超話題の韓国4人組ロックバンド、hyukohにメール・インタヴューを敢行。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる!

左から、オ・ヒョク、イム・ヒョンジェ、イ・インウ、イム・ドンゴン

韓国で人気上昇中のバンド、hyukoh(ヒョゴ)。SUMMER SONIC 2016初出演、その後おこなわれた日本でのワンマンもSOLD OUTした彼らがついに日本デビュー。韓国ではすでに完売となった過去2作品「20」「22」のライセンス日本盤をリリースし、11月19日にはshibuya duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンを開催(こちらもあっというまにSOLD OUT!)。今もっとも見ておきたい彼らへのメール・インタヴューは必読です。

20

HYUKOH

¥ 1,234

hyukoh / 20
【Track List】
01. Lonely
02. Feels like Roller-coaster ride
03. Ohio
04. 위잉위잉(Wi Ing Wi Ing)
05. Our place
06. I have no hometown
【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC
【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込)

22

HYUKOH

¥ 1,234

hyukoh / 22
【Track List】
01. Settled down
02. 와리가리(Comes and goes)
03. 큰새(Big bird)
04. Mer
05. Hooka
06. 공드리(Gondry)
【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC
【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込)

INTERVIEW : hyukoh

2016年もいよいよ終盤。各所から「今年の年間ベストは?」なんて話もチラホラと聞こえてくる頃なので、まずはこの1年を振り返るところから、本稿を始めてみたいと思う。

それにしても、年間をとおしてこれほど話題作の尽きなかった年は、過去にあったんだろうか。思わずそう言いたくなるほど、今年はとんでもない年だった。ざっと思いつくものだけでも、リアーナ、ドレイク、カニエ・ウェスト、ビヨンセ、チャンス・ザ・ラッパー、アノーニ、ボン・イヴェール、PJハーヴェイ、フランク・オーシャン、ブラッド・オレンジ etc…。とにかく枚挙に暇がない。欧米、特にアメリカの動きをごく普通に追っているだけでも、この1年は退屈していられる時間がまったくなかったくらいだ。

とか言いつつ、今年は韓国の音楽がとにかく面白くて、個人的にはそっちにも夢中だった。たとえばそれは、ここ数年で日本にも少しずつ活況ぶりが伝わってくるようになった、ホンデ(弘大)のアンダーグラウンド界隈については勿論のこと、いわゆるK-POPと呼ばれるメインストリームの動きにおいてもそう。彼の国の音楽的なヴァリエーションの豊かさと質の高さは、いまや国際レヴェルで見比べても最高水準と言っていい。

そんな韓国のポップ・シーンにおいて、現在もっとも注目されるべきアクトといえば、当然それはヒョゴだ。元々は彼らも、ホンデを拠点として活動をスタートさせた若手インディ・バンドのひとつ。しかし、結成からまだ一年も経たないうちに、彼らは韓国の人気テレビ番組『無限挑戦』に出演し、それを機にバンドを取り巻く状況はドラスティックに変化していく。しかし、彼らはそうした急激な変化もいたってクールに受け止めているようだ。当時のことを、本人たちはこう振り返っている(以下、発言は筆者のメール・インタヴューによるもの)。

イム・ドンゴン(ベース) : このバンドのメンバーがみんな集まった時には、すでにヒョクが『20』というアルバムをひとりですべて作り終えた頃だったので、当時はそのアルバムの収録曲をホンデの小さいハコで演奏していたんです。それがあの番組の放送をきっかけとして、 一気に大きい舞台で公演することが増えて。でも、今でも気持ちはまったく変わってないですね。僕らはただ自分たちの音楽を、演奏したいと思った場所でやるだけなので。

イム・ヒョンジェ(ギター) : たしかに韓国のメインストリームはとても急進的ですが、ジャンル的な意味での豊かさは、あまり感じられないですね。恐らくそれは需要が傾いてるからだと思うんですが、 それでも盛んに新しいエネルギーを求めてるアーティストが出てきているのは事実です。それに、リスナーも新たな何かを求め続けていますので、これからもその規模は拡大していくのではないかと、僕らも考えています。

過去のロック・バンドのイメージと貫く何かになりたいと思っています

メインストリーム/アンダーグラウンドを問わず、韓国のポップ・アクトの大半がそうであるように、この4人のつくる音楽からは欧米の新しいポップスに呼応したものがはっきりと聴き取れる。つまり、彼らは現行のR&Bやジャズ/ファンク、あるいはアンビエントなエレクトロニカなどを音楽的なエッセンスとしているわけなんだが、それでいて興味深いのは、彼らがギター、ベース、ドラムというオーセンティックなロック・バンド編成を採っていることだ。実際のところ、彼らはその音楽性を培ううえで受けた影響が多岐にわたることを強調しながら、あくまでも自分たちを「ロック・バンド」として位置付けているのだという。

