〈ハイレゾフェス〉が今週末、開催!!ーー高橋健太郎とサンレコ編集人の國崎晋が語るその楽しみ方とは!?

いよいよ今週末11日(金)から13日(日)まで、3日間にわたり開催される〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉(以下、ハイレゾフェス)。そこで、OTOTOYプロデューサーの高橋健太郎が、フェスの共同主催でもある『サウンド&レコーディング・マガジン』の編集人、國崎晋とともにその見所を対談形式で紹介。ここでしか体験できない「ハイレゾ」の「いま」。「みんなで良い音を楽しもう!」をコンセプトに、見所、聴き所満載のフェスティバルが、遂に開催される。

ハイレゾのいまを体感する3日間



"HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL"

2016年3月11日〜13日にかけて、東京・青山にあるスパイラルホールにて「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」を開催します。

音楽の聴きかた、楽しみかたが多様化する現在、アーティストやレコーディング・エンジニアから「スタジオで聴いていた音にもっとも近い」と評され、オーディオ機器/ファイルフォーマットの一大潮流となっているキーワード「ハイレゾ」。

「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」は、機器の展示販売、トークイベント、試聴会、さらにはライヴレコーディングなどを通して多角的に「ハイレゾ」の魅力とその「いま」を体感できる3日間です。

開催日 : 2016年3月11日(金)〜2016年3月13日(日)
営業時間 : 11:00〜20:00(11日のみ17:00よりスタート) ※イベントの開催などにより若干の変更があります。
入場料 : 無料 ※一部のライヴ・レコーディング観覧には別途チケットが必要です。
場所 : スパイラルホールほか
〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23(スパイラル 3F)

イベント詳細はページ下部をチェック!!

>>HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL Official HP

>>>ハイレゾってなに?? という方はこちらから

"みんなで良い音を楽しもう"ってところにいけるようなイベントになったらいいな

高橋健太郎(以下、高橋) : 6年前に國崎さんと渋谷のパブで、OTOTOYと『サウンド&レコーディング・マガジン』のレーベルで、世界初のDSDの商業配信をはじめようという無謀な相談を始めて。その時は、なかなか理解されないようなプロジェクトだったんですけど、7年経って気がついたら、〈ハイレゾフェス〉というのをやることになりました。ここまでを振り返ってどうですか?

國崎晋(以下、國崎) : 自分としては、十分役割を果たしたなという気持ちと、まだまだ訴求しきれていないという気持ちが半々です。例えば、いま、音楽制作をしている人に「ハイレゾ」とか「DSD」と言ったりしても通じないことはないんですね。でも、リスナーの方にはまだまだ通じないと思っています。ですので、今回の〈ハイレゾフェス〉では、ミュージシャンがいかにハイレゾに対して期待をしているか、その熱気を、リスナー側に伝えられたら嬉しいなと思っています。

高橋健太郎

高橋 : 今回、OTOTOYと『サウンド&レコーディング・マガジン』とspiralとの共催なんですけど、オーディオ・ショーをやる仕事をしている人はどこもいないんですよね。しかもショーではなくて、フェスティバルって名付けた。ぼくたちOTOTOYは、DSDっていうものをみんなが聴けない、まだみんな触れたことがない、じゃあ、とりあえず来れば聴ける場所を作ってみようということで、〈OTOTOY DSD SHOP〉っていうのを3年間やってみた。そして今度はDSDよりももっと広くハイレゾをテーマに良い音を聴こう、しかもフェスティバルっていう名前をつけて、もっとみんなに楽しんでもらいたいと思った。その飛躍がどうなるかが、すごい面白いと思うんですよ。リスナーにはまだ浸透していないんじゃないかっていう話だったんですけど、ぼくはそんなことないとも思っているんです。特にポータブル機器に関しては、みんなすごく良く知っているし、新製品情報に対してもすごく貪欲な人たちもいる。ただ、ポータブル機器っていうのはやっぱり個人として聴くものだから、それをもうちょっとみんなで聴いて楽しもうというのが、次のフェーズなんじゃないかなって思っているんです。そういう意味で、フェスティバルっていう形で体験することが、ひとりで楽しむところからもう一歩先の、"みんなで良い音を楽しもう"ってところにいけるようなイベントになったらいいなって思うんですよね。

>>一昨年に行われたDSD SHOP 2014特集ページはこちら

國崎 : いくつかレコーディングのイベントが開催されますが、その中には、本当にPAを使っていない、楽器の生音だけを録音するイベントもあるので、「あ、これが生音なんだ。ピアノって生だとこんな音がするんだ! チェンバロってこんな音なんだ!」ということを体験してもらうと、それで録音されたものが今度はどのように聴こえるのかがわかるっていうのは良いことなのかなと思っています。

無料でふらっと来て、ふらっと聴いていけるイベントもたくさん

高橋 : ハイレゾの良さっていうのは、元の楽器の鳴りや人の声の鳴りにどれだけ近づけられるかっていうところなので、その意味では、電気が加わっていない生を体験出来るっていうのは大きいことですよね。

國崎 : そういうのを体験できる場所というのは、意外と無いですからね。自分で楽器をやっていれば別ですけど、演奏家の生音を聴けるという意味では、貴重な機会になると思っています。

高橋 : 國崎さん個人的には、今回は何が一番楽しみですか?

