album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Por Quilo (refix) -- Yawno  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:00
hamahama -- lee (asano+ryuhei)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:34
Skate (feat. 16FLIP) -- KID FRESINOSPARTA16FLIP  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:04
Moments of the Night -- STUTS  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:40
Public Image -- Mass-Hole  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:54
ICE (feat. RLP & submerse) -- BIMRLPsubmerse  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:03
DSPCMP (feat. grooveman Spot) -- Campanellagrooveman Spot  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:49
WEST SIDE (feat. tofubeats) -- Daichi Yamamototofubeats  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:50
Numbers On The Boards -- JJJSatori Kobayashi  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:25
Make (feat. Mass-Hole) -- ISSUGIMass-Hole  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:34
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 29:53
Album Info

Diaspora skateboards初となるフルレングスビデオ、"SYMBIOSIS"(シンバイオシス)のオリジナルサウンドトラック。 東京のストリートを中心に撮影され、撮影開始から5年以上の期間をかけて制作された。 ビデオタイトルの「SYMBIOSIS」は、「共生」を意味し、「スケートボードと音楽」、「テクニックとスタイル」、「スケー トボーダーとそれを取り巻く環境」など、様々な「共生」を表現した作品となっている。 小林俊太、唐澤平太郎、米田仁、有賀俊行ら所属ライダーのパートを中心に、カオスパートでは東京、長野、大阪、スイス、台湾、NYのスケーターなど様々なスケーターが出演。

Discography

HipHop/R&B

UMBを主宰するLibra Recordsによる日本語ラップ・コンピシリーズ『UMBC』。その2021年最後のリリースとなるのが、MONJU/SICK TEAMのメンバーであり、ソロMCとしても様々な作品をリリースし続けているラッパー、ISSUGIによるシングル「KEEP GOING」だ。  今現在の日本のアーンダーグラウンドヒップホップシーンを代表するアーティストとも言えるISSUGIだが、バトルMCとしてこれまでも様々なフリースタイルバトルに出場。UMBでは本戦出場は果たしていないものの、東京予選大会出場時の圧倒的な存在感を誇るバトルスタイルは、ファンの間でも語り草となっている。  また、レコーディングアーティストとしては、これまで5枚のソロアルバムをリリースし、さらにBUDAMUNK、DJ SCRATCH NICE、GRADIS NICE、BES、DJ SHOEなどとコラボレーション作品を発表。グループとしてはSICK TEAMにて2枚のアルバムをリリースし、今年(2021年)12月に13年半ぶりにリリースしたMONJUの新作EP『Proof Of Magnetic Field』も大きな話題となった。その一方で16FLIP名義でプロデューサーとしても様々なアーティストの作品に参加するなど、実に多彩な活動を繰り広げている。  今回リリースされる「KEEP GOING」だが、『UMBC』シリーズではお馴染みのI-DeAがプロデュースおよびミックスを担当。哀愁あるシンセの音色がレイドバックした空気感を醸し出すトラックの上で、ISSUGIが自ら通ってきたアンダーグラウンド道をリリックで説いていく。そこにはISSUGIの確固たる姿勢や覚悟、揺るがない自信が強く感じられ、一人のアーティストとしての美学が見事に貫かれている。これまでも共演歴のあるISSUGIとI-DeAであるが、今回の「KEEP GOING」はI-DeAのトラックがISSUGIの新たな魅力を引き出した一曲と言えるだろう。

