News

2024/02/07 12:00

 

羊文学、6月公開の杏主演映画『かくしごと』に主題歌書き下ろし

 

羊文学が、俳優・杏主演で6月7日(金)に公開される映画『かくしごと』の主題歌を担当することが発表された。主題歌は、羊文学が本作のために書き下ろした楽曲「tears」に決定した。

本作のポスタービジュアルと羊文学の「tears」が使用された予告編もあわせて解禁された。「tears」の配信リリースに関しては後日発表予定となっている。

羊文学は3月末からは全7か所を巡るアジアツアーの開催を先日発表。4月21日に開催する横浜アリーナでのワンマンライヴのチケットはソールドアウトになるなど勢いに乗るなどさらなる飛躍を目指して、しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

『生きてるだけで、愛。』(18)で鮮烈な長編監督デビューを飾った映像クリエイター、関根光才の待望の2作目となる本作『かくしごと』は、一つの<嘘>をきっかけに、それぞれの<かくしごと>が明らかになっていく、心揺さぶるヒューマン・ミステリー。原作は、Amazonでのレビューも高い、ミステリー作家・北國浩二による「噓」。

その嘘は、罪か、愛か-心揺さぶるヒューマン・ミステリーの誕生長年確執のあった父親の認知症の介護のため、田舎へ戻った主人公・千紗子は、ある日、事故で記憶を失った少年を助ける。少年に虐待の痕を見つけた千紗子は、少年を守るため、自分が母親だと嘘をつき、一緒に暮らし始める。一つの嘘から始まった疑似親子はやがて、本物の親子のようになっていくが、そんな幸せは長くは続かなかった―。

主演は、昨年も『キングダム 運命の炎』の紫夏役、『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』では“滋賀のオスカル”こと桔梗 魁役、『窓ぎわのトットちゃん』ではトットちゃんの母の声を演じるなど、次々に話題作に出演、俳優、モデル、そして母親としての顔も持つ、杏。「今の自分だからこそ、演じることができる」と、母親ならではの深い母性を芝居を超えて体現し、鮮烈に見る者の心に焼き付ける。

父・孝蔵役には、名優、奥田瑛二。認知症を患い、娘のことすら忘れ、日に日に別人のように衰えてゆく姿を、静かながら胸に迫る演技で圧倒する。少年役に中須翔真、さらに安藤政信、佐津川愛美、酒向 芳と実力派俳優たちが出演。許されないとわかっていても、なぜ彼女は嘘をついてまで少年を守ろうとしたのか。そして、この一つの嘘から明かされていく、それぞれの<かくしごと>とは―。ラスト、千紗子が知る真実は観る者たちの涙を誘うこと必至。

 

映画情報
▼映画『かくしごと』
2024年6月公開
出演:杏、中須翔真、佐津川愛美、酒向 芳、木竜麻生、和田聰宏、丸山智己、河井青葉 、安藤政信、奥田瑛二
脚本・監督:関根光才
原作:北國浩二「噓」(PHP文芸文庫刊)音楽:Aska Matsumiya
主題歌:羊文学「tears」F.C.L.S.(Sony Music Labels Inc.)
企画・制作:ホリプロ 配給:ハピネットファントム・スタジオ ©2024「かくしごと」製作委員会
文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
© 2024「かくしごと」製作委員会
公式サイト:https//happinet-phantom.com/kakushigoto/
公式X:@kakushigotofilm

〈物語〉
絵本作家の千紗子(杏)は長年、絶縁状態にあった父・孝蔵(奥田瑛二)の認知症の介護のため、渋々田舎に戻る。他人のような父親との同居に辟易する毎日を送っていたある日、事故で記憶を失ってしまった少年(中須翔真)を助けた千紗子は彼の身体に虐待の痕を見つける。少年を守るため、千紗子は自分が母親だと嘘をつき、少年と暮らし始めるのだった。ひとつの“嘘”からはじまった千紗子と少年、そして認知症が進行する父親の三人の生活。最初はぎこちなかった三人だが、次第に心を通わせ、新しい家族のかたちを育んでいく。しかし、その幸せな生活は長くは続かなかった。許されないとわかっていても、なぜ彼女は嘘をついてまで少年を守ろうとしたのか。そして、このひとつの嘘から明かされていく、それぞれの<かくしごと>とは―。ラスト、彼女が知る真実に、あなたもきっと涙する。

インフォメーション
Official Site:https://www.hitsujibungaku.info/
X:https://twitter.com/hitsujibungaku


[ニュース] 羊文学

あわせて読みたい


TOP