【REVIEW】どこまで歌っても歌の途中──京都在住SSW、長野友美が3rdアルバムをリリース

長野友美

京都在住のシンガー・ソングライター、長野友美が2011年にリリースした2ndアルバム『春への落下』から6年ぶりとなるアルバム『時のたてがみをつかんで』をリリース。ふちがみとふなとの船戸博史氏をプロデューサー、そして様々なゲスト・ミュージシャンを迎えて作られた今作は、ただの弾き語りに留まらないバラエティに飛んだ曲が並ぶ印象的なアルバムに仕上がっている。OTOTOYでは今作のレヴューを掲載。瑞々しく広がっていく彼女の歌の世界に、是非とも触れてみて欲しい。


長野友美 / 時のたてがみをつかんで

【Track List】
01. うたの途中
02. 春
03. なのに愛は
04. めばるつり
05. 夕暮れに湖面を歩く
06. 時のたてがみをつかんで
07. ほうき星のうた
08. こもかぶりの歌
09. 滑走路
10. 羽根がはえるよ
11. 片想哀歌

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 216円(税込) / アルバムまとめ購入 2,160円(税込)

【REVIEW】長野友美『時のたてがみをつかんで』

「どこまで歌っても歌の途中ーー」そんな一節から始まる長野友美6年ぶりとなる『時のたてがみをつかんで』は、古くから歌われ続けて来たような民謡や、70年代以降の日本のニュー・ミュージック、それらを思い起こさせる耳に馴染む美しいメロディと歌が閉じ込められた1枚となっている。

豊かな低音でどこまでも伸びていきそうな凜とした歌声と、ハッとするような耳に残る歌詞、彼女が弾くアコースティック・ギターが鳴らすメロディの良さという彼女の実力だけでも十分魅力的ではあるが、そこにゲストによるピアノやコントラバスなどが加わることによって彼女の歌の世界の色がより濃くなっているのがとても印象的。中でもクラリネットとスティールパンが参加している曲たちは、聴く人たちの望郷の念を思い起こさせるような仕上がりになっている。

そんなアルバムの中でも耳を引くのは、表題曲「時のたてがみをつかんで」と、アルバムの最後に収められている「片想哀歌」の2曲だろう。「時のたてがみをつかんで」は今作で唯一のバンド・アレンジの楽曲で、アルバムの真ん中に置かれ、タイトルになっていることからも分かるように、アグレッシヴなドラム・プレイとメランコリックなギターの音色に乗る彼女の力強い歌声はこのアルバムのピーク・ポイントであるのは間違いない。そしてアルバムの最後に収められている「片想哀歌」はアルバム全体に見られる凛とした彼女のイメージではなく、少しぶっきらぼうに1人の人を思いながら歌われているのが印象的な1曲。この曲だけがどこか場末の酒場感を感じさせるのがなぜだか心地よく、彼女の表現の幅の広さに驚かされる。

彼女も好んで聴くというアイルランド民謡や、70年代以降の日本のニュー・ミュージックが今もなお多くの人々に愛され、歌い継がれているのと同様に、このアルバムもまた時間の経過で良さが失われることのない瑞々しさとしなやかさを持ちあわせた1枚であろう。(Text By 高木理太)

LIVE SCHEDULE

ソロ・ワンマン・ライヴ
2017年3月11日(土)@京都府 喫茶のん

長野友美3rdアルバム「時のたてがみをつかんで」発売記念ソロ・ライヴ
2017年4月1日(土)@京都府 西院ネガポジ

長野友美3rdアルバム「時のたてがみをつかんで」発売記念ライヴ
2017年4月11日(火)@京都府 京都磔磔

【サポートメンバー】
船戸博史(Contrabass)
岡林和歌(Clarinet)
栗本英明(E.guitar)
森部直枝(Flute)
Takuji Itou(Drums)
めめ(Piano,Steelpan)

RECOMMEND

渚にて / 星も知らない

「渚にて」を超えるのは「渚にて」だけだ!「遠泳」から2年、渚にてとしては異例の短いインターバルで9枚目となる新作「星も知らない」が完成。バンド至上最高傑作。

ゆうき / あたえられたもの

ウリチパン郡を経て、さらに歌にスポットを当てたユニット、オオルタイチとYTAMO(ウタモ)による"ゆうき" 待望の1st album。伊藤大地、シャンソンシゲル、田中馨、波多野敦子、濱本大輔ら気鋭のミュージシャンが参加。

鬼火

yumbo

Album ¥1,800

yumbo / 鬼火

新ヴォーカリスト、高柳あゆ子をフィーチャー、グループ史上初のマルチ・トラック・レコーディング、新レーベル7e.p.からのリリースと一大転機作。優れた童謡にも匹敵するように聴き手を魅了してやまないyumboサウンドの一大到達点。

PROFILE

長野友美

長崎県佐世保市出身、京都市在住。
2008年春、1stアルバム「何もない日々」をMIDI Criativeより発表。
2011年初夏、2ndアルバム「春への落下」を西沢和弥氏のレーベルDANCING PIG RECORDより発表。
2017年3月、3rdアルバムをMIDI Criativeより発表。

Official HP : http://naganotomomissw.info/
Twitter : https://twitter.com/tomomi_nagano

o

 
 

レヴュー

ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間