album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Preparing  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:57
Number Four or Five  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:06
Very Lucky  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:46
Alpena  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:00
Surprised  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:26
Not Healthy  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:36
Mate  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:18
Having a Headache  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:24
Yellow Card  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:18
Biomega  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:46
Playground  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:23
Imagine Siblings  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:04
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 41:04
Album Info

好セールスを記録したファーストアルバム『Boys Loved Her』から1年9ヶ月ぶりとなる待望のセカンドアルバムが発売決定。 前作に引き続きプロデューサーに岩本岳士を迎え、個と多様性の時代に日本で生きている今の感覚、そして日本の音楽の影響も散りばめ、内向的な意識でバンドで偶発的・実験的にアレンジを練り、作り上げた、セルフタイトルを冠した自信作『No Buses』完成。

Discography

Rock

好セールスを記録したファーストアルバム『Boys Loved Her』から1年9ヶ月ぶりとなる待望のセカンドアルバムが発売決定。 前作に引き続きプロデューサーに岩本岳士を迎え、個と多様性の時代に日本で生きている今の感覚、そして日本の音楽の影響も散りばめ、内向的な意識でバンドで偶発的・実験的にアレンジを練り、作り上げた、セルフタイトルを冠した自信作『No Buses』完成。

12 tracks
Rock

ファーストアルバム『Boys Loved Her』から1年9ヶ月ぶりとなる待望のセカンドアルバムより「Having a Headache」

1 track
Rock

No Buses、トリプルA面シングル『Imagine Siblings / Number Four or Five / Trying Trying』をリリース!

3 tracks
Rock

2016年結成。その名の通りArctic Monkeys を中心にUKロックから多大な影響を受けた4人組インディーロックバンド。幾度かのメンバーチェンジを経て現体制となり、2018年4月に1stSingle『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受けた。夏には出れんの!?サマソニ!?から選出されSUMMER SONIC2018出演。1stEP『Boring Thing - EP』は発売から3カ月で完売、Tomato Ketchup Boysとの共同企画は東京・大阪ともソールドアウト。国境を超えての活動が期待される今最注目のバンド。

11 tracks
Rock

東京を中心に活動するインディ・ロック・バンド、 No Busesの1st EP 『Boring Thing EP』

4 tracks
Rock

1 track
Rock

1 track

News

THEティバ、No BusesとJohnnivanを迎え地元横浜B.B.STREETでパーティーを開催

THEティバ、No BusesとJohnnivanを迎え地元横浜B.B.STREETでパーティーを開催

ツーピースガールズロックバンドのTHEティバが9月5日(日曜日)に地元である横浜B.B.STREETで企画イベントを行う。 昨年も配信で開催された〈After the Summer Ends Party〉、今年はNo BusesとJohnnivanを迎え

MONO NO AWAREがNo Busesをゲストに迎え自主企画イベント「天下一舞踏会」開催決定

MONO NO AWAREがNo Busesをゲストに迎え自主企画イベント「天下一舞踏会」開催決定

"MONO NO AWARE"が2021年10月2日(土)に東京キネマ倶楽部で「天下一舞踏会」の開催を発表した。 「天下一舞踏会」は"MONO NO AWARE"が企画する自主企画イベントで、2017年12月に渋谷WWWで開催した第一回の同イベントにはゲ

No Buses、2ndアルバム『No Buses』アナログ盤リリース決定

No Buses、2ndアルバム『No Buses』アナログ盤リリース決定

バンド初ワンマンツアーとなる「No Buses 2nd album release tour」を全公演ソールドアウトし大盛況で終えたNo Buses。 そんな彼らが個と多様性の時代に日本で生きている今の感覚、そして日本の音楽の影響も散りばめ、内向的な意識

No Buses、2ndアルバム収録曲 “Alpena” MV公開

No Buses、2ndアルバム収録曲 “Alpena” MV公開

No Busesが2ndアルバム『No Buses』収録曲“Alpena”のMVを公開した。 切り立った岩場で演奏するバンドの姿が見ることができるこのMVは、オフィス内の演奏シーンが対照的ながら、“Having a Headache”のMVと繋がる世界観

No Buses、2nd ALから「Having a  Headache」先行配信開始&MV公開

No Buses、2nd ALから「Having a Headache」先行配信開始&MV公開

No Busesが6月23日にリリースする、1年9ヶ月ぶりの2ndアルバム『No Buses』から、「Having a Headache」が本日から先行配信開始。 本楽曲のMVも公開された。 No Buses - Having a Headache (O

No Busesがセルフタイトルを冠した2ndALを6/23リリース

No Busesがセルフタイトルを冠した2ndALを6/23リリース

No Busesが1年9ヶ月ぶりとなる2ndアルバム『No Buses』を2021年6月23日にリリースすることを発表した。 セルフタイトルを冠した本作は、前作に引き続きプロデューサーに岩本岳士を迎え、個と多様性の時代に日本で生きている今の感覚、そして日

