album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Uz This Microphone  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:56
五つノ綴り  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:40
桃源郷  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:41
稼がな (feat. ISSUGI) -- 5lackISSUGI  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:22
Nove  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:45
近未来 200X  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:06
現実をスモーク  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54
U Gut Me  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:55
Betterfly  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:24
己知らぬ者たち (feat. PUNPEE) -- 5lackPUNPEE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:19
終演  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54
Sylar  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:14
Bad End (feat. kZm) -- 5lackkZm  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:35
つかの間  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:17
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 49:02
Album Info

暗闇。それは一見終わりの様に感じるが始まりでもあり、存在の反対に実在しない物でもある。 アルバム「Title」は言葉で説明するには少しばかり荷が重いので、簡易的に説明するのが妥当だろう。 やはり今作の彼にも流行りという言葉は当て嵌まらず、「五つノ綴り」や「近未来200X」など、独自の時代解釈や独特なヒップホップの表現方法に思わず息を呑む。 大半のトラックメイキングを自らがこなす中、USからChance the Rapper、Mac Millerなどのプロデュースや、Ace Hashimoto名義での活動も行うbrandUn DeShay、Kendrick LamarらTDEの初期作品からJ.Coleとのプロデュース経験を持つWillie B。MCとしてもThe Ichiban Don名義で活動している。そして日本からは5lackのキャリアを語る上で絶対に外せないBudaMunkが参加。その楽曲内でのやり取りに彼のレベルを十分に感じる事が出来るだろう。 今作ではゲストMCも多数招いており、M4「稼がな」ではSick Teamの活動でもお馴染みの盟友・ISSUGIとの久しぶりの共演が胸を熱くさせる。M10「己知らぬ者たち」では「Wonder Wall」に続き、PUNPEEとの兄弟再共演が実現。普段のキャッチーなイメージとは違ったPUNPEEの魅力が引き出されている楽曲とも言える。M13「Bad End」では、kZmと共にニュータイプなジャンルを披露しており、タイトルの通り、終わりと同時に新しい始まりを期待させてくれるエッジの効いた楽曲に仕上がっている。 そして、今作で注目すべきは楽曲のみならず、一際目を奪われてしまうのがアルバムジャケットである。Instagramでのアプローチがきっかけで制作が実現したと言うarisa kumazawaによる絵も、アルバムの内容を具現化し語ってくれている。

もはや、5lackは特定のジャンルを利用せずに[それ]を表現してしまっている。[それ]は人間の経験が生み出す物であり、[それ]に対して今までどれだけ身心共に向き合いながら[それ]を消化してきたのかが重要なのではないかと感じさせられる。もはや表現するのではなく溢れ出す物なのかもしれない。 消えゆく中で産まれるもの。このドラマに何と名を付けようか。

Discography

HipHop/R&B

暗闇。それは一見終わりの様に感じるが始まりでもあり、存在の反対に実在しない物でもある。 アルバム「Title」は言葉で説明するには少しばかり荷が重いので、簡易的に説明するのが妥当だろう。 やはり今作の彼にも流行りという言葉は当て嵌まらず、「五つノ綴り」や「近未来200X」など、独自の時代解釈や独特なヒップホップの表現方法に思わず息を呑む。 大半のトラックメイキングを自らがこなす中、USからChance the Rapper、Mac Millerなどのプロデュースや、Ace Hashimoto名義での活動も行うbrandUn DeShay、Kendrick LamarらTDEの初期作品からJ.Coleとのプロデュース経験を持つWillie B。MCとしてもThe Ichiban Don名義で活動している。そして日本からは5lackのキャリアを語る上で絶対に外せないBudaMunkが参加。その楽曲内でのやり取りに彼のレベルを十分に感じる事が出来るだろう。 今作ではゲストMCも多数招いており、M4「稼がな」ではSick Teamの活動でもお馴染みの盟友・ISSUGIとの久しぶりの共演が胸を熱くさせる。M10「己知らぬ者たち」では「Wonder Wall」に続き、PUNPEEとの兄弟再共演が実現。普段のキャッチーなイメージとは違ったPUNPEEの魅力が引き出されている楽曲とも言える。M13「Bad End」では、kZmと共にニュータイプなジャンルを披露しており、タイトルの通り、終わりと同時に新しい始まりを期待させてくれるエッジの効いた楽曲に仕上がっている。 そして、今作で注目すべきは楽曲のみならず、一際目を奪われてしまうのがアルバムジャケットである。Instagramでのアプローチがきっかけで制作が実現したと言うarisa kumazawaによる絵も、アルバムの内容を具現化し語ってくれている。 もはや、5lackは特定のジャンルを利用せずに[それ]を表現してしまっている。[それ]は人間の経験が生み出す物であり、[それ]に対して今までどれだけ身心共に向き合いながら[それ]を消化してきたのかが重要なのではないかと感じさせられる。もはや表現するのではなく溢れ出す物なのかもしれない。 消えゆく中で産まれるもの。このドラマに何と名を付けようか。

