album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Piano sings  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:22
Midnight theme  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:25
Hard to earn  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:11
Barrymore  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:30
Apocalypse/Heard 'em say  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:15
anti-love song  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:01
REN  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:10
ain't no tiny thing  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:08
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 31:02
Album Info

1人でキーボード・サンプラー・エフェクターを自在に操り、DJプレイの如くオリジナルトラックをプレイするライブスタイルが話題のキーボードプレイヤー兼トラックメイカー、タケウチカズタケ。 A Hundred Birds、SUIKAの活動、STERUSSのエグゼクティブプロデューサーを務めた彼が、自身5年ぶりとなるソロアルバムを完成。

Discography

タケウチカズタケ2016年第2弾となる今作は、ソウルシンガー椎名純平しをゲストヴォーカルに迎え、少し懐かしいSOUL MUSICのテイストを多分に含んだ楽曲が届けられた!タケウチカズタケ得意の、生演奏とHIPHOP以降のサウンドが融合したバックトラックにソウルフルなコーラスグループを従えたかのごとく椎名純平の歌声が響く、時にはシャウト、時にはファルセット。詩人でありトラックメーカーである盟友、小林大吾の作品にタケウチカズタケがインスパイアされて作曲された今作には、小林大吾自身が、自らの詩の英訳詞を歌詞として提供していて、彼の諸作とのパラレルワールドのような趣きもある。track1では、少しふざけたように、それが必要だと歌う「Hot Water Pressure Washer(高圧洗浄機)」、男女の揉め事をムール貝博士なる人物に相談を持ちかける話となっているtrack2の「Cat and Dog」、どちらの演奏にも、ドラムスに岡野tiger諭(Mountain Mocha Kilimanjaro)が参加。一転、ライブ演奏でも好評のtrack3「go anywhere」は、硬質なHOUSE TRACK!BLACK MUSICの振り幅を最大限に込めた、タケウチカズタケ会心の3曲入りepが、ここに誕生!

1人でキーボード・サンプラー・エフェクターを自在に操り、DJプレイの如くオリジナルトラックをプレイするライブスタイルが話題のキーボードプレイヤー兼トラックメイカー、タケウチカズタケ。 A Hundred Birds、SUIKAの活動、STERUSSのエグゼクティブプロデューサーを務めた彼が、自身5年ぶりとなるソロアルバムを完成。

V.A.

HIPHOP/HOUSEシーンで活躍するキーボーディスト・プロデューサーであるタケウチカズタケ(A Hundred Birds/ SUIKA)の呼び掛けで、ソウルシンガー椎名純平と唯一無二の詩人・トラックメーカーの小林大吾を迎えたSOUL/HIPHOPを飲み込んだ人気のライブツアー「SoloSoloSoloTOUR」から生まれたコラボレーションアルバム「the 3」が登場!タケウチカズタケ・サウンドプロデュースの中で椎名純平の歌声、小林大吾の詩の世界が混ざり合うSOULアルバム。