View More News Collapse
近藤大彗(No Buses)によるソロCwondo、ファーストAL『Hernia』リリース決定

近藤大彗(No Buses)によるソロCwondo、ファーストAL『Hernia』リリース決定

No BusesのGt.&Vo.としても活動中の近藤大彗によるソロ・プロジェクトCwondoが1st AL『Hernia』のリリースを発表した。(2021.02.05 (Digital) /2021.03.03(CD)) アンビエント・ダンス・ミュージッ

〈BIM x D.A.N. x No Buses-エレクション大作戦-〉公演延期+髙城 晶平の出演が決定

〈BIM x D.A.N. x No Buses-エレクション大作戦-〉公演延期+髙城 晶平の出演が決定

12月29(火) に開催予定だったBIM x D.A.N. x No Busesの3組によるオールナイト公演〈エレクション大作戦〉の開催延期が決定した。 本公演は、東京都から発表があった酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店への営業時間短縮要請と、現在の新

BIM x D.A.N. x No Buses ポスタープレゼントキャンペーンがスタート

BIM x D.A.N. x No Buses ポスタープレゼントキャンペーンがスタート

12.29(火) at TSUTAYA O-EASTで開催されるBIM x D.A.N. x No Busesの3組によるオールナイト公演 (有観客+配信)〈- エレクション大作戦 - 〉のポスタープレゼントキャンペーンと、渋谷の街頭ビジョンでの放送が

インディーシーンで話題のアーティスト2組による共演企画「MEETs」がスタート、初回はNo Buses×ステレオガール

インディーシーンで話題のアーティスト2組による共演企画「MEETs」がスタート、初回はNo Buses×ステレオガール

インディーシーンで活躍するアーティスト2組による共演企画「MEETs」の第一弾が12月5日にYouTubeで公開された。 初回はNo Busesとステレオガールが登場。 活動開始時期も近く下北沢などのライヴハウスシーンで共演することもある彼ら。 徐々に活

Mississippi Khaki Hair、1stフル・アルバムより “Moonshadow”MV公開

Mississippi Khaki Hair、1stフル・アルバムより “Moonshadow”MV公開

本日ファースト・フル・アルバム『From Nightfall till Dawn』をリリースしたMississippi Khaki Hairが、収録曲“Moonshadow”のミュージックビデオを公開した。 月明りを思わせる幻想的な雰囲気の中でメンバーが

gato、1stアルバム本日リリース&第5弾MV公開

gato、1stアルバム本日リリース&第5弾MV公開

本日、ファースト・アルバム『BAECUL』をリリースしたgato。 すでに“G0”、“ame”、“dada”、“babygirl”と4作の ミュージックビデオがハイペースで公開される中、リリース日となる本日、収録曲“miss u”のミュージックビデオが公

No Buses近藤大彗のソロ・プロジェクト〈Cwondo〉1stEPリリース

No Buses近藤大彗のソロ・プロジェクト〈Cwondo〉1stEPリリース

No BusesのGt.&Vo.としても活動中の近藤大彗によるソロ・プロジェクト=Cwondo(読み方 コンドウ)。 今年より本格的に活動がスタートし、本日8月14日 (金) に1st EP 「Too Hard - EP」を配信リリース。 収録曲"On

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終タイムテーブル発表

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終タイムテーブル発表

2月2日に下北沢BASEMENTBAR & THREEの2会場で開催されるイベント〈CLACK!!〉の最終タイムテーブルが発表された。 BASEMENTBARで定期開催されているイベント〈CLACK!!〉。そのスペシャル版ともいえる昼夜通しのイベントが、

No Buses、第二期のサウンドが確立された新曲2曲のMV公開

No Buses、第二期のサウンドが確立された新曲2曲のMV公開

No Busesが2曲の新曲「Imagine Siblings」「Number Four or Five」のMVを公開した。 この2曲は絡むようなギターリフとキャッチーなメロディというNo Busesらしさは健在しながらも、ガレージロックという括りに収ま

〈SYNCHRONICITY2020〉第3弾にZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国など26組

〈SYNCHRONICITY2020〉第3弾にZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、踊ってばかりの国など26組

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉の第3弾ラインナップが発表された。 さらに〈SYNCHRONICITY2020 in T

THIS IS JAPAN、全国ツアー対バンにyEAN、錯乱前戦、Slimcatらが出演

THIS IS JAPAN、全国ツアー対バンにyEAN、錯乱前戦、Slimcatらが出演

2020年の今年、メジャーデビューを控えるディスジャパことTHIS IS JAPANの年明け1発目のツアー、THIS IS JAPAN TOUR 2020『We are WEEKENDERS!』が、2020年2月11日からスタートする。 本日、そのツアー

