album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Tic  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:18
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 02:18

Discography

Rock

2016年結成。その名の通りArctic Monkeys を中心にUKロックから多大な影響を受けた4人組インディーロックバンド。幾度かのメンバーチェンジを経て現体制となり、2018年4月に1stSingle『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受けた。夏には出れんの!?サマソニ!?から選出されSUMMER SONIC2018出演。1stEP『Boring Thing - EP』は発売から3カ月で完売、Tomato Ketchup Boysとの共同企画は東京・大阪ともソールドアウト。国境を超えての活動が期待される今最注目のバンド。

Rock

東京を中心に活動するインディ・ロック・バンド、 No Busesの1st EP 『Boring Thing EP』

News

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終タイムテーブル発表

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終タイムテーブル発表

2月2日に下北沢BASEMENTBAR & THREEの2会場で開催されるイベント〈CLACK!!〉の最終タイムテーブルが発表された。 BASEMENTBARで定期開催されているイベント〈CLACK!!〉。そのスペシャル版ともいえる昼夜通しのイベントが、

No Buses、第二期のサウンドが確立された新曲2曲のMV公開

No Buses、第二期のサウンドが確立された新曲2曲のMV公開

No Busesが2曲の新曲「Imagine Siblings」「Number Four or Five」のMVを公開した。 この2曲は絡むようなギターリフとキャッチーなメロディというNo Busesらしさは健在しながらも、ガレージロックという括りに収ま

〈SYNCHRONICITY2020〉第3弾にZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国など26組

〈SYNCHRONICITY2020〉第3弾にZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国など26組

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉の第3弾ラインナップが発表された。 さらに〈SYNCHRONICITY2020 in T

THIS IS JAPAN、全国ツアー対バンにyEAN、錯乱前戦、Slimcatらが出演

THIS IS JAPAN、全国ツアー対バンにyEAN、錯乱前戦、Slimcatらが出演

2020年の今年、メジャーデビューを控えるディスジャパことTHIS IS JAPANの年明け1発目のツアー、THIS IS JAPAN TOUR 2020『We are WEEKENDERS!』が、2020年2月11日からスタートする。 本日、そのツアー

Helsinki Lambda Club、リリースツアーのゲストにナードマグネットとNo Buses決定

Helsinki Lambda Club、リリースツアーのゲストにナードマグネットとNo Buses決定

Helsinki Lambda Clubが先週からデジタル配信を開始したシングル「Good News Is Bad News」収録の3曲をCD-Rにして、Tシャツとセットでライヴ会場限定でリリース。 それを記念して、全国8ヶ所を周る「Good News

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終出演者発表。No Buses、uri gagarnなど計21組が出演

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終出演者発表。No Buses、uri gagarnなど計21組が出演

来年2月に下北沢BASEMENTBAR & THREEの2会場で開催されるイベント〈CLACK!!〉の最終出演者が発表された。 BASEMENTBARで定期開催されているイベント〈CLACK!!〉。そのスペシャル版ともいえる昼夜通しのイベントが、来年2月

View More News Collapse
スタークローラー東京公演にNo Busesの出演が決定

スタークローラー東京公演にNo Busesの出演が決定

ライブで流された血と汗、アザになった膝や骨折した指、 それら全ての思いと、ロックンロールの興奮が詰まった待望の2ndアルバム『Devour You』を引っ提げ、2年振りの来日公演が決定し話題のスタークローラー。 そんな話題沸騰中の彼らの東京公演にサポー

LIGHTERS、デジタル・シングル「LADY BIRD」配信開始

LIGHTERS、デジタル・シングル「LADY BIRD」配信開始

下北沢を中心に活動するインディーポップバンド、LIGHTERSのデジタルシングル「LADY BIRD」がリリースされた。 海外のインディーシーンとも共振するような瑞々しいメロディーが印象的な1曲となっている。 本配信はHIP LAND MUSICが新しく