1 track
HipHop/R&B

UMBを主宰するLibra Recordsによる日本語ラップ・コンピシリーズ『UMBC』。その2021年最後のリリースとなるのが、MONJU/SICK TEAMのメンバーであり、ソロMCとしても様々な作品をリリースし続けているラッパー、ISSUGIによるシングル「KEEP GOING」だ。  今現在の日本のアーンダーグラウンドヒップホップシーンを代表するアーティストとも言えるISSUGIだが、バトルMCとしてこれまでも様々なフリースタイルバトルに出場。UMBでは本戦出場は果たしていないものの、東京予選大会出場時の圧倒的な存在感を誇るバトルスタイルは、ファンの間でも語り草となっている。  また、レコーディングアーティストとしては、これまで5枚のソロアルバムをリリースし、さらにBUDAMUNK、DJ SCRATCH NICE、GRADIS NICE、BES、DJ SHOEなどとコラボレーション作品を発表。グループとしてはSICK TEAMにて2枚のアルバムをリリースし、今年(2021年)12月に13年半ぶりにリリースしたMONJUの新作EP『Proof Of Magnetic Field』も大きな話題となった。その一方で16FLIP名義でプロデューサーとしても様々なアーティストの作品に参加するなど、実に多彩な活動を繰り広げている。  今回リリースされる「KEEP GOING」だが、『UMBC』シリーズではお馴染みのI-DeAがプロデュースおよびミックスを担当。哀愁あるシンセの音色がレイドバックした空気感を醸し出すトラックの上で、ISSUGIが自ら通ってきたアンダーグラウンド道をリリックで説いていく。そこにはISSUGIの確固たる姿勢や覚悟、揺るがない自信が強く感じられ、一人のアーティストとしての美学が見事に貫かれている。これまでも共演歴のあるISSUGIとI-DeAであるが、今回の「KEEP GOING」はI-DeAのトラックがISSUGIの新たな魅力を引き出した一曲と言えるだろう。

1 track
HipHop/R&B

C.O.S.A.のニューアルバム「Cool Kids」が遂に完成。 2021年夏にタイトル曲、そして先日KID FRESINOを迎えた“Mikiura”でそれぞれ先行シングルを発表していたが、 待望のフルアルバムがいよいよリリースとなる。 客演で田我流、仙人掌、JJJ、IO、Campanella、そしてKID FRESINOが参加。プロデュースにはRamza、Ryo Kobayakawa、JJJに加え、Rascalをはじめとした海外ビートメイカーが名を連ねている。 C.O.S.A.の強さも弱さも、愛に溢れた表現も、ボースティングも、喜怒哀楽全てが彼のHIPHOPとして表現された作品である。

13 tracks
Jazz/World

ミッキー吉野の古希を記念した『ラッキー70祭""KoKi""』プロジェクト作品。これまで手掛けた音楽を通して今の思いを全世代に届けていく。プロデューサーに亀田誠治を迎え、JUJU、EXILE SHOKICHI、STUTS、MIYAVI、Char、タケカワユキヒデ、Mummy-D、岡村靖幸など世代やジャンルを超えた豪華アーティストが多数参加。時代を創った名曲のカバーから新曲まで、全世代が楽しめる色鮮やかなアルバム!

10 tracks
Jazz/World

ミッキー吉野の古希を記念した『ラッキー70祭""KoKi""』プロジェクト作品。これまで手掛けた音楽を通して今の思いを全世代に届けていく。プロデューサーに亀田誠治を迎え、JUJU、EXILE SHOKICHI、STUTS、MIYAVI、Char、タケカワユキヒデ、Mummy-D、岡村靖幸など世代やジャンルを超えた豪華アーティストが多数参加。時代を創った名曲のカバーから新曲まで、全世代が楽しめる色鮮やかなアルバム!

10 tracks
HipHop/R&B

黒真珠(MC)+Baccas(MC/DJ/トラックメイカー)=zomg。これまでライブ時のみ販売していたEP、配信限定の音源等で活動していたzomgのオフィシャル・アルバム。"STONE PLANET"と銘打たれた本作では、ゲストにjjj、MUTA、Tei-back、B.F、Qron-p、Elizabeth-Gが参加。アートワークはxtothexx。最新型東京HIPHOP、いざ解禁。

15 tracks
HipHop/R&B

2011年、手売りメインで発売したCOSAPANELLA(C.O.S.A.&Campanella)の1stアルバム『COSAPANELLA』。 当時、C.O.S.A.のMPC内に眠っていた膨大な量のビートから厳選した楽曲を中心に構成されており、ラップは全てCampanellaが担当。 まさに両アーティストの原点とも言える作品だ。 色褪せないビートと中毒性の高いラップが評価され、カルト的人気を誇る『COSAPANELLA』。全HIP HOPファン必聴です。

10 tracks
V.A.