國崎 : 自分が企画まで深く関わっているのが、オープニング・イベントの蓮沼執太さんの公開録音。ぼくはスパイラルホールでは、2回ハイレゾの録音をしているので、その経験を生かした、新しいチャレンジをします。ホールの真ん中にバイノーラルマイクという、人間の耳の位置を頭の構造も含めて再現しているマイクを立てるんです。そうすると、本当に自分がそこで立って聴いているかのような音が録れるんですよね。そのマイクを取り囲むように、演奏者を360度に配置して、それぞれとマイクの距離だけで音量のバランスを。アコースティック・ミキシングって言ったら変ですけど、まさに高橋さんがサンレコで連載してくださっている初期の蓄音機の…。

蓮沼執太の公開録音 - Spiral Ambient



2016年3月11日(金)
【時間】OPEN 18:30 / START 19:00
【チケット情報】
前売 3,000円 / 当日 3,500円(*前売券の販売状況によって、当日券の発券を行わない可能性があります)
チケット発売日 : 2月6日(土)
チケット購入 : e-plus http://eplus.jp/sys/main.jsp

高橋 : 1930年代くらいの感じですよね(笑)。

國崎 : そうです(笑)。録音の方法としては1世紀くらい前のことなのかもしれなんですけど、それをハイレゾでやってみるとどういうことになるのか自分自身とてもワクワクしています。

國崎晋

高橋 : なるほど。レコーディング・イベントは有料のものが多いですけど、無料でふらっと来て、ふらっと聴いていけるイベントもたくさんあります。ぼくは、國崎さん、オノセイゲンさん、中島ノブユキさん、オーディオ評論家の和田博巳さんやYuji Ohno & Lupintic Fiveのメンバー達とトーク・イベントを行います。例えば伝説のジャズ喫茶、高円寺ムーヴィンをやられていた和田さんとは、今の時代にジャズ喫茶的なものを、でもアナログレコードじゃなくてハイレゾのシステムでやったらどうなるか、みたいなイベントをやってみたりとか、ピアニスト / 編曲家 / 作曲家のの中島ノブユキさんを迎えて、ピアノっていう楽器の録音の面白さみたいなものを話そうと思っています。

國崎 : 今回実はピアノのネタが多くて、中島ノブユキさんと高橋さんのトークだけでなく、レコーディング・イベントでは11.2MHzのDSDを世界で初めてリリースしたピアニストとして知られている丈青さん。あとはぼくも最終日に渋谷慶一郎さんを招いてトークを行います。

高橋 : あとぼくは、OTOTOY一押しの中村月子さんを迎えて、DSD録音をトークが行われているラウンジでやってみたりもします。それにしても今回は、ハイレゾのかなりのキーパーソンが揃いますね。わずか3日間の間に(笑)。

國崎 : 松任谷正隆さんまでいらしてくださることにもなりました。ユーミンをハイレゾ化ってことで発言されていますので、その真意をを伺おうと思っています。

高橋 : 松任谷正隆さんのもフリー・イベントですよね?

國崎 : フリーですね。とにかく、最初にも言いましたが、作り手側がいかにハイレゾに入れ込んでいるのかを最大限伝えていきたいと思っています。

高橋 : この3年で、やっぱりそこが変わりましたね。そういう意味では、本当に楽しみでわくわくするイベントだと思います。

國崎 : あとは、協賛してくださるメーカーさんのブースが用意されていて、いろいろなハイレゾ機器が展示されます。オーディオ系のフェアというと敷居が高いものが多いですが、普通のリスナーでも立ち寄りやすく、またブースに常駐されるメーカーの方とも話しやすくなっていますので、ぜひいらしていただきたいですね。

高橋 : これは〈OTOTOY DSD SHOP〉からのコンセプトなんですけど、オーディオ・ショーに行くと各メーカーさんが、自身で選んだ音源をかけていて、どれ聴いても「うわぁ~」って思うんですよ。比較が結局できないし。デジタルなものって、最終的なアナログ・デバイスであるスピーカーとかヘッドフォンをどうするかで全然違ってしまいますから、〈OTOTOY DSD SHOP〉の時は、ヘッドフォンも共通にして、音源もOTOTOYから共通の音源を使ってもらうことにして、同じ音源をいろんなD/Aコンバーターなりネットワーク・プレーヤーなりで、同じヘッドフォンで聴けるっていう環境を用意したんですね。ユーザー・フレンドリーだと思っているので、来れば同環境で触って聴くことが出来るっていうコンセプトは、今回も引き継いでいます。それに加えて、このハイレゾフェスでは、各メーカーの担当の方もいらっしゃるという点で、直接話して質問も出来たりと、〈OTOTOY DSD SHOP〉よりもさらに踏み込んだ楽しみ方ができるんじゃないかなと思います。