No Busesが未収録曲の「Trying Trying」のMV公開

No Busesが未収録曲の「Trying Trying」のMV公開

9/11に1st Full Album『Boys Loved Her』をリリースした絶好調のNo Busesが突如「Trying Trying」のMVを公開。 この曲は今年1月にライブMVとして公開され、ライブでも度々披露されていたが今回のアルバムには未

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

東京を拠点に活動する、男女4人組“靴見るシティサイケバンド”、Group2(グループツー)が9月11日(水)より「Penguin Highway」の配信をスタートした。 昨年末リリースの1stアルバム『Group2』に続く今作は、Yellow Daysや

The Wisely Brothers、2nd ALより「River」のMV公開

The Wisely Brothers、2nd ALより「River」のMV公開

都内高校の軽音楽部で結成された3ピースバンド「The Wisely Brothers」(ワイズリーブラザーズ)。 7月17日(水)に発売した2ndアルバム『Captain Sad』から、「気球」「テーブル」に続いて、「River」のミュージックビデオをY

South Penguin、「air feat.荘子it (from Dos Monos)」のMVを公開

South Penguin、「air feat.荘子it (from Dos Monos)」のMVを公開

1st Album『Y』をリリースしたSouth Penguinが、アルバムで荘子itとのfeat.も話題となったDos Monos、9/11にアルバムリリースを控えているNo Buses、DJにMIRU SHINODAを招き、11/12(火)渋谷WWW

No Buses、1stフルALより「Untouchable You」「Ill Humour」のMV公開

No Buses、1stフルALより「Untouchable You」「Ill Humour」のMV公開

No Busesが9/11にリリースする1st Full Album『Boys Loved Her』より「Untouchable You」「Ill Humour」のMVを公開した。 「Untouchable You」はチープな色彩にポップなモチーフながら

タワレコメン9月度ラインナップにパソコン音楽クラブ/No Buses/キタニタツヤ

タワレコメン9月度ラインナップにパソコン音楽クラブ/No Buses/キタニタツヤ

「店頭からブレイク・アイテムを作っていこう!」を合言葉に、全国のタワーレコードのバイヤーが、己の耳と直感だけ信じて、まだ世間で話題になる前のアーティストをいち早くピックアップし、全店で展開、大プッシュしていく名物企画、『タワレコメン』。 2006年からス

No Buses、1st Full AL『Boys Loved Her』を9/11全国リリース決定

No Buses、1st Full AL『Boys Loved Her』を9/11全国リリース決定

都内を中心に活動するNo Busesが1st Full Album『Boys Loved Her』を9月11日にリリースすることが決定した。 1st demo EP『Boys Love Her』から2年、リリース作品が全て数ヶ月で完売し、数日前には初の海

〈夏の魔物2019〉第1弾でワッツーシゾンビ、ステレオガール、戸川純、ニトロデイ、赤犬、No Buses、どつ、Age Factory、掟ポルシェ、奇妙、ラフィンら決定

〈夏の魔物2019〉第1弾でワッツーシゾンビ、ステレオガール、戸川純、ニトロデイ、赤犬、No Buses、どつ、Age Factory、掟ポルシェ、奇妙、ラフィンら決定

ロックフェス〈夏の魔物2019〉の出演者第1弾が発表された。 9月1日(日)‬に大阪・味園ユニバースで行われる〈夏の魔物2019 in OSAKA〉にはワッツーシゾンビ、赤犬、////虹////、曽我部恵一、どついたるねん 、奇妙礼太郎、ラフィンノーズ

No Buses、2nd single『With or Without It – single』を5月22日にリリース決定、MVも公開

No Buses、2nd single『With or Without It – single』を5月22日にリリース決定、MVも公開

東京を中心に活動するインディーロック・バンドNo Busesが、2nd single『With or Without It – single』のリリースを発表した。 「With or Without It」はNo Busesらしいギターリフとシニカルさが