イム・ドンゴン : このバンドが「ロック」という大きなジャンルの中に属してるのは、事実だと思います。

オ・ヒョク : 最近はロック・バンドの象徴性が薄められているようにも感じるし、好きなように呼んでもらってかまわないんですが、僕らとしては、とにかく過去のロック・バンドのイメージと連なる何かになりたいと思っています。これから出る新しいアルバムも、その延長線にあるものですね。

現在のヒョゴは、ファースト・フル・アルバムの本国リリースをいよいよ間近に控えている状況だ。そしてこの曲“MASITNONSOUL”。なにはともあれ、まずはこちらを聴いてみてほしい。


혁오 (hyukoh) - MASITNONSOUL (맛있는술) MV

さあ、どうだろう。まるでレッド・ホット・チリ・ペッパーズの“アラウンド・ザ・ワールド”を倍速にしたかのようなイントロだけで、つい興奮してこないだろうか。そう、ここで彼らが鳴らしているのは、紛うことなき“ロック”。北米のソロ・アクトによるブラック・ミュージックに刺激を受けながらも、それを独自の解釈でオーセンティックなバンド・サウンドに落とし込んできた4人が、ここにきて真正面のロックをかましてきたわけだ。いやー、これはきたるべき新作への期待値も、おおいに高まるってもんでしょう。

さて、そんな本国での新作発表が待たれるなか、ヒョゴがこれまでに発表してきた2タイトル『20』『22』がついにここ日本でもリリースされる運びとなった。ちなみにこのアルバム・タイトルは、同級生である4人の年齢をそのまま冠したもの。素っ気ないタイトルのようでいて、実はここにもオ・ヒョクなりのアイデアが表れている。

オ・ヒョク : 僕はその当時の状況や環境に影響されて歌詞を書くことが多いし、それこそ作品にはたった一度きりの時間が記録されるわけですから、それらを簡潔にまとめるという意味でも、タイトルはその時々の年齢にしたいなと思ったんです。ちなみに、このアートワークにもそれと同じような意味合いがあって、じつは2枚ともつながっているんですよ。描いてくれたのは、学校の先輩でもあるノ・サンホ(nemonan)さん。これは元々「ここから先のアートワークをぜんぶ繋げていけば、もしアルバムの中身がダメだったとしても、絵として残っていけるだろう」という、なかば冗談で始まったアイデアなんですけど、そうこうしていくうちに、僕らが年齢を重ねていくなかで直感的に見えてくるイメージを、このタイトルとともに描いていけたらなと思ったんです。

今夏の〈サマーソニック〉にも出演し、単独公演はすべてソールド・アウト。今回の国内ライセンス盤のリリースを前にして、ヒョゴはここ日本でも本格的なブレイクを迎えようとしている。となれば、今この2枚をチェックしておかない手はないだろう。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

LIVE

hyukoh
2016年11月19日(土)@渋谷duo
OPEN / START 17:30 / 18:30
SOLD OUT!!!

RECOMMEND

GUCKKASTEN / マニキュア(24bit/48kHz)

GUCKKASTENが、OTOTOYのためにミックスし直してくれた「マニキュア」「赤い畑(オリジナル)」「赤い畑(アコースティック ver.)」が配信開始。ボーカル、ハ・ヒョヌの表現力の豊かさを、このシングルを通して感じることが出来る。

1

404

¥ 1,300

404 / 1

韓国を代表する音楽賞「韓国大衆音楽賞」で新人賞を受賞した、ミニマムな編成でサウンドを鳴らす男性2人組ロック・バンド、404による、2013年7月7日の発売のアルバム。

PROFILE

hyukoh(ヒョゴ)

デビュー1年で“hyukoh カルチャー”を創った、今が最旬の韓国バンド。2014 年秋デビューの韓国4 ピースバンド。オ・ヒョク(Vo/G)、イム・ヒョンジェ(G)、イム・ドンゴン(B)、イ・インウ(Dr)の1993 年生まれの同級生で結成。洗練されたサウンドとブルージーな歌声が人気となり、個性の強いファッション・スタイルは音楽と一緒に凄まじいスピードで話題になり、「hyukoh」という文化を創ってしまった。デビュー1 年で音楽配信8 週連続5 位圏内を記録、アルバム完売等の快挙を連発した結果、数々の強豪アーティストを抑えて2015 年の年間ダウンロード・チャートが4 位と大健闘。さらにオ・ヒョクが参加した「応答せよ1988 Part3」サウンド・トラック「少女」は2 週連続1 位、2016 年上期26 週ホット100 位以内から外されず、最も愛された曲に選ばれた。昨年末のソウル@ ワンマンライブは 4000 キャパを即完売。すでに中華圏でもフェスやワンマンを次々成功させ、アジア各国からラブコールが絶えない。日本ではこの夏『SUMMER SONIC 2016』に出演、新人にして東京大阪の両ステージに立ち各方面から大反響。加えてサマソニ・エクストラとして代官山SPACE ODD で開催したワンマンはチケットが瞬殺。2016年11月9 日、トイズファクトリーより「20」「22」のライセンス盤をリリースし、秋には、大阪と東京でワンマン・ライブを開催。

TOY'S FACTORY ARTIST PAGE

o

 
 

インタヴュー

Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配