文 : 木本日菜乃
写真 : 大橋祐希

レコーディングも兼ねた普段とは一味違ったライヴを堪能

蓮沼執太の公開録音 - Spiral Ambient




日程 : 2016年3月11日(金)
OPEN : 18:30 / START : 19:00
場所 : スパイラルホール
協賛 : IIJ(PrimeSeat)
>>チケットの購入はこちら
世界初のハイレゾ・ストリーミング・サービス《PrimeSeat(プライムシート)》を通じて、DSD5.6MHz音質のライヴ・ストリーミングでもお届け!!
>>詳細はこちら
声と箏〜Suara×真依子 Special Live Recording Session〜



日程 : 2016年3月12日(土)
OPEN : 11:30 / START : 12:00
場所 : スパイラルホール
協賛 : DENON
>>チケットの購入はこちら
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND LIVE “THE REC”



出演アーティスト : TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
日程 : 2016年3月12日(土)
OPEN : 18:30 / START : 19:00
場所 : スパイラルホール
協賛 : AVID
>>チケットの購入はこちら
大木和音 Latina——内なる印象



出演アーティスト : 大木和音
日程 : 2016年3月13日(日)
OPEN : 13:30 / START : 14:00
場所 : スパイラルホール
協賛 : PREMIUM COMPACT AUDIO GUIDE & Net Audio
>>チケットの購入はこちら
丈青 re: I See You While Playing The Piano



出演アーティスト : 丈青
日程 : 2016年3月13日(日)
OPEN : 16:30 / START : 17:00
場所 : スパイラルホール
協賛 : iFi Audio / M2TECH
>>チケットの購入はこちら

豪華出演者が登壇ーー無料イベントも盛りだくさん

「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」オープニング・セレモニー
登壇 : オノセイゲン / 高橋健太郎
日時 : 2016年3月11日(金)18:00〜18:30
場所 : スパイラル ホワイエ入口
ハイレゾで聴く「スタジオの音が聴こえる」
登壇 : 高橋健太郎 / 國崎晋(Sound & Recording Magazine)
日時 : 2016年3月12日(土)11:00〜12:00
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
岸田教団&THE明星ロケッツ、代表・岸田にハイレゾへのこだわりを訊く!
登壇 : 岸田(岸田教団&THE明星ロケッツ) / 飯田仁一郎(OTOTOY編集長)
日時 : 2016年3月12日(土)13:00〜14:00
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
『ルパン三世コンサート〜LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2015』初出し公開試聴会



登壇 : 鈴木央紹(Yuji Ohno & Lupintic Five : Sax) / 和泉聡志(Yuji Ohno & Lupintic Five : Guitar) / 高橋健太郎
日時 : 2016年3月12日(土)14:30〜15:30
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
協賛 : ローランド株式会社
ハイレゾを始める理由



登壇 : 松任谷正隆 / 國崎晋(Sound & Recording Magazine)
日時 : 2016年3月12日(土)16:00〜17:00
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
キープ・オン・ムーヴィン〜ハイレゾで聞くジャズ名盤

登壇 : 和田博巳(オーディオ評論家) / 高橋健太郎 / 柳樂光隆
日時 : 2016年3月12日(土)18:00〜19:30
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
協賛 : Emilai Inc.
Supported by Abendrot Audio ーAbendrot Audioで極める至福のピアノー



登壇 : 中島ノブユキ / 和田博巳(オーディオ評論家) / 高橋健太郎
日時 : 2016年3月13日(日)11:30〜12:30
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
協賛 : Abendrot Audio
DSD11.2MHz『Polaris "Music" Live』公開試聴会〜DSD11.2MHzでレコーディング&ダイレクトミキシングされた世界初の試みを振り返る〜




登壇 : オオヤユウスケ(Polaris/SPENCER) / 奥田泰次(studio MSR) / 飯田仁一郎(OTOTOY編集長)
日時 : 2016年3月13日(日)13:00〜14:00
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
ハイレゾの楽しさを広げる”MQA”体験試聴会



登壇 : ボブ・スチュアート / 山本敦
日時 : 2016年3月13日(日)14:30〜17:30
(*第1回 : 14:30〜15:30、第2回 : 16:00〜17:00、MQAフリー試聴 : 17:00〜17:30)
協賛 : MQA
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する



登壇 : 中村月子 / 高橋健太郎
日時 : 2016年3月13日(日)18:30〜19:30
場所 : スパイラル 9Fラウンジ
『Playing Piano with Speakers for Reverbs Only』公開試聴会



〜最新ピアノ作の響きを録音現場で確かめる〜
登壇 : 渋谷慶一郎 / 國崎晋(Sound & Recording Magazine)
日時 : 2016年3月13日(日)18:30〜19:30
場所 : スパイラルホール
o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香