あのハードコアコンピレーション10-CORE E.P.の第三作目!!リミックスコンテストを勝ち抜いた2曲を収録し、最強最高最硬最興コンピレーションになりました。騒ぎ続けろ! ──We LOVE Fxxkin' HARDCORE AGAINx2 !!!

10 tracks
V.A.

YouTubeチャンネル「ゼロカラカンパニー」が主催するDTMコンピレーションアルバム。通称「ゼロカラコンピ」。6枚目となる今作は「ラブソング」がテーマ。

40 tracks
V.A.

福岡・博多を拠点とする新たな音楽レーベル「X Core Music Entertainment」が主宰するコンピレーションアルバム第1弾! 福岡の最重要MCである「Freez」をはじめ、数々のラップバトルで活躍する「智大」と「ら不」によるユニット「座敷屋」、先日New EP“歯ぎしり“をリリースした「西ノ血」より「Omi」、「ForcetillBravo」より「Choppie」、今作の全てのトラックを手がけた「Jun Junior」、北九州サイドからは、若手最凶Crew「ベゲfastman人」より「Maiji」と「Inako」が参戦。 また、海外レーベルに所属し、今作のミキシング・マスタリングも行った「DJ Matto」がスクラッチで援護射撃を行う。 福岡県産、鮮度高め、純度100%ヒップホップ。 ○タイトル 『C.O.R.E』 ○トラックリスト  01.Intro  02.逆光 / Maiji & Inako  03.Baby Girl / 座敷屋(智大 × ら不)  04.Raw / Freez, Choppie & Jun Junior  05.Hey! / Jun Junior  06.Make Me Cry / ら不  07.意蝕 / Omi, ら不 & Jun Junior  08.No Limit / Freez, 智大, Jun Junior & ら不  09.High / Freez  10.泥水とHipHop Dream / Maiji  All Tracks by Jun Junior  Scratch & Mix & Master by DJ Matto  Design by Nag  Presents by X Core Music Entertainment

10 tracks
V.A.

福岡・博多を拠点とする新たな音楽レーベル「X Core Music Entertainment」が主宰するコンピレーションアルバム第1弾! 福岡の最重要MCである「Freez」をはじめ、数々のラップバトルで活躍する「智大」と「ら不」によるユニット「座敷屋」、先日New EP“歯ぎしり“をリリースした「西ノ血」より「Omi」、「ForcetillBravo」より「Choppie」、今作の全てのトラックを手がけた「Jun Junior」、北九州サイドからは、若手最凶Crew「ベゲfastman人」より「Maiji」と「Inako」が参戦。 また、海外レーベルに所属し、今作のミキシング・マスタリングも行った「DJ Matto」がスクラッチで援護射撃を行う。 福岡県産、鮮度高め、純度100%ヒップホップ。 ○タイトル 『C.O.R.E』 ○トラックリスト  01.Intro  02.逆光 / Maiji & Inako  03.Baby Girl / 座敷屋(智大 × ら不)  04.Raw / Freez, Choppie & Jun Junior  05.Hey! / Jun Junior  06.Make Me Cry / ら不  07.意蝕 / Omi, ら不 & Jun Junior  08.No Limit / Freez, 智大, Jun Junior & ら不  09.High / Freez  10.泥水とHipHop Dream / Maiji  All Tracks by Jun Junior  Scratch & Mix & Master by DJ Matto  Design by Nag  Presents by X Core Music Entertainment

10 tracks
V.A.

