高田音楽制作事務所

Everlastin' (feat. 5lack)
Lossless

Everlastin' (feat. 5lack)

HipHop/R&B

Howlin' Bear

5lack率いるヒップホップレーベル “高田音楽制作事務所” からリリースとなる本作。レーベル主宰でもあるラッパーの5lackをフィーチャリングに迎え、自信を感じさせる1曲のみ収録の本格仕込みの極上な一品に仕上がっている。デビュー作とは思えないほど説得力のあるハウリン・ベアーのビートは、今作を初まりに、日本に留まらず、世界中で知られていく事になるだろう。5lackの一押しトラックメイカーである。

この景色も越へて
Lossless

この景色も越へて

HipHop/R&B

5lack

5lackが新作「この景色も越へて」リリース決定!! 前作から大きな空白期間もなく発表となる今作「この景色も越へて」は、前作「KESHIKI」の続編的作品。先行シングル配信も行った「Grind the Brain」を始め、「俺の成り立ち」などは、トラップなどの近年の流行を一切無視したブーンバップ的な作風が中心となっている。本人もモデルとして出演した、アディダスのキャンペーン曲「フレンズ」などメロウナンバーも多数収録されており、中でもOZROSAURUSのMacchoを客演に迎えた「透明少女」は、スラックの癖のある歌唱と絶妙なトラックセンスが堪らない哀愁漂う極上R&Bナンバーに仕上がっている。  やはりこの男、やる事なす事何を考えているか解らない。 だが、この作品からもある種の正解を感じてしまうのは私だけではないだろう。

All up - 白い円盤 Series [No.8] -
High Resolution

All up - 白い円盤 Series [No.8] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

All up - 白い円盤 Series [No.8] -
Lossless

All up - 白い円盤 Series [No.8] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

39hour - 白い円盤 Series [No.7] -
Lossless

39hour - 白い円盤 Series [No.7] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

39hour - 白い円盤 Series [No.7] -
High Resolution

39hour - 白い円盤 Series [No.7] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

But Love Part 2 - 白い円盤 Series [No.6] -
High Resolution

But Love Part 2 - 白い円盤 Series [No.6] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。

But Love Part 2 - 白い円盤 Series [No.6] -
Lossless

But Love Part 2 - 白い円盤 Series [No.6] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。

夢幻 - 白い円盤 Series [No.5] -
Lossless

夢幻 - 白い円盤 Series [No.5] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

光芒 - 白い円盤 Series [No.4] -
Lossless

光芒 - 白い円盤 Series [No.4] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

東京銀河 - 白い円盤 Series [No.3] -
Lossless

東京銀河 - 白い円盤 Series [No.3] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Track List 1. 東京銀河 Vocals by 5lack Produced by 5lack Keys by Natsuhiko Muraoka Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON) Art Direction by Yosuke Takada

東京銀河 - 白い円盤 Series [No.3] -
High Resolution

東京銀河 - 白い円盤 Series [No.3] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Track List 1. 東京銀河 Vocals by 5lack Produced by 5lack Keys by Natsuhiko Muraoka Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON) Art Direction by Yosuke Takada

Ocean - 白い円盤 Series [No.2] -
Lossless

Ocean - 白い円盤 Series [No.2] -

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵最新楽曲が収録されており、他楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。 Vocals by 5lack Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano(PHONON)

goes on - 白い円盤 Series [No.1] - [feat. Yo-Sea]
Lossless

goes on - 白い円盤 Series [No.1] - [feat. Yo-Sea]

HipHop/R&B

5lack

当初、リリース目的ではなく、関係者の間のみで出回っていた秘蔵CD-Rを作品化。作品には5lackの秘蔵 最新楽曲が収録されており、他 楽曲もシリーズ形式で順にリリースされていく。それらのナンバー(シングルCD)の全てを収集する事で、一つのアルバムの様な物が徐々に出来上がって行くという仕組み。

明日が迎えに来ル迄
Lossless

明日が迎えに来ル迄

HipHop/R&B

GAPPER

Track List 1.楽団ロビー ( Intro ) 2.Problem Shutdown 3.Fujiyama feat. 5lack 4.E T A 5.O V R 6.Riddim good, I Remember 7.社長出勤 ( Skit ) 8.Assquake feat. Daichi Yamamoto 9.お問合せ ( Skit ) 10.HOTEL@GAPARINA 11.中板物語 12.Free Style ( Skit ) 13.Blue Shadow Vocals by GAPPER Produced by 5lack Mixed by 5lack Mastered by Isao Kumano ( PHONON )