14 tracks
HipHop/R&B

5lack、新曲“きみのみらいのための”をリリース。 “きみのみらいのための”はドネーションソングとなり、収益から各サービス手数料を差し引いた金額が子供や困難を強いられている人々への支援資金として贈られる。

1 track
HipHop/R&B

5lackが新作「この景色も越へて」リリース決定!! 前作から大きな空白期間もなく発表となる今作「この景色も越へて」は、前作「KESHIKI」の続編的作品。先行シングル配信も行った「Grind the Brain」を始め、「俺の成り立ち」などは、トラップなどの近年の流行を一切無視したブーンバップ的な作風が中心となっている。本人もモデルとして出演した、アディダスのキャンペーン曲「フレンズ」などメロウナンバーも多数収録されており、中でもOZROSAURUSのMacchoを客演に迎えた「透明少女」は、スラックの癖のある歌唱と絶妙なトラックセンスが堪らない哀愁漂う極上R&Bナンバーに仕上がっている。  やはりこの男、やる事なす事何を考えているか解らない。 だが、この作品からもある種の正解を感じてしまうのは私だけではないだろう。

9 tracks
HipHop/R&B

2018年11月末にアルバム「KESHIKI」リリース以降、潜伏期間を続けた5lack。2019年初となるリリースは、けたたましく鳴り響くホーンが印象的な、まさに90's NYフレイヴァー溢れる5lack自身によるビートに、当時のMCたちが最新のスタイルとして披露したフローを、さらに研磨し現代に甦らせたかのようなラップが乗るバンギン・チューン。

1 track
HipHop/R&B

2018年。これで何度目だろうか、我々の日本にヒップホップのブームが再来している。実際、きっかけは何処にあったのだろうか。 歴史の更新と共に過去が埋れて行く最中、この男が約3年ぶりにアルバムを発表する。アルバム-KESHIKI-では、時代と共に変化していくラップやビートを 独自の解釈で優雅に乗りこなす5lackの奇才ぶりは 世界的に見ても新しく、どこか懐かしさや愛おしさすら感じられる とても不思議な作品だ。常に変化し続け、そして常に状況を変えてきた5lackの行動は、昔から何一つ変わっていないのかもしれない。MV発表曲を多数含めた極上の11曲。今作も勿論聞き逃す手は無い。

11 tracks
HipHop/R&B

5lack初の配信シングル"Twiligh Dive”

1 track
HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

今作で何枚目になるかは不明だが...またしてもこの男。 本人曰く「原点回帰」となる本作『5 sence(エッセンス)』には、BudaMunk、16FLIP、WATTERとお馴染みのビートメイカーに加え、コラボ作品『All in a daze work』でも話題になったCes2、そして5lack名義作品では今回が初セッションとなるgrooveman Spot、fitz ambro$e、IMGをプロデューサーに迎えた。また、NYからA-Live、Cavalierをフィーチャリングに迎えるなど注目所満載。だが、シンプルな作品に仕上がっている。

17 tracks
HipHop/R&B

KOJOEの未発表集に新 Remixを追加したコンピ的アルバムを発表。 「iLL Scott」と銘打たれた今アルバムは、過去10年間の間に制作された膨大な楽曲の中から、未だ配信では聞けなかったトラック で構成されたアンリリースド・トラック集である。 参加プロデューサーはTerry Tester、illmore、Aaron Choulai、Radio Maschine、MRK SX。

18 tracks
HipHop/R&B

KOJOEの未発表集に新 Remixを追加したコンピ的アルバムを発表。 「iLL Scott」と銘打たれた今アルバムは、過去10年間の間に制作された膨大な楽曲の中から、未だ配信では聞けなかったトラック で構成されたアンリリースド・トラック集である。 参加プロデューサーはTerry Tester、illmore、Aaron Choulai、Radio Maschine、MRK SX。

18 tracks
HipHop/R&B

2019年9月リリース「Andless」でデビューし、東京 / 京都でのワンマンライブを成功させ、2020年に入ると「Andless」がApple Vinegar Music award 2020で特別賞を受賞し、kZmらへの客演やTVCMやNetflixのキャンペーンにも楽曲を提供するなど、止まることなく話題を提供してきたDaichi Yamamoto。3月から続くコロナ自粛期間中に、京都にある自室にこもって作り上げた今作。前作「Andless」から引き続き、grooveman Spot / KM / QUNIMUNEがプロデュースを継続し、LAのプロデューサーFlat Stanleyは初参加。そして、本作唯一の客演アーティストにして、同曲のプロデュース&MIXを手がけたのは、まさかの5lack。ジャンルを越え注目を集めるDaichi Yamamotoらしい幅広い音楽性を含んだ全6曲になっている。