最も権威のあるDJ 情報誌『DJMAG』が開催するナイトクラブ世界番付「DJMAG TOP 100 CLUBS」日本でTOP にランクイン(世界53 位にランクイン)するWARP SHINJUKU のサイケデリックトランスをコンセプトとしたパーティー「POWER PLAY」をアルバムタイトルに 「ASTRIX」や「ViniVici」等、世界的に活躍しているサイケデリックトランスアーティストのIBOGA RECORDS音源を20年近くにわたりサイケデリックトランスのDJとして活躍してきた「DJ YAGI」が厳選した26曲を贅沢にコンパイル。純度100%のサイケデリックトランスコンピレーションアルバムが遂に完成。

26 tracks
V.A.

延期に延期が重ねられた、待望の999dobby 1st Album

13 tracks
V.A.

ドライブで聞きたくなる上がる洋楽大集合!

18 tracks
V.A.

闇のなかをわたる、リーゼロッテの旅路。

5 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

第14回CDショップ大賞2022、【入賞】全24作品発表

第14回CDショップ大賞2022、【入賞】全24作品発表

毎年恒例となっているCDショップ大賞の入賞作品が今年も発表された。入賞作品は全部で24作品。テレビやSNSなどでも話題となった有名作品から、インディーズバンドやヒップホップまでもを網羅したラインナップとなっている。 現在は全国のCDショップ店員による最終

STUTS、ワンマンライヴ〈90 Degrees〉より特別映像を公開

STUTS、ワンマンライヴ〈90 Degrees〉より特別映像を公開

10月27日にUSEN STUDIO COAST(東京都)で多数の豪華ゲストを迎え、フルバンドセットで行われたSTUTSのワンマンライヴ〈90 Degrees〉より、 5曲の特別映像が無料アプリ「FR SQUARE」と「VR SQUARE」で公開された。

STUTSがtofubeatsを客演に招いた新曲を12/15配信リリース

STUTSがtofubeatsを客演に招いた新曲を12/15配信リリース

STUTSがtofubeatsを客演に招いた新曲「One (feat.tofubeats)」を12月15日より配信リリースし、同日21時にはミュージック・ビデオもプレミア公開されることがわかった。 本作は印象的なストリングスのループから始まるトラックに、

『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 –』振替公演が決定

『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 –』振替公演が決定

延期されていたBIM x D.A.N. x No Buses x 髙城 晶平(cero)の4組によるオールナイト公演『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 –』。 その振替公演の日程が12月29日(水)に決定した。 すで

Aru-2とKID FRESINOとのジョイントALより「Keep Rollin'」が7インチカット

Aru-2とKID FRESINOとのジョイントALより「Keep Rollin'」が7インチカット

NF Zesshoとのジョイント・アルバム『AKIRA』やソロでのフル・アルバム『Little Heaven』などなど多数の作品をハイペースでリリースしているビートメイカー、Aru-2がKID FRESINOとのジョイントで2014年にリリースした傑作『

STUTS、dodoと塩塚モエカを迎えたポカリスエットCMソングA_o「BLUE SOULS」 のリミックスが配信リリース

STUTS、dodoと塩塚モエカを迎えたポカリスエットCMソングA_o「BLUE SOULS」 のリミックスが配信リリース

トラックメイカー/MPCプレイヤーのSTUTSが製作した、2人組アーティスト「A_o(エーオー)」の楽曲『BLUE SOULS』(ポカリスエット2021年CMソング)のリミックスが本日より各種音楽配信サービスにてリリースされた。 STUTSは数々のラッパ

View More News Collapse
【オフィシャルレポート】Ryu Matsuyama、3年ぶりのワンマン開催

【オフィシャルレポート】Ryu Matsuyama、3年ぶりのワンマン開催

10月6日にEP『And look back』をリリースするRyu Matsuyamaが10月3日に渋谷WWWXで行われた3年ぶりのワンマン・ライヴ「Roots, trunk, crown 東京公演」10月6日より期間限定でアーカイブ配信決定されることが

〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉第一弾でROVO、OGRE、でんぱ組.inc、MOROHA、愛はズ、羊文学ら豪華29組決定

〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉第一弾でROVO、OGRE、でんぱ組.inc、MOROHA、愛はズ、羊文学ら豪華29組決定

