News

2020年02月12日18時00分

 
【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第32回
 

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! あっという間に2月ですねー!バレンタインももうすぐそこ!では、早速今週のテーマへ。

★今週のお題『ザ・ビートルズ
やった〜!ビートルズだ〜!ヤァ!ヤァ!ヤァ!……てなわけで出されたお題はビートルズ。

いや、もう神ですよね。それ以上言えません(笑) 。彼らがいなければ、世界中の音楽シーンはまっったく違うものになっていたであろう4人組。ビートルズも聴かずしてイギリスを語るな、と言いたくなる奴ばっかりのご時世ですが、なんせビートルズ(特にジョン・レノン)狂の父に育てられたので(笑)、ビートルズが子守唄だった。

ウチにジョンの大きな写真が飾ってあるんだけど、中学生の頃遊びにきた友達に「これお父さん?」て言われたことがある(笑)。ジョンレノンといえばロン毛でメガネのイメージだけど、ウチにあるのは初期のリーゼント写真だからか。

「好きなアルバムは?」って聞かれたりするんだけど、まあもちろん選べないんだなぁ、、強いて言えば『HELP!』くらいまでの、俗に言う初期ビートルズが好きで良く聴いていますね。まだまだサイケデリックなノリは勉強中です。好きなんだけどね。

ただ、改めて彼らのディスコグラフィーや活動歴を見ていると、たった8年しか活動していなかったことに驚くんだよね(あくまでビートルズになってからの期間)。

もう『Abbey Road』の時なんてさ、髪もヒゲも長くて、みんな超おじさんじゃん!って思ってたけど、実はまだまだ”お兄さん”くらいの年齢だったのよね(笑)。

2年前イギリスに初めて行ったとき、撮影のためにリバプールまで足を伸ばして、ジョンが住んでたミミおばさんの家やストロベリーフィールズにもバスを乗り継いで行ったし、もちろんキャバーン・クラブにも行った。

旅の後半だったのと、常にギターを担いで移動してたのとで、すんごく疲れてたんだけど(笑)、ここをジョンは毎日歩いて、バスに乗ってはハーモニカを吹いたりして怒られたりしながら多感な時期を過ごしたのかと思えば思うほど、なんとも言えない気持ちになった。

空気が澄んでいて、雰囲気の良い街だった。

バスの運転手さんはなまりが強くて何て言ってるのかよく分からなかったけどロンドンより遥かに優しくて、バスの中で話しかけてきた紳士も、笑顔が素敵な人だった。その土地のローカルな場所や人に触れることで少し距離が縮まるような気がして、バスや電車に乗って移動するのも大事だなと思う。

もちろん、バスの二階でギターも弾いたよ↓(恋することのもどかしさのPVでもチラッとしてます)

映画『YESTERDAY』を観てから、本当にビートルズが存在しない世の中ってめちゃくちゃつまらないんだろうなって思った。

だって当たり前にOASISもいないわけだし……。リバプールみたいな遠くの港町に私のような東洋人がたった一軒の家を見る為に訪れることも、アビーロード前の信号を渡りに毎日何百と世界中からやってくることも、もちろんない。

間違いなく私だって全く違う人格になっていただろうし、映画でも描かれていたけどあの4人が音楽シーンだけでなく世界に及ぼした影響って計り知れないんだよね。

ちなみに『YESTERDAY』はいろんな意味で終盤ボロ泣きポイントあります。観てない方は是非!

うちに沢山あるビートルズのレコード達、あんまり触らないようにしてるんだけど、今日は何にしようかなー。何か一つ質問すると倍にして返してくれる我が家のビートルマニアに選んでもらうとしよう。

★今週の一曲Georgia Satellites「Don’t pass me by」

今週の一曲は、編集・岡本さんからのリクエストでビートルズのカバーを。リンゴのボーカル曲です!岡本さん曰く、リンゴの歌は「ノンキな感じ」らしいけど、確かに(笑)。

“I listen for your footsteps
Coming up the drive
Listen for your footsteps
But they don’t arrive
Waiting for your knock, dear
On my old front door
I don’t hear it
Does it mean you don’t love me any more?”