Helsinki Lambda Club、リリースツアーのゲストにナードマグネットとNo Buses決定

Helsinki Lambda Club、リリースツアーのゲストにナードマグネットとNo Buses決定

Helsinki Lambda Clubが先週からデジタル配信を開始したシングル「Good News Is Bad News」収録の3曲をCD-Rにして、Tシャツとセットでライヴ会場限定でリリース。 それを記念して、全国8ヶ所を周る「Good News

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終出演者発表。No Buses、uri gagarnなど計21組が出演

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終出演者発表。No Buses、uri gagarnなど計21組が出演

来年2月に下北沢BASEMENTBAR & THREEの2会場で開催されるイベント〈CLACK!!〉の最終出演者が発表された。 BASEMENTBARで定期開催されているイベント〈CLACK!!〉。そのスペシャル版ともいえる昼夜通しのイベントが、来年2月

スタークローラー東京公演にNo Busesの出演が決定

スタークローラー東京公演にNo Busesの出演が決定

ライブで流された血と汗、アザになった膝や骨折した指、 それら全ての思いと、ロックンロールの興奮が詰まった待望の2ndアルバム『Devour You』を引っ提げ、2年振りの来日公演が決定し話題のスタークローラー。 そんな話題沸騰中の彼らの東京公演にサポー

LIGHTERS、デジタル・シングル「LADY BIRD」配信開始

LIGHTERS、デジタル・シングル「LADY BIRD」配信開始

下北沢を中心に活動するインディーポップバンド、LIGHTERSのデジタルシングル「LADY BIRD」がリリースされた。 海外のインディーシーンとも共振するような瑞々しいメロディーが印象的な1曲となっている。 本配信はHIP LAND MUSICが新しく

No Busesが未収録曲の「Trying Trying」のMV公開

No Busesが未収録曲の「Trying Trying」のMV公開

9/11に1st Full Album『Boys Loved Her』をリリースした絶好調のNo Busesが突如「Trying Trying」のMVを公開。 この曲は今年1月にライブMVとして公開され、ライブでも度々披露されていたが今回のアルバムには未

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

Group2、新曲「Penguin Highway」本日配信リリース

東京を拠点に活動する、男女4人組“靴見るシティサイケバンド”、Group2(グループツー)が9月11日(水)より「Penguin Highway」の配信をスタートした。 昨年末リリースの1stアルバム『Group2』に続く今作は、Yellow Daysや

The Wisely Brothers、2nd ALより「River」のMV公開

The Wisely Brothers、2nd ALより「River」のMV公開

都内高校の軽音楽部で結成された3ピースバンド「The Wisely Brothers」(ワイズリーブラザーズ)。 7月17日(水)に発売した2ndアルバム『Captain Sad』から、「気球」「テーブル」に続いて、「River」のミュージックビデオをY

Collapse

Articles

トリプル・ギター体制となったNo Buses、“内向的”なサウンドになったセルフタイトル・アルバムの制作に迫る

インタヴュー

トリプル・ギター体制となったNo Buses、“内向的”なサウンドになったセルフタイトル・アルバムの制作に迫る

新メンバー・和田晴貴(Gt.)の加入、さらにこれまでとは異なり作曲時からメンバーが参加したという経緯もあってかその音楽性が変化したNo Buses。自らのバンド名を冠したセカンド・アルバムは、スペイシーなキーボード、リヴァーヴィーなギターといったサウンドメ…

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

コラム

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

2020年、OTOTOYレコメンド、こちらはEP編と題しまして、シングル〜EP〜ミニ・アルバムなどなど、2020年にリリースされたアルバム以外の作品群から20枚厳選しました。いまやアルバムというフォーマットにとらわれない作品リリースがここ数年、グングン存在…

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2019年レコメンド20

コラム

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2019年レコメンド20

OTOTOYは今年も邦楽を中心にたくさんの音楽を紹介してきました。そんななかでもキラリと光ったアルバムたちを、邦楽、とくに2020年代をおもしろくしてくれそうなフレッシュなアーティストのなかから20枚をレコメンドいたします。まさに買い逃し厳禁な20枚、20…

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

インタヴュー

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

活動初期からOTOTOYが大注目しているロック・バンド、No Busesが1stフル・アルバム『Boys Loved Her』をリリース! Tomato Ketchup Boysとの共同企画が東京・大阪ともソールドアウトし、今年の8月には日韓合同音楽フェス…

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

インタヴュー

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

その名の通りアークティック・モンキーズをはじめ、ザ・ストロークスやザ・クリブスなどのUKロックに多大な影響を受け、2018年2月に公開したファースト・シングル「Tic」のミュージック・ビデオが29万回再生(2018年12月現在)を超えるなど、日本だけでなく…

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

コラム

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介…