今年20周年を迎える京都の音楽フェス・ボロフェスタが、〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉の詳細と第一弾出演アーティストを発表した。 毎年秋に京都KBSホールにて開催してきたボロフェスタ。昨年は新型コロナウイルスの影響により残念

STUTS、dodoと塩塚モエカを迎えたポカリスエットCMソングA_o「BLUE SOULS」 のリミックスを公開

STUTS、dodoと塩塚モエカを迎えたポカリスエットCMソングA_o「BLUE SOULS」 のリミックスを公開

トラックメイカー/MPCプレイヤーのSTUTSが、2人組アーティスト「A_o(エーオー)」の楽曲「BLUE SOULS」のリミックスを制作。 スペースシャワーミュージック公式YouTubeチャンネルにて公開した。 STUTSは数々のラッパー/アーティスト

Daichi Yamamoto、2ndアルバム『WHITECUBE』リリース

Daichi Yamamoto、2ndアルバム『WHITECUBE』リリース

京都在住のラッパー/ビートメーカー / アーティスト、Daichi Yamamotoが6月16日に自身2枚目のアルバム『WHITECUBE』をリリースした。 昨年2020年にはEPをリリースし、最近ではTVドラマ『大豆田とわ子と3人の元夫』エンディング・

<ZOO YORK>の再始動を記念し、ISSUGI、SANTAWORLDVIEW &SPARTAによる楽曲リリース&MV公開

<ZOO YORK>の再始動を記念し、ISSUGI、SANTAWORLDVIEW &SPARTAによる楽曲リリース&MV公開

NYの老舗スケートボード・カンパニー<ZOO YORK>、「UNDER OLD MANAGEMENT」というInstatgram投稿から約2年、ついにオリジナル・メンバーたちによるZOO YORKが再始動する。 再始動を記念したスペシャル・プロジェクトと

STUTS x AwichのライヴゲストにBIM、鎮座DOPENSS、DOGMA、JJJ、kZmが出演決定

STUTS x AwichのライヴゲストにBIM、鎮座DOPENSS、DOGMA、JJJ、kZmが出演決定

昨年9月に2年ぶりとなるEP『Contrast』をリリースし、バンドセットで東名阪ツアー『"Contrast" Release Live』を大盛況で終えたSTUTSと、アートエキシビジョン『Black Lives Matter Charity Exhib

Daichi YamamotoがニューAL先行シングル第2弾「maybe」をリリース

Daichi YamamotoがニューAL先行シングル第2弾「maybe」をリリース

Daichi Yamamotoがニューアルバム『WHITECUBE』からの先行シングル第2弾「maybe」を5/19より配信リリースする。 楽曲はプロデューサーにArμ-2を迎えた、Daichi Yamamotoによる3分15秒に及ぶ独白で、曲の最後に綴

【今日のMV】STUTS & 松たか子with 3exes「Presence I feat. KID FRESINO」

【今日のMV】STUTS & 松たか子with 3exes「Presence I feat. KID FRESINO」

みなさま、GWはいかがお過ごしでしょうか?お仕事の方々、お疲れ様です! さて本日ご紹介するMVは現在話題沸騰中のフジテレビ系連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌のSTUTS & 松たか子with 3exesによる楽曲「Presence Ⅰ」です

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2021年の大賞受賞者BIM×後藤正文の対談公開

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2021年の大賞受賞者BIM×後藤正文の対談公開

ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文が2018年に設立した、新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞『APPLE VINEGAR -Music Award-』。 第4回目となる今年は『Boston Bag』(BIM)

STUTS x Awichによるバンドセット2マンの振替公演が決定

STUTS x Awichによるバンドセット2マンの振替公演が決定

2021年1月23(土)に開催を予定していたSTUTS x Awichによるバンドセットの2マンライヴ。 その振替公演の日程が決定した。 以下、運営からのお知らせ。 【 振替日程 / チケット再販売のお知らせ 】 予定しておりました『 TSUTAYA O