-“歩いてくる君の足音に耳を澄ます
君の足音に耳を澄ましてる
でもここにはやってこない
君のノックを待ってるよ
僕の古びた部屋のドア
聞こえないんだ
それってもう、僕のこと愛してないってこと?”

うわ、、いきなり可愛そうな雰囲気やないか、、
底抜けに明るくてノンキで、歌詞は暗いパターンか?

“Don’t pass me by,
don’t make me cry, don’t make me blue
‘Cause you know daring, I love only you
You’ll never know it hurt me so
How I hate to see you go
Don’t pass me by, don’t make me cry”

-“このまま置き去りにしないでよ
僕を泣かせないで、悲しませないで
分かってるはず、僕は君だけを愛してる
僕が傷ついてるって気付いてないだろう?
君がいなくなるのを見るのはどれだけ辛いか
いなくならないで、僕を泣かせないでよ”

“I’m sorry that I doubted you
I was so unfair
You were in a car crash
And you lost your hair
You said you would be late
About an hour or two
I said that’s alright, I’m waiting here
Just waiting to hear from you”

“君を疑って悪かったよ
僕が悪かった
君は交通事故にあったんだよね
髪の毛も抜けたんだった
1、2時間くらい君が遅れるっていったから
分かった、じゃあここで待ってるって言ったんだ
君からの連絡を待ちつづけてるよ”

うわぁぁぁぁん!!!
びっくりしたあ!てかよく聞いてたのに歌詞ちゃんと読むまであんまりショック受けてなかったけど改めてびっくりしました。。

Georgia Satellitesバージョンはオリジナルと全然違って王道ロックな感じですよね。皆さん、今からこの訳ちゃんと読みながら聴いてくださいね!よろしくー^ - ^

それでは今週はここまで!私は今週の2月14日(金)、El Coyoteとして下北沢CLUB Queにてライブです!お越しになる方はお待ちしてまーす!みなさん風邪やウイルスに気をつけて下さいね。ではまた次回!(次回は2月26日に掲載)

★2020年2月14日(金) @下北沢Club QUE *El Coyoteでの出演となります
“KOZZY'S St.VALENTINE JAILHOUSE PARTY!”
open / start 18:30 ¥3,500 ¥4,000(D別)
出演 : KOZZY’S ROCKSVILLE B.B.B
(KOZZY IWAKAWA、高木克、トミー神田、YAMA-CHANG、JOHNNY、ブギウギ・ケンタロー、KO-HEY他)
opening : EL COYOTE
DJ : MIWAKO / YAMA-JOHNNY Brothers
問) QUE 03-3412-9979
ローソンチケット L-コード 73282 ・イープラス
チケット取り扱い店 : COUNTER ACTION GARAGE 03-3370-9695

★2020年3月1日(日) @福生チキンシャック
OPEN 18:30 START 19:00 ¥2500+1D/ ¥3000+1D
出演: AKIRA(LUV-ENDERS) / THE NUT BURGERS / special guest
チケット: MARIA CLUB ・各バンド予約 ・福生チキンシャック
問) 042-552-4826(福生チキンシャック)

★2020年3月24日(火) @下北沢CLUB Que
OPEN 18:15 START 19:00 ¥3000+1D ¥3300+1D
“DON’T THINK, FEEL!”
出演: LUV-ENDERS / ザ・コインロッカーズ / Bamboo
チケット: CLUB Que店頭・Livepocket・イープラス

★ラヴェンダーズ最新情報はこちら
・ラヴェンダーズAKIRA Twitter
https://twitter.com/akira_luvenders
・ラヴェンダーズ facebook
https://www.facebook.com/luvenders/
★【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME アーカイブ
http://u0u1.net/QdD6

あわせて読みたい