6 tracks
HipHop/R&B

Dogear RecordsからISSUGI , JJJ , 5lackによるシングルがリリース。プロデュースはC.O.S.A. 。 Bitter Dose - ISSUGI , JJJ , 5lack prod C.O.S.A. 2020.06.12 Digital Release

1 track
HipHop/R&B

Dogear RecordsからISSUGI , JJJ , 5lackによるシングルがリリース。プロデュースはC.O.S.A. 。 Bitter Dose - ISSUGI , JJJ , 5lack prod C.O.S.A. 2020.06.12 Digital Release

1 track
HipHop/R&B
kZm

東京を代表するクルー、YENTOWN所属のラッパーkZm(ケーズィーエム)がニューアルバム『DISTORTION』をリリース! MVのみ発表されリリースを心待ちにする声も多かった"Yuki Nakajo"(Prod. VaVa)や、2019年シングルリリースされた"GYAKUSOU"(Prod. Kenny Beats)、"But She Cries"(Prod. Chaki Zulu)のRemixなど17曲を収録。

17 tracks
HipHop/R&B
kZm

東京を代表するクルー、YENTOWN所属のラッパーkZm(ケーズィーエム)がニューアルバム『DISTORTION』をリリース! MVのみ発表されリリースを心待ちにする声も多かった"Yuki Nakajo"(Prod. VaVa)や、2019年シングルリリースされた"GYAKUSOU"(Prod. Kenny Beats)、"But She Cries"(Prod. Chaki Zulu)のRemixなど17曲を収録。

17 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

〈夏の魔物〉配信番組に5lack、SEEDA、幕張メッセにニトロ追加

〈夏の魔物〉配信番組に5lack、SEEDA、幕張メッセにニトロ追加

幕張メッセイベントホールにて10月24日(土)25日(日)の2DAYS開催される〈夏の魔物〉による新シリーズ「夏の魔物SPECIAL MAMONOISM」にむけて、10月19日(月)から23日(金)までの5日間連続で「MAMONOISM ZERO」が「夏

〈夏の魔物2020 in TOKYO〉第1弾で5lack、サニーデイ、STUTS、かまってちゃん、舐達麻ら13組

〈夏の魔物2020 in TOKYO〉第1弾で5lack、サニーデイ、STUTS、かまってちゃん、舐達麻ら13組

2020年8月30日(日)エスフォルタアリーナ八王子(京王高尾線 狭間駅徒歩1分)にて開催する〈TBSラジオ主催 夏の魔物2020 in TOKYO〉の第1弾発表が行われた。 昨日の第0弾発表のアーティスト、KOHH、ZORN、アントニオ猪木の3組に加え

Seiho、リーバイス®スマートジャケットとのコラボMV公開

Seiho、リーバイス®スマートジャケットとのコラボMV公開

この度、Seihoの新曲「Wareru feat.5lack」と、Levi’s®スマートジャケット「Levi’s® Trucker Jacket with Jacquard™ by Google」とのコラボレーションミュージックビデオが公開された。 本企

Seiho、5lackを迎えた最新SG「Wareru feat.5lack」リリース

Seiho、5lackを迎えた最新SG「Wareru feat.5lack」リリース

Seihoが、ラッパー/トラックメイカーの5lackをゲストに迎え、最新シングル「Wareru feat.5lack」をリリースした。 5lackとの共演は、KID FRESINO『ai qing』に収録された「Fool me twice (feat.5

〈LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY〉ペトロールズのワンマン公演と2マン・ライヴが2公演追加、ほか公演情報まとめ

〈LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY〉ペトロールズのワンマン公演と2マン・ライヴが2公演追加、ほか公演情報まとめ

リキッドルームの15周年記念公演が続々と発表されている。 昨日発表されたのはペトロールズのワンマン公演、さらに本日は2マン・ライヴが2公演、「ニガミ17才 / DATS」と「mol-74 / Bird Bear Hare and Fish」が発表された。

今年の〈BLACK GALLERY〉は“ダブプレート”がキーワードか?

今年の〈BLACK GALLERY〉は“ダブプレート”がキーワードか?

毎年12月、恵比寿〈LIQUIDROOM〉2Fの〈KATA〉で行なわれている〈BLACK SMOKER〉主催のアート、音楽&それ以外もなイベント〈BLACK GALLERY〉。 今年も4回目となる12月4日(金)〜6日(日)の週末3日間の開催が決定。 〈