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2021年大賞に2作品が決定

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2021年大賞に2作品が決定

ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文が2018年に設立した、新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞『APPLE VINEGAR -Music Award-』。 第4回となる今年の選考会が3月10日に行われ、昨年に引

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2021年選考会前半の模様を特設サイトに公開

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2021年選考会前半の模様を特設サイトに公開

ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文が2018年に設立した、新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞『APPLE VINEGAR -Music Award-』。 第4回となる今年の選考会が3月10日に行われ、昨年に引

〈of BLUE vol.3〉OPアクトにWool & The Pants決定

〈of BLUE vol.3〉OPアクトにWool & The Pants決定

「発見を創る」をコンセプトにホットスタッフが立ち上げた新イベント『of BLUE』のvol.3が、5月6日に開催される。 先日発表した2アーティストに加え、オープニングアクトに、東京アンダーグラウンドシーンで注目を集める“Wool & The Pants

BIMがBiSHチッチ参加のニューシングル「吐露ノート」をリリース

BIMがBiSHチッチ参加のニューシングル「吐露ノート」をリリース

BIMがニューシングル"吐露ノート"を3/31(水)にリリースし合わせて24時にMVのプレミア公開が決定した。 ドイツ人プロデューサーRascalのビートに乗った"吐露ノート"と題された今楽曲にはコーラスでBiSHのセントチヒロ・チッチが参加。 思わず口

C.O.S.A.4年ぶりの新作『FRIENDS & ME』4月リリース決定

C.O.S.A.4年ぶりの新作『FRIENDS & ME』4月リリース決定

C.O.S.A.が信頼を寄せるアーティストたちをゲストに迎えた約4年ぶりとなる新作AL『FRIENDS & ME』を4/2(金)にリリースする。 客演でKID FRESINO、Campanella、homalelanka、 WELL-DONE、COVAN

BIM, VaVaの連名シングル”Fruit Juice”3/24(水)リリース

BIM, VaVaの連名シングル”Fruit Juice”3/24(水)リリース

BIM, VaVaの連名シングル"Fruit Juice"が3/24(水)にリリースされる。 VaVaの楽曲"Hana-bi feat. BIM"以来のタッグとなる今作は、Mixは D.O.I. が担当、現在のVaVaらしいビートに、肩の力が抜けた二人の

〈KOBE MELLOW CRUISE 2021〉第2弾出演者にAwich、tofubeats、ゆるふわギャング、BASI決定

〈KOBE MELLOW CRUISE 2021〉第2弾出演者にAwich、tofubeats、ゆるふわギャング、BASI決定

文化を発信してきた港町・神戸を象徴するポートタワーの麓、メリケンパークで2021年5月に開催される新たな音楽フェス〈KOBE MELLOW CRUISE〉の第2弾アーティストが発表となった。 また、アーティストの日割りも同時に公開された。 第2弾出演アー

新イベント〈of BLUE〉第三弾にcero × KID FRESINOの出演が決定

新イベント〈of BLUE〉第三弾にcero × KID FRESINOの出演が決定

「発見を創る」をコンセプトにホットスタッフが立ち上げた新イベント『of BLUE』のvol.3が決まった。 今回はceroとKID FRESINO(Band Set)の初対バン。 現代シティ・ポップムーヴメントの中心バンドとして貫禄を感じさせるceroと

Collapse

Articles

REVIEWS : 026 ポップ・ミュージック(2021年6月)──高岡洋詞

連載

REVIEWS : 026 ポップ・ミュージック(2021年6月)──高岡洋詞

"REVIEWS"は「ココに来ればなにかしらおもしろい新譜に出会える」をモットーに、さまざまな書き手が新譜(たいたい3ヶ月ぐらいあのターム)を中心に9枚(+α)の作品を厳選し、紹介するコーナーです(ときに旧譜も)。今回は高岡洋詞による9枚+1枚な10枚。エ…

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

コラム

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

今年もやってきましたOTOTOYスタッフによる個人チャート。いろいろ大変だった2020年、なにを聴いてOTOTOYを作っていたのか? 今年は新人、梶野に加えてインターン、そしてコントリビューター枠としていろいろと関わっているライター陣の方にも書いてもらいま…