No Buses×Tomato Ketchup Boys、スプリット作より2曲のMV公開

No Buses×Tomato Ketchup Boys、スプリット作より2曲のMV公開

No BusesとTomato Ketchup Boysが東阪でライヴ・イベント〈MOTHER SHIP〉を開催。その来場者特典であるスプリット・カセット『Boys Missed The Bus』より、2組それぞれが演奏する楽曲のミュージック・ビデオが公

〈SYNCHRONICITY’19〉第5弾出演者発表で40組追加

〈SYNCHRONICITY’19〉第5弾出演者発表で40組追加

2019年4月6日(土)、4月7日(日)に東京(渋谷)で開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’19〉の第5弾ラインナップが発表となった。 第5弾で発表されたのは、 OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、BRAD

No BusesとTomato Ketchup Boysが東京と大阪で共同企画〈MOTHER SHIP〉を開催、来場者特典はスプリット・カセット

No BusesとTomato Ketchup Boysが東京と大阪で共同企画〈MOTHER SHIP〉を開催、来場者特典はスプリット・カセット

No BusesとTomato Ketchup Boysが東京と大阪にて共同企画〈MOTHER SHIP〉を開催することが決定した。 東京を中心に活動するこの2組のインディー・ロック・バンドは音楽的に共鳴するだけでなく、メンバーが同郷であったり、共に〈出

2月23日(土)に下北沢THREEにて羊文学、No Busesを招いての揺らぎ企画決定

2月23日(土)に下北沢THREEにて羊文学、No Busesを招いての揺らぎ企画決定

2月23日(土)に下北沢THREEで揺らぎ企画として、〈WEARING THE INSIDE OUT〉が開催されることが決定した。 羊文学とNo Buses、2組のバンドを迎えての3マンライヴとなっている。 チケットはイープラスにて、1月19日10時から

〈SYNCHRONICITY’19〉第2弾ラインナップ&日割り発表

〈SYNCHRONICITY’19〉第2弾ラインナップ&日割り発表

2019年4月6日(土)、4月7日(日)に東京(渋谷)で開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’19〉の第2弾ラインナップ、及び、出演者日割りが発表となった。 第2弾で発表されたのは、SPECIAL OTHERS、CHAI、ichikor

No Busesから新年のご挨拶、新曲「Tying Trying」のスタジオ・ライヴ映像を公開

No Busesから新年のご挨拶、新曲「Tying Trying」のスタジオ・ライヴ映像を公開

東京を中心に活動するインディー・ロックバンドNo Busesが新曲「Trying Trying」のスタジオ・ライヴ映像を公開した。 昨年1st Single『Tic』のMVが世界中でカルト・ヒットし、12月には『Boring Thing - EP』のリリ

No Buses、売り切れ続出中の1stEP『Boring Thing - EP』から「Cut My Nails」のMVを公開

No Buses、売り切れ続出中の1stEP『Boring Thing - EP』から「Cut My Nails」のMVを公開

東京を中心に活動する、その名の通りArctic Monkeys を中心にUKロックから多大な影響を受けたインディー・ロックバンドNo Busesが、1nd EP『Boring Thing- EP』から「Cut My Nails」のMVを公開した。 「Cu

Collapse

Articles

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2019年レコメンド20

コラム

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2019年レコメンド20

買い逃し厳禁な20枚──2019年のOTOTOYレコメンドOTOTOYは今年も邦楽を中心にたくさんの音楽を紹介してきました。そんななかでもキラリと光ったアルバムたちを、邦楽、とくに2020年代をおもしろくしてくれそうなフレッシュなアーティストのなかから20…

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

インタヴュー

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

“1stアルバムらしさ”にこだわった、完全無欠でない愛くるしさ──No Buses『Boys Loved Her』活動初期からOTOTOYが大注目しているロック・バンド、No Busesが1stフル・アルバム『Boys Loved Her』をリリース! T…

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

インタヴュー

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses、ファーストEPをリリース!!その名の通りアークティック・モンキーズをはじめ、ザ・ストロークスやザ・クリブスなどのUKロックに多大な影響を受け、2018年2月に公開したファー…

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

コラム

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年…