Title
Lossless

Title

HipHop/R&B

5lack

暗闇。それは一見終わりの様に感じるが始まりでもあり、存在の反対に実在しない物でもある。 アルバム「Title」は言葉で説明するには少しばかり荷が重いので、簡易的に説明するのが妥当だろう。 やはり今作の彼にも流行りという言葉は当て嵌まらず、「五つノ綴り」や「近未来200X」など、独自の時代解釈や独特なヒップホップの表現方法に思わず息を呑む。 大半のトラックメイキングを自らがこなす中、USからChance the Rapper、Mac Millerなどのプロデュースや、Ace Hashimoto名義での活動も行うbrandUn DeShay、Kendrick LamarらTDEの初期作品からJ.Coleとのプロデュース経験を持つWillie B。MCとしてもThe Ichiban Don名義で活動している。そして日本からは5lackのキャリアを語る上で絶対に外せないBudaMunkが参加。その楽曲内でのやり取りに彼のレベルを十分に感じる事が出来るだろう。 今作ではゲストMCも多数招いており、M4「稼がな」ではSick Teamの活動でもお馴染みの盟友・ISSUGIとの久しぶりの共演が胸を熱くさせる。M10「己知らぬ者たち」では「Wonder Wall」に続き、PUNPEEとの兄弟再共演が実現。普段のキャッチーなイメージとは違ったPUNPEEの魅力が引き出されている楽曲とも言える。M13「Bad End」では、kZmと共にニュータイプなジャンルを披露しており、タイトルの通り、終わりと同時に新しい始まりを期待させてくれるエッジの効いた楽曲に仕上がっている。 そして、今作で注目すべきは楽曲のみならず、一際目を奪われてしまうのがアルバムジャケットである。Instagramでのアプローチがきっかけで制作が実現したと言うarisa kumazawaによる絵も、アルバムの内容を具現化し語ってくれている。 もはや、5lackは特定のジャンルを利用せずに[それ]を表現してしまっている。[それ]は人間の経験が生み出す物であり、[それ]に対して今までどれだけ身心共に向き合いながら[それ]を消化してきたのかが重要なのではないかと感じさせられる。もはや表現するのではなく溢れ出す物なのかもしれない。 消えゆく中で産まれるもの。このドラマに何と名を付けようか。

我破
Lossless

我破

HipHop/R&B

GAPPER

初のソロ作品!!全9曲5lackプロデュース!! Gapper初のソロ作、「我破」。プロデューサーに5lackを装備し、全9曲が5lackのBeatsとなっている。 聞き逃せないはず!!

きみのみらいのための
Lossless

きみのみらいのための

HipHop/R&B

5lack

5lack、新曲“きみのみらいのための”をリリース。 “きみのみらいのための”はドネーションソングとなり、収益から各サービス手数料を差し引いた金額が子供や困難を強いられている人々への支援資金として贈られる。

Grind the Brain
Lossless

Grind the Brain

HipHop/R&B

5lack

2018年11月末にアルバム「KESHIKI」リリース以降、潜伏期間を続けた5lack。2019年初となるリリースは、けたたましく鳴り響くホーンが印象的な、まさに90's NYフレイヴァー溢れる5lack自身によるビートに、当時のMCたちが最新のスタイルとして披露したフローを、さらに研磨し現代に甦らせたかのようなラップが乗るバンギン・チューン。

KESHIKI
Lossless

KESHIKI

HipHop/R&B

5lack

2018年。これで何度目だろうか、我々の日本にヒップホップのブームが再来している。実際、きっかけは何処にあったのだろうか。 歴史の更新と共に過去が埋れて行く最中、この男が約3年ぶりにアルバムを発表する。アルバム-KESHIKI-では、時代と共に変化していくラップやビートを 独自の解釈で優雅に乗りこなす5lackの奇才ぶりは 世界的に見ても新しく、どこか懐かしさや愛おしさすら感じられる とても不思議な作品だ。常に変化し続け、そして常に状況を変えてきた5lackの行動は、昔から何一つ変わっていないのかもしれない。MV発表曲を多数含めた極上の11曲。今作も勿論聞き逃す手は無い。

5 Sence
Lossless

5 Sence

HipHop/R&B

5lack

今作で何枚目になるかは不明だが...またしてもこの男。 本人曰く「原点回帰」となる本作『5 sence(エッセンス)』には、BudaMunk、16FLIP、WATTERとお馴染みのビートメイカーに加え、コラボ作品『All in a daze work』でも話題になったCes2、そして5lack名義作品では今回が初セッションとなるgrooveman Spot、fitz ambro$e、IMGをプロデューサーに迎えた。また、NYからA-Live、Cavalierをフィーチャリングに迎えるなど注目所満載。だが、シンプルな作品に仕上がっている。

Twiligh Dive
Lossless

Twiligh Dive

HipHop/R&B

5lack

5lack初の配信シングル"Twiligh Dive”

TOP