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

コラム

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

2020年、OTOTOYレコメンド、こちらはEP編と題しまして、シングル〜EP〜ミニ・アルバムなどなど、2020年にリリースされたアルバム以外の作品群から20枚厳選しました。いまやアルバムというフォーマットにとらわれない作品リリースがここ数年、グングン存在…

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

連載

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

毎回、それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回はOTOTOYでも話題になった中国語圏のヒップホップ記事「熱烈的時代到来! 探索中国ラップ!」を担当した鎮目悠太が登場。そんな彼が選ぶ、洋の東西を問わ…

新たな地平へと横断するヒップホップの革新へ──KID FRESINO、待望の新作をハイレゾ配信

インタヴュー

新たな地平へと横断するヒップホップの革新へ──KID FRESINO、待望の新作をハイレゾ配信

まさに今年のハイライトというべき作品の登場だ。KID FRESINOの待望のニュー・アルバム『ài qíng』。ヒップホップ・ヘッズはもちろんのこと、EP「Salve」、そして本作にも収録の「Coincidence」で見せたバンド・サウンドは彼の音楽を多く…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コ…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回

今月もやってまいりました、ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」です! 連載1周年を迎えた前回はジ・インターネットのヴォーカリストであるシドにフックアップされたLAのシンガー・Maliaを特集しました。そして今月は…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回

2017年も本当に残りわずか。先月は豪華客演陣を多数迎えた重厚なラップ・アルバムにして、4年半ぶりの作品となったKOJOEの『here』を特集しました。第11回目を迎えた今月の「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は年末らしく、2017年のヒップホップ・シーン…

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

コラム

OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──

今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング…

*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

連載

*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く…

Alfred Beach SandalとSTUTS、互いにリスペクトしあう2人が遂に本格タッグ――南国の夜へトリップさせる、「まどろみ」を紡ぐ極上のメロウネス

レヴュー

Alfred Beach SandalとSTUTS、互いにリスペクトしあう2人が遂に本格タッグ――南国の夜へトリップさせる、「まどろみ」を紡ぐ極上のメロウネス

トクマルシューゴ、ceroの高城晶平、ミツメの川辺素、王舟等、現在のインディ・シーンを引っ張るバンドマンから熱烈な支持を集める、北里彰久のソロ・プロジェクトAlfred Beach Sandal。ニューヨーク・ハーレムでの路上ライヴ動画が話題となり、その後…

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

連載

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticat…

View More Articles Collapse
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

連載

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

今月もやってまいりました、HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチライン of The Month」第2回です! 前回はイントロダクションとして、日本の音楽シーンを賑わすSuchmosとアメリカのビルボード・チャートを賑わす3人組Migosの…

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース

レヴュー

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース

その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラッ…

Fla$hBackSのメンバー、jjjによる待望のソロ・アルバムがリリース&インタヴュー

インタヴュー

Fla$hBackSのメンバー、jjjによる待望のソロ・アルバムがリリース&インタヴュー

2013年の日本語ラップ・シーンにおいて目覚ましい活躍をみせたFla$hBackS。その一員であり、確かなラップ・スキルと、ヒップホップ・トラックとは思えないトリッキーな上モノでシーンに風穴をあけ続けているjjjの、待望ソロ作がついにリリースされました! …

ラップ歴たった10ヶ月でこれかよ? Fla$hbackSのDJ、KID FRESINOによる『Horseman's Scheme』がリリース!

インタヴュー

ラップ歴たった10ヶ月でこれかよ? Fla$hbackSのDJ、KID FRESINOによる『Horseman's Scheme』がリリース!

OTOTOYのヒップ・ホップ担当こと和田隆嗣が、一押しのヒップ・ホップ・タイトルを追い続けるPOWER DA PUSHシリーズ! 第12弾は、話題騒然のFla$hbackSからKID FRESINOのソロ・アルバムをフィーチャー! '''ラップ歴たった10…

Collapse