頭はエビ、体は人間。正体は謎…。怪人「溺れたエビ・総帥」率いるマルチ・アート集団、溺れたエビの検死報告書の新作『アノマロカリス』が到着。ライヴ・パフォーマンスにも提供のあるこのバンド・サウンドをそのままパッケージに詰め込んだ衝撃作! この音源を聴いたらライヴに足を運びたくなること間違い無し!


溺れたエビの検死報告書 / アノマロカリス

【販売価格】
mp3 : 単曲 200円 / アルバム 900円
WAV : 単曲 250円 / アルバム 1,200円

【TRACK LIST】
01. 外骨格 / 02. Psychedelic Under Water / 03. アルテミア・ノープリウスが泳いでいる。 / 04. ワシャワシャ!! グギャギャギャギャ!!! / 05. アノマロカリス



プリミティブでシンプルなフレーズが積み重なって次々に変色してゆく様が素敵です。ガレージ的で、ストリート・バンド的で、ザッパ的で… 壮大な交響曲っぽくも聴こえてきますが、ダンス・バンドでもあります。好きな世界です。映像が浮かんできます。ー芳垣安洋 (ROVO、Orquesta Libre、Orquesta Nudge! Nudge!)


気づけばエビたちの世界観に飲み込まれている

アーティスト名は「溺れたエビの検死報告書」。「空きっ腹に酒」や、「うさぎさんの片耳ちょんぎったろか」、「如何に崇高な精神といえども、顔面が伴わなければ『彼女』はできない。」など、一見しただけではバンド名と分からないような名前が、ライヴ・ハウスのスケジュール欄やレコード屋に多く並んでいる昨今、溺れたエビの検死報告書も、やはりそんな個性を追及したバンドの一つなのだろうか。公式ページのプロフィールを読むと、「頭はエビ、体は人間。正体は謎…。怪人、溺れたエビ・総帥率いるマルチアート集団。日本中の多数の音楽家やパフォーマーがエビ人間に改造され参加。構成員の数は不特定多数。(プロ / アマ問わず、その数50名は軽く越えている)」と書かれている。MAN WITH A MISSIONを更にオルタナティヴにしたようなバンドなのだろうか。いや、もはやバンドですらないようである。

そんな謎の集団、溺れたエビの検死報告書から、『アノマロカリス』と題された音源が到着した。ちなみにアノマロカリスとは、奇妙なエビという異名を持つ古生代の生物で、その大きさは最大2メートルにもなったという。驚くことに、彼らの10年を超える活動歴の中で、これが初のアルバムとのこと。アルバムを聴いてみると、バンド名からは想像出来ないような、実に捉えどころのない多様な音楽が聞こえてくる。ジャングルの奥地から聴こえてくるかのような、野性的なリズムを響かせる「外骨格」から始まり、「ワシャワシャ!! グギャギャギャギャ!!!」は、オーケストラのように壮大なサウンドが広がる。ラストを飾る「アノマロカリス」からは、特撮映画の今にも怪獣が登場するかのようなシーンを連想させられた。まさに変幻自在のサウンドだ。これをエビの仮面をかぶった集団が演奏していると想像すると、ますます混沌を極める。そんな場面を想像しながら聴いていると、気づけばエビたちの世界観に飲み込まれている。エビたちと一緒に、ジャングルや異世界を旅しているような気分になる。日常に倦怠感を感じている人、既存の音楽に退屈さを感じている人などは、エビの世界を覗いてみてはどうだろうか。聴いているうちに、あなたもエビ人間に改造されているかも… 。(text by 前田将博)

RECOMMEND

渋さ知らズ オーケストラ / 渋星

サンラー・アーケストラのメンバー3名を迎えてスタジオで録音されたアルバム。サンラーの代表曲2曲を含め「Naadam」「本多工務店のテーマ」も初めてのスタジオ収録。大編成ライヴでの演奏とは一味違った面を見せる作品となった。ハードかつアグレッシブなプログレ・ジャズとも呼べる演奏が聴ける。

Open Reel Ensemble / Tape To Tape

オープンリール・デッキを用いた脅威のサウンド・アプローチと、精密且つ大胆なステージングで大喝采を浴びたOpen Reel Ensemble。メディア・アートの世界でも新進気鋭のアーティスト集団として注目を集めている彼らの、記念すべき1st EP『Tape To Tape』がOTOTOYでHQD配信中!

>>特集ページはこちら

ReBirth

nego

Album ¥900

nego / ReBirth

2012年10月10日に発売の2nd Album『SANSARA』を7人のトラック・メイカーが再構築。REMIX ALUBM『ReBirth』完成。2013年よりドラマーが変わり、新体制で 生まれ変わるnego注目の第1弾リリース。

LIVE INFORMATION

溺れたエビの検死報告書『アノマロカリス』インストア・ライヴ
2013年3月28日(木)@タワーレコード梅田マルビル店
2013年4月4日(木)@タワレコード難波店

PROFILE

溺れたエビの検死報告書

頭はエビ、体は人間。 怪人【溺れたエビ・総帥】と芸術家 / 総合演出の【 山本 - 慶 ヤマモトヨシ】が率いるマルチ・アート集団。 2002年より、関西を拠点に全国的に活動中。 日本中の多数のミュージシャンやパフォーマー、芸術家がエビ人間に改造され参加。メンバーは全員、精巧な【エビ】の仮面を装着(ライヴ中に決して外す事は無い)。その見た目(マスクや衣装)、派手なアクション、楽曲とその演奏方法が全て三位一体となるコンセプトやパフォーマンスは各方面から非常に高い評価を得る。 本領を発揮するライヴではステージだけではなく客席やその他のフロアを全面的に利用した三次元的な演出にも定評がある。 楽曲はひとつのジャンルにこだわらず、多種多様。 往年のP-FunkやTalkingHeadsを彷彿とさせるようなファンクから、特撮怪獣映画のようなオーケストレイションを用いた重厚な曲やアメリカのカートゥーン・アニメが目まぐるしく走り回るようなコミカルな曲、またエレクトロやアンビエント・テクノまでその表現手段は多岐に渡っている。しかし表現する題材は常に「溺れたエビ達が生息する」人間社会とは全くの異世界である水中がテーマとなっており、それは極彩色のサイケデリックな風景であったり漆黒の深海であったりする。近年では米CNN局の番組曲やNHKの番組、映画に出演 / 劇中曲を提供などの活動も行う。【溺れたエビ・総帥】がエレクトリック・アップ・ライト・ベース奏者として単独でその独特の音色や奏法を活かしてセッション・ワークや他者(バンドや作品)にゲスト参加するケースもある。

official HP

o

 
 

レヴュー

ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間