、CDとデジタルでリリースすることを発表した。   本作は、サンプリングで制作された新曲“Where You Know”のほか、4月にリリースしたKan Sanoとの共作“The Smok

Keishi Tanaka主催〈ROOMS GARDEN TOUR〉スタート、追加公演も決定

Keishi Tanaka主催〈ROOMS GARDEN TOUR〉スタート、追加公演も決定

Keishi Tanakaの弾き語り自主企画〈ROOMS GARDEN TOUR〉が、明日10月17日、浜松の万年橋パーキングHACHIKAIを皮切りにスタートする。   さらに今回”アウトドア”をテーマに行われる本ツアーに、新たに3本の追加公演が決定し

Collapse

Articles

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 松村拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

インタヴュー

ともに変化を遂げるKeishi Tanaka × 松村拓 対談──ふたりが考えるソロ活動とは?

ライブハウスや野外フェスでのバンドセットから、ホールでの11人編成ビッグバンド、さらには小さなカフェでの弾き語りなど、さまざまな形態で楽曲を届けるKeishi Tanaka。そんな彼がソロ活動10周年を迎え、5枚目のフル・アルバム『Chase After』…

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

インタヴュー

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

新型コロナウイルスの影響で多くのイベント/ライヴが開催自粛を余儀なくされ、大きなダメージを受けた施設を支援すべく、OTOTOYが立ち上げた『Save Our Place』では、たくさんのアーティストに参加していただき、およそ60タイトルの音源配信をおこなう…

Keishi Tanaka×Ropes対談──景色と音色を共有した合同ツアーからKeishi新作を巡って

インタヴュー

Keishi Tanaka×Ropes対談──景色と音色を共有した合同ツアーからKeishi新作を巡って

2016年に入り、Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERSと一緒に制作したシングル3部作をリリースしたKeishi Tanaka。意欲的に制作を続けるなか、待望のフル・アルバムが完成した。学生時代のルーツと語るオ…

Keishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルが独占ハイレゾで到着

レヴュー

Keishi Tanaka、1年ぶりのニュー・シングルが独占ハイレゾで到着

riddim saunter解散後、ソロで活動中のKeishi Tanaka。ライヴさながらのアップテンポなリズム際立つ渾身のニュー・ソングをOTOTOY独占でハイレゾ配信開始。物語性の高い伸びやかなメロディーは、無意識な日常を変えうるポップさも持ち合わせ…